北山探険隊~かぎもとクリニック院長の気ままなブログ

北山探険隊の由来:山登りが好きで京都北山を彷徨うことが多い、かぎもとクリニックは北山通りにほど近く周辺地域の話題が多いことなどから名付けました。


テーマ:

今年のお盆休みは雨が多かったですね。長野県は毎日のように雨、晴れ間が見える時も高い山の頂はほとんど雲に隠れたままでした。

「めったにない休暇なので、普段行けない山に」とあれこれ考えていましたが、この天候では仕方ないと半ば諦めて、安全そうな北八ヶ岳でぬるい山歩きを楽しむことにしました。ところが・・・

 

双子池から大岳の間はまだ歩いたことがなかったのと、北八ヶ岳の中では難しいコースと言われており多少は歩きごたえもありそうのでここをメインにして、河原峠から双子山(2224m)、双子池(2030m)、大岳(2382m)、北横岳(2480m)、亀甲池(2040m)、天祥寺原(1980m)、大河原峠と周回する計画です。

 

13日朝4時、八ヶ岳の麓はかなりの雨です。

天気予報では晴れのはずだったのに裏切られたかと思ってインターネットで雨雲レーダーをみると、どこにも雨雲はありません。

ということは、山の中腹だけ雲がかかっていて高い所には雲がないのかも。

いずれにしても前後の天気予報では今日が一番ましなはずなので、とりあえず大河原峠まで車を走らせました。

 

午前5時半、大河原峠に到着。小雨が降っていましたが、大荒れにはならないだろうと判断して出発。

まずは双子山までの緩やかな登りです。寝ぼけた体のウオーミングアップにはちょうど良い感じ。

双子山に到着。すっぽりガスに覆われて眺望は全くなし。でも霧に煙った山もなかなか良いです。

双子池に向かって下ります。

気持ちの良い樹林帯。

と思ったら、背丈ほどの笹薮が登山道を隠しています。足元が全く見えないので木の根や岩に注意しながら進みます。笹の葉が濡れているため体もずぶ濡れになってしまいました。

双子池に到着。こちらは雄池でこの池の水が飲料水に使われています。

双子池ヒュッテ。昼間はいつもおじさんが窓から顔を出していて、気軽に登山者に話しかけてくれるのですが、朝早かったせいかおじさんの顔は見られませんでした。

双子池を通り過ぎて大岳への登りに取り付きます。最初はこんな北八ヶ岳らしい樹林帯で、「ぬるい山歩き」のイメージ通りでしたが、これは本当に最初だけでした。

ほどなく岩場が始まりました。しかもうっそうと茂った木々を潜り抜けながら、頭上と足元の両方に注意が必要です。

岩は雨でぬれて滑りやすくなっており、しかも岩の間には大きな隙間が落とし穴のように開いています。足を滑らせたらどうなるか、想像したくもありません。(大怪我で済めばラッキー、下手したら見つけてもらえないかも・・・)

南八ヶ岳の岩稜に比べると、高度感はなく落石の危険もありませんが、ある意味ではこちらの方が怖いですね。雨の日に来る場所じゃなかったと少しだけ後悔。

慎重に手がかり足がかりを探し、絶対に落ちないようにと自分に言い聞かせながら攀じ登ります。

双子池から大岳までの標高差約350m分のほとんどがこの様なワクワクドキドキの岩場です。

天狗の露地でホッと一息。

一息ついた後もまた岩場が続きます。

シャクナゲが一輪だけ咲き残っていました。

1時間半以上かかってようやく大岳への分岐に到着。

誰もいない大岳山頂。

「北八ヶ岳でぬるい山歩き」となめてコースを選んだことを反省しましたが、思いがけずアドレナリンたっぷり、ワクワクしながらの登山を楽しむことが出来ました。

お地蔵さんに、無事に登れたお礼、そしてこの後も無事に下りられるようにお願い。

北横岳方面をみると、稜線でスッパリ雲が切れています。

大岳から北横岳への稜線歩き、途中で七ツ池と北横岳ヒュッテが見えました。

この鎖場を登ると北横岳の頂上です。ここまでは殆ど他人と出会いませんでしたが・・・

頂上に着くと、ここまでとは別世界の様なのどかな風景。ロープウエイから登ってくる家族連れやカップルで賑わっていました。

山頂の道標。たしかに難路でした。

亀甲池方面への下りは登って来たルートとは全然違う「普通の登山道」です。山頂を振り返って。

斜め下に小さな池。地図にも名前は載っていませんでした。

下りのルートでほぼ唯一の岩場。

亀甲池直前、「馬?」と思って近づくと枯れ木でした。

亀甲池に到着。

亀甲池から天祥寺原へ。天祥寺原は池のようになっていました。

天祥寺原から大河原峠に登り返し、大河原ヒュッテが見えてきました。

この頃から晴れ間が出てきましたが、長くは続かずまた霧雨に変わりました。

眺望は楽しめませんでしたが、「ぬるい山歩き」どころか達成感、疲労感たっぷりの充実した登山となりました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。