京都居合道会オフィシャルブログ

京都伏見で剣術、斬り方を研鑽しています。老若男女問わず!刀好きな人集まってください!!京都市青少年育成団体に登録されています。


テーマ:
本日をもちましてアメブロでの更新は終了し、以下のに移動します。ブックマーク再登録よろしくお願いします。

京都居合道会
http://www.kyotoiaidokai.com/

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


京都居合道会では小学生であっても真剣斬りの稽古を行います。小学生が真剣を扱う事に賛否はあるとは思いますが(むしろ否定する人の方が多いと思います)、私は彼らの教育にプラスになると確信しています。木刀や模擬刀では駄目なんですよ。子供はある種、人間の本質的な部分が顕著に現れる生き物だと思います。模擬刀はどんなに真剣の形を模していたとしても子供でも怪我をしないというのが分かっています。そして、少し慣れると抜刀納刀をいい加減に行いだします。ところが、真剣になると動画のとおり、全員表情が強張り、手を斬るまいと慎重に納刀を行います。

もちろん、真剣でさえも慣れてしまったらぞんざいに扱う時が来るでしょう。その時は恐らく誤って手を斬ってしまうので反省し、再び丁寧に扱うでしょう。されどのど元過ぎれば何とやらで同じミスは繰り返しくれる事と思います。そこでまた反省ですよ。油断とのど元の繰り返しは人間の本質です。痛みが無いと学べない事もあります。

真剣での怪我のほとんどは納刀時のミスによるものです。手や指の皮膚や肉を少し斬る程度です。まれに縫った方が良いくらい深く斬る方もいますが神経や骨が斬れるくらいの大怪我は一度も見た事がありません。たまに指が落ちたのを見たと誇張する人がいますが間違いなく嘘っぱちです。真剣で指を斬ろうと思ったら斬りあいでもしない限り絶対にありえません。

真剣と怪我の功罪について多く書きましたが第一として当会では十分に安全に配慮した上で真剣斬りの指導稽古を行っています。また、全員にスポーツ傷害保険の加入も義務付けていますので安心して真剣斬りの練習をする事が出来ます。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
photo:01



真新しい胴衣を着てパチリ。伏見青少年活動センターにて。

胴衣の着方、袴のたたみ方、下緒の結び方も昇級審査の項目に入っているのでみんな頑張って。

全員小学生ですがもちろん、巻藁斬りの稽古も行います。



iPhoneからの投稿
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。