2007年01月31日(水)

とんだ勘違い

テーマ:旅での失敗
大仏


先週、フランス人の友人と奈良に行ってきました。

O山では小学校の修学旅行で京都・奈良へ行くのですが、私が通った学校では違う所に行ったので、中学生の時に家族で奈良に行ったきり。修学旅行となると歴史的背景などを勉強して行くし、常識として知っているべきなのですが…。

奈良の大仏様の中(体内)に入れると思ったんです。

自慢げに、「大仏の中に入れるんだよ!」と言ったはいいけれど、入口がないビックリマーク

昔は入れたと思うんだけど…」と、言い訳してみたり。

しかも、通り抜けできる柱も「これだけ太い柱を使っています」という意味だと思っていたんです。

自信がなくなって、 にメールして、「奈良の大仏って中に入れたよね?」と聞いたら、

体の中には入れないよ。柱に鼻の穴と同じ大きさの穴があいてて、それをくぐることは出来るけど 」と。

あああ、そうだった!!

ガセネタを教えてしまったぁ汗

しかも、そのガセを他の観光客がいる中で話していたんだぁ汗汗

キャーーー、恥ずかしいガーン

後日、友人に「実は・・・・」と訂正しておきました。

AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005年08月16日(火)

詰めが甘い!直島へ辿りつくまで

テーマ:旅での失敗

直島に行くのに10時出発だったらフェリーに間に合いそうにないから、1時間までとは言わないけどせめて30分早く出ようと言われ、渋々承諾。今日はCanon IXYデビューの日だーっ!!とテンションを上げ早起き。「準備できたよー。忘れ物チェックもしたからもうちょっと早く出発できるよー」なんて私から更に時間を繰り上げてみたの。



「撮影禁止の所が多いからちゃんと撮れるかなぁ」と、鞄からカメラを取り出して独り言。玄関で靴を履いて、試し撮りで足元でも撮ってみるか…とまた鞄からカメラを取り出してみる。そろそろ着くから出なきゃ、おっと電気も消さなきゃね…と玄関の電気を消し、家を出たの。



車に乗り込み、「雲行き怪しいねー。晴れると思って帽子やサングラスまで持ってきたんよー。怪しい人みたいじゃろ?今日の為に、昨日はワインボトル半分で我慢したんよー。」等々、お互いマシンガンの様に喋っていたの。「そうそう!コレが買ったデジカメでねー」と鞄の中を見たら無いの!!あれだけチェックしたのに鞄の中にデジカメが無い!!



あまりのショックでテンションが低くなっていたら、「持ってきとるから、貸してあげるよ」と言ってくれたの。「あーうーん。でも携帯で撮るからいいや。あーなんで忘れたんだろう…」と、更にテンションが低めで言っていたら引き返してくれたの!なんだか私ってワガママ娘(娘じゃない!?)よね。雨もザーザー降ってくるし、車内は雰囲気も暗い(大汗)。



自宅に戻ると、なんと玄関にポツリとデジカメが…。どうやら「おっと電気も消さなきゃね」と思った時に鞄に入れるのを忘れたみたい。情けない、詰めが甘い私。結局、再出発したのが10時。フェリー乗り場にも出発7分前に着いて何とか直島まで辿りつきました。



つづく

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2005年07月30日(土)

駅が小さい!

テーマ:旅での失敗

2004年の秋はフランス北西部:ブルターニュ地方とノルマンディー地方に行こうと計画していたら、知人O氏が彼の会社で研修をしたフランス人の結婚式に出席するから一緒の便で行きませんかと誘ってくださいました。結婚式はリール(フランス北部)なので、その前に別のフランス人元研修生ミッシェルに会いにレンヌ(ブルゴーニュ地方)行くとのこと。私もレンヌ滞在を計画しており、O氏はレンヌも2度訪れているので安心して同行することにしました。あっ、誤解が無いように言っておきますが、O氏と私はアヤシイ関係じゃーないですよ。


本来パリ・モンパルナス駅が起点でレンヌ行きがあるのですが、荷物や移動の煩わしさを考えて、一日数本しか出ていませんが空港からのTGVを日本から予約しました。午後3時過ぎに空港に着いたので空港で数時間を潰し、6時半頃のTGVに乗り込んだらぐったり。9時半頃にレンヌに着くので9時10分にアラームをセットして寝ることにしたのです。9時半頃、電車が駅に停まったので「着いた着いた」なんて言いながら降りたら、O氏が「駅が小さい!こんなんじゃない!」と言い出すのです。


えーっ!?と、駅をみたら「RENNES」ではなく「LAVAL」だったのです!「東京駅」と「品川駅」位の近さだろうと思い、「タクシーで行きましょうか?とりあえず、ミッシェルに電話してみましょう」と彼に連絡したら、そんな駅は知らない…と。とにかく駅員さんにどうやったらレンヌに行けるか聞いてみなきゃと思い、「エクスキューゼモア、ムッシュー」と声を掛けたのはいいけれど、「降りる=decendre」という単語が思い出せない!!「ウウウ、レンヌに行きたいけれど、ここはレンヌじゃない!私のチケットはこれです」と見せたら「あー、君は間違えてここで降りたんだね?」「そう!そう!」「マドモアゼル、大丈夫だよ!5分後にレンヌ行きのTGVがくるからそれに乗ればいいよ」と言って下さいました。「メルシー、ムッシュー!!」と満面の笑みでお礼を言いましたよー!!「Oさーん!5分後にレンヌ行きが来るんですってー」と、呆然と立っていたO氏を呼び、何とかレンヌにたどり着きました。


駅にはミッシェル夫婦が迎えに来てくれていて、各々のホテルにチェックインした後、かなり遅めの夕食をとりました。ホテルに戻って地図を広げてみたら、間違って降りた「LAVAL」はレンヌから約100kmもあり、そこからタクシーに乗っていたと思うとゾッとしましたよー。それより、9時半にレンヌのはずなのに100kmも手前にいるフランスの列車事情って!!参考までに、パリ⇔レンヌ間の地図を載せますね。クリックすると大きくなります。

ブルターニュ

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005年07月29日(金)

乗り間違えた!

テーマ:旅での失敗

久々に旅行ネタです。私がフランスに行く時に買うのがフランスレールパス。青春18切符みたいなもので日数も選べます。いちいち窓口で切符を買うのが面倒なので重宝しています。距離によって違うのですが、予約料(数ユーロ)を追加するとTGVにも乗れます。


2002年の秋はフランス東部を中心に回ったのですが、ディジョン(ブルゴーニュ地方)に2泊を計画。せっかくだから飲兵衛の私としてはボーヌ(ブルゴーニュ地方)に日帰りで行ってみたい。ディジョン⇔ボーヌ間は大した距離じゃないからレールパスを使うともったいないので往復切符を購入。


カード

20分位でボーヌに到着し、まずは腹ごしらえ。めっちゃ大きいエスカルゴにグラスで白ワインを飲んじゃいました。その後メインのワイン市場へ。入場料を払うとリストカードとソムリエが持っているような容器を手渡されます。カードには感想を書く欄もあります。

 

ワイン

まともに全部飲んじゃうと酔っ払ってしまうし舌も麻痺するので吐き出し用の樽もあります。とは言っても私は殆ど飲んだけど(笑)一回りして出口で気に入ったものが買えるシステム。この数日後にM美とM子とパリで合流する事になっていたので、乾杯用に一番気に入ったものを1本購入。

 


ブルゴーニュ

ほろ酔い気分で町をフラフラ散策して、帰ろうと駅に行ったら既に電車が来ていたので何も考えずに飛び乗ってしまったのです!う~ん、楽しい日だったなぁ…なんて電車から夕日を眺めていたら何か違うのです。地図(大きくなります)を見てもらえば解りますが、北に向かって帰らなければならないのに、夕日が右にあるのです。むむむむ!?私、南下してる?思えば30分も電車に乗っているぞー!!

一気に酔いは醒め、とりあえず見知らぬ駅で下車し、窓口でディジョン行きの切符を見せ乗り間違えた旨を伝え(かなり怪しい英語で)、追加料金を払わされました。←当然よね。しかも、途中、ナントカという駅で乗り換えもしなければいけない。すっかり日は沈んだけれど、7時頃には無事にディジョンにたどり着き、駅周辺で夕飯を食べ、ホテルに向かう途中ビールまで買いました。←懲りてない私(汗)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年06月19日(日)

無計画な女

テーマ:旅での失敗

以前からエミール・ガレの作品が好きで大阪のサントリーミュージアムまで展覧会を見に行ったことがあります。そこで「ナンシー派」という言葉を知り、友人M美と「ナンシーってなんだろう?」と言っていました。


その後、「片岡鶴太郎、アールヌーボーの郷:ナンシーに行く」(そんな感じの企画)というテレビ番組を見て、ミーハー且つ単純な私は、

そうだ!ナンシーへ行こう!」と。     ※ナンシー:フランス東部 ロレーヌ地方※


2002年の秋、初めてパリ以外の街に行くことに決め、フランス・レールパスも購入。初日は北駅近くの安宿に泊まり、次の日の早朝東駅へ。あらかじめ乗る予定の電車は調べていましたが、やっぱり不安。「ザ・ベストテン」みたいな駅の時刻表とにらめっこをし、プラットホームを確かめ、電車に「NANCY」と貼ってあるのを見て、更に駅員さんや乗客に「この電車はナンシー行きですか?」と確認して乗り込みました。


2時間半位でナンシーに到着。駅で地図をもらい、旅行案内所に行って宿探し!←無計画な女。5泊する予定なのに、予算内の宿が無く、どこも満室。取りあえず、1泊だけ予約してもらってから、また自分の足で宿探し。ちょっと予算オーバーだったけど残りの4泊も確保!ホッ。


これに懲りて、後に行くディジョンとリヨンの宿はその日の内に電話やネットで予約しましたよ。気付くの遅いっちゅーねん。そんなこんなで、ナンシーの1日目は宿探しで潰れてしまいました(恥)


    Nancy1     Nancy2


明日につづく。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。