1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-03-07 20:10:59

ロンシャンバッグのカスタムオーダー

テーマ:ブログ

 

友人達と、Longchampロンシャンのナイロンバッグをカスタムオーダーしました。

 

ある日友人がカスタムオーダーしたというバッグを持っており、その場にいた

別の4人で、「可愛い~、私達も注文をしよう☆」と急に話がまとまり

私も仲間に入れてもらいました。

これは「ル・プリアージュ」というシリーズで、バッグの大きさ・ハンドルの長さ・

本体メインカラー・センターカラー・金具の色を選べる上に、追加でアルファベット刺繍や

モチーフを入れる事も可能です!

(名前の刺繍入りを友人が注文、とても素敵でした☆)

 

Stuttgart市内には路面店他、デパートにもLongchamp取扱いがあるので

電話で確認したところ、このシリーズに関してはオンラインのみ受付けだそう。

納期2~3週間の予定でしたが、発注後2週間弱で「ご注文の品、既に出荷済」との

連絡がフランスのショップより入り、その後は配送を手掛けるUPS社のHPより追跡可能。

その後数日で到着、予想以上に早く手元に届きました。

 

 

偶然にも皆同じMサイズを注文、95ユーロ(刺繍入りは+10ユーロ)。

(+フランスからの送料:12ユーロ)

どのバッグも素敵です☆

私は悩んで、Brüniert(錆ついたの意味。濃いグレー)とピンク色の組み合わせ。

 

偶然にも、手持ちの(かなり古い!)チャームと色がぴったり。

シーズンにより、ボディとセンターカラーが変わるそうで、次は何色にしようかな?

と瞑想している自分が、怖い...(既に二つ目を検討中?)

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-03-01 04:30:54

ウールのショートジャケット

テーマ:ハンドメイド

 

ワイン色のウール生地で、ショートジャケットを作りました。

(正確に言うと、待ち針でとめているだけで、未完成。)

我が家にはトルソーがないので、ソーイング教室で撮影しました。

 

 

生地は、義母からのプレゼント。

ミュンヘンの生地専門店にて購入したものの、なかなか仕立てる事が出来ず

何年もタンスに眠っていたそう。

去年末に訪問した際、受け取りました。

 

肌触りの良い生地は、自分ではきっと買うことがないだろう、鮮やかな色。

ふとピーコートが浮かんだけど、生地の長さが1.4メートルしかなく足りない...(残念!)

ソーイング雑誌と睨めっこ、用尺と相談し、先生と周りの受講者からのアドバイスを

もらいながら、結局この形になりました。

Burdaの型紙を使用)

 

大きめの黒いボタンは4つしか購入しなかったのですが、試着をしたら

「6つボタンがあった方が良い」事が分かったので、ボタンホールは3つ。

追加分のボタンをまた、買いに行かなくては!

裏地も付けたので、実際に袖を通すのは秋口かな?

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-02-25 19:03:44

着物 de カルトナージュ

テーマ:カルトナージュ

 

(先日の続き...)

知人のアトリエで展示する箱をどれにするか悩み、でもよく考えたら

和柄で作ったものが、手元に全くない!

ドイツの伝統工芸品と組み合わせたカルトナージュは沢山あるのに、残念なことに

アトリエ主催の友人やドイツ人が求めているのは「和のテイスト」なので

全く正反対!

 

急遽、日本の布をドイツで輸入販売するショップに注文。

こういう時に限って、待てど暮らせど届かない。(涙)

(結局「紛失」という結果に終わり、返金手続きしてもらいました...)

 

                                                                                          

悩んだ末、以前茶箱に仕立てた「七五三の着物」の残り生地に鋏を入れ

箱を二つ作りました。

 

 

正絹はボンド付きが悪くて苦戦したものの、出来上がりに満足。

アラフィフの私が7歳の時に袖を通した着物、少しシミがあるものの

今でも色褪せなく輝きを放つのは、日本の伝統技術の素晴らしさだと実感☆

 

知人の話だと、世界では「絞り」や「刺し子」の他、美しい布としてボロ「BORO」が

注目されているそう。

BOROとローマ字で書くと、印象が変わりますね!)

日本人として忘れられていた事を思い出し、何を語り継がなくてはいけないのかを

知る、貴重な体験となりました。

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-02-16 00:59:57

レッスン

テーマ:カルトナージュ

 

カルトナージュの単発レッスンをしました。

 

こんな私に声をかけてくれたのは、市内にアトリエを所有する北欧出身の女性。

知人を通じて、「ぜひ私のアトリエで、出張レッスンをしてみないか?」と

誘ってくれたのは、去年の夏休み前。

世界各国のテキスタイルに精通し、「その中でも、日本の技術・製品は世界一」と

日本各地で催された研修旅行に一人で参加した経験を持つ、私と同世代の女性。

その他アメリカ、中国、インド、イタリアにも在住経験があり、そして常に勉強熱心。

そんな彼女の元でなら...と思い、一歩を踏み出してみました。

 

 

「日本の布を使って、ソーイングでも...」と提案されたけど、

楽しんでいる人の数もまだまだ少ないし、場所も取らないので、カルトナージュに決定。

私の場合歴史だけは長いけど、それを上手くドイツ語で教えられるか...という方が

心配でしたが、アトリエ主催の彼女とアシスタントのドイツ人女性が

私をあらゆる場面でフォローしてくれ、ようやくここまで辿り着きました。

無事にレッスンを終え、ホッ...

 

去年の秋には、私を含む出張レッスン講師が集まり、お得意様向けに

作品展示&ワークショップに関するプレゼンテーション。

その準備に向け、連日慣れない作業にアタフタ...

ネイティブでない分、準備時間がどんどん加算されていく。

優しいけど仕事に関しては厳しい彼女の元、「やり直して!」という言葉を

何度も浴びながらの作業でした。

彼女が伝えたいのは、日本のテキスタイル技術の高さと日本人の几帳面さ&器用さ。

私が考えていた内容と全く違ったので、サンプルも2度作り直し!(笑)

こういう時に限って別の仕事も重なるもので、手助けしてくれた友人達の有難さが

身に染みました。

 

レッスンの話、展示作品などは、また後日...

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-21 04:03:24

マドリッドへ

テーマ:旅行・お出かけ

 

マドリッドへ行ってきました。

(上の画像は、王宮。朝食前に主人と散歩...が日課に。)

 

 (王宮向かいにある、アルムデナ大聖堂。パイプオルガンが見事でした。)

 

少しでも暖かい日差しを求めて!という主人の意向で、スペインへ。

丁度寒波が押し寄せていた時だったので、予想以上に寒かったけど

(その時Stuttgartは、マイナス10度まで下がったそう)

それでも時々顔を出す太陽の光は暖かく、日も暮れるのが遅いので

南に来たなぁという印象です。

 

 (サン・ミゲル市場で、タパスをつまみながら散策。)

 

丁度2年前バルセロナを旅行中、直中毒になり辛い思いをした為

今回は欲張ってスペイン料理を頬張る事はせず、韓国・日本食レストランでも

お世話になりました。

実はクリスマス本番前に「胃炎」にかかってしまい、イベント沢山の時期に

2週間の食事制限...

風邪も引かない強靭体なのですが、なにせ胃腸が弱い。

 

(憧れだったプラド美術館訪問)

 

 観光名所については、他の方が詳しく書いて下さっているようなので

私はおすすめレストランを紹介。

マドリッドには都会だけあって、幾つもの日本食レストランがあり、口コミを頼りに

滞在中幾つか訪問。

その中で、こちらのレストランは前評判通りの美味しさ&サービス。

私達は、2日連続で通ってしまった程です。

 

レストラン「美山 Miyama」 (予約:要)

 

洗練されたお洒落な雰囲気、特にイベリコ豚と創作寿司が美味しかった☆

「何もスペインに来てまで、日本食を食べなくても...」と思われそうですが

欧州在住者の方なら、この気持ち分かってくれるかなぁ。

 

 

(朝食に、チューロスも頂きました。)

 

去年の一時帰国に続き、今回の旅行も飛行機トラブルに巻き込まれそうに

なるという、おまけ付き。

復路便が4時間以上の遅延が決定...という事を知ったのは、前日の晩。

到着地ミュンヘンが天候不良(大雪)により、マドリッド出発が大幅に遅れるという

知らせが入りました。

ルフトハンザ機は家族でもよく利用するので、既にマイレージカードの登録と同時に

メールアドレスの登録をしてあるので、遅延が決定した時点で連絡が入るように

なっています。

4時間遅れの飛行機に搭乗、その後3時間待ちStuttgartまでの乗り継ぎ便を

利用するか、もしくはミュンヘンよりレンタカーを利用するか...

自宅に着くのは、夜になってしまうね~、とため息。

 

とりあえずルフトハンザ・サービスセンターに電話、運良くフランクフルト経由便に

振り替えてもらう事が出来、当初予定していたよりわずか一時間遅れで

帰宅出来ました。

案の定、マドリッド空港のルフトハンザチェックインカウンターは、大混雑。

ミュンヘンやフランクフルト空港より、乗継便を利用する予定だった人も多いはず。

特に冬の時期は遅延・キャンセルが多いようなので、今後利用予定の方

メールアドレスの登録をぜひ☆

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-07 04:26:22

今年もよろしくお願いします

テーマ:カルトナージュ

 

明けましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

旅行先から戻ってきました。

家族揃って今年も穏やかに新年を迎えることが出来るのは、有難い事。

平凡ながらも心穏やかに、そして前向きな気持ちを忘れずに

歳を重ねられるようにしなくては...

 

 

自宅に戻ってきたら周りは雪景色で真っ白、眩しかった~☆

今朝はマイナス10度以下まで下がったものの、太陽が顔を出してくれ

久しぶりに体を動かし汗を流してきました。

今年もスイミングとジョギングだけは、続けたい...

 

 

去年の話ですが、本帰国する友人の為にカルトナージュで作りました↑

何度か登場している、我が家の「救急箱Hausapotheke」を気に入ってくれ

ドイツの思い出にという事で、オーダーを頂きました。

 

 

 

ドイツの伝統工芸の一つ、錫のプレート「薬剤師Apotheker」とのコラボ作品。

家の形や窓・ドア等はいつもと同じ、最初悩みに悩んだ分、ずっとこの形に

落ち着いています。

ドイツの家が、再現出来ている...?

 

 

 

もちろん、薬局マーク入り。

無事に嫁入りし、今頃は引っ越し荷物の中かな?

見る度に、ドイツ生活を思い出してくれると嬉しいです。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2017-01-01 05:14:18

今年も有難うございました。

テーマ:行事・イベント

 

(友人宅で、忘年会☆)

 

あっという間に大晦日。

この地では大晦日に大掃除!という習慣はないものの、いつもより少しだけ

掃除に専念。

やり残した事があるものの、静かに年明けを迎えられそうです。

 

外ではカウントダウンまで待てない人達が、既にあちらこちらで花火を

あげており、大きな音が鳴り響いています。

普段禁止されている花火や爆竹が解禁になり、ここ数日はスーパー等で

大型花火を買い求める客も沢山。

あと数時間後には、爆音と煙でびっくりするような光景を目の当たりに

するのは、毎年恒例の行事になっています。

 

クリスマスは主人の実家で、静かに過ごしました。

私が幼少時代に過ごしたお正月三が日のように、親戚が来たり、訪問したり。

25日、26日共に祭日なので、家族が集まれる環境にあり、そして義両親は

毎日のように教会のミサへ。

そして毎回必ず話題になるのが、深刻な牧師・司祭不足の件。

主人の町でも例外なくこの問題を抱えていて、一人の牧師が隣町と掛け持ちしています。

特にクリスマス時期は大忙し。

例えば、24日晩の教会ミサは「22:00~」と「23:30~」に

それぞれ設定されており、連日大慌てで、教会間を

移動しているようです。

 

 

昨晩は、近所に住む日本人友人宅で「女子会」☆

貴重な日本食材を、ふんだんに使った品が贅沢に並べられ

どれも美味しかった~。

メインは海鮮鍋。

サーモン、鯛、ホタテ、海老等、この地では高級品。

気の合う仲間達と美味しいものを食べ、沢山おしゃべりし笑い

企画してくれた友人に感謝感謝。

 

今年も周りの人達に優しく支えて頂き、人との繋がりの大切さを改めて

感じた一年でした。

新しい事に挑戦する機会に恵まれ、良い報告が出来るよう

一歩一歩進んでいきたいと思います。

2017年も、皆様にとって幸多き一年となりますように。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-12-24 05:13:17

クリスマスパーティー色々

テーマ:行事・イベント

 

普段海外出張の多い主人ですが、12月はクリスマス会が続くので

毎年本社待機。

仕事も忙しい上に、週に2回ペースで夜の集まりがあり、

グロッキー状態から抜け出せません...(苦笑)

 

主人が所属する部署のクリスマスパーティーは、毎年一風変わっていて

去年はエプロン片手に夜のパン屋さんへ出向き、皆で

パン作りに挑戦☆

一昨年は屋外バーベキューだったかな...

今年は屋外で「カーリング」。

40人程の参加者の年齢層はまちまち、老若男女問わず楽しめたようですが

何より寒さに震えあがった~、と。(氷点下)

それでもスーツから防寒ジャージ姿に着替え、普通の「飲み会」より盛り上がり

懇親会を楽しんだようです。

 

毎年恒例の、マンションの中庭で「グリューワインパーティー」も

催されました。

厚着するものの、頭の先から爪先まで凍ってしまうような寒さなので

少しでも温かいものを...と、今年は「ライスペーパーで巻いた揚げ春巻き」を

持参。

チリソースを付けレタスで巻いて頂くのですが、これが嬉しいことに好評で

すぐになくなったほど。

ドイツ料理が並ぶ中、私の作るものは毎回新鮮に映るようです。

 

同じ棟には独身ドイツ人男性が一人住んでいるのですが、以前同棲していた

ガールフレンドと離縁後既に数年が経った今、

新しくガールフレンドが出来た様子。

「何で今日連れて来なかったの~?」「いつ紹介してくれるの?」と、60代女性を

中心に、質問攻め。

そして数日後にはその男性宅で、「ガーデンパーティー」開催。

もちろんガールフレンドも交えて、男性宅の屋外バルコニーで

スパークリングワイン片手に

乾杯、ご近所さん同士仲が良いのが嬉しいです。

(主人はこの日もグロッキー状態だったので、一回休み。)

 

以前、どんなクリスマスを過ごしたか..?という話題になり、

親戚が旧東ドイツ在住という男性の話が、興味深かった。

ドイツ統一前、旧東ドイツでは甘い菓子や酒類などは

店頭になく、常に物資不足。

こちらか側からクリスマス時期にレーズンやナッツ、菓子類などを

小包で送りお礼として近所のパン屋で頼んで焼いてもらったという

シュトーレンが送られてきたとか。

もちろん小包に入っていたレーズン等を使って、焼かれたもの。

つい数十年前の話だけど、随分昔の話に感じます。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-28 03:59:21

今年のアドベントクランツ

テーマ:ハンドメイド

 

今年もアドベントクランツを作成。

去年のクランツの色合いが気に入り、今年も同じ緑とシルバーでまとめました。

 

 

友人に教えてもらうという貴重な経験をした去年同様、今年もまた

挑戦することが出来、一緒に集まった友人達と近況報告しながらの時間は

至福の一時でした。

今年は2回目でしたが、前回の反省点が改善されず...

同じ失敗を繰り返し、針葉樹を盛りすぎてしまい、他の方の作品に比べると

ワイルドなクランツに仕上がりました。(苦笑)

 

 

優しい友人が、何種類も入った針葉樹の枝を買い揃えてくれ、良い香りに

包まれながらの作業。

今年も心穏やかに、アドベント期間を迎えられそうです。(有難う☆)

第一アドベントの今日、一本目のろうそくに火が灯りました。

 

 

小さなクランツを友人から譲ってもらい

(いや、奪い取ったか!)、残った素材で

もう一つミニクランツを作る事が出来、嬉しさ倍増。

こちらは、いつもお世話になっている友人へのプレゼント。

「嬉しい」のお裾分け、喜んでもらえて嬉しさが更に倍増☆

 

 

この週末だけ催された近所のクリスマスマーケットを散策。

町中のクリスマスマーケットも既に始まっており、この土地ならではの

華やかな時間を、家族で心穏やかに過ごしたいです。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-09-23 00:27:44

買い物ツアー in 日暮里

テーマ:ハンドメイド

 

夏休み中、ミシン作業から遠のいていましたが、今日のソーイング教室で

黒のワンピースを完成させました。

 

 

紙は以前このワンピースを作った時に使用した、Burda社のもの。

先生に相談して、二の腕が隠れるよう(?)前回より袖を少し長く作りました。

何の装飾もない、真っ黒のワンピース。

アクセサリー次第で、多用途に活躍するかなと自己満足。

(嬉しい☆でもママには似合わないよ~、と息子の厳しい言葉も、待っていました...)

 

生地は、一時帰国中に訪れた「日暮里繊維問屋街」で購入した

1メートル千円という破格値で売られていた、メモリー(形状記憶)加工された

タフタ生地。

しわも気にならず、洗濯してもすぐに乾くので、特に旅先では便利そう。

 

今回「日暮里繊維問屋街」には、この地(Stuttgart)で知り合った

フィンランド人女性と一緒に訪れました。

彼女はテキスタイル関連のアトリエを持ち、今夏は日本の繊維技術を学ぶ為

単独で日本滞在。

丁度私の一時帰国と重なり、何とか予定を合わせられた一日を有効活用すべく

彼女が切望していた「買い物ツアー」を、実現させました。

 

手芸用品が豊富に並ぶこの町で、食い入るように陳列された商品を見入り

大興奮の様子。

やっぱりプロ、私より買い物上手!(笑)

恐らく一頭分の革を、「コンディションが悪いから..」との理由から、千円でGET

シルクと刺繍を組み合わせた素敵な大柄生地を、これまた格安でGET

「刺し子」の生地や糸、金具類、リサイクル着物、大ぶりのアクセサリーやボタン等々

日本経済に貢献して頂きました(笑)。

 

 

 

歩き回った後は、日暮里駅反対側にある「谷中地区」へ。

小さな和喫茶で、小休憩。

私はクリームあんみつ、彼女はゴマの饅頭と抹茶をオーダー(美味しかった~)。

久しぶりに訪れた町、沢山歩いて喋って、楽しい時間でした。

 

 

 

限られた時間の中で精力的に多くを学ぼうとする、彼女のその姿勢と行動力。

ドイツでは私も彼女も「外国人」、それをハンディと思わず、どこにいても常に前向きで

同世代の女性として見習いたい部分が沢山。

彼女と知り合えたお陰で、私も視野が広がりそうです。

紹介してくれた友人にも感謝・感謝☆

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。