◆Mini-Zサポートページはこちら!
   →http://www.kyosho.com/mini-z-support/

  本体とオプションパーツの説明書はこちら!
  →http://www.kyosho.com/jpn/support/instructionmanual/mini-z/miniz_index.html


◆Mini-Z Cupの動画配信はこちらから
  →http://www.ustream.tv/channel/kyosho-tv


Twitterによる最新情報は右側の掲示板から!


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-04-26 07:00:00

ミニッツレーサー実践講座~第12回~

テーマ:ミニッツレーサー実践講座2014-16

ishikawa

 

こんにちは、石川です。

実践講座第12回も広岡さんと一緒に練習しましょうパンチ!DASH!

 

 

まずは前回のおさらいです。

 

ストレートではスロットルを可能な限り全開にして、

コーナーに進入する前にスロットルを30%程度にもどしてスピードを落とし、

コーナーを立ち上がるときには最短距離を走り、

次のコーナーまでの間に直線を見つけてマシンを加速させる!!

 

きちんと出来るように練習しましたかはてなマーク

 

出来るようになったという前提で、本日のレッスンを始めますビックリマーク

 

最初はスロットルを30%に固定して練習を行ってください注意

慣れてきたら、前回のレッスンのように直線を見つけて

その部分は加速させてもOKです。

 

ストレートのアウト側からマシンをスタートさせます。

スロットルは30%の位置に固定します。

 

テープのラインに沿って走行させてください。

ステアリングをゆっくり左へ切っていきます。

 

 

 

コーナーに対して、この付近でイン側のフェンスへ近づけます。

 

この位置で、イン側のフェンスに最も近くなりました。

このようにコーナーのイン側に最も近づく場所を、

クリッピングポイントと言います。

ここからステアリングを戻し始めます。

 

次のコーナーに対して真っ直ぐのラインを見つけます。

(今は加速しません。スロットルは30%のまま)

 

この辺りからステアリングを右にゆっくりと切り始めます。

 

この場所でマシンをコーナーに最も近づけます。

 

ステアリングを戻し始めて、次のコーナーに対して直線を見つけます。

 

ここで加速したいところですが、今回はスロットルは30%にキープ。

 

 

この辺りからステアリングを左に切り始めます。

 

間もなくクリッピングポイントです。

 

クリッピングポイントを通過してステアイングを戻し始めます。

画像では少しオーバーラン気味・・・。

 

コースを修正して・・・・。

 

コーナーを立ち上がっていきます。

 

この練習でのポイントはひらめき電球

クリッピングポイントをコーナーの入り口に設定しているということです。

(クリッピングポイントが手前側、と表現することもあります。)

 

別のアングルで見てみましょう。

オレンジ色の車を1台追加で置いてみました。

 

最初のコーナーで前の遅い車を抜き去ろうとしています。

オレンジ色の車のイン側を通過しなければなりません。

 

このラインを通ればオレンジ色の車と接触することなく、

追い越して行くことができます。

 

同様に2つ目、3つ目のコーナーを見てみましょう。

 

先ほどと同じく、コーナーの手前がクリッピングポイントとなっています。

 

こちらも、コーナーの進入時にマシンをコーナーに最も寄せています。

 

このように、クリッピングポイントを手前に設定するライン取りは、

前のマシンをパスする際に非常に有効ですビックリマーク

 

しかし、このラインには大きなデメリットがあります。

 

1つ目のコーナーを操縦台から見た写真です。

オレンジ色の車がコーナーのイン側に寄っているように見えます。

実際にはイン側のフェンスからは40cm以上離れているはずですが・・・。

 

このようにオレンジ色の車とフェンスの間を走らせることは非常に難しいです。

また同時にクリッピングポイントをコーナーの手前に設定すると、

ステアリングを切り始めて、マシンがクリッピングポイントに近づく時間は

あっと言う間です。

少しミスをすると簡単にイン側の縁石に乗ってしまったり、

イン側のフェンスに接触してしまいます爆弾

 

そこで、私のおススメラインを紹介します!!

クリッピングポイントをコーナーの出口側に設定する走行ラインです。

 

スタート位置は先ほどと同じです。

スロットルは30%に固定して走行してください。

 

このラインはイン側にいる前の遅い車を追い抜く時に有効ですが、

イン側の車が減速しないで直進してくると接触事故になってしまいます。

オーバーテイクする際には十分に注意が必要です注意

 

ステアリングを少しづつ切り増ししていきます。

 

ここでクリッピングポイントをコーナーの奥側に設定することを意識し、

そのコース取りを確認します。

 

ステアリングをさらに切り増ししますが、

クリッピングポイントを手前に設定する場合と比較して、

クリッピングポイントまでの距離が長いので微調整が可能ですひらめき電球

 

 

この辺りがクリッピングポイントです。

写真ではコーナーに寄りきっていないですが、

周回を重ねて徐々に近づけていけば良いですグッド!

 

次のコーナーへのライン取りが先ほどとは違っていて、

コーナーの入り口付近ではマシンをイン側に寄せすぎません。

※ちょっと大げさに表現しています

マシンの方向が決まったら、本来であれば加速するポイントです。

 

 

ステアリングをゆっくり右に切っていきます。

このようにコーナーへの進入は緩いカーブとなるので、

マシンがコーナーのイン側へぶつかってしまうリスクが低くなります。

 

しかし、ここで重要なことは、あなたの右手がどれだけゆっくり、

そして正確にステアリングを切ることができるのかはてなマークということです。

マイルドな操作が要求されます注意

 

この少し先でクリッピングポイントを通過しますビックリマーク

 

次のコーナーへ向けて立ち上がりますが、

 

ここも先ほどとは目指すラインが全然違います。

クリッピングポイントをコーナーの奥に設定するからです。

※大げさに表現しています

 

 

ここから大き目のラインでコーナー後半のクリッピングポイントを

目指しますビックリマーク

 

 

この辺りがクリッピングポイントです。

ステアリングをゆっくりとニュートラルへ戻していきます。

 

 

1つ目からクリッピングポイントの位置を見ていきましょう。

 

2つ目は、

 

3つ目は、

 

どうでしょうかはてなマーク

クリッピングポイントをコーナーの手前側に設定する走行ライン。

クリッピングポイントをコーナーの奥側に設定する走行ライン。

その違いを分かって頂けましたかはてなマーク

 

このようにクリッピングポイントを奥側に設定することで、

イン側の縁石に乗り上げたり、フェンスへ接触するリスクを減らし、

安定したタイムを刻むことが出来るようになりますビックリマーク

 

しかし、時としては遅い前の車をイン側から抜く必要も出てきます。

その時に備えてクリッピングポイントを手前側に設定して、

そのラインでもミス無く走れるように練習してくださいビックリマーク

 

もちろんクリッピングポイントは手前側と奥側の2つだけではありません。

クリッピングポイントを奥側から手前側に移動することで、

安定性は損なわれるものの、タイムアップするポイントがあるでしょう。

コーナーのひとつ、ひとつで最適なクリッピングポイントは違います。

もちろん、あなたのステアリング操作の技量によっても変わってきます。

今のあなたに最適なクリッピングポイントを探してみましょうビックリマーク

 

そして最後にもう一つ大切なチェックを注意

 

前回に引き続き目線の位置です。

マシンがストレートの真ん中付近を走行しているときに、

広岡さんにはこちらをみてもらいました。

そうです、この瞬間に次のコーナーへの進入ルートを決定するのですビックリマーク

 

こちらのコーナーも同じです。

コーナーを立ち上がる前に、次のコーナーの走行ラインを確定させ、

そこへ向かって直線を見つけて加速してくださいビックリマーク

 

今日のレッスンはスロットルを30%に固定して行いましたが、

自分が思ったラインを通れるようになったら、

コーナーとコーナーの間に直線を見つけて素早く加速してみてください。

最初はちょっと戸惑うと思いますが、

今までに体感したことが無いスムースで気持ち良いコーナーリングを

必ず体感できるようになります!!

 

広岡さんは最近でもR246サーキットでこの練習を続けています。

腕に磨きをかけ、更にスムースなラインを走行されていますニコニコ

 

継続は力なりパンチ!DASH!

このブログを読んだだけでは、残念ながらタイムは上がりません。

是非、実際に練習して一段階上の走りを楽しんで下さい音譜

 

今回はかなりの長い記事になりましたが、

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

最近は色々な人から「実践講座を読んでいます!!」と

声を掛けて頂くことが多くなりました。

 

「動画で見たい」というリクエストも頂いております。

 

次回、実践講座~第13回~は、

総集編と題して動画を盛り込んでお届けしますビックリマーク

お楽しみに音譜

 

AD
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016-04-26 06:16:16

2016年4月の(新)製品入荷情報!

テーマ:入荷情報

こんにちは、営業担当の山本です。

4月は新製品が無いので、今月入荷の人気アイテムをお知らせいたします。


●32127W
ミニッツAWD MA-020スポーツ レディセット
頭文字D 新劇場版シリーズ
トヨタ スプリンター トレノAE86 藤原 拓海
【ドリフトタイヤ標準装着済】
32127W

●MZP423W
オートスケールコレクション
MA-020S-N 頭文字D スプリンター トレノAE86
MZP423W

●R246-1802
MINI-Z Li-Fe 3.3Vバッテリー 2個入
R246-1802

●R246-1803
MINI-Z Li-Fe 配線プラグ
R246-1803

●R246-1804
MINI-Z Li-Fe チャージプラグ
R246-1804

AD
2016-04-22 17:53:33

ミニッツカップ北日本大会に関しまして

テーマ:ブログ

当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。



本日のブログ担当、ボディ開発担当の広谷です。



ゴールデンウィーク後には
『静岡ホビーショー』!!



準備をしなければならないのにー!



車輪村でのマツダ ロードスターの発表で
現在燃え尽き症候群ぎみ…



誰か私のやる気スイッチを
押していただきたいです…(汗)



ま、そのうち勝手に入るでしょ(笑)



皆様いかがお過ごしでしょうか?



さてさて、回りくどいことは置いといて。



ミニッツカップ北日本大会と関西大会に関しまして、
発表はまだかまだかと皆様には
大変ご迷惑をおかけしております…。



関西大会に関しましては
まだ『調整中』でございます…



が! 候補がおおよそ決まってきて
発表まであとちょっとのところまで来ています…



北日本大会に関しまして。



弊社ホームページはまだ準備できていません…
が! 先に発表させていただきます!!



日程は9月3日()・4日()。
『新千歳空港』での開催となります!!



ただ、会場はいままでの
イベントスペースではございません。



詳細に関しましては、
大変申し訳ございませんが、
弊社ホームページのUPをお待ちくださいませ。



あまりに本日のブログネタが思いつかず、
催事グループの笹井執行役員に助けていただきました…。



ありがたやありがたや
あー助かった…(笑)



参加のご検討の程、
よろしくお願いいたします!!



それでは次回、ボディ開発担当の広谷でした。

AD
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード




ジオターゲティング

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。