「子育てに失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

~ハートを強くしながら成績アップ!500組以上の親子の笑顔を生んだベテラン講師が個性を伸ばす子育て法を伝えます~


こんにちは、仲村ゆりかです。

思春期言葉は変換すると、その子の気持ちが分かります。^^

思春期のお子さんをもっているお母さんの悩み?怒りの一つに、お子さんからの暴言があります。

小さい時は、「お母さん」「マ~マ」と呼んでくれた、可愛い我が子。

が、思春期になるにつれて、攻撃性を感じるような言葉ばかりを発するようになりませんか?

「思春期だから、しょうがない!」と頭で理解していても、実際いわれると腹が立ちますよね。

私も、娘や息子から

「別に・・」

「ウザッ」

「はぁ~?」

と反応される度に、「なんなのよ!」「もうちょっといいようがあるでしょ!」と腹を立てていました。

「こんな子に育てた覚えはない!」と、いつも心の中で叫んでいましたね~。(笑)

心も体も不安定な思春期、これは誰でもが通る道です。

それに対して、お母さんがイライラしていたら、身がもちません。

でも、お子さんの言葉の意味を、変換してみると楽になりますよ。

例えば、幼児期のときは、「ワンワン」といえば、犬です。

「ぶーぶー」は、車の意味です。

こんな風に、幼児言葉を変換して理解していますよね。^^

思春期の言葉も、このように変換してみるといいと思います。

先輩カウンセラーの三浦久美子さんの作られた、思春期の言葉の変換表より、いくつかご紹介しますね。

・意味わかんね~→私には分かりません。(分かるように言ってください)

・うざい→今は言ってほしくない。私に構わないで。

・クソババァ→お母さん

・はぁ?→何でしょうか?

・別に→別に問題ないです。

・微妙→どちらとの言えません。

・ムカつく→イライラする。

・ぶっ殺す→かなり怒っています!

等、実際お母さん方が、よく言われている言葉ですが、このように変換してみると、どうでしょう。

余り腹が立たないのではないでしょうか。^^

お子さんが発する言葉を、そのまま受け止めてしまうと、お母さんの心が疲れてしまいます。

「昔はいい子だったのに・・・」

「私の育て方が悪かったのかな~」

と、ご自分を責めないでくださいね。

幼児期には、幼児言葉があるように、思春期には思春期言葉があるんです。^^

「クソババァ!」は、「お母さん」と言っています。(笑)

言葉の表現は攻撃的ですが、お母さんのことをちゃんと呼んでいるんですよ。

言葉の受け止め方が変われば、お子さんの反応も変わってきます。

思春期のお子さんは、成長の途中で、とても不安定。

この時期は、これからお子さんが自立していく為の準備期間です。

お子さんが、自立への階段を一段一段上って行けるように、お母さんはサポートして頂きたいと思います。

そして、お母さん自身も、子育てから少し離れて、自分の人生を考える時間を持たれるといいですよ。^^

「親離れ」「子離れ」の時期は、色々な支障もあります。

でも、(親子で)しっかり自立への道を歩むことが、お互いの幸せに繋がっていくことを、忘れないでほしいと思います。

どうしたらいいのか迷たっ時は、お気軽にご相談くださいね。

「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、仲村ゆりかです。

お子さんを健やかに育てるには、まず家族の信頼関係が、大切ですよ。^^

最近、職場の男性社員が、お料理に目覚めました~。(笑)

細かく切るの苦手、洗い物も出ない料理・・・。

炊飯器で作る、炊き込みご飯です。

回を重ねるごとに、中身はグレードアップしてきます。(笑)


見た目は・・・う~ん、決して美味しそうには見えませんが、色々な具材のだしが出ていて、見た目より美味しい。^^

毎回「仲村さ~ん、今回はこんな物入れて、作ってきました~。食べてください^^」と、嬉しそうにラップに包んだご飯を持ってきます。

みんなと試食しながら、感想やアドバイスをしています。

試行錯誤しながら、彼なりに楽しんでいる姿が、とても微笑ましい。

「こんどは、こんな物を入れてみようかな~、また持ってきますね^^」

彼の炊き込みご飯に対する熱意は、冷める様子はありません。

この先も、彼の試食会は続きそうです。(笑)

私は、職場の人たちとは、いつも仕事と関係ないことでも、たくさん話すようにしています。

彼のように料理に興味を持ったのなら、料理の情報や、食べた感想など、ちゃんと伝えてあげます。

その中で、相手がどんなことを考えているのか?

どんな価値観で仕事をしているか?

何か、心配なことはないのかな?

など、様々な情報を得ることが出来ます。

それを理解しながら、社員や講師が信頼関係を築いていくことは、とても大切だと思っています。

この行動が、実は塾に来てくださっているお子さんに、反映されていくんです。

どいうこと?と、思われるかもしれませんね。

私は、担当ではない教室にも、お手伝いに行かせて頂いています。

千葉、東京、埼玉、神奈川と、環境も子供たちの雰囲気も違います。

でも、教室に入ってすぐわかることがあります。

教室の社員と講師が、ちゃんとコミュニケーションが取れているか?いないか?です。

社員と講師の信頼関係が築けている教室は、お子さんたちもいい感じで力が抜けていて、穏やかな雰囲気で、笑顔が多い気がします。

その反面、ただ仕事だけの関係性で、コミュニケーションが余り取れていないな~と思う教室は、お子さんもバラバラです。

私は、お子さんを見守る大人の心の状態は、お子さんに大きく影響すると思っています。

みなさんの生活に置き換えると、教室は家庭です。

先生は、お父さんやお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、兄弟姉妹ですよね。

家族みんなお子さんが、健やかに育ってほしいと願っています。

でも、横のコミュニケーションが取れていない、信頼関係がない家族に囲まれているとしたら・・・

近くで見ているお子さんは、どうしたらいいのか迷い、誰に頼っていいのか?不安になってしまいます。

お子さんから見ると、家族みんなのことが大好き。

家族みんなで、仲良く過ごす時間が、一番うれしいのです。

でも、家族がバラバラでは、お子さんが大きな壁にぶつかったとき、どうしていいのか分からず、(お子さんが)一人で抱え込んでしまいがちです。

お子さんが、心身ともに、健やかに育つためには、まず見守る大人たちが、信頼関係を築き、思いを一つにすることは、大切ですね。

今は、みんなが忙しくて、バラバラに行動していることが多いです。

でも、たまには家族それろって、ゆっくりと話す時間を、意識して持つことをしてほしいな~と、思います。

お家の中では分かりづらいかもしれませんが、外でのお子さんの様子に、きっと変化がありますよ。^^

出来る範囲で、試してみてください。

「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、仲村ゆりかです。

幼児の特性を知ると、イライラも減りますよ。^^

「うちの子、落ち着きがなくって・・・」

「思うようにならないと、ギャーギャーいうんですよね~」

「見たら、(考えもなく)すぐに行っちゃうんですよ」

そんな言葉を、幼児や低学年のお子さんをお持ちのお母さんから、よくお聞きしますね。^^

確かに、幼児の行動は、大人から見ると、不思議がいっぱいかもしれません。

時には、他の子と比べて、

こんなことしているのは、うちの子だけじゃないか?

私のしつけが悪いのかな?

と、自分を責めたり、不安になったりするお母さんもいらっしゃいます。

でも、幼児ってこんなことするんだよ~と、(幼児の)特性を知っていると、受け止め方も変わってきますよ。

・好奇心が旺盛

・興味を持ったものには疲れない

・行動と思考が同時におこる

・喜怒哀楽が自然にでる

・すぐに泣く

・落ち着きがない

・反省しない

・やかましい

・我慢が出来ない

・視野が狭い

・興味がないものには動かない

・恨みを持たない

・丸暗記力に優れている

等々

ご自分のお子さんを見て、当てはまることが、いくつかあるのではないでしょうか。(笑)

こんな特性を知っていると、「自分の子だけじゃないだ!」とお子さんの行動の捉え方も変わってきませんか?

子供は年齢ごとに、特性は変化していきます。

だから、その年齢の特性にあった関わりをもつことも、大切ですよ。

「今は、こういう時期なのね~」と、お子さんを見守れるようになると、お母さんの肩の力も抜けるかもしれませんね。^^

子供は、とても純粋で、色々な物を素直に吸収していきます。

大人から見ると、困ったことばかりしているようですが、捉え方を変えると、長所でもあるんです。

ぜひ、お子さんにプラスの声掛けをしてあげてくださいね。^^

「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、仲村ゆりかです。

1月25日に、素敵な開運パーティーがありますよ~。^^

「ガツン!と開運しちゃうぞPARTY☆~LOVE運アップ~」

残り4名様となりました。

参加される方が、何だかすご~い!!

ブログをお持ちの方を、ご紹介させて頂きますね。

「アッ、この方知っている!」って言う方が、いらっしゃるかもしれませんね。^^

・愛されママコーディネート術 立川友子さん

・銀座大宮通信 レジンで作るお花アクセサリー講師 新中恭子さん

・東京不登校引きこもり克服対応!父親母親支援カウンセリング 松ゆかこさん

・心のままに思考も行動もシンプルに生きていこう 美空(みそら)さん

・東大和市女子力UP!アイシング楽しい♪クッキー教室 相馬ひさえさん

・キャンドルセラピスト 松本真由子さん

・神社ナビゲーター、チャネラー ヒラリー掛川さん

・もう一度愛される夫婦カウンセラー 庭田真理子さん

・大好きな人に120%喜ばれるお花のオーダーメイド 小黒佐和子さん

・0歳から楽しくお稽古☆英語リトミック教室LaLa♪ 音羽香織さん

・タロット占いとエモーションフリー 原信江さん

・あなたのスマホ料金、高過ぎません?。もっと節約できますよっ! 勝亦将司さん

・横浜関内パソコン立ち仕事の肩こりむくみを解消するリンパマッサージ 高野亜伊さん

・妊娠・出産の不安が楽しみに変わるマタニティ教室|墨田区、江東区 井上祐子さん

・ツキをよぶ 笑顔をみがこう☆顔ヨガインストラクター・ヘッドセラピスト 長井奈々恵さん

・毎日が実験。人の気持ちがわかる人になるブログ 霜丘麻依さん

・マインドを整える食 さくらメソッド 清水さくらさん

・トキメキK’s☆bag 濱田和子さん

・鹿児島県 薩摩川内市 フラワーアレンジメント 永田智美さん

・夢を叶える「自信」と「セルフイメージ」構築の専門家 工藤由紀子さん

・女性起業家が自宅サロン・教室からテナントへ!お店を持つ方法/助成金活用支援 福島美穂さん

・あなたの生活を可愛く彩る☆大人かわいい女子のバービー小物デザイナー 吉川美どりさん

・ズレた私を受け入れちゃう 石橋晶子さん

・☆恋活応援☆40代で運命の人に出会えた!*遠距離恋愛*年下彼氏*Angelic Loving Therapist Hirom 北林弘美さん

※ブログのある方のみを紹介させていただきました。他にもたくさんの方にご参加いただきます!

<メインサポーター>

・ランチ会やイベントなどで、名前を覚えてもらえる「ネームプレート」の 小原千秋さん

・クッキーにお絵描きするアイシングクッキー教室の 加藤あいさん

・イベント、セミナー撮影専門の全国出張カメラマン 森戸陽子さん

・コンビニオーナー 花井麻耶さん

・運命好転セラピー 小笠原エミさん

1月25日、私も参加させて頂きます。^^

これだけの方が集まるパーティーは、初めて・・・

どんなことが起きるのか?

どんな素敵な方々と、ご縁があるのか?

想像すると、ワクワクして、ニヤニヤしてしまいます。(笑)

「どうしようかな~」と、迷っている方、お早めにお申し込みください。

ガツン!と開運して、今年を素晴らしい一年にしましょう!

詳細は、こちらからご覧くださいね。

「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんにちは、仲村ゆりかです。

無視されても、明るく挨拶をすることは、大事ですよ。

ところで、あなたは近所の人、ママ友などに、いきなり無視されたことはありませんか?(笑)

私は、ありますよ~。

実は、お母さんたちのママ友やご近所付き合いの中で、このような悩みは少なくありません。

私も、経験しているので、どうしていいのか?困惑する気持ち、よ~く分かります。

話し合いを持てる方なら、まだマシです。

でも、全く取り合ってくれない方だと、どうしようもないですよね。

自分が何かしたのかな?と、自分を責めたり・・・

何かあるなら、言ってくれればいいのに!と、段々イライラしたり・・・

その人に会う度に、気持ちがザワザワして、冷静でいられなくなったりします。

私は、そうでした。

人間関係のイライラが、結局は子供に向いてしまうことも多々ありました。

そして、自己嫌悪になり、落ち込む・・・・そんな繰り返しでした。

でも、どんな状況でも、私が心がけていたことは、2つあります。

1つは、相手と同じ土俵にのらないことです。

心情的に無視されたら、無視をしたくなりますよね。

でも、不条理なことをしている人と同じことをしていると、周りの人からみると、同じに見えてしまいます。

それで、あなたの価値を下げてしまっては、本末転倒です。

2つ目は、そんな時こそ明るく挨拶をすることです。

誰でも、無視されれば、心が折れるものです。

ついつい避けて通りたくもなるし、声も小さくなりがちです。

挨拶して、返答が返ってこないことに、気持ちがザワザワするのは、(反応を)期待しているからです。

相手に期待をすると、思うような反応がない時に、落ち込んだり、怒りが出たりするので、期待はしないことです。

相手は、あなたを拒否している訳ですから・・(でも、あなたのことを、気にしている状態です)

「やっぱりね~」です。

言うほど簡単なことではないことは、十分分かっていますよ。

でも、朝から、そのことで落ち込むのは、もったいない。

もう、何十年前のことですが、私は近所の方に、突然無視され続けました。

身に覚えがないので、原因は分かりません。(若かったから、生意気だったのかもしれませんが・・・)

その方は、もちろん挨拶をしても、返事はありません。

私の子供にも、声をかけることもありませんでした。

最初は、凹みもしましたが・・・・

そのうちに、彼女がかわいそうになってきました。

なぜなら、そんな風にしか、自分の意思表示が出来ないからです。

そうしなければならない、彼女の心のさみしさを感じました。

私は、返事がなくても、挨拶をし続けました。

ある時、いつものように「こんにちは」と挨拶すると、

「あら、可愛いわね」

と、娘をみながら返事が返ってきました。

元々返事など期待していなかったのですから、「え?!」ビックリしました。(笑)

それからは、笑顔で挨拶が返ってくるようになりました。

ここに至るまで、2年という月日がかかりました。^^

彼女にどんな心境の変化があったのか?聞くことはできませんでしたが・・・・

それ以後も、親しくお話しすることは、ありませんでしたが、それでいいのです。^^

今思えば、誤解や受け止め方の違い・・・

そして、彼女の心の問題(そうしなければいられない状態)もあったのだと思います。

お母さんの人間関係の悩みは、家族やお子さんとの関わりにも影響が出てます。

イライラして、家族に八つ当たりしてしまったり・・・

そうならない為にも、お母さんとお子さんが気持よく過ごせるように、考えていきましょう。

ママ友、ご近所の話は、中々相談できる人がいなくて、抱え込んでいるお母さんが、とても多いのです。

「誰にも言えない・・・」と、独りで悩まないで、お気軽にご相談くださいね。

「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、仲村ゆりかです。

お子さんの表現力を伸ばすには、五感を鍛えるといいですよ。^^

楽しい冬休みも終わり、お子さんたちも通常の生活に戻りましたね。

塾のお子さんたちからは、お年玉の話し、おじいちゃんおばあちゃんちに行ったこと。

どこかに行かなくても、お友達とたくさん遊べたことなど・・・

楽しかった思い出話しで、大盛り上がりです。(笑)

中には、北海道のおじいちゃんちへ、一人で飛行機に乗って行った子もいました。

親に連れていかれる時よりも、色々観察できたようで、

「CAさんが、めちゃくちゃ可愛くて~^^、その人が出口まで連れて行ってくれたんだよ!ドキドキしちゃった・・・でも、ラッキーだったよ^^」

と、満面の笑顔で話してくれた、A君。

これも、子供一人旅の特権かもしれませんね。(笑)

長期休み後のお子さんたちの成長は、本当に素晴らしい!

体験することは、机上の勉強よりも、人を成長させるんですね。

楽しかった思い出を、お子さんたちは、色々話してくれます。

お話しを聞く時、私はこんな風に声をかけるように、心がけています。

例えば、北海道の雪だるまの話しを、夢中で話しているA君に対しては、

「それは、どこにあったの~。どん形だった?このくらい大きかったの?」

聞かれると、お子さんは、その情景を思い浮かべます。

「それに、触ったの?」

「そのとき来た除雪車は、凄い音したでしょ?」

「雪食べてみた?^^」

など、五感で思い出せるように、受け止めて、投げかける声掛けをします。

お話しを聞いて、「良かったね~」だけでは、お子さんの表現力は伸びません。

一つ一つリアルな感覚で思い出して伝えると、聞いている人にも、分かりやすく伝えられるようになります。

お子さんが一生懸命話しているのに、何が言いたいのか分からないという時ってありますよね。

きっと、お子さんの頭の中には、伝えたい世界が、大きく広がっているはずです。

でも、どれから伝えればいいのか、整理できていない状態になっています。

そんな時は、世界観を引き出してあげられるように、五感に繋げた声掛けで、一つ一つ引き出してあげるといいですよ。^^

五感で体感できる子は、作文の表現力も素晴らしい!

表現力を伸ばすには、日頃の会話から心がけてみるといいですね。

きっと、いつもより楽しい会話ができますよ。^^

そして、もう一つ大切なことは、お子さんが話したときに、ちゃんとリアクションをしてあげることです。

いくら良い声掛けをしたとしても、お母さんの反応がなければ、お子さんは話す意欲を失くしますから・・・(笑)

お母さんのお時間のある時で良いので、試してみてくださいね。

「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 








いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、仲村ゆりかです。

自分が、どんな風に見えているのか?人に聞いてみると、本当の自分の良いところが、分かるよ。^^

昨年は、色々な方とのご縁を頂きました。

お会いしたみなさんが、私に言ってくださる言葉があります。

「元気をもらいました~」

「パワーがありますね^^」

「楽しくて、面白い」

ブログを見て、私に実際お会いした方は、

「イメージと、(いい意味で)違いますね~」

と、おっしゃいます。(笑)

私自身は、意識して何かをやっている訳でなく、みなさんが私のどんなところを見て、そう思うのか?

どんな風に、受け止めて頂いているのか?

自分を知る為に、年末年始にかけて、FBやメールで、お声がけして、質問にお答え頂きました。

年末年始の忙しい中、私事でご協力頂き、本当にありがとうございました。

20代~60代までの幅広い年齢層、職種も様々、私との関わりも、浅い方から、長いお付き合いの方にお聞きしました。

たくさんの丁寧な、心温まるお言葉を頂き、感激しています。

こうしてまとめてみますと、一つ一つジーンと、心に浸みます。


自分では意識していないけれど、お会いした方には、そんな風に伝わっているんだな~。

言葉にしないけれど、(私が)心がけていることに、気づいてくれてた方が、いらっしゃるんだ。

表から分からない、内面的なことを評価してくださる方もいる。

周りの方々の、客観的なご意見を頂くのは、自分の知らない自分を知る感じで、楽しい。^^

読ませて頂いてるうちに、みなさんへの感謝の気持ちでいっぱいになり、涙が溢れてきました。

昔の私は、自己肯定感低く、いつも何かに追われていて、これでいいという満足感は、全くありませんでした。

それを補うかのように、必死だったような気がします。

昔も今も、元気とパワーは、変わっていないと思いますが・・・・

周りの人に与えるイメージが、随分違ってきたように思います。

昔は、近寄りがたい人と、取られやすかったですね~。(笑)

今は、一緒にいると、楽しいし元気になれる存在として、受け入れて頂けています。

私自身は、今までと変わりなく行動しているつもりですが、今までと何が違うのか?

それは、きっと私自身を大切にできるようになったこと。

誰に求めるのではなく、自分で自分を認め、愛情でいっぱいに出来たからだと思います。

今回、私の溢れた愛情が、みなさんにもちゃんと伝わっているのだと、実感できた気がします。

自分が愛情に満たされると、同じ行動をしていても、相手への伝わり方、イメージにも大きな違いが出てくるんですね。^^

今、私は(ランチ会など)様々な場所を、心から楽しむことが出来ています。

そんな心が喜んでいる状態が、ご縁を頂いた方々に、伝わっているのであれば、こんな嬉しいことはありません。

家庭のこと、子育てのこと、夫婦関係のことなど、お母さんの抱えている問題は様々です。

辛くてしょうがない時って、ありますよね。

でも、その困難に向き合っていかなければなりません。

そんな時、お母さんが一歩踏み出す勇気と元気が出るように、私はこれからもお伝えし続けていきたいと思います。

そして、それを乗り越え、お母さんが人生を楽しめるように、サポートさせて頂きます。

お気軽に、ご相談くださいね。

「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、仲村ゆりかです。

お母さんの思いを、手に入れるまで、諦めないでくださいね。

お正月休みが終わったと思ったら、連休・・・お母さん方、疲れていませんか?(笑)

私は、親戚に挨拶回りをしてきました。

今年のお正月は、結婚した娘が、旦那さんと帰省していたので、出かけられず、(挨拶が)今頃になってしまいました。

いつもは、出かける側だったのが、今年は迎える側になり、不思議な気持ちでした。

初めてのことで、お婿さんに何を食べさせようか?と・・・年末から考えていましたよ。(笑)

でも、嬉しい悩みですよね。

悩んだ結果、すき焼きでした~。^^

お肉は、いつもより奮発しましたよ。(笑)

お酒を飲みながら、すき焼きの鍋をみんなでつついている光景は、本当に幸せだな~と、胸がいっぱいになりました。

10年前は、想像すらできませんでした。

ずっとずっと「みんなで、笑顔で食卓を囲みたい」と、懇願し続けていた、私。

でも、娘の病気、息子の家庭内暴力が続きました。

作った食事を食べるどころか、目の前で捨てられるありさま・・・

私が、どれだけ願っても、家族で食卓を囲むことなど、夢のまた夢で、叶わないことなんだと思っていました。

娘が拒食症と診断されてから、10年。

今年は、家族が増えて、ワイワイと賑やかな食卓を、囲むことが出来ました。

私が、願い、求め続けていた「笑いある食卓」。

着実に、一歩一歩前進して、現実になりました。

子供たちが自分の料理を、美味しそうに食べてくれるのをみるは、嬉しいものですよね。^^

お子さんのご相談に見えるお母さんたちの多くは、

普通に家族が集まって・・・

楽しくご飯食べたり・・・

リビングで、家族でゆったりして、笑っている・・・

そんな生活を取り戻したいと、おっしゃいます。

母親にとって、食卓やリビングって、幸せを感じられる場所なのかもしれませんね。

今、渦中におられるお母さん、直ぐには結果が出ないことも、たくさんあると思います。

「ここまで改善したから、いいかな~」と、中途半端な状態に納得するのではなく、お母さんが描く未来を、ちゃんと手に掴むまで、前進して頂きたいと思います。

気持ちがついていかないこと、諦めそうになることは、誰にもあります。

そんな時は、お気軽にご相談くださいね。


「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、仲村ゆりかです。

娘の変化をみて、私も自分らしく生きたいと、思いました。

新年のご挨拶とともに、相談者様(Nさん)から、近況報告を頂きました。

Nさんも、娘さんの過食・嘔吐のことで、悩んでおられるお母さん。

お家が東北で遠い、大家族で中々お家を留守に出来ないので、(東京まで)カウンセリングに来るのが難しかったのです。

でも、昨年東京のご実家に帰る用事が出来たため、忙しい中カウンセリングに来て頂きました。

その後は、物理的な条件もあり、カウンセリングに来て頂くのは難しく、数回メールでのやり取りをしました。

初めてお会いした時、とても楽しい時間を、過ごすことができました。

「私も、何か変われるかもしれない」と、漠然とした感覚を持ち帰ったカウンセリングでした。

あれから、娘は単身ハワイで2ヶ月半過ごし、イルカに癒されて帰国。

その後、全く未練なく高校を中退。

今は私の東京の実家に預け、自然食レストランでバイトしています。

意識高い色々な人と繋がって、意識の持ち方が変わりました

まだまだ過食嘔吐を継続し、時には自傷行為もあります。

でも、ただひたすら過食嘔吐だけの日々だった、一年前とは違います。

広い世界に気がつき、興味を持ち、前向きになれています。

母親としては、月経の再開も本当にありがたかったです

そして、私も変わろうとしています。

妻、嫁、母として、ただそれだけで生きて来た20年でした。

自分の気持ちには、いつも蓋をしてました。

娘の変化を目の当たりにして、私も自分らしく生きたい!と思ったのです。

でも、いざ変わろうと思った時、自分らしくって?

私は何をしたいの?

どう生きたいの?

自分の気持ちすら分からなくなっていて・・・(笑)

そこからのスタートです。

私も娘に負けずに、変わろうと思います。^^

私にきっかけをくださったゆりかさんには、本当に感謝です。

今でも時々、教えて頂いたワーク(目を動かしたり、姿勢を変えたり等)を、気分転換に役立ていますよ。

今年は、三女が高校受験を控えています。

無理しなくていいよ〜

自分が行きたい学校でいいよ〜

行ってダメならやめていいよ〜

と、心の底からゆるく応援できるような母になりました。

ありがとうございました。
 
Nさん、ありがとうございました。^^

Nさんは、3人のお母さんとして、嫁として、妻として、本当に献身的に大家族を支えておられます。

カウンセリングに中々来れないので、お家で出来ることを、いくつかお伝えしました。

それを、今もやってくださっているとは、本当に嬉しいです。

カウンセリングを希望する方は、早く治したいと思って来られます。

カウンセリングを受けて、気持ちが前向きになって、「がんばります!」と、決意も新たにされます。

でも、いざお家に戻った時は、今までと何も変わっていない状況があるわけです。

娘さんが摂食障害である事実も、変わりません。

変わっていな状況の中に入ってしまうと、「やっぱり、何も変わらないんじゃないか・・」と、ついつい気持ちが、萎えてしまいますよね~。

お母さんだけでなく、誰でもそうなりますよ。

人は、誰でも落ち込むとき、イライラするとき、逃げ出したくなるときはあります。

でも、逃げ出す訳にはいかないですよね?

そんな時でも、お母さんの気持ちが切り替えられるように、お家で出来る方法を、私はお伝えしています。

気分を変えてあげられる方法を、知っていると、辛さも軽減します。

うまく出来なくても、大丈夫!

私は、強制することは言いません。

なぜなら、納得していないことを、やっても効果はないからです。

Nさんもやれるときに、やってくださっているみたいです。

そんな小さな積み重ねが、Nさんの内面の思いを、引き出したのかもしれませんね。

以前は、それすらわからない状態でした。

気持ちの切り替えが、早くなれば、捉え方や行動も自然に変わってきますよね。^^

Nさんの色々なこだわりが、無くなっていくことで、娘さんは自由になっています。

お母さんが、自分の気持ちに気づくことも、(病気の完治に)大きく影響するんですよ。^^

私は、お会いすることができなくても、ご縁が繋がった方、全てのお母さんたちが、人生を楽しく過ごしていただけるように、心より祈っています。

私との出逢いが、そのきかっけになれば、こんな喜びはありません。

お母さんの状態を整えていくことが、結果的には摂食障害や、問題行為の完全克服に繋がることを、これからも伝えていきたいと思っています。

お気軽に、ご相談くださいね。

「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 














いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、仲村ゆりかです。

先日、娘さんの拒食症で悩んでいらしたお母さん(Fさん)が、娘さんとお母さんの近況を報告してくださいました。

Fさんの娘さんは、一昨年からカウンセリングをさせて頂いていました。

昨年春には、希望した高校に合格して、今は元気に高校に通学されています。^^

 ~(省略)~

何かとイベントの多い年末年始。

1年前を思えば、夢のようです。

完全に治った訳ではないと思いますが、1年前のあの頃には、想像つかない今があります(;▽;)

まだまだ友達関係で、いろいろあります。

でも今、生きてる娘と一緒にいれることに、感謝です(;▽;)

お菓子を作るのが、大好きな娘。

摂食障害になってからは、食べ物を拒否してきましたが、去年のクリスマスには、ケーキを作ると言い出しました。

時間の関係で、市販のスポンジを買ってきて、デコりましたが、それだけでも、大きな1歩ですよね!

今でも、一緒にお風呂に入り、私の布団で一緒に寝てます。

なにが嬉しいかって、お風呂に入るたびに見る娘のぷりぷりしたかわいいお尻(笑)

ホントに、すりすりしたいくらいに、愛おしいです(笑)

ホントにやったら、怒られますけどね。

たまに、ママは私の話を聞いてくれなくなった💢と怒られますが、なんとかやってます。

私の方は、夏の終わりに、念願だった中型免許を取るために教習所に通い、11月に免許を取りました。

年末には、バイクも購入しましたよ!

まだ遠出はしてませんが、もう少し暖かくなったら、バイクでどこかに出かけたいなぁって思ってます!

ここ何日か「仲村先生に会いに行こうかなぁ」って言い出してるので、またカウンセリングをお願いするかもしれません。

その時は、よろしくお願いします。
 
Fさん、新年早々嬉しいご報告、ありがとうございました。^^

拒食症のお子さんをお持ちのお母さんなら、Fさんのお気持ちを、分かって頂けるのではないでしょうか。

私も、娘の体が、段々丸みをおびていく様子を見ては、(陰で涙を流して)感激していました。

私のことを、にらみつけていた娘の瞳が、優しくなったこと・・・・

泣きながら叫んでいたのに、穏やかに会話が出来るようになったこと・・・

まるで今まで、何もなかったかのような娘の態度に、戸惑いもありました。

私だけ、悪夢を見ていたのかな??と、思うほどでした。(笑)

でも、それが普通なんですよね~。

余りにも長い間、普通ではない状態にいたので、普通になったことに違和感があったのでしょうね。^^

Fさんの一番素晴らしいのは、ご自分の人生を、楽しめるようになったことです。

以前から「いつか中型バイクの免許を取りたい」と、言っておられました。

それを、行動に移して、見事免許を習得されました~。

おめでとうございます!^^

私は、お母さん自身も、自分の人生を楽しんで、大切にしていただきたいと、思っています。

お母さんが自分の夢を叶えるために、楽しんでいる姿は、お子さんにとっても嬉しいことなんです。^^

お母さん、(お母さんは)今何をしたいと思っていますか?

何をしたいと思って、今までがんばってきたのでしょうか?

お母さんが、思い描いたものが、現実になるように、今から出来ることを、新年からスタートしていきましょう。

行動を変えれば、人生も変わってきます。

お母さんが楽しんでいる姿を、拒食症のお子さんに見せることも、よい影響を与えることなんですよ。

お母さん、お子さんを見守りながら、自分の人生も、私と一緒に考えていきませんか。

一人で悩まないで、お気軽にご相談くださいね。


「子育てには失敗はないんだよ」太陽サンサン子育て相談室

個性を「強み」に変える子育てプログラムメニュー

(娘と私)親子で拒食症を克服した方法

お問い合わせ

公式ホームページ

クライアント様のご感想

教育メンタルアドバイザー 仲村ゆりか



 





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)