松花堂庭園・美術館のブログ

松花堂庭園・美術館で開催するイベントや日常をご紹介します☆

NEW !
テーマ:

相変わらず寒い日が続きますが、1ヶ月ほど前には閉館時にはすっかり真っ暗になっていたのが、いまは夕焼けが見られるようになりました夕暮れ

 

こちらの写真は、つい先日の閉館時に美術館の入口から見えた夕焼けです。少しずつではありますが、春に近づいていっているのですね音譜

庭園の梅も、以前に増して花を咲かせています。

 

さて、晴れたと思ったら時雨れたり、雷がなったり・・・と不安定なお天気だった本日、庭園内別館において席書大会が開催されました。

 

 

 

 

下は幼稚園から、上は高校生まで約100名が、日頃の成果を出すべく筆を握りました。

今日の力作は、1月24日(火)から2月5日(日)まで「第20回 席書大会・第36回 書初め展 合同作品展」として松花堂美術館1階ロビーと講習室にて展示いたします。

 

力作ぞろいの作品展、どうぞお楽しみに!!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週に引き続き、今週末も寒波が到来したため今日も気温の冷たい1日となりましたcrystal*じっとしていると、足の先から冷えてきますねあせる

 

本日は、「館蔵品展Ⅲ 【小特集】鳥とりどり」の最初のギャラリートークを開催いたしました。

参加者のみなさまは、学芸員の説明を聞きながら作品に描かれた鳥たちの姿をじっくりとご覧になっていました。寒い中ではありましたが、ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 

次回のギャラリートークは、来週1月28日(土)の午後2時からです。

来週は、イベントが盛り沢山!!1月24日(火)からは美術館1階ロビーと講習室で「第20回 席書大会・第36回 書初め展 合同作品展」を、1月27日(金)からは「第8回 松花堂新春能面展 /同時開催 布掛け軸作品展」を開催します。

ギャラリートークとあわせて、ぜひお楽しみくださいキラキラ

 

さて、今回のブログでご紹介する作品は、ギャラリートークの写真にもちらっと写っている「鶏図」です。

こちらの「鶏図」(松花堂昭乗 筆)は、今回の展覧会での展示が修復後初公開。酉年にちなんで、満を持しての登場となりましたにわとり

右足をあげてぐっと後ろを振り向く鶏は、とても堂々とした姿をしています。昭乗は、鶏の一瞬の表情や姿をよく捉えていますね。

 

今回の展覧会では、この松花堂昭乗の「鶏図」のほかに、もう一点鶏を描いた作品があります。それは、「鶏画賛図」(酒井鴬蒲 画/酒井抱一 賛)で、松花堂昭乗による「松花堂画寄合賛絵巻」の「鶏図」を写したものです。

昭乗の鶏図を写して描かれた鶏は、どんな表情をしているのでしょう??ぜひ展示室でその姿を確認してくださいね音譜

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

つい先日年越しを迎えたと思っていたら、早いもので今月ももう半ばを過ぎました。相変わらず空気の冷たい日が続きますが、庭園では梅や椿が花をどんどん咲かせています赤梅

 

新春の寒い時期に鮮やかな花を咲かせる椿の花は、吉祥モチーフとしても好まれてきました椿庭園では紅白いろいろな椿がお楽しみいただけます。毎年恒例の「つばき展」の情報も、近々アップいたしますので、どうぞお楽しみにcrystal*

 

今回のブログでご紹介するのは、椿とともに庭園のなかで目を楽しませてくれる梅を描いた作品です。

こちらは、男山豊蔵坊の僧・信海が描いた「梅に日雀画賛図」(部分)です。

まっすぐに伸びる梅の枝にとまるのは、一羽の日雀(ひがら)。口を開けて、さえずっている姿が描かれています。

 

この作品には、画面の左側に賛があります。狂歌作家としても名を知られた信海は、梅にとまった日雀について、どんな賛を記しているのでしょうか??ぜひ展示室にてご確認くださいウインク

 

さて前回のブログでもご紹介した先日の雪景色。今回も引き続きご紹介します!!今回は、「梅に日雀画賛図」にちなみ、梅隠の様子です。

雪に紛れてわかりにくいですが、画面の右下には白梅が咲いています。このすぐ近くには紅梅も咲いていますので、もしかしたら梅にとまる日雀をみることができる・・・かもしれませんね音譜

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の土日は、最強寒波の影響で八幡市にも雪が降りました。15日(日)の朝には、庭園でも積雪が雪

 

空気も冷たく、京都市内では時折り吹雪くこともありましたが、やはり雪景色は綺麗ですキラキラ

またブログやfacobookの写真アルバムで、少しずつ雪景色もアップしていきたいと思います。

 

さて、現在は二十四節気で「小寒」です。「寒の入り」ということもあり、連日寒い日が続きますcrystal*crystal*

また15日から明後日頃までは、七十二候で「雉始鳴(きじはじめてなく)」という時期。日本の国鳥でもある雉子が鳴き始める頃のことです。

 

それにちなみ、今回のブログでは松花堂昭乗 筆/中院通村 賛 「雉子図(「松花堂画寄合賛絵巻」のうち)」をご紹介します。

 

 

この作品は、松花堂昭乗が描いた花鳥画に、同時代の人々が賛をした「松花堂画寄合賛絵巻」を、後の時代に切り離して軸装したものです。少しきょとんとした表情の雉子が印象的です。

今回の展覧会では、昭乗よりも後の時代に、四条派の絵師である長山孔寅が「松花堂画寄合賛絵巻」の絵・賛・落款印章を忠実に模写した「松花堂画寄合賛絵巻写」を展示しており、孔寅が写した雉子の姿もご覧頂けます。

 

ぜひ昭乗が描いた雉子と、その雉子を写したものとをじっくりと見比べていただき、昭乗と孔寅それぞれの画力、そしてそれぞれの作品の良さや特徴を感じていただけると思いますキラキラ

 

酉年にちなんで展示室には鳥がいっぱいです!寒い中ではありますが、ぜひ美術館へお出かけくださいニコニコ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は青空の広がるいいお天気ですが、寒波の影響でとても冷たい1日となりました。八幡市でも時々雪が降り、一時的に吹雪くこともあせる

明日も朝から冷え込むとのこと・・・雪景色が見られるかもしれませんが、被害が出ないことを祈るばかりです雪

 

庭園では、以前よりも梅の花がたくさん見られるようになりました。

雪がちらつくなかに咲く梅は、まさに「寒梅」カナヘイ花ですね。

 

さて本日より、「館蔵品展Ⅲ【小特集】鳥とりどり」がはじまりました鳥

酉年にちなんで、展示室には鳥が描かれた作品がたくさん並んでいます。

こちらのブログでも、少しずつ紹介していきたいと思いますので、お楽しみに!!

展示期間は、2月19日(日)までです。

 

2月4日(土)午前11時からのミニトーク「狩野安信筆『松竹梅図屏風』について」(講師:門脇むつみ 氏(美術史家))の参加申し込みも受付中ですウインク

 

梅や椿の咲く庭園と、平成29年最初の展覧会開催中の美術館、ぜひあわせてお楽しみくださいキラキラ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝はかなり冷え込みましたが、現在は青空の広がるいいお天気です晴れ

庭園にいる鯉たちも、暖かい日差しに誘われて昨日よりも活発に動いていましたニコニコ

 

さて、本日より庭園内別館ギャラリーにて「松花堂 新春洋蘭展」がはじまりました赤梅

会場には、男山蘭友会の方々が手塩にかけて育てた約140鉢もの洋蘭が並びます。どれも華やかで美しいものばかり!!

 

 

 

 

 

 

会場は別館の2階にあるのですが、階段のところまで洋蘭の香りが漂ってきています。そして会場に入ると、本当にいい匂いが充満しています音譜

寒い中ではありますが、ぜひお出かけください!!

 

「松花堂 新春洋蘭展」は本日から1月9日(月・祝)の午後4時までです。

庭園入園料が必要ですが、観覧は無料となっています。男山蘭友会による相談会や洋蘭の即売会もおこなっていますので、洋蘭に興味のある方だけでなく、洋蘭についてのアドバイスが欲しい方もぜひどうぞウインク

イベントの詳細はHPまで→松花堂 新春洋蘭展

 

また、3月5日(日)開催の「第10回 松花堂ひなまつり寄席」のチケット販売もスタートしましたキラキラチケットのお求めはお早めにどうぞGOOD

こちらも詳細はHPをご覧ください→第10回 松花堂 ひなまつり寄席

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年、あけましておめでとうございます門松

松花堂庭園・美術館は、本日5日(木)より通常開園いたしました。

2017年も、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

昨年末のブログやSNSでもご紹介をしておりましたが、松花堂は新春からイベント盛り沢山ですウインク

 

先陣を切るのは、7日(土)からはじまる「新春洋蘭展」です。別館ギャラリーが美しい洋蘭で華やかになります黄色い花ぜひお楽しみに!

 

また翌週の14日(土)からは「館蔵品展Ⅲ【小特集】鳥とりどり」がスタート。酉年の最初にふさわしい展覧会となります。開催期間は1月14日(土)から2月19日(日)までです。

2月4日(土)開催のミニトークも、現在参加者募集中ですキラキラ皆さまのご参加、お待ちしております。

 

その他、松花堂庭園・美術館のイベント・展覧会情報の詳細は、HPをご覧ください!

松花堂庭園・美術館HP

 

今年の年明けは比較的暖かく、穏やかなお天気だったこともあり、庭園では梅の花が咲き始めています。

 

紅梅は庭園内茶室「梅隠」の南側、白梅は北側にあります。ぜひ探してみてくださいね赤梅

 

さらに、松花堂庭園には石から生えている松があるのをご存知ですか??

なぜか石からひょっこりと松が・・・気になった方は、庭園でじっくりご覧ください!

 

本年も、皆さまのご来園・ご来館を心よりお待ちしておりますニコニコ

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はクリスマスクリスマスツリーですね音譜

 

そんな本日は、いよいよ松花堂庭園の年内最終開園日です。あっというまの1年間でしたが、四季折々の庭園をお楽しみいただけましたでしょうか??

ご来園いただきました皆さま、本当にありがとうございました。来年は、1月5日(木)より開園いたします。

 

なお美術館は27日(火)が最終開館日となります。来年の開館は、庭園と同じく1月5日(木)からとなります。

 

前回のブログでお知らせしております通り、年明けからは展覧会・イベントともに盛り沢山です。来年度も、どうぞよろしくお願いいたしますニコニコ

 

世間はクリスマスですが、美術館の入口にはお正月の準備が門松

 

2017年も、みなさまのご来園・ご来館をお待ちしております!!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は天皇誕生日で祝日です。土日とあわせて3連休という方も多いのではないでしょうか??昨日に比べてると空気は冷たいですが、今のところいいお天気ですねニコニコ

 

さて、庭園・美術館の年内営業日も残り数日となってまいりました。いよいよ年の瀬が迫ってきたことを実感しますあせる

当館の最終営業日は、庭園が25日(日)、美術館が27日(火)となっております。Twitterでもご紹介しましたが、庭園では椿の花がいろいろと楽しめるようになってきました。

 

美術館は、年明け14日(土)スタートの「館蔵品展Ⅲ 【小特集】鳥とりどり」の準備のため、現在展覧会はご覧頂けません。

ですがその「館蔵品展Ⅲ 【小特集】鳥とりどり」のミニトークに関する情報をお知らせいたしますキラキラ

 

「館蔵品展Ⅲ 【小特集】鳥とりどり」では、「狩野安信筆『松竹梅図屏風』について」と題して、2月4日(土)にミニトークを開催いたします。

 日時 : 平成29年2月4日(土) 午前11時~(約30分)

 講師 : 門脇むつみ 氏(美術史家)

 参加費 : 無料(別途、観覧料が必要です)

 

参加ご希望の方は、お電話(075-981-0010)またはご来館にてお申し込みください。定員になり次第、締切となります。

 

明るくゆったりとした作品である「松竹梅図屏風」について、お話を伺いながら一緒に鑑賞しませんか??皆さまのご参加を、お待ちしております音譜

展覧会に関する詳細は、当館HP(→館蔵品展Ⅲ 【小特集】鳥とりどり)をご覧ください!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

早いもので、今日は冬至。いよいよ2016年も残り10日あまりとなりましたあせる

庭園内茶室「梅隠」で開催していた「Bai-in」も無事に終了し、当館も年始のイベント準備がより本格的になってきました。

先日のブログでご紹介をしたものに加え、当館のHPではさらに情報を更新しております!!その概要をご紹介しますニコニコ

 

まずは、1月7日(土)からの「新春洋蘭展」

次に、1月24日(火)から2月5日(日)までの「第20回 席書大会・第36回 書初め展 合同作品展」

 

前回のブログでもご紹介した「第8回 松花堂新春能面展 / 同時開催 布掛け軸作品展」と「2017 フラワーデザイン展」に加え、

2月10日(金)~12日(日)までの「松花堂いけ花展」

 

そして2月19日(日)に開催される高校生によるお茶会「学生茶会」です。

 

展覧会に加えてイベント盛りだくさんとなっておりますキラキラぜひお出かけください音譜これらのイベントの詳細は当館HPをご覧ください。

(当館HPはこちら→八幡市立松花堂庭園・美術館HP

 

さらにお知らせが!!4

松花堂美術館の1階ロビーにてfree Wi-fiがご利用いただけるようになりました爆  笑

現在は次回展覧会の準備のため展示はご覧頂けませんが、庭園やショップへお立ち寄りの際にぜひご利用くださいウインク

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。