• 06 Feb
    • ICU研修4

      こんばんは。横浜のおかのでございます。2月でございます。ICUは今日もいっぱいでございます( ̄ー ̄)こないだの雪では大ダメージを受けましたが、おかのは元気にやってます。ICU研修も5ヶ月目です。できることが少しずつ増えているのを実感してます。毎朝のconferenceでは炎上してますが笑苦手なことに目を背けずやること。病態を生理学的機序で考える。直近の課題です。辛いですが最高です(  ̄▽ ̄)成長した姿をお見せできるようにがんばります。でわまた

      5
      テーマ:
  • 13 Jan
    • CVCセミナー@伊東市民病院

      こんばんわ。横浜のおかのでございます。今日は静岡までお出かけしてまいりました( ̄ー ̄)はい(  ̄▽ ̄)徳嶺教授のお供で静岡にCVCセミナーのアシスタントとしていってまいりました(⌒‐⌒)ひさしぶりの徳嶺教授のお話はさらにギャグに磨きがかかってましたね!いつも勉強させていただいておりますm(._.)m横浜にきてからはICUに引きこもっておりましたが、いい刺激もいただきました。微力ながらも日本のCVC教育に貢献できれば嬉しいですね。徳嶺先生ありがとうございました。遅くなりましたが、今年もよろしくお願いいたします

      4
      テーマ:
  • 29 Dec
    • ICU研修3

      横浜におります。おかのです。皆さまこんにちわ。昨日で今年度の通常業務は終了いたしました(  ̄▽ ̄)ICUにきて3ヶ月。沢山のカルチャーショックがあり、凹むことも多数ですが、優しい部長達に励まされ無事?に2017年をおえれます。横浜にいたらこの人はみとかな!ってことで三ツ沢球技場もいきました。三浦和良 キング カズ さんです。好きなことをとことんやり続けてるシンボルですね(゜ロ゜)ICUにきて心肺停止から歩いてかえった患者さん破傷風から生還した患者さんご家族が喜んで泣いている姿には心打たれました。一人前になるまで長い道のりですが、カズさん見習ってがんばります。来年は沢山の仲間が増えるらしい!?楽しみにしてます。でわまた

      6
      テーマ:
  • 02 Dec
    • ICU研修2

      こんばんわ。おかのでございます。12月ですね。横浜ICUは毎日いろいろな疾患が入室してまいります。横浜にきて新しいことばかりです。やったことなかったこと1ネーザルハイフローの組み立て呼吸療法専門医の藤本先生に教えてもらいながら、組み立てました(  ̄▽ ̄)藤本先生に「ハイフローの論文書いてもちゃんとセッティングできなきゃ ・」と一緒に組み立てていただきました。2間接熱量計の組み立て。仕組みを理解するのに自分で組み立てるのは本当に大事ですね(゜ロ゜)覚えること沢山でございますが笑でわまた

      4
      テーマ:
  • 18 Nov
    • ICU研修1

      こんにちは。横浜に出向中のおかのでございます。11月からICU の当直がはじまりました(゜ロ゜)毎日いろいろな患者さんが入室して参ります。心臓術後、肺炎、心肺停止、心不全などなど。初めて行う手技、初めてみる病気。初期研修時代に戻った感覚でございます!解らないことだらけで悪戦苦闘しておりますが、西澤部長から日々熱い指導を受けながら過ごしてます。横浜市立大学麻酔科の方々にもとても優しくして頂いてます。1に病態生理、2に病態生理、3も病態生理という感じです。Be a Intensivist まだまだ長い道のりですが夢に向かってがんばります。でわまた

      1
      テーマ:
  • 28 Oct
    • ASA2017@Boston

      お久しぶりでございます。横浜労災病院集中治療部に出向してますおかのです。横浜に旅立ってから1ヶ月。仕事を覚えるのに必死な毎日を過ごしております。出向してそうそうですが、ASA2017@Bostonに参加してまいりました。とんでもなく大きなコンベンションセンターでございました(  ̄▽ ̄)発表は ・・・準備が足りなかったですね( ;∀;)萬教授に沢山フォローいただきました。来年以降に再挑戦です。鵜澤先生!お疲れさまでした。中澤先生の発表は時間が重なり撮影できずでした。2日目には麻酔科医の聖地へ皆さまご存知MGHですね!ORを中心に見学させていただきました。萬教授にいろいろ連れていっていただきました。本当にありがとうございました。中澤先生の写真がありません笑あったのはこちら笑本当にお疲れ様でした。2年間の留学では素晴らしい時間を過ごされたのですね。留学の夢も膨らみました。ASA2017に参加しての感想世界は広いけど僕たちも決して劣っていない。です。参加させてくださった医局の先生方、横浜労災病院の先生方、本当にありがとうございました。また月曜からがんばります。最後におかのは元気にやってます。ではまた

      1
      テーマ:
  • 26 Sep
    • おかのの夏休み2017

      こんにちわ。レジデントのおかのでございます。9月最終週は夏休みいただきました。故郷の金沢へ10年ぶりに訪れた故郷は変わらずゆったりした時間が流れておりました。市場いったり馴染みのお店いったり。故郷はいいですね(  ̄▽ ̄)知らない間にこんなキャラも笑金沢にはJリーグもあります!おかのは2017年10月より、杏林大学を離れて集中治療の勉強に旅立ちます。みなさま本当にありがとうございましたm(._.)mまた成長した姿をおみせできるようにがんばります。このブログはきっと関口先生が更新してくれるはずです。ではまた

      2
      テーマ:
  • 10 Sep
    • 医局説明会

      遅くなりましたが、8月26日に医局説明会がありました研修医の先生がたがたくさん来てくれました!スタバのコーヒーとドーナツ食べながら研修医担当の本保先生田口先生医局長の中澤先生鵜澤先生その他にもたくさんの?先生がお話してくれました🌟みんな楽しんで聞いてくれてたはずです最後には萬教授にもお言葉を頂きました来年度何人か麻酔科に来ていただければ嬉しいです

      テーマ:
  • 03 Sep
    • 文献紹介5 エコーガイド下中心静脈カテーテル留置

      中心静脈カテーテル留置のReviewCritical careに掲載されてます。掲載されている写真がすばらしい。今では当たり前になったエコーろ針の位置関係、ワイヤーの確認など、詳しく説明されています。Ultrasound-guided central venous catheter placement: a structured review and recommendations for clinical practiceCritical Care201721:225Published:28August2017AbstractThe use of ultrasound (US) has been proposed to reduce the number of complications and to increase the safety and quality of central venous catheter (CVC) placement. In this review, we describe the rationale for the use of US during CVC placement, the basic principles of this technique, and the current evidence and existing guidelines for its use. In addition, we recommend a structured approach for US-guided central venous access for clinical practice. Static and real-time US can be used to visualize the anatomy and patency of the target vein in a short-axis and a long-axis view. US-guided needle advancement can be performed in an "out-of-plane" and an "in-plane" technique. There is clear evidence that US offers gains in safety and quality during CVC placement in the internal jugular vein. For the subclavian and femoral veins, US offers small gains in safety and quality. Based on the available evidence from clinical studies, several guidelines from medical societies strongly recommend the use of US for CVC placement in the internal jugular vein. Data from survey studies show that there is still a gap between the existing evidence and guidelines and the use of US in clinical practice. For clinical practice, we recommend a six-step systematic approach for US-guided central venous access that includes assessing the target vein (anatomy andvessel localization, vessel patency), using real-time US guidance for puncture of the vein, and confirming the correct needle, wire, and catheter position in the vein. To achieve the best skill level for CVC placement the knowledge from anatomic landmark techniques and the knowledgefrom US-guided CVC placement need to be combined and integrated.おっしゃるとおりです。オープンジャーナルなので是非とも一読してほしいです。

      テーマ:
    • 麻酔科学会地方会

      こんにちわ。レジデントのおかのです。更新をだいぶサボりました。いろいろありました。医局説明会とか医局説明会とか医局説明会とか。ピーターがきたりとか。その辺はまた振り返ります。9月2日は麻酔科学会地方会でした!当医局からは3演題関口先生、橋本先生、研修医の大久保先生です!関口先生(愛称 こみさん)橋本先生(愛称 はしも)with田嶋先生、田口先生大久保先生お疲れ様でした(゜ロ゜)その後は女子会が盛大に行われたようです( ̄ー ̄)発表に至るまで大変だったと思いますが、本当にお疲れ様です。また明日から臨床頑張っていきましょう\(^^)/ですが、論文化までが発表なので最後のひとがんばりですね!こみさんよろしく・ではまた

      テーマ:
  • 09 Jul
    • 文献4 Apneic oxygenation は低酸素血症を減らす

      Apneic oxygenation reduces the incidence of hypoxemia during emergency intubation: A systematicreviewand meta-analysis.Am J Emerg Med.2017 Jun 15. pii: S0735-6757(17)30473-4. doi:STUDY OBJECTIVE:Apneic oxygenation has been advocated for the prevention of hypoxemia during emergency endotracheal intubation. Because of conflicting results from recent trials, the efficacy of apneic oxygenation remains unclear. We performed a systematicreviewand meta-analysis to investigate the effect of apneic oxygenation on the incidence of clinically significant hypoxemia during emergency endotracheal intubation.METHODS:MEDLINE, EMBASE, and PubMed databases were searched without language and time restrictions for studies of apneic oxygenation performed in a critical care setting. Meta-analysis was conducted with a random-effect model, and according to intention-to-treat allocation wherever applicable. Subgroup analyses were performed to ensure the robustness of findings across various clinical outcomes.RESULTS:Eight studies (n=1953) were included in the meta-analysis. The pooled absolute risk of clinically significant hypoxemia was 27.6% in the usual care group and 19.1% in the apneic oxygenation group, without any heterogeneity across studies (I2=0%; p=0.42). Apneic oxygenation reduced the relative risk of hypoxemia by 30% (95% confidence interval 0.59 to 0.82). There was a trend toward lower mortality in the apneic oxygenation group (relative risk of death 0.77; 95% confidence interval 0.59 to 1.02).CONCLUSION:Apneic oxygenation significantly reduces the incidence of hypoxemia during emergency endotracheal intubation. These findings support the inclusion of apneic oxygenation in everyday clinical practice.救急系の雑誌より。なにかと議論の多いApneic oxygenation のsystematic reviewです。今回の論文の結語は良い!とのことです。Apneic oxygenation は低酸素血症のリスクを30%減らすと。臨床感覚ではもうちょっとありそうですが。。。

      2
      テーマ:
  • 02 Jul
    • 文献3 中心静脈カテーテルの位置はエコーでわかる

      Ultrasound as a Screening Tool for Central Venous Catheter Positioning and Exclusion of PneumothoraxCritical Care Medicine:July 2017 - Volume 45 - Issue 7 - p 1192–1198Objectives: Although real-time ultrasound guidance during central venous catheter insertion has become a standard of care, postinsertion chest radiograph remains the gold standard to confirm central venous catheter tip position and rule out associated lung complications like pneumothorax. We hypothesize that a combination of transthoracic echocardiography and lung ultrasound is noninferior to chest radiograph when used to accurately assess central venous catheter positioning and screen for pneumothorax.Setting: All operating rooms and surgical and trauma ICUs at the institution.Design: Single-center, prospective noninferiority study.Patients: Patients receiving ultrasound-guided subclavian or internal jugular central venous catheters.Interventions: During ultrasound-guided central venous catheter placement, correct positioning of central venous catheter was accomplished by real-time visualization of the guide wire and positive right atrial swirl sign using the subcostal four-chamber view. After insertion, pneumothorax was ruled out by the presence of lung sliding and seashore sign on M-mode.Measurements and Main Results: Data analysis was done for 137 patients. Chest radiograph ruled out pneumothorax in 137 of 137 patients (100%). Lung ultrasound was performed in 123 of 137 patients and successfully screened for pneumothorax in 123 of 123 (100%). Chest radiograph approximated accurate catheter tip position in 136 of 137 patients (99.3%). Adequate subcostal four-chamber views could not be obtained in 13 patients. Accurate positioning of central venous catheter with ultrasound was then confirmed in 121 of 124 patients (97.6%) as described previously.Conclusions: Transthoracic echocardiography and lung ultrasound are noninferior to chest x-ray for screening of pneumothorax and accurate central venous catheter positioning. Thus, the point of care use of ultrasound can reduce central venous catheter insertion to use time, exposure to radiation, and improve patient safety.中心静脈カテーテルに関する研究の文献。経胸壁エコーで留置位置を確認でき、気胸の除外もXpに劣らずできるという内容です。個人的にはXpとれるなら。。。。と思いますが、被ばく量の軽減は重要なテーマですね!最近の集中治療学会誌にもPICCの位置もエコーでわかるという論文もありました。麻酔科、集中治療科にはもはやTEEだけではなくTTEも必須いう感じですかね。

      1
      テーマ:
  • 30 Jun
    • 文献紹介2 気管挿管時のフェンタニルとリドカイン

      Attenuation of Cardiovascular Responses to Direct Laryngoscopy and Intubation-A Comparative Study Between iv Bolus Fentanyl, Lignocaine and Placebo(NS)J Clin Diagn Res. 2012 Dec; 6(10): 1749–1752.Background and objectivesLaryngoscopy and tracheal intubation is invariably associated with a reflex sympathetic pressor response resulting in elevated heart rate and blood pressures. This may prove detrimental in high risk patients. Objective of this study is to compare the effects of lignocaine and fentanyl in attenuation of this pressor response to laryngoscopy and tracheal intubation.MethodsSeventy five ASA I and II status normotensive patients scheduled for elective surgical procedures were selected randomly and divided into three groups of 25 each. All patients received premedication with pentazocine 0.05mg/kg i.v., atropine 0.01mg/ kg intramuscularly and midazolam 0.01mg/kg i.v. half an hour prior to induction. Induction of anesthesia was standardized for all patients who received, thiopentone 5 mg/kg i.v. and and were relaxed with succinylcholine 2mg/kg i.v. The first group received fentanyl 4micrograms/kg i.v bolus, the second group received lignocaine 1.5mg i.v bolus and then third group received placebo (normal saline), 5 minutes before laryngoscopy and intubation. HR, systolic, diastolic blood pressure were recorded noninvasively one day priorly B, Before induction 0 postinduction, 1,2,3,4 and 5 minutes from the onset of laryngoscopy.ResultsAfter intubation incidence of tachycardia (HR>100/min) was significantly greater in placebo and lignocaine group than in fentanyl group (p<0.05). Rise in SBP and DBP were also statistically significant in placebo and lignocaine group than in fentanyl group (p<0.05).ConclusionAttenuation of pressor response is seen both with lignocaine and fentanyl. Of the two drugs fentanyl 4mgicrogram i.v. bolus provides a consistent, reliable and effective attenuation as compared to lignocaine 1.5mg/kg iv. bolus.気管挿管時の反射性交感神経亢進を予防する方法として、フェンタニルとリドカインを比較した研究ですフェンタニル4μg/kgはリドカイン1.5㎎/kgと比較して、反射亢進は抑えられるという結語。リドカインの投与はSGAの時に行っている先生はいらっしゃいますが、気管挿管時にはおかのは経験ございません。挿管時のfentanyl 2A 使用はいいあんばいなのですね。術前にアトロピンとペンタゾシンを投与していますが、前投薬はお国事情なのでしょうか。

      テーマ:
  • 29 Jun
    • 文献紹介1 ramped position VS sniffing position

      気道管理working groupとして気になる文献をご紹介していきますねA Multicenter, Randomized Trial of Ramped Position versus Sniffing Position during Endotracheal Intubation of Critically Ill AdultsChest. 2017,():doi:10.1016/j.chest.2017.03.061BackgroundHypoxemia is the most common complication during endotracheal intubation of critically ill adults. Intubation in the ramped position has been hypothesized to prevent hypoxemia by increasing functional residual capacity and decreasing the duration of intubation, but has never been studied outside of the operating room.MethodsMulticenter, randomized trial comparing ramped position (head of the bed elevated to 25 degrees) to sniffing position (torso supine, neck flexed, head extended) among 260 adults undergoing endotracheal intubation by Pulmonary and Critical Care Medicine fellows in four intensive care units between July 22, 2015 and July 19, 2016. The primary outcome was lowest arterial oxygen saturation between induction and twominutes after intubation. Secondary outcomes included Cormack-Lehane grade of glottic view, difficulty of intubation, and number of laryngoscopy attempts.ResultsThe median lowest arterial oxygen saturation was 93% [IQR 84-99%] with ramped position versus 92% [IQR 79-98%] with sniffing position (P = .27). Ramped position appeared to increase the incidence of grade III or IV view (25.4% vs 11.5%, P = .01), increase the incidence of difficult intubation (12.3% vs 4.6%, P = .04), and decrease the rate of intubation on the first attempt (76.2% vs 85.4%, P = .02).ConclusionsIn this multicenter trial, ramped position did not improve oxygenation during endotracheal intubation of critically ill adults compared to sniffing position. Ramped position may worsen glottic view and increase the number of laryngoscopy attempts required for successful intubation.ランプポジションは、酸素化を改善することはなく、スニッフィングポジションに比べて視野を悪くなるという結論でございます。ICU設定の研究なので、手術室への応用はいろいろあるとは思いますが。ふーんという結果ですね。lowest arterial saturationが低すぎるきもしますが。でわまた

      テーマ:
  • 25 Jun
    • 第64回麻酔科学会@神戸

      こんにちわ過ぎ去ったイベントを振り返っていきます。毎年6月に訪れる麻酔科業界の一大イベント!麻酔科学会でございます( ̄ー ̄)当教室もシンポジウム、ポスターなどいろいろ発表してまいりました。中でも目玉はくにさん (渡辺先生)のPBLDでしょう!お疲れさまでした。普段みれないちゃんとした話し方? 笑のくにさんでした。内容は医局員はお馴染みのお話しですが、インパクトあるお話しですね(^_^)鵜澤先生本保先生&森山潔先生皆様本当にお疲れさまでした。学会活動をとおして日々の臨床を高めていきましょう!最後にお元気そうでなによりです。でわでわ、

      テーマ:
  • 24 Jun
    • ピーター先生来日

      こんにちわレジデントのおかのです。更新がだいぶ滞ってしまいました。当教室ではシミュレーション教育に非常に力をいれております。CVCシミュレーション、高機能酸素シミュレーターなどで研究を行っております。そんな我々にとって6月14日にはBIGなイベントがございました!シミュレーション領域でとても御高名なピーター先生がいらしてくださいました。感想を述べさせていただきますならば、半端ないリアルさ(゜ロ゜)です。ピーター先生のご施設での取り組みやシミュレーションチームの大切さをご講演いただきました。大変勉強になりました。ご講演後は萬教授、シミュレーション学生教育がご専門の本保先生と食事へピーター先生はとても気さくな先生でした( ̄ー ̄)本保先生も満面の笑みでごさまいます。留学のチャンスを掴みたいですね!ピーター先生のご講演はテッドスピーチにもありますので気になるかたは是非とも視聴してくださいね!またの来日お待ちしております。でわまた

      1
      テーマ:
  • 21 May
    • 5月医局会

      こんばんわ レジデントのおかのです。昨日は医局会でした。メニュー は日本麻酔科学会予演会本保先生、神保先生、おかの今年度からいらしてくださった武田先生からも熱いコメントいただきました。本番まであと少し。修正がんばります。次はリサーチカンファ渡辺先生(くにさん)でした!リサーチカンファレンスは今年度からですが、とても興味深いですね(゜ロ゜)医局会の後は招待講演デスフルランを中心としたお話しを佐藤先生にご講演いただきました。佐藤先生、ありがとうございました。使用頻度が高まるデスフルランを使ってよい周術期管理を行っていきたいですね(^-^)v以上今月の医局会でした。でわまた

      4
      テーマ:
  • 13 May
    • 初めての国際学会

      こんにちわレジデントのおかのです。5月6日~9日までアメリカ、ワシントンで開催されましたInternational Anesthesia Research Societyに参加させていただきました。この日まで、萬教授と入念な準備をしてむかいました!がポスター会場はとても熱気に溢れてましたね( ̄ー ̄)ガクブルでございました。かなり緊張いたしましたが、頑張って発表できたかと(゜ロ゜)萬教授に、質問でフォローしていただきました。質問なかなか厳しかったでございます。萬教授は発表の他にも座長をされておりました!流石でございました。海外発表では刺激が沢山ありました。普段会えない方との会話。高校の同級生との再開。海外の医師たちのプレゼンの巧さ。海外のレジデントの意識の高さ。本当に貴重な経験でした。今回の経験を今後の糧にできるようにまた頑張って取り組みます。海外で学会に参加するにあたり、特にお世話になりっぱなしとなった萬教授、森山准教授本当にありがとうございました。そして、勤務を調整いただきました医局の皆様、感謝です。昨日も当直でしたが明日も当直がんばります笑A and Aのチーフエディターと。投稿するから待ってろよと言ってみました笑ではまた

      1
      テーマ:
  • 29 Apr
    • 大動脈解離

      こんばんわ レジデントのおかのです。新年度もスタートしてはや一カ月。新しい研修医の先生達がきて、標榜医申請の書類作って、IARSのポスター作ってあっという間に過ぎていきましたね。今日は大動脈解離の手術について。当院は心臓外科手術の中で、DA、CABGが多いのが特徴です。なので大動脈解離についてのmini reviewを(いつもどおりご意見、批判はおかのまで)★大動脈解離とは大動脈解離は、大動脈内部に亀裂が発生し、そこを起点に中膜に血液が流入する。その結果、中膜が2層にはがされ、真腔と偽腔ができる。★分類2011年の日本循環器学会の大動脈瘤、大動脈ガイドラインを参考にいただければと。Stanford,Debakey分類はおなじみ★病態①血行動態影響因子⇒心タンポナーデ(A型では18.7~24.6%)               AR        (A型では19.4~23.3%)               大動脈破裂 (B型で3.0~7.8%)               冠動脈障害   (A型で6~15%)②臓器灌流障害⇒   脳         (A型で7.2~26 %)               腎臓        (A型では4.1~8.7%、B型では3.2~9.5%)               腸管        (A型では1.4~5.8%、B型では1.0~7.4%)               脊髄        (A型では0.3~2.3%、B型では0.4~2.5%)               四肢        (A型では11.6~15%、B型では3.2~9.5%)③その他         DIC               ★治療成績急性A型解離IRAD研究によれば、40~70歳も各年代で手術実施の治療成績が保存的治群より予後がよい。80歳台では有意差はないが、手術群のほうがよい傾向にある.。(J Thorac Cardiovasc Surg.2010 Oct;140(4):784-9.)本邦での高齢者の急性A解離の治療成績はよい。The operative mortality was 4.8% (6/124), and the incidences of stroke and prolonged hospital stay (>30 days) were 17.7% (22/124) and 20.1% (25/124), respectively. The actuarial survivals at 1, 3, and 5 years were 89.3%, 84.7%, and 79.1%.(J Thorac Cardiovasc Surg.2014 Jan;147(1):290-4.)偽腔閉塞型A解離安定型の偽腔閉塞型A解離の予後はよい。(Circulation.2009 Nov 24;120(21):2046-52)手術成績も悪くないmortality10.9 %(J Thorac Cardiovasc Surg.2015 Jan;149(1):137-42.)手術か否かは患者リスクを含め、総合評価を行う必要性がある。急性B型解離臓器障害や破裂を示さないtype(uncomplicated type)は保存的加療を行う。mortalityは3%であり、降圧と疼痛管理が予後に影響する。(Circulation.2010 Sep 28;122(13):1283-9)complicated typeは血管内治療を第一選択肢として手術を考慮する。合併症がとても多く緊急性の高い疾患です。術式もTEVARの登場で豊富となりました。病態を理解した管理ができるように努力ですね。ではまた。次回はIARSのレポートを!

      1
      テーマ:
  • 18 Apr
    • チーム発足

      こんばんわ レジデントのおかのです。今シーズンより麻酔科は初期研修医の先生の研修をより充実したものにする為にチーム制を導入いたしました。メンバーはこんな感じでございます。新入局の先生も参入しおります。このメンバーで研修医の先生をサポートしていきます。気軽にご相談いただければと思います。充実した研修を提供できるよう努力していきます!2017年の各チームをよろしくお願いいたします。

      2
      テーマ:

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。