京都職人つくりびと~店長の京モノblog~

京モノ手作り職人さん・伝統工芸士・作家さんの商品を紹介・販売している
サイト・・・・の店長日記です。

「一品づつ、心を込めて手作り」本物の良さをご紹介!
商品の情報やイベント、また京都の日常までご紹介します。


テーマ:

 この一年は、早いような短いようなそんな月日でした。

パピの死を受け入れている自分とまだ認めたくない自分がいます。

私の心の中に、私の想像の中にパピは生きています。


毎日、同じようにベットで眠りに付き、同じような生活をしています。

二人でいると、吠えることもなく、いつも少し離れて私を見つめていて、気がついたら、いつも足元にいる。家の中で何処へ行くにも何をしているときでも、一定の距離で着いて来て、私を見ている。


 トイレに入って戸を閉めると、戸をガリガリと開けろというので、戸を開けるか、一緒に入る。お風呂もそう、戸を閉めるとガリガリ、お風呂は嫌いなくせにどうしても一旦扉を開け中に入れて、お湯を掛けると嫌がって、納得してから扉の外で待っていました。

ちなみに、私にはもう独立した一人息子がいるのですが、赤ちゃんのときは、そうでした。トイレに入って、戸を閉めると泣くので、扉をあけていました。「人間も犬も一緒かいなぁ!?」なんでそうなるの??

家の中、何処へいくのもついてくる。気が付けばいつも足元にいる。

寝るのも一緒、必ず、ベットの上に上がって枕で寝る。

あたりまえのように・・・。

気が付けば、私の足の上に覆いかぶさるように寝ている。夏以外は、体の一部をどこか必ずくっ付けて寝ていたのが昨日のようです。

パピと一緒に寝る習慣が付いたのは、初めて家に来たとき、年末で寒い時期、ペットショップからの帰りの車内でもブルブルと震えていた。家についても環境が変わったせいか、震えが止まらずいたので、可愛くって、可哀想で折角組み立てたサークルに入れられなくてベットに寝かせたのが始まり。

以後、家では結局サークルは必要なくなってしまい、パピ用のベットは休憩用のソファーに変わってしまいました。


 最初の日は、上から乗っかって潰してしまわないかと本当に不安で固まって寝ていたけれど真夏や真冬以外は、枕の上で寝るのが好きだったので、潰す心配はなくなり、すぐに慣れてしまいました。

私事ですが、何年かして気がついたのですが、一緒に寝ているとどういう分けか、スタンドの電気を消してすぐに寝ついてしまっている自分に気がつきました。元々寝つきは悪いほうではなかったのですが、あまりにも速く寝入っていました。どうでもいい話なのですが、本当に不思議です。

 

 パピが亡くなって一年、夜が眠れなくて、寝ても必ず2・3時間で目が覚める。眠れずに朝34時の生活。何か2・3時間単位の周期の一日になってしまっている?それも仕方ないと思っていましたが、

ここ最近何故か、寝つきが良くなって来たようです。夜の9時・10時に眠気が襲います。頑張って11時頃までは起きています。眠れずに朝34時まで起きている夜型の生活から、一気に朝型へ、嘘みたいです。

一日で出来ることは、本当に少なく、能力が落ちたのかなぁっと思っていますが、何か人生のサイクルが変わって来ているように思います。

どうせなら、いいサイクルになるよう「パピちゃん、見守っててね!」

AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。