エグゼクティブ・コーチ 和気香子

普段の思考パターンではどうしても出てこないことが、ふとした瞬間に閃くことがあります。
そんな状態を意図的に作り出して、色んな気づきを得てもらうことで将来の夢・ビジョンを明確にしたり、課題解決のためのヒントを見つけるお手伝いをするのが私のコーチングです。

はじめまして。





エグゼクティブ・コーチの和気香子です。





ずっと考えているのに、アイディアが浮かばなかったけれど、ぼーっと湯船につかっている時にふと閃いたというような経験がありませんか?





人間には誰しも思考パターンがあります。


普段の思考パターンではどうしても出てこないことが、ふとした瞬間に閃くことがあります。





そんな状態を意図的に作り出して、色んな気づきを得てもらうことで将来の夢・ビジョンを明確にしたり、課題解決のためのヒントを見つけるお手伝いをするのが私のコーチングです。





どんな時に受けると効果的なのでしょうか?





・目標を定めたい


・目標達成を加速化したい


・組織の人間関係をよくしたい・リーダーシップを高めたい


・日々、納得できる意思決定をしたい


・新しいアイディアを生み出したい


・モチベーションをキープしたい


・行動変革を起こしたい


・自分を変えたい


等々、本当にさまざまです。





コーチングを受けることで、効果的・効率的に物事が進むようになった、意思決定がしやすくなった、とよく言われます。


受けなければ考えつかなかったアイディアを生み出すことが出来た、とも言われます。





私には夢があります。


「夢を持つのは当たり前。叶えるのはもっと当たり前な世の中」にして、チャレンジする人が増えることです。





そして、チャレンジする人が増えることで、新しい企業が生まれ、既存の企業は更に成長し、付加価値の高いビジネスや雇用を生み出すことに貢献したいと考えてます。





体験セッション等についてのお問い合わせは、以下のリンクからお願いいたします。。



コンタクト




*Gmailでご連絡致しますので、Gmailを受信出来るよう設定下さい。また、迷惑メールとして、振り分けられることもあるのでご注意下さい。









テーマ:

「感情をコントロールしたい」と仰る経営者や起業家の方、多いです。まあ、怒り等の感情をそのまま周りの人にぶつけるのは避けた方が良いとは思いますが、感情はやっぱり大切です。

なぜならば、嬉しさや怒り、怖さと言った感情はモチベーションにつながるからです。

「○○になったら、とても嬉しい、ワクワクするから」

「××なってしまったら、怖い、嫌だから」

だから、○○を達成しようとするし、××を避けるよう手立てを打つものです。

 

企業は色んなことをしなくてはなりません。売上をあげ、適切なコストで運営し、株主や市場に期待される利益をあげるといった業績はもちろんのこと、ガバナンスをきかせ、従業員や顧客の満足度を最大にして、世の中に貢献することなど。

経営者、特に自分がオーナーシップを持たれている方はビジネス面に関しては、「信念」や「想い」を持っている場合が多い、つまり、

「これが世の中にあったらどんなに素晴らしいだろう」

「みんなにこの良さを伝えられたらどんなに良いだろう」

といった「感情」を強く持っているので、ビジネスに関しては動いていきます。

(サラリーマン社長で”社長ゴール”みたいな人は、そんな感情はないかもしれませんけど。そ無事に社長を務められれば良い的な人は株主にも従業員にも顧客にも失礼だから、辞めちまえって思います、笑)

 

一方、事業そのものではない、従業員の満足度といった側面になると、上げる必要があると考えている経営者は殆どだと思いますが、それは、「企業だったら当たり前にやることだよね」と理屈で行っている場合が多いのではないでしょうか。「従業員が職場でやりがいや幸せを感じてくれたら、こんな嬉しいことはない」と腹から感じていないのかもしれません。人事に「従業員の満足度を上げることは大切だから、そのための施策をとれ」と言ったとしても、経営者自らが、それが実現した時の幸せをイメージを出来てないのなら、アリバイ的にやりましたになってしまうようです。そもそも、心から感じているならば人事に命ずるだけではなく、自ら陣頭指揮を取るでしょうし。

これは一例なんですが、「感情」で判断できてるか、大切なんですよね。

 

 

<a href="https://synapse.am/contents/monthly/wakikyoko" target="_blank">「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」</a>

<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B011HGAZTQ/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1" target="_blank">「人の気持ちがわかる人、わからない人 」</a>

<a href="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScQjIADmPesT1Agr6m2DiwRPPtMKV5BJ7N4sdfpmInxms1_jw/viewform" target="_blank">お問合せ</a>
 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

JBPressに新しい記事が掲載されました。

人は変わるんです(^_^)

 

自分探しの旅に出るより簡単に自分を変えられる方法

変化に対応する力を身につける今日からの“筋トレ”

 

<a href="https://synapse.am/contents/monthly/wakikyoko" target="_blank">「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」</a>

<a href="https://www.amazon.co.jp/dp/B011HGAZTQ/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1" target="_blank">「人の気持ちがわかる人、わからない人 」</a>

<a href="https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScQjIADmPesT1Agr6m2DiwRPPtMKV5BJ7N4sdfpmInxms1_jw/viewform" target="_blank">お問合せ</a>
 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
この前、起業したいと考えている方から、「実際に起業する人としない人の違いってなんですか?」と質問を受けました。

その時は「起業する人は具体的な〆切を考えているのでは? 例えば2017年の6月とか?」と答えましたが、その後も考えてみました。そこで私なりに考えがまとまったので、書いてみます。

今は起業することのハードルが以前より低くなってますし、「起業したい」と言う方は多くなっています。私の職業柄もあるでしょうが、沢山出会います。

そして、そんな中ですぐに起業していく人は、”起業することが前提”になっている気がします。その方にとっては、起業しないというチョイスがなくて、「起業するためにどうしたらいいのか?」を考えて、実行しているようです。

「やる人はやるし、やらない人はやらない」

まさしく、そうなんですね~。

そういった方が具体的にどういった考え方をしているのかについてです。




①自分が提供しようとしているものについて想いが強い

「こんな商品があったらいい」、「自分は絶対にこういったサービスが欲しい」という想いが強く、それらによって世の中に何らかの貢献が出来ると思い込んでいることです。他の人からどう言われても、自分が信じているので、基本は平気なんですね。


②リスクを見える化している

起業した場合のリスクを具体的に考えてます。起業することは、例えば、安定してお給料がもらえている職をやめることになるので、もしうまくいかなかった場合にどうやって生計を立てられるんだろう?というリスクを抱えています。これ、具体的に考えないと「どうしよう?」の不安ばかりが大きくなってしまいます。貯金がいくらあって、当初は他の仕事をアルバイト的にスポットで引き受けられそうだから、事業が軌道にのらなくても1~2年は平気である、等と大体の目算をしていると思います。この場合、リスクは1~2年後の収入減ですね。これについても、「いざとなったら、仕事を受託すれば何とかなる」、「知り合いの会社を手伝うことも出来そう」といった自分なりの絶対確実ではないかもしれませんが、セーフティネットを考えてます。


③期限を決めている

冒頭に書いたように、期限を決めているようです。「今年中」とか「来年の9月」とか。よく「2、3年後」や「数年後」と仰る方がいるのですが、具体的に決めないと、1年後にも「2、3年後」は「2,3年後」のままの場合が多いです。仮にでも良いので、具体的な年と月の〆切を決めると、その時にスタートするために何をしたらいいか明確になってきます。アクションプランが立てやすくなります。そして、この仮の〆切を設定しておくと、段々と「起業することが前提」に近くなってくるんじゃないかと思います。


起業したいと思われているけれど、中々一歩を踏み出せない方、まずは②、③をやってみてくださいね。①についてはビジネスのコンセプトとなるので、しっかりと自分と向きあって考える必要がありますが、②、③については割に簡単にできるので、やってみる価値はあると思います。



「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」

お問合せ
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



何か新しいことをはじめようとすると、周りの人から

「それは難しいだろう」

「大変だから、やめといた方がいい」

と言われることがよくあります。職業的に言えば、大学を卒業して名の知れた組織に正社員として就職する以外のことは否定の声に出会うことがあると思います。

転職にしろ、起業や独立にしろ、もしかしたら再度大学に入り直して勉強することでも。


起業する場合、たいていは「こんなことで困っている人が多いから、それを解決して世の中に貢献するようなビジネスがやりたい!」、「自分が欲しいと思ったものがないから自分で作りだしたい」、「このサービスや商品が絶対に必要だと思う!」、こういった動機が多いような気がします。つまり、自分が考えるなかでは、世の中になさそうなものを提供したい場合が多いわけです。

「よし!」と思い立ってアイディアを周りの人や協力してもらいたい人に話をする段になると、冒頭に話した「難しいだろう」という声にぶつかるわけです。で、がっかりして勢いがなくなってしまったりするんです。もちろん、それらの声にもめげずにどんどん突き進む方も居ますが、躊躇っちゃう方も居るわけです。

私も、もともとは他人の目や評価を気にする性質なので人から否定されると落ち込むので、ずっと使っていた戦法は「反対しそうな人には言わない」でした。賛同してくれたり、温かい言葉をくれそうな人だけに話して、行動に向かう自信をつける戦法です。

最近、新たな戦法を見つけました。「みんなが賛成するようなことは、既に世の中にたくさんやろうとしている人がいるか、既にやっている人が居る。皆が反対するようなことこそ、大きな可能性がある」と考えることです。そう考えるようになると、賛同の声が多すぎると、「これって本当にいいんだろうか?」と不安になったりします(笑)。

ウォルト・ディズニーがディズニーランド建設をするための融資をしてもらうまでに何百もの銀行に声をかけた話は有名ですし、アマゾンのジェフ・ベゾスが投資家から最初にお金を募るのに苦労をした話等、新しく市場をつくって爆発的に伸びた会社が初期に色んな人の否定に出会った話は沢山あります。


だから、何かはじめようとしていて、人の反対にあってもあまり気にしないで、逆に「難しいのは確かだと思うけど、どうしたらその難しさに立ち向かえると思いますか?」と聞いてみたらいいかもしれません。意外にヒントをくれたりします。

それに、何か新しいことをはじめるときに難しくないなんて変じゃありませんか(^_^)?


「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」

お問合せ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



尊敬する社長である上司に「仕事が目いっぱいで、このままだと仕事の質を担保できない」と伝えたいけれど、伝えたら「辞めていいよ」と言われるんじゃないか、「仕事が出来ない」と思われるんじゃないかと不安を感じて伝えられないけれど、そのままの状態で続けるのはしんどいと仰られた方がコーチングを受けた感想をお知らせ下さいました。



「和気さんのコーチングを受けた後、「仕事が多すぎてできませんって上司に伝えても、辞めさせられることはないかな」と気づけて、とてもうれしく、また自信になりました。

上司にはいつ相談しようかとタイミングをドキドキしながら見計らっていますが、なんと、今朝、以前に上司から頼まれていたのに、全く手を付けられていなかった仕事を「僕やるから、資料お願い」と言われてしまいました。

恐らくコーチングを受ける前の私ならば、

「あ~、仕事できないって思われた~。。。どうしようーーー。」と

自分を責めていたと思いますが、

自分でも驚くほどあっさりと、

「こちら資料です。不備も多いので、何かあれば教えてください。お願い致します」と上司に資料を託し、そして今やるべき自分の仕事に専念できて、午後からは楽な気分で外回りに出ることができました。

上司に仕事を預けなければ、きっと今頃は「帰ったら、また残業だ~。。。」と焦りと重たい気持ちだったと思います。こんなに気持ちが楽だなんて、びっくりしています。落ち着いたら、上司には慢性的な深夜残業について報告と相談をしようと思います。

和気さんにコーチングを受けたら、隠れていた自信がひょっこり顔を出してくれたような、そんな感じがしています。



もうひとつ、和気さんにコーチングを受けてとても参考になったのは、上司や経営者の視点から、私の現状を見せてもらえたことです。社員の立場からの低い視点で見るのではなくて、経営者であればこういう風に見ているということを教えていただけて、見方を変えられたことも、仕事が楽になれた要因だと思います。

夕方に帰社しましたら、上司も仕事が捗ったのか、とても機嫌がよく、先の見通しもできたようで、いろいろなことを話して下さいました。

あ~、良かった~。

今日は慢性的な深夜残業の話はできませんでしたが、仕事を簡素化できる具体的な方法を1つ提案してみたら、受け入れてもらえて、私もまた気が楽になりました。一人で抱え込まず、手放したら、転がり始めた気がします。これも、「私は辞めなくても大丈夫」という安心感から生まれているのだと思います。



上司に対して「難しい」と伝えるのは勇気がいります。勤めていた頃の私もそうでしたあg、今回感想を下さった彼女のように、「仕事できないヤツ」と思われるのがイヤで、出来なさそうなことを引き受けてしまったり、イイコトばかり伝えようとしていた気がします。でも、そんなことを感じること自体が真剣に取り組んでいる証拠で、そして、上司は意外に受け止めてくれるもんなんですね。一方で上司の側に立ったら、常にその辺のアンテナを立ててなければならないんだと思います。

今回、感想をお知らせくださった彼女が言いにくいことを上司に伝えた勇気に乾杯です。そして、大いに自信を持ってほしいって思います(^_^)



「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」

お問合せ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。