京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。


テーマ:
こんばんは。
京都癒しの旅 案内人 下戸 眞由美(おりとまゆみ)です。


今日は朝型美人のみなさまとご一緒させていただきました。


天気予報は最高気温10度、降水確率40%と微妙でしたが、えーそれも結果オーライでございます。


京都駅「時の灯」前集合です。
初めてお会いする方がほとんど、どんな方がお越しくださるんだろう。

{8D951DA2-D6CD-4CFC-A0B4-5966ED6FFC36}


タクシー3台に分乗、北野天満宮に到着です。


一ノ鳥居をくぐったところに影向松(ようごうのまつ)があり、立冬から立春の間に雪が降ると神様が降臨されると言われています。


立春は過ぎていますが、何と私たちが影向松の前に行くと雪がチラホラ。
神様がいらっしゃると!


参道を進み、まずは伴氏社にお詣りします。

{6D102983-3628-4F4C-A4F9-FD3B032E62BF}


牛を愛おしく撫でる、撫でる。

{8AB0B3A2-1608-49CC-97FF-765A089DA538}


三光門の前に着くと、神職さんが次々と。
お祓いが始まり、私たちもありがたく低頭しました。

{761F29B1-23A8-4A51-ACDC-F6D75907547E}


行事予定にもない神事、不思議に思い、神社に聞きますと
「天皇がベトナムから無事にお帰りになった報告を神様にされる」ということでした。

{A0FF5ED8-05A8-487B-B42B-254C24C553D5}


清々しい気持ちで、大黒様の灯籠へ。
瑠美さん、さすがです。

{845E972A-C4AB-49F1-8159-B52E13F96AC2}


大黒様の口に石を載せることに成功。 
お金に困らないそうです。

{00B6497E-3883-4CC2-B9C4-9EDCAA9ECB43}


みんなで記念写真を。

{41422E3C-AA2C-4DB8-A598-F90CCED305D5}


拝殿、そして、後ろの御后三柱からも参拝。


何かに挑戦中の方はこちらへ。

{30938E20-A1EA-4B08-A03E-4C2BAC5E60A0}


梅苑に入ると雨から雪に。
梅茶とお菓子でほっこり。

{EB7B8A34-D764-45F8-AC69-B83FCD0C8F1A}


{23C3A005-E335-4B05-A3BF-A0FE70207041}


雪がやみました。


紅白の一輪の梅。
思いのままというネーミングです。

{D0D2E0EF-E348-47D7-8213-B29E5489F721}


あっという間に青空に。
梅も美しい。

{792DE4B4-C99E-46D8-80A5-FF8A09D65A57}


上七軒さんぽ。
みなさん、お買い物が進みます。

{6D02757A-711A-4A53-8C0C-22A0F701D237}


近為さんにて、お漬物ランチ。

{3D9DD0C2-0702-4729-8190-0FA171B029D1}


{471AE6E6-38A3-49B5-8864-11791A96C035}


{7C0B3CA7-8B66-4638-BB9F-1013A508CB38}


次に西陣さんぽ。
三上家路地のドラートさん。

{201C90D9-E24B-4F21-9CAB-562576ECC1FE}
 

試食ではクローバーが人気!

{192E1E16-2DFF-4479-892D-66709FFB1C38}


{871215F2-392E-44D2-9C18-71837A5D0B3B}


最後は瑠美さんリクエストで抹茶を鶴屋吉信さんで。

{DF9FB64F-504B-4582-863C-8A4794C44999}


{D0779E39-9C36-4CC2-8880-131982F18B92}


{5F9D8A10-8BAF-4D19-8CDC-74753BEA1C59}


{18E7DC02-6BA1-4C8C-B68A-F16FD6DE2004}


{4973C3B2-F462-4F34-9906-F87ACCE38915}


工藝菓子を見せていただけることに。

{AC99FDB9-43EA-40FB-B0CF-1373ECFC6DD0}


風に揺れるコスモスもお菓子です。
お見事!

{490AB637-E345-4AA4-9FB3-49B361E55D1F}


あっという間の一日でした。
みなさん、ご参加いただきありがとうございました!




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

京都 癒しの旅 案内人 下戸 眞由美さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント