2005年07月09日(土)

料理教室で異文化コミュニケーション

テーマ:料理教室
7/8


いつものように、 「京のおばんざい」がテーマの料理教室へ行ってきました。

4人1組での調理実習。 いつもと一緒と・・・思いきや、今日は同じ班に外国人の男性がひとり入っていたのです。(以下、彼を仮称”マイケル”と呼ばせていただきます。)

マイケルは、日本人の彼女と一緒に料理教室に参加している20代前半の西洋人。(←推定)日本語は、片言ぐらい。

そんなマイケルが作ることになったのは、うなぎの卵とじ。彼は積極的に先生に質問します。

マイケル:「せんせい! このうなぎ どれくらいの大きさ きる?」

先生:「てきとうな大きさに切ってください」

マイケル:「て、てきとう(´Д`)?????」

先生:「え、ええっと・・・(汗)」

うなぎさえあまり見たことがないであろうマイケル。その適当がわかんないんだよ!ってかんじでしょうか?(笑)

また、だし汁にうなぎを入れて、次に卵を入れるタイミングを先生に質問。

マイケル:「せんせい! たまご いつ 入れる?」

先生:「ブクブクしてきたら入れてください」

マイケル:「ブクブク(´Д`)??????」

先生:「え、ええっと・・・(汗)」

日本人ならブクブク=沸騰だとわかりますが、マイケルにはちんぷんかんぷん。やはり外国の方に料理を教えるのはなかなか難しいことのようです。


なんとか出来上がって、お茶を入れて、みんな揃っていただきまーす!

マイケルも、自分がつくった料理をぱくり。


マイケル:「おいしーい!!!\(^~^*)/」

うれしそうにごはんをほおばるマイケル。うなぎの味がわかるなんて、彼はなかなかの日本通!?

そんなマイケルを見ていると、「日本のごはん好き」=「日本が好き」と言っているように思えて、こちらまでうれしくなってしまいました。言葉は通じなくても、おいしいものを前にすると笑顔になるのは万国共通のようです。

一緒に料理を作って食べる

こんな異文化交流のやり方もあるんだなあと思いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2005年05月19日(木)

ちょっとまじめな話

テーマ:料理教室

ベターホーム5・19 ベターホームの料理教室へ行ってきました。

今日は、新しく料理教室に通い始めた人が多かったので、先生が、まるまる一匹の魚を買うときの、おいしい魚の選び方を丁寧に説明してくれました。

最近では切り身の状態で買ってくることが殆どかもしれませんが、たまには一匹新鮮なものを買ってきて、自分で三枚におろして食べてみると、魚ってこんなにおいしかったっけ?と改めて気づかされます。

魚はさばいてしまうとどんどん鮮度がおちていくため、なるべく直前にさばいて調理したほうが断然おいしく食べることができるのです。

そして、その時に一番大切なのは、鮮度の良い魚をえらぶということ。新鮮な魚の見分け方は、

①目がつぶらで黒目がパチッとしているもの。(充血していたり、よどんでいるものは鮮度が悪い)

②からだ全体に張りのあるもの。特に魚は内臓からわるくなってくるため、お腹がしっかり張っているかどうかがポイント!

以上の2点を魚屋さんでしっかり見極めて買ってくると良いと思います。


魚を一から料理するとなると、まな板しっかり洗わなければいけなかったり、うろこが飛んだり、生臭かったりといろいろ大変なことはあるけれど、たまにやると、今日は頑張った!っていう達成感があります。

魚の頭をおとすのが気持ち悪い!なんて思ったりもするけれど、そんな風に料理をすることで、食べるってことは、他の生き物の命をもらってるんだな・・・なんて今更ながらに気づかされたりします。そう考えると、ごはんは残しちゃいけないな、とか、いろんなものに対する感謝の気持ちが生まれてきたりして・・・

うまく書けませんが、ちょっと思ったことを書いてみました。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005年04月22日(金)

おいしい筍の茹で方

テーマ:料理教室

最近、京都の八百屋さんやスーパーには、どの店にも、今が旬の筍が目立つ場所にデーンと置いてあります。

今日は料理教室でおいしい筍の茹で方を習ってきました。忘れないうちに復習しとこ♪ということで、帰りに錦市場に寄って京都産の朝掘り筍を買い、家で茹でてみました。では、早速、習いたてのおいしい筍の茹で方をご紹介していきたいと思います。


筍1

皮付きの筍を洗い、頭を切り落として切り込みを入れ、皮つきのまま、米ぬか、鷹の爪、水と共に鍋に入れ、火にかけます。

茹で時間は筍を掘ってからどれくらい時間が経っているかによって違ってきますが、大体1時間から2時間くらい。竹串がすっと通るまで茹でます。



筍は土に埋まっている時にはえぐみはありませんが、掘って時間が経つにつれてアクが強く出てえぐみが増していくので、なるべく新鮮な筍を買ってきて、なるべくはやく茹でることが大切です。

筍が浮いてくるので落し蓋をした方が良いでしょう。無ければアルミホイルやキッチンペーパーでの代用も可。

私は米ぬかをそのまま鍋に入れましたが、お茶のパックなどに入れて鍋に入れれば後片付けが少し楽になるかもしれません。

筍2②茹で上がったら、そのまま冷めるまで置いておきます。

すぐにざるや冷水に入れて冷ましたいところですが、それでは筍のえぐみが残ってしまうかもしれません。ここはじっと我慢。






③完全に冷めたら水洗いをして皮を剥き、水にさらして冷蔵庫で保存しましょう。約1週間はもちます。(が、風味が落ちていくのでなるべくはやく使いましょう)

料理に使う場合は、もう一度水から茹でてぬかの臭みをとります。

この通りにすれば、きっとおいしい筍に茹で上がるでしょう♪茹で上がった筍は、蒸したり、炊いたり、サラダに入れて食べたりといろいろな料理に使うことができます。

筍3(← ご参考までに ラ キャリエールの料理教室にて)











私は、ちょっと奮発して、和牛&筍のステーキを作ってみることにしました。作り方はいたって簡単。

 

材料・・・和牛、茹でた筍 調味料・・・醤油、みりん

①筍は大きく切って、フライパンで焦げ目をつける程度に焼きます。(すでに火が通っているので、強火でさっと!)

焼けた筍はいったんお皿にとっておきます。

②和牛を好みのかんじに焼き上げ、焼けたらさっきの筍をフライパンに戻し、醤油とみりん(1:1)で味付けしたら、ちょっと贅沢なおかずの出来上がり!


筍を茹でる作業には、少し手間と時間がかかりますが、缶詰にはない香りや歯ごたえを味わえるのは生の筍が手に入る今の時期だけです。たまにはゆっくりと時間をかけて料理をするのもいいかも♪

ぜひこの土日にでも、いかがでしょうか?

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年04月21日(木)

男性にも 料理教室への招待状

テーマ:料理教室

ベターホーム4・20ベターホームのお魚料理の会へ行って来ました。

本日の献立は、めばるの煮つけ まぐろの南蛮漬け さざえのつぼ焼

普段は一人で料理をしているので、たまには他の人と一緒に料理をしたり洗い物をしたりするのも新鮮で楽しいものです。

「こうやるんだったっけ?」って作業手順を確認したり、教えあったりしながらみんなと協力して料理を作っていきます。

そういえば、私の班には1人、定年を迎えた男性がいます。クラス全体での男性の数は2~3人ぐらいでしょうか。

後片付けをしながら「普段女の人は毎日こんなことやってるんやね~!よーせーへんわー」といいながらも何だか楽しそう。ここで習った料理をお孫さんや娘さんが遊びに来られた際に披露しているとちょっと照れながらおしえてくれました。

男子厨房に入らずなんてもう古い!?若い女の子(とは限りませんが・・・)と話たり一緒に料理を作ったりするのはなかなか楽しいもののようです 。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年03月17日(木)

料理教室 ベターホーム

テーマ:料理教室
四条SETビル8F
http://www.betterhome.jp/

どんな魚でも一匹まるごと料理できるようになりたい!と思い、月1回お魚料理の会に通っています。(このコースはあと半年でなくなってしまいます。)

いままで御池駅の近くにこじんまりとあった京都教室は、3月8日に四条通りへ移転し、いままでとは比べ物にならないほどピカピカの教室に変身していました。

今日初めて新教室を見てびっくり!!!立地も最高!設備も最新!!朝から雨が降っていて少しブルーでしたが、一気に気が晴れてやる気がわいてきました。

今日のメニューは、

の皮霜造り めし、のあら煮、菜の花とうどのお吸い物

春はということで、まるごと一匹のをさばいて作るづくしのメニューです。

まずは先生が前で実習をして、その後各テーブル4人ずつにわかれて実習をします。鯛一匹なんて、ましてやお刺身なんて生臭くなく作ることができるかな?と心配でしたが大丈夫!

出来上がった料理はどれもおいしく、特に、鯛めしはおこげができて最高のおいしさでした。お刺身も言の外おいしくできて大満足(*^_^*
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。