北山探険隊~かぎもとクリニック院長の気ままなブログ

北山探険隊の由来:山登りが好きで京都北山を彷徨うことが多い、かぎもとクリニックは北山通りにほど近く周辺地域の話題が多いことなどから名付けました。


テーマ:

亀岡から京都に繋がる山道のひとつに、明智越えと呼ばれるコースがあります。

天正10年6月2日、本能寺の変で亀山城を出た明智軍三隊のうち、光秀自身が率いた隊は、この道を通り途中愛宕山に立ち寄り、戦勝を祈願した後京に攻め入ったと伝えられています。

今回のハイキング会は本能寺の変と同じ6月に明智越えを歩こうという趣向です。

 

前日からの雨で開催が危ぶまれましたが、幸い雨雲が駆け足で通り抜けて、朝には止みかけていました。天気図ではこのまま回復する見込みだったので、「多少雨が残るかも知れませんが、それでも行きたいという人だけ行きましょう」と連絡を入れたところ、17名が参加しました。

 

JR亀岡駅を9時20分頃出発、保津川下りの賑わいを横目に、橋を渡って山に向かいます。

この頃はポツリポツリと雨も降っていましたが、雨具を出さなくても済む程度で、予定通りに回復して行きました。

町外れにある保津百景の案内。

本日のコースで一番ルートファインディングが難しいのがこの交差点かも。

明智越えの登り口の案内。

 

登り始めるといろんな案内があります。

ここは峯の堂(むねんどう)
五十六代清和天皇を祀ると伝わる塚ですが、愛宕神社へ向かうルート上にあるため、無念に終わった明智光秀に共感して「むねんどう」と呼ばれるようになったとのこと。。

登山道はあまり急な坂はなく、快適な尾根道が続きます。

途中で京都市内、大文字山、比叡山が見えてきました。

土用の霊泉。

水尾までもうひと息、ちょうどお昼に鉄塔広場があり、お弁当休憩としました。

北の方に水尾の集落が見えました。

集落に向かって下ります。

林道に合流。

しばらく舗装路を歩くと水尾集落に到着。自治会バスが留まっています。

集落を抜けて、

米買い道に入ります。

米買い道はかなり荒れていました。

丸木橋をこわごわ渡ります。

時々人数を確認!

倒木をくぐったりまたいだり・・・

もう少しで庚申峠、というところで道が崩れおちていました。

足場は今にも崩れそうな泥の急斜面、落ちたら一気に谷底まで・・・

8mmのロープを張って、一人ずつ通過。

特に不安な人には簡易ハーネスとカラビナで確保しました。

無事に庚申峠に到着。ホッとひと息ついて集合写真。

庚申峠から落合に向かう沢渡りの道。文字通り沢を右へ左へと渡りながら下っていきます。

清滝川に到着。ここからは整備された京都一周トレイルのコースです。

清滝川の清流。青葉の季節も綺麗ですね。

無事に清滝に到着。皆様お疲れ様でした。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。