エグゼクティブ・コーチ 和気香子

普段の思考パターンではどうしても出てこないことが、ふとした瞬間に閃くことがあります。
そんな状態を意図的に作り出して、色んな気づきを得てもらうことで将来の夢・ビジョンを明確にしたり、課題解決のためのヒントを見つけるお手伝いをするのが私のコーチングです。

はじめまして。





エグゼクティブ・コーチの和気香子です。





ずっと考えているのに、アイディアが浮かばなかったけれど、ぼーっと湯船につかっている時にふと閃いたというような経験がありませんか?





人間には誰しも思考パターンがあります。


普段の思考パターンではどうしても出てこないことが、ふとした瞬間に閃くことがあります。





そんな状態を意図的に作り出して、色んな気づきを得てもらうことで将来の夢・ビジョンを明確にしたり、課題解決のためのヒントを見つけるお手伝いをするのが私のコーチングです。





どんな時に受けると効果的なのでしょうか?





・目標を定めたい


・目標達成を加速化したい


・組織の人間関係をよくしたい・リーダーシップを高めたい


・日々、納得できる意思決定をしたい


・新しいアイディアを生み出したい


・モチベーションをキープしたい


・行動変革を起こしたい


・自分を変えたい


等々、本当にさまざまです。





コーチングを受けることで、効果的・効率的に物事が進むようになった、意思決定がしやすくなった、とよく言われます。


受けなければ考えつかなかったアイディアを生み出すことが出来た、とも言われます。





私には夢があります。


「夢を持つのは当たり前。叶えるのはもっと当たり前な世の中」にして、チャレンジする人が増えることです。





そして、チャレンジする人が増えることで、新しい企業が生まれ、既存の企業は更に成長し、付加価値の高いビジネスや雇用を生み出すことに貢献したいと考えてます。





体験セッション等についてのお問い合わせは、以下のリンクからお願いいたします。。



コンタクト




*Gmailでご連絡致しますので、Gmailを受信出来るよう設定下さい。また、迷惑メールとして、振り分けられることもあるのでご注意下さい。









テーマ:
この前、ある起業家の方と話からとても素晴らしい言葉を聞きました。

「会社の規模が大きくなってきて、新たに迎え入れた経営陣に対する報酬をどうするか、ファウンダー達で議論したんです。お給料や会社が儲かった時の利益をどのように配分するかについて。ファウンダーの方により多く配分するというのは良くあります。でも、ファウンダーと全く同じ報酬体系にすることにしました。その理屈は、

『0から1にする楽しみ、0から1になった時の嬉しさは、ファウンダーにしか経験できない』

ことです。後から加わった経営陣にはその楽しみや嬉しさ、達成感は得られないのです。だから、その点では私たちファウンダーは十分にリターンを得ているわけです。だから、後から加わった経営陣と他の点でまるっきり同じにすることは、しっくりくると思いました」





素晴らしいなあと感じました。素晴らしいと感じたのは2つ理由があります。

1つは、例え”0から1への楽しみ”が十分に得られたとしても、金銭的な部分でより多く欲しいと思ってしまいそうなのに、ファウンダー全員が「後から加わった人に対して同等に配分する」ことに賛成したという皆さんの人柄についてです。いやあ、ついつい自分の欲がまさってしまいそうなのに。私だったら”0から1への楽しみ”については全く同感なのですが、それでも同じ判断ができるか自信がありません。

もう1つは、”0から1にする楽しみ、嬉しさ”についてです。私はいわゆるスタートアップとは異なりますが、独立しています。「やりたいことをやろう!」と思って独立したわけですが、最初からスムーズに進むわけではありませんでした。クライアントが出来なくて収入がない期間もありましたし、自分なりにたくさん手を打っているのに成果が出ないと感じて「もうどっかに勤めちゃおうかな」という考えが頭をよぎったこともありました。でも、それでも「このサービスは絶対にニーズがあるはずだし、多くの人のためになるはず!」という思い込み(良い言葉を使えば”信念”ですが、やはり思い込みです)があり、且つコーチングをすることが好きだったので、続けちゃったし、続けられました。そして、ある時「あ、これなら大丈夫」と思えるタイミングが来て、その時の嬉しさはなかったですね。「やっぱりやって来てよかったんだ」って。そして自信もつきました。イメージを持って、その方向に向けてPDCAを回していけば結果は出ると。

0から1にすることに対しては大変さばかりが言われる気がしますが、その楽しさや嬉しさ、充実感、そして得られる自信は何物にも代えがたいと思います。もし、今起業中の方がいらしたら、それを十分に満喫してくださいね。


「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」

お問合せ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
JBPressの連載記事です。

今回は、40歳を過ぎた方のキャリアに関するコーチングでよく出てくるテーマについて書きたいと思います。それは、「今の仕事には満足しているけれども、今後の人生を考えると、数年以内に次のステージに向けて進みたい。どうしたらいいだろうか?」というものです。

「やりたいこと」を見つけたい時にまずやるべきこと



「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」

お問合せ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
改めて「コーチングとは何か?」について書いてみようと思います。ここで書くコーチやコーチングは、私が考えるコーチでありコーチングです。




コーチは教えない

一言でまとめると「夢や想いをカタチにして実現するための伴走者」でしょうか。そして、コーチはピッチング・コーチとは異なり、指導や教えることはしません。相手の”気づいてない考え、想い、アイディア、能力を引き出す”お手伝いをします。散歩してたり、お風呂に入っている時など、考えていたわけじゃないのにふとアイディアが閃くことありませんか? そんな状態を意図的に作りだそうというものです。どうやってやるかと言えば、主にコーチが質問をして、クライアントが答えるという対話を通じてです。場合によっては、身体を動かしたり、絵を描いてもらったりするようなこともあります。



色んな分野のコーチがいる

色んな専門分野を持っているコーチが居ます。五郎丸で有名になったラグビー日本代表のメンタルコーチ等のアスリートを専門にしているコーチが沢山います。今度のリオ・オリンピックの選手でもメンタルコーチを付けている人は少なからずいますし、プロ野球はどの球団もメンタルコーチがついているそうです。その他、子ども、受験生、ダイエット、婚活、女性起業家等、コーチが扱う分野は多岐にわたります。



どんなことができるのか?

大きく分ければ以下の4つのケースになるかと思います。私が専門にしている経営やキャリア・ディベロップメント関連の具体例も挙げてみました。

①やりたいことが明確でやり方も分かっている場合には加速する

業績成長のスピードを上げる、自身の成長スピードを上げる等。

②やりたいことが明確だけれどやり方が分からない場合にはやり方を見つける

起業するって決めたけれど何から手をつけたら良いか分からない、新しいプロジェクトを始めるにつき、アクションプランを考えたい等。

③やりたいことがそもそもよく分からない場合にはそれを見つける

ライフワークを見つけたい、次のキャリアについて考えたい、人生のセカンドステージについて考えたい等。

④やりたいことに向かっている中で課題があれば解決のためのヒントを見つける

これは本当に色々です。社員のモチベーションを高めたい、ミッションやビジョンを明確にしたい、採用を進めたい、コミュニケーション力を高めたい、リーダーシップを高めたい、自分のモチベーションを維持したい等々

その他、「こんなテーマで大丈夫なのだろうか?」と思ったら、コーチングを受けたいと思うコーチに聞いてみてくださいね。



メンターとの違い

私は今、中小企業整備基盤機構のアクセラレーター・プログラムBusiNest及び起業家の事業支援プラットフォーム01Boosterのメンターをやってますし、スタートアップ界隈では最近メンタリングという言葉もよく聞くし、コーチとメンターをごっちゃにしているように聞こえることもあって、「メンターとコーチの違いって何だろう?」と考えてます。

英語のサイトも日本語のサイトも、メンターとコーチの違いについて書いてあるものはありますが、私的にはしっくりこなかったので無視します(笑)。

まずは、メンターは人生含むその道の先輩で、持てる知識や経験からアドバイスをするのに対し、コーチは必ずしもその道の先輩でなくても良く(ラグビーやってなくてもラグビーのメンタルコーチできます)、原則アドバイスはしないことは違いでしょうか。

また、メンターは「こっちの方がいいんじゃないか?」と方向を指し示すのに対し、コーチは「あなたはどっちの方に行きたいの?」を引き出すことに注力します。メンターは目上の立場、コーチは横の関係、とも言えるかもしれません。

私はメンターの立場の時は通常のコーチングの時よりもアドバイス風味を強くしてます。コーチングをする時には、求められない限りアドバイスをしないようにしていますが、メンタリングの時には自分からアドバイスすることもあります。

いずれにしても、メンターもコーチもその方の応援者であることは間違いないので、どっちも上手に活用したらいいと思います。両方いるのが理想だと思います。メンターからもらったアドバイスを参考にして、自分の軸を持ちながらやっていくためにコーチと対話をした上で自分の考えや気持ちを明確にして意思決定する、理想ですね~。

今日はこんなとこで。




「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
起業中の人にコーチングすると、時々テーマになるのが「ターゲットが決められなくて次のアクションが取れない」ことです。





コンサルや周りの人に「ニッチなターゲットを定めるべき」、「ペルソナを作るべき」等と言われ、その意見に従って、明確で明確なターゲット像を設定しようとするのですが、像を作ってはみるものの、自分の心にしっくりくるものではなくて、もっとしっくりくるものを探そうとして前に進まないという状況です。ターゲット像を明確にしてからじゃないと情報発信やサービスインをしてはならないと思い込まされちゃってるんですね。

そういう話を聞くと腹が立ちます。より知識や経験を持った人としての位置づけで、自分の視野の狭い考えを押し付けて、それが相手の行動を阻むという結果につながることに気づかない無神経な人たちに。「ニッチなターゲット像やペルソナを作る」のも商品やサービスを売っていくためのステップの選択肢ではありますが、必ずしもそうではありません。大きな企業でたくさんの人を巻き込んで新しいサービスや商品を開始する場合には便利なことはあります。上司を含む社内や広告宣伝を担当する広告代理店に説明し、”売り手”として共通認識を持てるからです。「アラサー女性。恋もキャリアも手に入れたいけれど、何をしていいか分からない。成長意欲があって、オフに英会話の勉強をしたり、資格講座を受けている。趣味はヨガ。東京への通勤圏に両親と住む」のようなことを決めると、さあ、どんな雑誌に広告を出そう、どんなクリエイティブにしよう等が考えられるからです。

でも、起業の場合は話が異なります。もちろん、納得いくニッチなターゲット像やペルソナを作れれば、それに合わせて、SNSで発信するコンテンツのテイストを作れますし、場合によってはそれらのターゲット向けに少額の広告宣伝も出来ます。否定はしません。一方で、そんなの決まってなくても大丈夫なんですね。まずは自分が何のために起業をするのか、どんな価値を提供したいのか、それが分かっていればサービスや商品は作れますし、発信も出来ます。発信していくなかで、「こんな人達が反応するんだ」、「私はこんな人が買ってくれたら嬉しいんだ」と徐々に明確になっていきます。幾つかのターゲットを想定して発信するテストをしてもいいですし。起業はとにかくスピード早く色々試すことの方が大切です。

私自身もコーチングで独立する時に、詳細なターゲット像を定めた方が良いと言われ、考えたものの心から納得いくものを決められなかったので、「経営者」、「キャリアに悩む人」位の大雑把なところで始めました。実際にやっていく中で、「ベンチャー企業及びスタートアップの経営者」、「キャリアに前向きに悩む人」と変わっていきましたが、依然、年齢や性別などのデモグラフィックなところは空白なままです。”誰々”というよりも、”私のコーチングや考えに共感してくれる人”がターゲットになっていて、自分をブランディングしているとも言えるかもしれません。

冒頭に書いた「ターゲットが決められなくて次のアクションが取れない」ような場合、「どうしてそのビジネスを始めようと思ったのか?」について話を聞いていくと、素晴らしい理由があり、その理由の中にはたいてい”大まかなターゲット像”も入っており、それで商品やサービスを作ったり発信をしてくのに十分であることが分かることが殆どです。そして、「いま言った想いを発信してみたら? そんなペルソナなんて作らなくていいから。段々と分かってくるから」と提案してみると、「そうですね! それならば進めそうです」と仰います。

ビジネスには正解はありません。成果が出ればそれがその人にとっての正解です。幾ら世の中でいい方法と言われていることでも、取り入れようとすると動けないのでは意味がありません。自分が動きたくなる、やりたくなる方法を見つけてくださいね。動くことがとても大切です。



「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」



いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

このシリーズは、アイディア豊富で会うたびに新しいことを考えたりやっている経営者がいかに何かを成し遂げるんだろうという私の好奇心から始めました。



一つの目標を設定してそこに向かって試行錯誤しながらも進んでいくことは王道ですが、一方で、過去に会った経営者の中にはアイディア豊富、言葉悪く言えば、気が多くて次から次へと何か試していて、傍から見ると「選択と集中は?」といった感じですが、全体としてはうまくいっている方も居るので、それはどのようにして起こるのだろうという好奇心です。

鋭意起業中のメディアインキュベートの浜崎正己さんが協力を快諾してくださり、月に1回程度お会いしてインタビューして書いてます。

過去の記事は下記リンクから。

アイディア豊富な起業家の定点観測①

アイディア豊富な起業家の定点観測②

アイディア豊富な起業家の定点観測③

前回お会いしたのは1カ月ちょっと前。前の記事を読み返してみたところ、「紙のメディアを応援することにつながるウェブメディアを作ります。5月中に」と仰ってましたが、そのメディアは作ってないみたいです。代わりに、クリエータープラットフォームとメディア相談会を始めたようです。

さて、今回お会いして近況を伺ったところ、またまた大きな進展がありました。エンジェル投資家からの出資が決まりそうなのが何よりも大きなステップです。資本政策や人を増員することについても真剣に考え始めました。また、ある紙媒体のデジタル戦略の顧問になることも内定しているそうです。

そして、話をしているなかで、事業のコアを成し、スケールしそうなアイディアが出てきました。それならば最初の頃に言っていた「売上1億円!」も実現可能っぽいです。時期は来年3月よりも少し遅れるとは思いますが。

そのアイディアは中々面白くて、早く進めて公表してほしいなあと思います。ここに書きたい気持ちは山々なんですが、まだ秘密ですね(^_^)

色々散漫に見えますが、「紙媒体を含むメディアを応援したい」というコンセプトからブレてはいませんし、何しろ行動量が多いので、着実に前に進んでいるだろうと思います。

それから、彼が言っていたことで、印象深いものがあります。

「スゴイ人に沢山あって、『おお~!』とその人達に振り回されるのはやめました。それぞれ言うことも異なるし、良いと思う部分だけ取り入れようと。それから、『おお~!』と感心しているんじゃなくて、『自分がやれよ!』と思うようになりました」

次回はどんな進展があるか楽しみです。予想がつかないのが尚更楽しみです。


「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。