2006年06月22日(木)

オババカ流初対面

テーマ:一期一会

昨日、blog上で知り合ったPfgiaさん と初めてお会いしました。

ローマからパートナー氏の故郷であるメキシコにお引越しの途中に可愛い可愛い太郎ちゃんと里帰り。我家の大より、一ヶ月あとに産まれたので、妊娠・出産・育児といつも楽しく記事を拝見していました。

なにがなんでも太郎ちゃんに会いたいビックリマーク

もちろんPfgiaさんにも会いたいビックリマーク

ということで、引越しのお疲れの中、強引に押しかけちゃいました。

彼女のご実家は以前仕事で行ったことがある地域だったので、その附近の地図をプリントアウトして車の乗り込んだのはいいのですが、もっと西へ行ってから南下するはずが、何を思ったのかかなり手前で南下してしまって迷い人に…。途中のドラッグストアーで待ち合わせ場所であるTK病院に行く道を教えていただきました。高台からTK病院は見えるけど、途中行き止まりや工事があり住宅街をグルグル…。なんとかたどり着いたTK病院へPfgiaさんに来ていただき、やっと初対面、ホッ。

ご実家に着くと、なんとさっき通った道と目と鼻の先ショック!

前置きが長いですね汗

お昼寝中の太郎ちゃんを起こしてもらっちゃいました。初めはボーっとしていたけれど、すぐに私の指を掴んでくれ、笑顔も見せてくれました。大より体重は少し軽いけれど、手足が長い!下の歯も2本ちょこっと出て可愛らしい!掴まり立ちも出来、私の手を支えにしっかり立ってくれるの。大の今までの写真をPfgiaさんに見ていただいたら、「大ちゃんお○ん○ん大きいねー」と。←他にも色々な感想をいただきましたよ。私も太郎ちゃんのオシメ替えの時、しっかり見させてもらいました(笑)

 

太郎ちゃん2 Pfgiaさんから今までのローマでの生活やこれからのメキシコの話を興味深く聞かせてもらいました。時間もあっという間に経ち、太郎ちゃんもお眠モード…。最後に可愛らしい寝顔をパチリと写してお別れしょぼん

 

お会いするまでの彼女のイメージは、

出産体験を笑ってしまうくらい冷静に書かれていたので私の中では(何故か)声が低いのかしら?

パートナー氏と太郎ちゃんのお写真はブログ上で拝見していて、「丸顔は私に似ている」と仰っていたので、丸顔?

 

実際お会いして話してみると文章から伝わる性格(具体的に「こうなの!」と説明は難しいですが)と一致して会えて良かったです。来週彼女は旅立ちますが、メキシコでの新生活、大変でしょうが頑張ってくださいね。

 

ああああビックリマーク

Pfgiaさんと一緒に写真を撮るのを忘れたーっショック!

そして、太郎ちゃんのほっぺにチューするのも忘れたーっショック!

来年の里帰りには是非!!それまでに「ねぇねぇ」という言葉を覚えさせてくださいね(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(16)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年08月27日(土)

送別会

テーマ:一期一会

3月から知人O氏の会社で企業研修をしていたフランスの大学院生Yの帰国が近くなり、O氏主催で会社以外でYにゆかりがあった人達参加の送別会をしました。2週間前から彼の二人のお兄ちゃんT(36)&D(31)とその恋人達S&Jもバカンスで日本にやってきており送別会というより歓迎会みたいな感じ。


送別会の数日前にYファミリーにちょっとだけ会ったんだけど、私が緊張して大した会話も出来ず…。言っていること(自己紹介的な会話)は大体解るんだけど、Oui(ウィ)やNon(ノン)でしか返せない私(涙) フレンチギャル達は可愛いし(私より11歳も下!)、しかも兄ちゃん達がかっこよくて余計固まっちゃった(笑)ただ、やり取りを見ているとYって三男坊なんだなぁっという感じが垣間見れて面白かったわ。しかも長男、次男のキャラクターも日本と通じるものがあって興味深く観察しちゃった。


名誉挽回?ってことで、送別会には浴衣 を着て行ったら評判よかったです。相変わらず大した会話は出来なかったわ(汗) 一次会は中華、ギャル達は辛いものがダメだったけど、次男坊Dは「食べ物だったら何でも好きだよ」と言って激辛担々麺も食べていました。

 

IMG_0086 二次会はライブハウス。やっぱ西洋人、生演奏が始まると踊りだします。一応私に「踊ってもいいのかな?」と聞いてきたから「勿論いいよ!どうぞ、どうぞ!」と。彼達のダンスは見ていてウットリ。一体どこで打ち合わせしたの?って位、クルクル回っちゃってます。私も勢いでスローな曲(言い方古い?)で踊っちゃいました。キャー恥ずかしい。ノリのいいギャルSは飛び入りでステージに立って歌っていました。
 

IMG_0087 

三次会はカラオケ。Yは平井堅の「瞳をとじて」を歌い、私は聖子ちゃんの歌なら自信があったので「赤いスイトピー」、最後に兄ちゃん達は「オー・シャンゼリゼ」(←そのまんまやね)なんぞ歌ったりとても満足した様子でした。彼らは日本には頬にチュッチュッとするビズの習慣が無いと知っているので、お別れの時私の方からするとちょっと意外だった様子。 でもこれでやっと少しは打ち解けられたかなぁ…って遅い??


O氏からYを紹介してもらったのが4月の始め。最初はあまり日本語が喋れなくておとなしく自信もなさ気だったから「今は少ししか話せないけれど、8月の終わりには沢山話せるようになるよ!去年の研修生も、その前の研修生もそうだったからYも大丈夫!」と言ったのが本当になって良かったわ。前は、「テレビを見ても解らない」と言っていたのが今では月9ドラマも大分理解できるようになったみたい。私が見ないようなドラマまでしっかりチェックしていたわ。ちゃんとした企業で働くのにはまだまだのレベルだけれど、フランスに戻ってからも日本語を勉強し続けて欲しいなぁ。あ~、頭の中で「世界ウルルン滞在記」のテーマソングが流れてきてちょっとしんみりです。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年06月20日(月)

念願の…

テーマ:一期一会

前日 のつづきです。


次の日、宿を変え念願の「ナンシー派美術館」。ホテルのおじさんに行き方を教えてもらい、アールヌーボーのディテールを探しながらテクテクと美術館へ。歩いて行けると言われたものの、何分かかるかを聞くのを忘れてしまった私。30分以上は歩いたかなぁ。


ナンシーは金沢市と姉妹都市縁組をしており、日本人の団体客も結構来るみたい。小ぢんまりとして、感じのいい美術館でした。テレビで鶴ちゃんが感動していたベッドも見て満足。ただ、至る所に学芸員が目を光らせていたので、作品の写真撮影は断念。


帰り、絵葉書を三枚買おうとしたら、受付のおじさんが「1枚プレゼント」と言ってくださるので、私もお礼に和紙の折り紙(私の旅のアイテム)を取り出し「見て!見て!」と言って鶴を折り、「お好きなものをどうぞ」と言って和紙をあげると、葉書が全部タダになったんですよ!

折鶴で葉書4枚を釣っちゃいました~♪

 


    Nancy3    Nancy4


泊まったホテルのおじさんもとても親切な方で、地図を示して「ここら辺には沢山レストランがあるよ~」とか「ナンシーに来たら、Brasserie Excelsior(ブラッスリー・エクセルシオール) に行くべきだよ」等々と教えていただきました。チェックアウトする時も「パリに行くんだったら、危ないから夜は出歩いちゃダメだよ」って、頬にチュッチュッとビズ。そして、ミーハー且つ単純な私の頭の中は「世界ウルルン滞在記」のテーマソングが流れ、駅へと向かったのでありました。


しか~し、駅に着いたら予定の電車がない!そう、その日は日曜日で運休。2時間も駅でボーっとしてしまいました。あぁ、なんて詰めがあまいんだろう(泣)

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。