共立美容外科 磯野智崇のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

皆さんこんにちは。

 

 

 

例によってまたまたかなりのお久しぶりになってしまいましたね(汗)

 

 

 

一歳年取ってKBG48改めKBG49。 (←「。」は意味なしw)の磯野カツヲがブログを更新いたしますヨ~クラッカー

 

 

さて季節はもうすぐ夏ですね。私は今日は高松院でお仕事ですが、こちらはけっこう気温が上がって暑いです。

 

 

 

そして夏と言えばオバケのシーズン!

 

皆さんはどんなオカルトライフを送っていますか?

 

 

 

ちなみにカツヲ自身は霊感みたいなのは一切ないのですが、病院という所にはやはり昔からそのテの話はつきもの。

 

 

お医者さんになってからしばらく働いていた大学病院で不思議な話を聞きました。

 

 

 

 

 

私は当時形成外科に所属していたのですが、形成外科の病棟は当時、皮膚科、内科と一緒でした。

 

 

 

 

そこの看護師さんから聞いたのですが、その病棟に中年女性の内科の患者さんが入院していまして、一時かなり容態が悪かったそうなんです。

 

 

 

一週間くらいの間、意識もなくなり予断を許さない状態です。

 

 

しかも悪いことは重なるもので、意識がなかった一週間ほどの間にその方の旦那さんが急に亡くなってしまいました。

 

 

 

 

ご本人はその後、何とか持ち直して意識も回復したのですが、精神的なダメージに配慮して旦那さんが亡くなったことはとりあえず伏せていました。

もちろんご家族と話して決めたことです。

 

 

 

 

ところが意識が戻ってしばらくして、その女性が不思議なことを言い出します。

 

 

 

 

 

    

 

  「私、お葬式に行ってきたの」

 

 

 

 

「親戚がみんな居て、一人一人に挨拶してるのに誰も挨拶してくれなかった」

 

 

 

 

 

 

 

ゲッソリゲッソリゲッソリ

 

 

 

 

言っておきますが、これ「お造り」じゃないですよ!

 

 

 

マジですから!

 

 

 

 

 

 

 

 

この際もう一つマジ話、いっちゃいます。

 

 

 

 

これはその話からさらに遡ること数年、まだカツヲが大学生だった頃のことです。

 

 

同級生から聞いた話。

 

 

 

その彼が深夜、車で都心のA墓地(超有名な大型墓苑)をかすめる細い裏通りを通った時のことです。

 

 

 

車の前方の、ライトに照らされたおじいさんの後ろ姿に気付いた彼は、速度を落としおじいさんがどいてくれるのを待ちました。

 

 

 

 

ところがそのおじいさん、夜でもあり車が来たことに気付いていないはずはないだろうに一向にどこうとしません。

 

 

 

 

ちょっと焦れた彼はライトをチカチカとパッシングしたり、プップッと軽くクラクションを鳴らしてもみたのですがそれでもおじいさんはこちらに背を向けたまま動きません。

 

 

 

 

 

困った彼は車をとりあえず降り、車の横から声をかけました。

 

 

 

 

「ちょっと!危ないですよ!  どいてくださいよ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するとおじいさんはようやく彼のほうに少し振り向きましたが、       次の瞬間!!

 

 

 

 

 

 

 

 

その道の端は墓地の塀なのですが、おじいさんはその塀に向かい体をかがめたかと思うと

 

 

 

 

 

         ピョン!

 

 

と人間とは思えない身軽さで塀の上に飛び乗り、向こう側に飛び降りて行ってしまったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

同級生の体験はここまでですが、この話を聞いた数年後に家でテレビを見ていたカツヲは驚くことになります。

 

 

 

 

 

 

 

ある番組(ダウンタウンの番組かも)で、出演者のタレントさんたちが自分の不思議体験を語りあっていました。

 

 

 

 

 

 

 

その中で俳優の東幹久さんが自分の十代のころの体験として話していたことが、まさにカツヲが友達から聞いた件の話とそっくりだったんです!

 

 

 

 

 

 

 

場所こそ指定はしていませんでしたが、東さんは渋谷出身というのが売りでしたし、昔渋谷界隈で流行った「チーマー」の先駆けみたいな人だったので、番組中で言っていた「墓地のところの路地」というのは間違いなく渋谷からほど近いA墓地でしょう。

 

 

 

 

東さんは先輩の車に乗せてもらって通りかかったそうなのですが、前方に髪の長い女性が、やはりこちらに背を向けて立っていました。

 

 

 

 

 

クラクションなどでいくら促しても動こうとしないので、東さんが窓から顔を出して「危ないよ!」と声をかけると、この女性もいきなり塀にまるで猫のように飛び乗って向こう側へ消えていったとのこと!

 

 

 

 

 

 

 

A墓地には化け猫みたいなのがいるんですね、きっと。

 

 

 

 

 

そういえば、ちょうどこの二つの話の中間くらいの時期だったと思いますが、ある人からもこの墓地についてのことを聞いたことがありました。

 

 

 

 

その人はおばあちゃんがかなりモノホンの霊能者で、本人もそこそこ霊感があるそう。

 

 

 

 

 

その人が言うには、A墓地にはものすごい「何か」がウジャウジャいると。

 

 

 

 

 

 

生き物が死んだ後の動物霊とかいうよりも、「もののけ」というか、最初からの妖怪みたいな得体のしれないものがいるのを感じるんですって!

 

 

 

 

A墓地の近くに首都高速が通っているのですが(ただしビルがあり高速道路上から墓地は見えない)、車でそこの首都高を通ると、墓地は見えないのにものすごく嫌な感じがしてくるんだそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・さてさていかがでしたでしょうか。今回はこのへんでおしまいです。

 

 

 

 

都心周辺には他にも有名な心霊スポットがありますので、機会があったらお話ししますね。

 

 

 

 

 

ではまた!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。