共立美容外科 磯野智崇のブログ

ブログの説明を入力します。

NEW !
テーマ:

皆さんこんにちは!

 

 

 

磯野カツヲのブログですよー。

 

 

 

 

さて突然ですが皆さんはやっぱり二重まぶたは好きですか?  モチロン好きですよね!

 

 

 

 

好きだからこそ、特に女子の皆さんの多くは中高生のうちからのりとかテープ、人によってはバン〇エ〇ドをイカソーメンのごとくほそ~く切って二重を作ったり本来より広くしてるわけです。

 

 

あ、もちろんお分かりだとは思いますがこの場合「二重」は「ふたえ」と読むんですよ。時々「にじゅう」っていう人がマジでいるので一応確認。

 

 

 

 

でも、のりにしてもテープなどにしても、皮膚を接着するというのは皮膚にとってはヒジョーに良くない!

 

 

それだけで「接触性皮膚炎」というカブレの原因になります。

 

 

 

仮にカブレなくても、毎日毎日まぶたの皮膚をぐいぐいやってたら、まぶたの皮膚もだんだん伸びてきてしまいます。これは年齢が若くても関係ないですからね。   

 

 

 

 

でも実際にはどうですか?

 

 

 

本来日本人の6~7割くらいは一重まぶたと言われています。(諸説アリ)

 

 

でもその割には、巷で見かける女性(特に若い女性)って、ほとんど二重まぶたに見えませんか?

 

 

 

っていうことは、かなりの割合で女性たちは普段の二重を作ってるあるいは「盛ってる」という推測ができます。

 

 

 

 

もちろんその場合の多くは今も美容外科的なものではなく「自作」でしょう。

 

 

 

 

しかし!そんな風潮にあえてワタクシ磯野カツヲは「ちょっと待った!」 と言いたい!

 

 

 

 

二重にするのはいいんですよ。問題は手段です。共立美容外科に二重の相談に来る方は、たいていの場合やはり何かしらのもので「自作」されてます。

 

そしてそういった方のほとんどは、多かれ少なかれまぶたの皮膚に問題が起きています。中にはカブレて真っ赤になっているケースもあります。真っ赤になっていても、本人にしたら二重を作らずに外に出ることなんてできないので、毎日やっちゃいます。それでさらに状態は悪化・・・

 

 

 

そんなことになるくらいなら、まぶたに糸を通すだけのP-PL挙筋法(埋没法)で二重にしてしまったほうがどれだけ安全かって話なんですよ。

 

 

ただ医療でいったらそうであっても、中高生の場合は堂々と「セイケイしてくるぜー!」 ってわけにもいかないのもまた現実。

 

 

 

そのへんの兼ね合いは難しいところですが、少なくとも中学高校では校則でハッキリと「のり・テープなどによる二重メイク禁止」としてほしいというのがカツヲの本音なのです。(実際にそういうところもあるようです)

 

 

 

 

「オイ待て、そりゃいくらなんでも殺生だろ!」

 

 

 

そんな中高生の叫びが聞こえてくるようです。

 

でも若くて元気なまぶたの皮膚ちゃんが、わざわざ痛めつけられることのほうがカツヲからみたらよっぽど殺生なんですよねー。

 

 

 

自作もダメ、整形も学校的にヤバめとなったらじゃあどうしたらいいんだってことになりますが。

 

 

 

 

 

・・・ここじゃあ詳しくは言えませんが、カウンセリングに来ていただければ、「ちょっとしたアドバイス」はできます。(小声)

 

 

 

 

 

もちろん「絶対の必殺ワザ」ということでは全くありませんし、あくまで基本は校則順守であり少なくとも校則違反を推奨することでは決してありませんので、自己責任で話だけでも聞きたーいという方のみドウゾってことで。

 

 

 

 

まー、そうはいっても二重の威力ってのはそれ相応です。

 

 

 

 

自慢じゃありませんが、これまで幾千もしかしたら万単位の二重まぶたをこしらえてきたワタクシも、自分はクッキリ一重です!

 

 

 

 

 

 

 

                    

 

 

 

 

 

「顔デカッ!」   とかじゃなくて、一重まぶたであるところをご確認くださいネ。

 

 

 

 

あと、まぶたにうっすらと線があるのは 「加齢による皮膚のタルミ」 であって残念ながら二重ではありませんので。

 

 

 

 

 

 

         が、しかし!

 

 

 

 

そんなカツヲも二重になるとこんな感じに!

 

 

 

 

 

 

 

 

                    

 

 

 

 

 

どーですか皆さん! どっちにしても「しょーもないオッサン顔」に変わりはありませんが、左目に比べたら右目のほうがかなりイイですよね?

 

 

黒目の面積の違いにもご着目!試しにこの二枚目の写真の右半分と左半分を、手で交互に隠しながら見てみてください。

 

 

 

もう笑っちゃうくらい違います。

 

 

 

 

少なくともカツヲは自分で笑っちゃいました!

 

 

 

 

さあ考えてみてください。 こんなオッサンですらこれだけのイメチェンができる、それが二重マジックです。

 

 

 

これがもし今このブログをご覧の貴女だったら・・・   どれだけキレイになっちゃうんだってことなんですよ。

 

 

 

 

共立美容外科の二重手術「P-PL挙筋法」なら、施術時間はたった10分ほどです。細い針・注射針を使いますので痛みも最小限です(さらに超・超極細針のオプションも有り)。

 

 

 

術後の腫れもけっしてゼロではありませんが、他院の施術に比べれば十分抑えられていると言えるでしょう。

 

 

 

 

当然、全国どこの共立美容外科でもP-PL挙筋法を受けていただくことができます。

 

 

 

 

もちろん「とりあえずカウンセリングだけ」でももちろん大丈夫。一番行きやすい所の共立美容外科にまずはお電話くださいね!   お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

     「あなたはそれでもまだアイ〇チですか?」

 

 

 

 

それではまた次回をお楽しみに~。 磯野カツヲでした マル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。