極真会館 東京城西支部の日記帳

極真会館 東京城西支部 のBlog です。各道場 及び 大学同好会の日々の活動を掲載しています。3歳から70歳代まで男女を問わずの楽しい稽古の場を紹介していくと同時に、各種イベント等も掲載していきます。

極真会館 東京城西支部のHPはこちらから>>>
落合・東中野道場下高井戸道場 新宿道場府中道場 久米川道場吉祥寺道場高円寺道場調布道場幼稚園空手教室ゴールドジム東中野東京空手スクール大学同好会選手活動記イベント速報城西支部お知らせ
◆ ご覧になりたい道場名をクリックしてください。レンタルスペースについてはこちらから>>

心と体を鍛えて自分に自信をつける。
極真カラテは武道です。つまり強さを追及することがすべてではないのです。
例えば少年部(4才~)の場合、お子さんが礼儀作法を学び自分に自信を持ち、人として成長することを一番の目的としています。また、一般の方には体を鍛えることを目的とした指導を、壮年の方や女性の場合は、健康管理ダイエット・護身術の会得等、 それぞれの目的と体力を考慮してサポートしていきます。ご家族でご入会される方も多くいらっしゃいます。是非、一度ご見学・ご体験にいらしてください。お待ちしています。
 03-3363-8430
NEW !
テーマ:

押忍!

全国の極真カラテを愛する紳士淑女の皆さま。

フジテレビ同好会の黒田です。

 

きのうは支部内の交流試合。

黒田はフジテレビ同好会の威信を背負って「型」の試合に出てまいりました。

 

結果は・・・初戦で負けました。

フジテレビの威信が、嗚呼・・・立川先生、申し訳ありません。

 

しかし、試合後に賜った師範の訓示にもあったように、負けから学ぶということが大切なのだということを胸に刻み、また今日から修行の日々でございます。

 

ということで、またいつもの昼休み

 

橋の向こうは「お台場 夢大陸」の会場です。

目視だとプールのすべり台だとか、パビリオンが林立しているのが良く見えるのですが、写真にするとうまく映らないのです・・・残念。

 

この橋の上・・・昼の走り込みの経路の最終局面なのですが、この微妙な上り坂がケコーきつい。

夢大陸に来ていただいた視聴者様の数が有難いことに多くなってきました。その中をすり抜けるように、この格好でヘロヘロになりながら走っています・・・きょうは多少曇っているから状況はいいかと、かえって湿度が高かったのか、汗の量が半端じゃなかったです。

この橋の向こうで、夕方の「みんなのニュース」のお天気キャスターの木村くんが、人力車と一緒に、来場の方と写真撮ってました。声をかけたら、きょうは、このお祭り会場から中継だって・・・あ、いま放送してるわ。

http://blog.fujitv.co.jp/kaitaku/index.html

 

きょうは、もう一人。子の走り込みの過程で、わが社の看板キャスターにお目にかかりました。

走り込みの後、汗を流す貴重な空間・・・お風呂場で。

この方、僕が政治記者をしていた時には現場のキャップだった、よき先輩です、見た目はいかついけど。

ひとっ風呂あびて精進潔斎。今夜の番組に備えてるってことでしょうか・・・

 

あ・・・ちなみに僕もニュースキャスターなんですよ。

担当番組が無いだけで、今でも現役キャスターだと自分では思っています。

(こういうのを「自称」・・・と世には言ふ、まぁ今は総務局所属だし)

BSフジの番組の合間合間にショートニュースをたくさん入れていた時期があるんですが、そのころ、そのニュースを週に一度担当していました。時期は2001年から3年にかけて2年間。ちょうどBS波のデジタル放送を始めた頃です・・・視聴可能世帯が600万から1000万に増えたって宣伝していましたねぃ(今は1億を超えている・・・ハズ)。

 

2年間もニュースを読んでいた割には、残念ながら僕の放送を見たって人に1人もあったことがありません。我が同好会のページの管理人紹介で小さく、その写真を載せてたり、もっと奥までたどっていけば動画にたどり着きます・・・BSフジの著作権を損ねない程度に。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/cas-uraob/bestjob/dongku_guan_li_ren/dongku_guan_li_ren.html

 

おっと、カラテと話がズレてきた。

あしたは、下高井戸の道場に出稽古に伺おうと画策しております。

 

内部試合の所感は多々あります。

それも、また機会を改めてご披露させていただきたいと考えています。

 

それでは、またお目にかかりましょう。

 

 

押忍

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
府中道場の林です❗

先週は東日本大会、明日は内部試合、
暑い中頑張る少年部達、偉い✨
まずは柔軟❗
立ち方は正確に❗
明日の型試合はだいじょうぶかな(*ゝω・)ノ
ミット稽古!
高いぞ内回し蹴り!
力強い下段回し蹴り、良いぞ👊
ナイス突き!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
竹岡です。

海の日は東日本大会。
次の日曜日は内部試合と試合シーズン真っ只中となりました。

まず、金曜日のクラスに出ている東日本大会で入賞した選手と記念撮影を行いました!



{9FFF2378-269A-4A4E-B6A8-12E2ACCE7367}

{03AFADA7-2FF7-40A5-9532-063043ECB09D}

入賞おめでとう㊗️

また一般部では東日本大会出場した選手に総評をしてもらい、雪辱を誓いました。

{CB3032A6-0612-4B4F-A680-BBAEE7A3FA20}

今日の稽古は一般部も少年部も内部試合前ということもあり、試合を想定した稽古を行いました。


型をみんなの前で披露し、
{BD6F831D-0744-4DB3-927E-292F9F63E328}

審判も少年部に任せ、客観視できるようにしました。心なしか審判をやってもらうと態度も偉そうになっていたのは気になりますが。。笑

{51594B4C-E363-4313-8BA2-59F5E5357CF6}

あと内部試合までは2日です。
選手はコンディションを整えて試合に臨みましょう!!









いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
高円寺道場の萩原です。

やっと梅雨明けですね!だいぶ前から明けてる感じでしたが(笑)

さて、今日は高円寺道場で稽古している子どもたち、一般部の方々で週末の型試合に出場する人を紹介します。
桒原三姉弟と野崎とわ
あまりの素早さに写真がぶれてしまいました(笑)

かんたろう&あいり
下を向かないようにアドバイスしました。

しんのすけ&かの
二人は何度か型試合に出ているので、やはり他の子たちよりキレなどが違っていました!

次に一般部を紹介します。

井原さん
技が素直に出て綺麗な演武をされます。

山内さん
今まで試合に向けて稽古をすると怪我をしてしまうアクシデントが続いていましたが、今回は満を持して望みます。

亘桜子

技にキレが戻ってきました!この調子であと少しさらにやり込めば面白くなりそうです。


みんなキレのあるダイナミックな型を当日披露してくれると思います。


おまけ
少年部の残心の練習風景

ちゃんと突きも忘れずにね(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
鎌田です。


今日の久米川道場一般クラスの稽古の様子です。  

東日本大会が終わり、次は内部試合です!
出場選手をはじめ、皆さんの熱気が凄かったです。


移動稽古
{12A47917-129A-416D-A567-F149662D1840}


受け棒トレーニング{02337910-6B28-499C-BC8E-1D3350F3DC65}


型稽古
{FD66B65E-0531-4403-A24D-4846427392EC}

試合まであと少し。
選手の皆さんは体調管理に気をつけて試合に臨んでください!

お疲れ様でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
竹岡です。

今度の日曜日は内部試合です!
早いですね(;´Д`A

今日の稽古では新ルールのおさらいを行いました。
残心の仕方や気合の入れ方などを徹底して行い、試合で対応できるようになったと思います。

先日の東日本大会で私は審判だったのですが、残心がしっかりとしていない少年部が多いように見受けられました。


{3EC46A6F-A21E-49D4-845A-2DBC5F3E83FC}

府中道場で残心を見てみるとまだ中途半端の少年部がたくさんいたので気がついたのはいい収穫でした(^^)

{E1B68DF3-D968-4FE8-9E67-108FD483210E}

もちろん型の選手達はみっちりと型で追い込みました^_^

内部試合盛り上がりそうです!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
壮年45歳以上-70kgの部
優勝
旗手選手 (新宿)

{8F45CB10-F289-4BD1-8DB4-579079D2437F}




何度も敗れ、何度も悔しい思いをした男が遂に頂点を極めた。
決勝では今大会最大の声援を背に、打ち合いを征して勝利を収めた。
『諦めないこと、我慢すること』そんな言葉がピッタリだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)