京都 癒しの旅

疲れているあなたへ京都で羽根を休めませんか?
案内人と巡る京都癒しの旅はまるでセラピーのようと言われています。

京都 癒しの旅とは

日常から離れてゆっくりしていただきたい、そんな思いで京都生まれ京都育ちの案内人がコーディネート&ナビゲートさせていただく旅です。

京都・女性・ひとり旅から少人数の旅、静かにゆっくりと心のままに!
こんなところにこんなものがと発見あり、笑いありで旅の終わりには空気感が変わります。

旗を持たない、名札をしない、歴史案内をしない、こんな案内人とセラピーのような旅をしませんか?

宝石赤現在ご案内中の京都癒しの旅

宝石赤 あなただけの京都癒しの旅

宝石赤メルマガ

京都癒しの旅通信~あなたが求める京都に出逢える、新しい旅のかたち

宝石赤京都の旅のこと、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ・お申し込み


京都癒しの旅 京都府知事登録旅行業 第3-638号
総合旅行業務取扱管理者 下戸眞由美
NEW !
テーマ:
おはようございます。 
京都癒しの旅 案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。


旅の中でゆっくりお詣りできる神社にご案内していますが、梅宮大社さんも静かでゆったりしています。


四条通に石の鳥居があり、北に進むとこちらの鳥居が。

{60D947DE-299D-4DB7-8B5C-ADF005C83D3E:01}


楼門には酒樽が。
酒造りと子授け安産の神様です。

{CD5ACB61-324F-44CB-9E41-1DEA14DADD21:01}


{0E5CF097-68B9-4D8E-90B4-F6824147638A:01}


うまく写真が撮れなかったのですが、数匹のネコがのんびりしています。
神社で飼われているネコなので、安心しきっているのか、逃げることがありません。

{B90FBB4F-698E-42B3-855D-62BFEAF12E01:01}


{371BEA75-4DCF-4C69-9800-85B2D2CC4907:01}


{0499C52B-8584-47C7-9199-ED9C304E7ADB:01}


五葉松も新芽が出て、グラデーションが美しいです。

{F70A6818-D0F1-469F-9FEC-7BEAE1F76B6D:01}


神苑には季節折々の花が咲きます。
もうすぐ、紫陽花の季節。


6月11日(土)案内予定です。
お楽しみに!




いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。 
京都癒しの旅 案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。


今朝、Facebookを見ているとお客様がとっても嬉しい投稿をしてくださっていました。


「2年前からbirthday月を京都で楽しむことにしたんだ(*^^*)
今年もバッチリ楽しんだし、出来るだけ続けようっと。
京都癒しの旅さん、よろしくです♪」


{5144C699-D713-4D3B-9F3B-50C291CF3531:01}

2年前のつづき。

{530119AC-E258-4192-AEC2-D5F7F70CC760:01}


朝から、嬉しくて嬉しくて、飛び上がりました‼︎


綾さん、本当にいつもありがとうございます‼︎
こちらこそ、末永くよろしくお願いいたします。


今年のbirthday月の旅レポートはこちらです。


お誕生日の旅、あなたもいかがですか?





いいね!(19)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。 
京都癒しの旅 案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。 


昨日、他社さんからのリクエストで、若者たちと半日ご一緒させていただきました。


スタートは北野天満宮。
朝一番、青空の下、気持ちの良い参拝を。

{28AD7122-79A0-4B5B-8729-317520AADB4C:01}


学業の神様の前で、みなさん、真剣です。
伴氏社、三光門、撫で牛。


そして、御后三柱にも。
こちらは人も少なく本当に神聖です。


本殿の後ろからお詣りできる数少ないところです。
本殿の後ろがお詣りする素晴らしい場所であることは、
産土神社鑑定士の真壁さんのブログで知りました。


次に向かったのは二条城。
唐門に日が射してとても綺麗でした。

{31667A42-A03B-4758-8D80-841E3949B84D:01}


二ノ丸御殿をゆっくり見学しました。


「黒書院は?」とメモを取り続ける彼女、10代の頃からこうしている若者を見て、私も積み重ねることの大切さを学ばせていただきました。


次に八坂神社へ。
北野天満宮の時から、きちんと、手を清めましょうと伝えた通り、すうっと、6名が自然に。

{8EC6A466-E9D1-49A4-8AF4-EB91115E866A:01}


こういう、ひとつひとつが嬉しいです。
お賽銭も投げずに静かにを覚えていてくれて、八坂神社でもその通りに。


神様って、いらっしゃいますね、きっと。
私たちが着くと同時に舞殿で、結婚式が。

{765A5B74-ABC9-4953-8971-EC12972C29F9:01}


「わぁ、すごーい!」
「お嫁さん、綺麗」


私たち7人も幸せに包まれました。


八坂神社の正門である南の鳥居を抜け、希望のお食事場所に向かいました。


午後からはグループだけでの行動ということで、清水寺までの道案内をしてお別れしました。


最終日も素敵な時間をお過ごしくださいね。





いいね!(18)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。
おはようございます。 
京都癒しの旅 案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。 


先日、パートナースタッフの高瀬さんのご友人の桂紅雀さんと桂そうばさんの落語を聞きに行ってきました。


宮川町の美津屋さんで催されました。
落語がこんなに面白いとは~
楽しい時間はあっという間でした。


落語、写真はNGでしたので悪しからず。


終了後、桂そうばさん、叶子さん、高瀬さんと。

{784AD54C-EE16-4AD6-9F9F-97966202E138:01}


6月10日に上七軒の元お茶屋の長谷川さんで落語会があります。

{24D3113F-5CE3-477C-86A7-7D8CDFDF48ED:01}


おふたりだけ限定で旅の終わりにご案内させていただきます。


今、おひとりご希望の方がいらっしゃいますので、あと1名様、お受けできます。


旅の内容は近日中にアップします。
落語会、希望の方はお声掛けくださいませ。






いいね!(17)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
おはようございます。 
京都癒しの旅 案内人 下戸眞由美(おりとまゆみ)です。   


5月18日、上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)の御霊祭渡御を京都御苑で見てきました。


ごりょうさんのおまつり、御所で見るのは迫力があります。


そろそろ、行列の到着です。

{7E894775-B7CE-4431-B858-2CE050737D4C:01}


京都御苑、今出川御門から。

{7BA1E0DF-D6A1-439B-B2BF-D0C16ACDCD2B:01}


{B5102309-40F2-47C4-A8C2-6CC135DBC2E5:01}


京都御所、朔平門前に集合。

{1996322E-6F89-4304-AAA8-C27A0D63C636:01}


三基の神輿が集まります。
今出川口。

{8C407638-9E7D-48E2-A19D-EEBBE1E6238C:01}


{3D585E80-C612-4F7A-83EE-0B22B5F0A0D4:01}


末廣会。

{BFB1A77C-9D0B-4B46-A52B-159C00AF5C1B:01}
 

{BF5F1494-CAF7-4DD3-BB3A-CA1A2E7D44EF:01}


小山郷と揃います。

{E5E8A3D6-9089-4DCB-BA78-318D0B443A77:01}


こんなに可愛い時から、お祭りに参加するのって、素晴らしいですね。

{F91DF38A-F381-4B57-8960-571A88FB9331:01}


二基の御鉾が次へと向かいます。

{27A16280-AB56-4491-A7BA-7CD2BA8A3F58:01}




{31A947C3-878E-4E2E-B313-BC76B631ECD4:01}


三基の差し上げが始まります。

{28FCED19-CC5C-42DD-A353-D5F989683805:01}


{E43C0EA5-3A18-4FAA-8A6B-8F055A4E28AF:01}


{A27A445A-6899-4FE2-9D0C-C3EB371A4100:01}


神輿も馬も京都御苑から次の場所へと向かいます。

{7588F025-0688-4818-B889-27A0064B325C:01}


{2EF3D396-71A3-4CB0-9E94-1E7032A39F6E:01}


{7627C442-6FC0-475E-A315-448575ED207F:01}


お昼に上御霊神社を出発した行列が神社に戻り、すべてが終わるのが完全に日が暮れる19時半ごろ。


暑い中、お疲れさまでした。


改めて、お祭りを近くで見るのはいいなぁと思いました。


来年5月18日、チェックしておいてくださいませ。






いいね!(24)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)