エグゼクティブ・コーチ 和気香子

普段の思考パターンではどうしても出てこないことが、ふとした瞬間に閃くことがあります。
そんな状態を意図的に作り出して、色んな気づきを得てもらうことで将来の夢・ビジョンを明確にしたり、課題解決のためのヒントを見つけるお手伝いをするのが私のコーチングです。

はじめまして。





エグゼクティブ・コーチの和気香子です。





ずっと考えているのに、アイディアが浮かばなかったけれど、ぼーっと湯船につかっている時にふと閃いたというような経験がありませんか?





人間には誰しも思考パターンがあります。


普段の思考パターンではどうしても出てこないことが、ふとした瞬間に閃くことがあります。





そんな状態を意図的に作り出して、色んな気づきを得てもらうことで将来の夢・ビジョンを明確にしたり、課題解決のためのヒントを見つけるお手伝いをするのが私のコーチングです。





どんな時に受けると効果的なのでしょうか?





・目標を定めたい


・目標達成を加速化したい


・組織の人間関係をよくしたい・リーダーシップを高めたい


・日々、納得できる意思決定をしたい


・新しいアイディアを生み出したい


・モチベーションをキープしたい


・行動変革を起こしたい


・自分を変えたい


等々、本当にさまざまです。





コーチングを受けることで、効果的・効率的に物事が進むようになった、意思決定がしやすくなった、とよく言われます。


受けなければ考えつかなかったアイディアを生み出すことが出来た、とも言われます。





私には夢があります。


「夢を持つのは当たり前。叶えるのはもっと当たり前な世の中」にして、チャレンジする人が増えることです。





そして、チャレンジする人が増えることで、新しい企業が生まれ、既存の企業は更に成長し、付加価値の高いビジネスや雇用を生み出すことに貢献したいと考えてます。





体験セッション等についてのお問い合わせは、以下のリンクからお願いいたします。。



コンタクト




*Gmailでご連絡致しますので、Gmailを受信出来るよう設定下さい。また、迷惑メールとして、振り分けられることもあるのでご注意下さい。









テーマ:

JBPressの新しい記事が掲載されました。

部長でも課長でもないAさんが、1人で150人の部を変えた方法について書いてます。

「やればできるんだ」ってつくづく思いました。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

この前、昔からの知り合いに久々に会い、近況を聞いたところ、とても感銘を受ける話をしてくれました。

彼(仮にAさんとします)は、約2年前に現在の会社に転職し、営業部長として働いてます。Aさんは営業の経験や知識、スキルはありますが、業界としては全く新しいところへ移った方です。


「ダメダメだと会社内で思われていた部下2人が、スゴく成長して、成果を出すようになって、この会社に居なくてはならない存在だと思われるようになったのが嬉しくてさ。この2人以外もそこまでじゃないけれど、成長してくれてるのよ」

どうやってやったのか、がぜん興味が湧いて根掘り葉掘り聞いてしまいました。

「う~ん。僕もね、社内で『Aマジック』とか言われちゃってることもあって、分析してみたんだけど。愛というかな、多分、部下達を本当に好きで、承認してることが理由なんだと思う」

「承認って?」

「『頼むよ』って声がけしたり。僕は、基本的なビジネスマナーとか営業のコミュニケーションについては分かるけれど、うちのサービスについてはそんなに分からないし、部下たちの方がずっと知ってるから、任せちゃってるし」

分かるような分からないような。これだとAさんの人柄だから、になってしまうので、更にしつこく聞いてみました。


すると、以下のような話をしてくれました。ある部下が辞めた時にショックで、人がどうして辞めていくのかについて色々調べたそうです。そして、【貢献感】も【承認感】も低い状態だと人は辞めるんだと分かったそうです。以下の図で③の象限ですね。更に、②の象限、つまり、【貢献感】も【承認感】高い状態になれば、ほっておいても頑張ってくれるので自分も楽だし、会社にとっても良いし、何よりも本人にとってもいいと考えたので、まずは【承認感】を高めるために、徹底して承認をすることにしたそうです。そうしたら、元々潜在的には能力が高かった部下たちが③から②へ移ったそうです。

承認の具体的方法についても聞いてみました。「周りの人達の気分を1点上げるためにどんなことが出来るか考えてやってる」そうです。「いつもありがとね」とか女性ならば髪型の変化に気づいたら「いいじゃない」と伝えるとか。部下だけではなく関わる人全員に毎日一回はやることを目標にしているそうです。意識してやるようになったら、上記の部下たちが見違えるように変わったとのこと。ここで重要なのは形だけではなく、心から「この人の気分を良くしたい」と思うことだそうです。


「承認と貢献とどっちから先に手がけたらいいと思う?」

「承認だよ!!!」

Aさんが言うには、みんなの承認感が上がったので、貢献感を上げる施策を実施するつもりだそうです。貢献感をあげるためには、スキルや知識をつけてあげるティーチングが必要のようで、自社ビジネスに関する研修やコミュニケーションスキルを向上させるためのセミナーを実施することを予定しているそうです。

ティーチングという言葉が出たので、コーチとしての私は承認感を上げる方はコーチングだと解釈して、それをAさんに伝えたところ、「和気さんが僕に関わってくれる時に、絶対的に承認してくれてるじゃない? その経験があったから、僕も承認が出来たんだと思うんだ。その姿勢や言葉の使い方、何よりも『承認されてる』気持ちが分かるしね」(※ここは自慢なので笑いながら読んでください。と言いながら、承認を受けたことがある人は他の人に承認を伝えられるという例でもあります)


ダメダメだと会社全体から思われていた部下が出来るようになって成果を出したという例として、とても参考になると考えたので、記事にしました。


「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」

お問合せ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

たいていの会社がミッション、ビジョンに加えて、行動規範を持っていると思います。

私が勤めた会社達にもありました。ただ、それがあることは知っていても、あんまり意識してませんでした。大体いま、内容を覚えてませんし。「道徳的模範人間の行動が書かれているんだ」と認識してました。

でも、その重要さに気づきました。

ある経営者の「行動規範を作りたい」というテーマをコーチングで扱ったことがあります。さて、どうしようかと考えて浮かんだ質問が、

「どんな人と働きたいですか?」

でした。

それに対して、例えば、嘘をつかない、チャレンジする、感謝の気持ちを忘れないといったような答えを頂いたので、「そんな人たちが会社にたくさんいたら、どんなことが起こりそうですか?」と更に尋ねたところ、「お互いが気持ちよく仕事ができつつ、どんどん成長しそうです」とのことでした。そこで、「あ、やっぱりこれって行動規範として使えそうじゃん」と感じ、「言葉は練った方がいいですが、行動規範の概念は、『嘘をつかない』、『チャレンジする』、『感謝の気持ちを忘れない』をベースにすればいいのでは?」と伝えたところ、納得されたようで、その後、「どんな人と働きたいか」をベースに行動規範を作られました。


その後、別な経営者の方から、「人材募集の際に、会社のカルチャーにあった人を取りたい。そうすれば、辞職率が低くなるだろうし、長期的に良いと思う。どうしたら良いだろうか?」との相談を受けました。上記の例を思い出し、以下のやり取りをしました。

「行動規範ってありますか?」

「あります。自分で考えて作ったものです」

「それらの行動をする人達と一緒に働いたら楽しいですか? 会社のカルチャーに合ってそうですか?」

「はい!」

「では、行動規範に共感してもらえるかどうかの質問を面接でしてみたらいかがですか?」

「いいですね! そうします」


挙げた2つの例から、経営者が作った行動規範にそった人は、その人が一緒に働きたい人だし、会社のカルチャーを育むんだろうなあ、と考えるようになりました。ここでは、ファウンダー的経営者が作った行動規範を指しています。その経営者のDNAを伝えるのは、彼・彼女らが「一緒に働きたい」と考える人達、つまり、彼・彼女らが大切にしている価値観に共感する人によってなのでしょう。


以上の考えを持つようになったとき、現在起業中の中内崇人さんから「どのような人を共同創業者にしたらいいか」をテーマにコーチングをしてほしいとの依頼がありました。中内さんは、学生時代から起業をしたいと考えられていて、それを念頭に、起業家精神があふれるベンチャー企業に就職され、しばらくキャリアを積んだのちに、起業に向かって一歩踏み出すために、退社されたばかりです。退社してまだ2カ月程度なのに、多くのビジネスモデル案を考え、その中で、ご自身が「やりたい!」と感じられ、且つビジネスチャンスもありそうなモデルに絞り込んで、そのサービスをテストするために具体的に作り込まれてます。いやあ、そのコミット具合には頭が下がります。


こんな質問をしました。

「どんな人と働きたいですか? 過去に一緒に働いて、『この人とはまた働きたい』と思った人はどんな人ですか?」

・チームで同じビジョンを見てる

・相手の良いところを尊重する

・仲間を思いやれる

・思ったことはストレートに言える環境

・ユーザーに喜んでもらうためなら自分の責任外のこともやる。


挙がったのが上記5つで、「自分はデカい志をもってデカい逆境を超えていくことをチームでやりたい。どんなチームなら逆境を超えられるのかを考えた時に上記のような要素が必要だと思った」

とのことでした。


「中内さんの共同創業者に大切な資質なことは勿論、これらは行動規範になるかもしれないです」と伝えたところ、腹落ちして頂いたみたいで、「『チームとしてこういう状態であって欲し』という理想かなと思います。いずれ個人の行動理念にも改めて落とし込んでいこうと思います。」

と仰ってくださりました。中内さんのビジネスは目の付け所も面白いし市場も大きそうですし、ミッションや価値観を共有するメンバーと一緒にやっていったら、まさしく「デカい」ことが出来るんじゃないかなあ、と感じてます。


ミッションやビジョンはしっかり作り込む起業家の方は多いと思いますが、行動規範については後回しになってしまう傾向があると思います。でも、どんな人材を集めるのか(スキルがあっても、仕事に対する価値観が異なるとあとで空中分解しがち)を考えるいい機会になりますし、会社のカルチャーやDNAを作っていくとても大切なものなので、はじめから作ってみると良いと思います。


#エグゼクティブコーチ #起業 #ベンチャー #スタートアップ #行動指針 #行動理念


「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」

お問合せ


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「経営者として、上司として、部下とのコミュニケーションを改善したい・モチベーションをアップしたいから」、「顧客の気持ちが分かるようになりたいから」、等の理由でコーチングを学びたいとおっしゃる方が周りに増えたこともあり、先輩コーチと一緒にコーチングを教えることをやってみることにしました。それがコーチング塾Integrityです。これからもずっと続けて教えるかは分からないのですが、まずは一回だけやってみます。ご関心ある方は気軽に質問など下さいね(^_^)


私たちはPower of Coachingを信じています。すべての人がコーチング的考え方や行動ができるようになったら、全ての人が自分らしく幸せになり、安心してチャレンジして結果を出せる世の中になると考えています。

コーチングは、「自分の思う通りに部下や従業員を動かすためのテクニック」ではありません。自分自身と他者をより深く理解することで、お互いに協力し合って、モチベーションを高め、より良い成果を生み出すためのコミュニケーションの考え方、やり方、姿勢です。

自分自身や他者をより良く理解することとは、自分を含む人たちがどんな価値観を大切にしているのか、そして、どんな姿になりたいのか、何を実現したいのか、それらを知ることです。

知るだけではなく、実現のためにどのようにしたら良いかも考えます。方法を考えて、実行し、うまくいかない場合には、見直して他の方法を考え、また試すというPDCAを繰り返して、成功の確率を高めていくことが出来ます。

今回は、そのコーチングの考え方とテクニック、姿勢をお伝えし、身につけてもらうためのスクールを開催することにしました。

【概要】

「仕事に活かすためにコーチングを学びたい」という声をよく聞くようになったので、開催することにしました。

こんな方におススメです。

自分の価値を高めたい方。具体的には、

・コーチングを使って今の仕事のスキルをあげたい

・ お客様とのコミュニケーションをより円滑にして、深い信頼関係を結びたい

・ お客様の本当のニーズを聞き出したい

・上司や部下との関係をよくしたい

・会社や部署のモチベーションをあげたい

・ 新しいビジネスを始めるのにコーチングを活用したい

【アジェンダ】

アドラー流コーチングをベースにした内容です。

Day1:コーチングとは

Day2:ステート(心の状態)を選ぶ

Day3:自分を知る

Day4:相手を知る

Day5:伝わるコミュニケーション

Day6:実現力をつける

Day7:未来イメージ力を高める

(タイムライン)

Day8:人間関係をよくする

(ポジションチェンジ)

Day9:まとめ&自分のミッションを考える(ストーリーテリング)

【日程】4月8日(土)、4月22日(土)、5月13日(土)、5月27日(土)、6月10日(土)、6月24日(土)、7月22日(土)、8月19日(土)、9月9日(土)

いずれも14時~18時。

9回のクラスを半年にわたって行うのは、コーチングの姿勢が身につくには少し時間がかかると考えているからです。

クラスを受けて、宿題や実践を行って、またクラスにきて、という繰り返しでコーチングが癖になってしまうようになってもらえたらと思います。

【料金】ご自身の日給×9×1.1

“日給”という人によって異なる金額の概念をもってきたのは、コーチングを学びたいけれど、やる気はあるけれど、収入があまり高くなくて沢山のお金を払えない方にも学んで頂きたいからです。

また、コミュニケーション力を高めたり、モチベーションアップにつながったり等自分の価値を高めたいと考えてコーチングを学ぼうとされるのだと思います。今より、1.1倍位には価値を高めてほしい、という意味合いで、日給に1.1倍しました。

そして、9という数字は、9回あるからです。

尚、日給は自己申告なので、「おおよそこれ位だろう」で構いません。その金額を証明するもの等は必要ありません。

【特典】

参加者には講師による無料コーチングセッション(3~5万円相当)が一回つきます。

【講師紹介】

川野 操作(かわの あやなり)

人間関係、子育てに悩んだことがきっかけで、コミュニケーション、コーチング、リーダシップ、チームビルディングを学ぶ。

学びが昂じて前職を辞め、メンタルコーチとして独立。

スポーツの分野で、日本代表やプロ選手に対するコーチング、指導者育成、チームビルディングを手がける。

その後ビジネスの分野に転じ、主にベンチャー企業の情熱的なリーダーを支援。

イキイキと活力あるチームづくりをサポートする。

主な支援実績としては、銀行、教育委員会、プロスボーッチームなどがある。

徳島県出身、早稲田大学卒、元行政書士。

信条は、「本当に生きたい人生を、今ここに生きる。」

夢に向かって挑戦する中高生の育成をライフワークとする。

和気 香子(わき きょうこ)

栃木県生まれ。東京大学経済学部経営学科卒業。

在学中に女優を志し、卒業後も女優業に従事。

ニューヨーク大学MBA取得。

留学後、ソフトバンク、マッキャン・エリクソン、日本コカ・コーラ、日本アジア投資に勤務。

現在は、エグゼクティブ・コーチとして、主にベンチャー企業、スタートアップ企業の経営者、前向きにキャリアに悩む方のためへのコーチングを中心に活動。

ミッションは「夢を持つのは当たり前、叶えるのはもっと当たり前の世の中になるよう貢献すること」

【申込み】

申込みは以下urlからどうぞ。

https://ws.formzu.net/fgen/S63282978/

質問などは以下から。

https://ws.formzu.net/fgen/S46978645/





いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

早いもので、1月ももう終わりですね! 


この一か月間、どんな感じでお過ごしでしたでしょうか? 幸先良いスタートをきった方もいれば、少しゆるやかなスタートになった方もいらっしゃることでしょう。私の場合、初旬は幸先良いスタートだったのですが、中旬にウィルス性胃腸炎になったことがきっかけで後半は少し低調で、今盛り返しつつあるところです。

私のケースで書いたのは、体調もさりながら、”やる気”の波です。1カ月のなかでも、波は大きく動いてますし、一日の中でも刻々と変化してます。


”やる気”を見える化してみるとよく分かります。そんなものどうやって見える化するかって? 主観を数値にしてみれば良いんです。「今のやる気は、10点満点で何点だろうか?」と。不思議なんですが、「5点、いや、6点、う~ん。5.5点」といったように、自分でしっくりくる数値があるんですね。この数値、一日の中で何回も計測してみると、変化が分かって面白いです。自分がどんな時に”やる気”が上がったり下がったりするのかも分かり、決まって上がるきっかけがあるならば、それを今後意図的に取り入れれば良いし、下がるものは避けるようにするなどできます。


また、1カ月や1年、それ以上の長期間をふり返って”やる気”の波を書いてみるのも面白いです。この良さは、波の上下に気づくだけではなく、いつかは波が上がるもんだと腹落ちすることでしょうか。


で、”やる気”を維持する方法についてです。要は、やる気の点数が高くなるようにすればいいってことなんですが。

”やる気”には二つあります。「よし、やるぞ!」と自分に声がけすると出てきたりする短期的なテンションと、より心の底から「やってると楽しい」と感じられる持続的なモチベーションです。


テンションは、ちょっとしたことで上がります。一日のやる気を測って、それが上がるようなきっかけ、例えば、スイーツを食べる、好きな音楽を聴く、お気に入りのアロマをたく、運動をする等を行えば上がります。経験ある方、多いのでは?


モチベーションの方は、自分と対話することが必要かと思います。起業なり、仕事なり、自分がやっていることをはじめたのはなぜか? いわゆる「Why」について考えてみることです。What(何をする、何をしたい、何をすべき)やHow(どうやってやる?)については普段から考える機会はあると思いますが、Whyについては自分から考えようとしないと中々チャンスはやってきません。そして、このWhy(自分のミッション的なもの)が明確になって腹落ちすると、今やっていることに対する視点が変わり、「やってると楽しい」といったモチベーションが出てきやすいのです。


やる気の見える化(短期、長期)、それから、Whyについて考えること、おススメです(^_^)


いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。