京都の異業種交流会、勉強会、ランチ会主催  『京都TTP大学』のブログ

本気は技を超える!毎週の異業種交流パワーランチ、毎月のセミナー&懇親会で京都を元気に!



京都TTP大学主催セミナー 最新情報



【第72講】2016年9月23日(金)




「他人事になってませんか?
教育現場の現状と構造改革への道」




【講師】眞蔵修平氏

                      


 


                        

           


                [お申し込みはこちらから]








          メルマガ『京都TTP大学通信』


                も毎週配信中ビックリマーク



           


テーマ:
9月の京都TTP大学セミナーは
元教員で現漫画家の
眞蔵 修平氏をお招きして

「他人事になってませんか?
教育現場の現状と構造改革への道」


というテーマでお話し頂きます。

眞蔵 氏はこの漫画 『静寂の音』
http://www.matthewroom.com/#!gallery/f3kqa
実際にご自身が教育現場で受けた闇の
部分を忠実に描き発信したところ
SNS上で大拡散。
今、話題のクリエイターです。

2004年に関西地方の中学教師
に赴任。教師は小学校からの夢。
だが待っていたのは孤独な日々だった。

着任して3ヶ月たった7月
不良グループの喧嘩を止めに
入ると逆に暴行を受け首をねんざ。

同僚教師から同情されたものの
『威圧的な態度で接したのが問題』
と批判もされた。

それから授業中に妨害を受ける
ようになり先輩教師に相談するも相手に
されず夜は眠れず、無気力に。

結局1年で退職するはめになった。

その後、会社員などを経て
子供のころから得意だった
絵を生かし漫画を描き始める。

自身の体験を元に描いた
『静寂の音』が4ヶ月で2万件の
アクセスがあった。

教師は緊張感が続き責任が重い
のに相談出来る相手が少なく
心身ともに疲労しがち。
学校問題が抱える問題を漫画で
伝えて行きたい
、と眞蔵さんは語っています。

私自身、現在中学生の子供を持つ
親でありリアルな部分の教育現場には
興味深々。

当日は教育現場の実態から
なぜ漫画家を志したのか?まで
じっくり語って頂こうと思っております。

ご期待下さい。

【講師プロフィール】
眞蔵 修平(まくら しゅうへい)

教育問題漫画家。元数学教師。

自らの教師経験や、教育関係者との
繋がりを武器に、教育現場の裏側をリアルに描く。

1981年 兵庫県生まれ。神戸市立西神中学校
兵庫県立北須磨高校を経て、2004年 立命館大学
理工学部数理科学科卒業。
 
卒業と同時に中学校教諭一種免許
高等学校教諭一種免許を取得
科目は共に数学。
 
大学卒業後、すぐに公立中学校に赴任。
生徒同士のいじめを目撃し、止めに入るも
激昂した不良グループに集団暴行を受ける。

全治1ヶ月の重傷。その後不良グループの
嫌がらせが続き、学級崩壊を経験する。

学校の対応も悪く、鬱病を患い1年で退職。
 
1年の療養生活を経て、楽器店に営業職として就職。
ブラックな労働環境に、教育現場と同じ闇を感じ、
3年で退職。世の中の闇を漫画で発信することを決意する。
 
その後は非常勤講師として教育現場に復帰
(高等学校で2年)したり、漫画スタッフをやったり。
 
向上心のある人、学び続けている人が好き。
 
■平成28年9月23日(金)
■ハートピア京都第3会議室(地下鉄丸太町直結)
■18:00受付 18:30開始 20:30まで
■4,000円 以後、懇親会有り(4,000円)
■先着限定 25名

■申し込みはこちらから ↓
https://mailform.mface.jp/frms/kyotottp/hdl5j75kob3a



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)