エグゼクティブ・コーチ 和気香子

普段の思考パターンではどうしても出てこないことが、ふとした瞬間に閃くことがあります。
そんな状態を意図的に作り出して、色んな気づきを得てもらうことで将来の夢・ビジョンを明確にしたり、課題解決のためのヒントを見つけるお手伝いをするのが私のコーチングです。

はじめまして。





エグゼクティブ・コーチの和気香子です。





ずっと考えているのに、アイディアが浮かばなかったけれど、ぼーっと湯船につかっている時にふと閃いたというような経験がありませんか?





人間には誰しも思考パターンがあります。


普段の思考パターンではどうしても出てこないことが、ふとした瞬間に閃くことがあります。





そんな状態を意図的に作り出して、色んな気づきを得てもらうことで将来の夢・ビジョンを明確にしたり、課題解決のためのヒントを見つけるお手伝いをするのが私のコーチングです。





どんな時に受けると効果的なのでしょうか?





・目標を定めたい


・目標達成を加速化したい


・組織の人間関係をよくしたい・リーダーシップを高めたい


・日々、納得できる意思決定をしたい


・新しいアイディアを生み出したい


・モチベーションをキープしたい


・行動変革を起こしたい


・自分を変えたい


等々、本当にさまざまです。





コーチングを受けることで、効果的・効率的に物事が進むようになった、意思決定がしやすくなった、とよく言われます。


受けなければ考えつかなかったアイディアを生み出すことが出来た、とも言われます。





私には夢があります。


「夢を持つのは当たり前。叶えるのはもっと当たり前な世の中」にして、チャレンジする人が増えることです。





そして、チャレンジする人が増えることで、新しい企業が生まれ、既存の企業は更に成長し、付加価値の高いビジネスや雇用を生み出すことに貢献したいと考えてます。





体験セッション等についてのお問い合わせは、以下のリンクからお願いいたします。。



コンタクト




*Gmailでご連絡致しますので、Gmailを受信出来るよう設定下さい。また、迷惑メールとして、振り分けられることもあるのでご注意下さい。








NEW !
テーマ:
理想の経営者タイプって何だろう? 改めて思いました。

というのは、色んな方を実際に見てきて、また、本や記事、ニュース上で知る経営者の方々の様子を見て、パーソナリティ的には様々なんじゃないかと感じるからです。そして、別に「こういうタイプの人が経営者に向いている」ってないんじゃないかと考えるからです。

グイグイ引っ張っていく強いリーダーシップやカリスマ性が経営者として成功するには必要じゃないかと考える人は多いみたいです。そして、それらを得るためにどうしたら良いか?について努力しようとする方も居ます。けれど、本来の「自分らしく」ないことって、中々長続きしないんです。どちらかと言えば親しみやすい人が「俺についてこい!」となろうと、それらしき振る舞いを身につけようとしても、うまくいかない可能性が高い気がします。

「タイプ」よりも、どう考えるか、何を行うか、が重要なんだと思います。



スタートアップ経営者に求められる資質とは?(リブライトパートナーズ代表 蛯原健のブログ)

理想の経営者で検索したら、このブログ記事がしっくりきました。なかでも、Union Square VenturesのFred Wilsonの言葉として引用されていることが的確だろうなと思いました。

CEOの3つの仕事

1.ビジョンと戦略を作り出し、それを関係者に適切に伝えること

2. 最高の人材を募集し、採用し、惹き付け続けること

3. 銀行口座に常に十分な資金を置いておくこと

別にどんな性格でもどんなタイプでも、移り気っぽくても、一直線でも、情熱家でも冷静なタイプでも、上記のことが出来て、利益をつくって従業員にお給料を払い、税金を払い、株主に還元して、社会に何らかの形で貢献していければ、良いんじゃないかと思います。

自分を「経営しゃっぽい」タイプに変えようとするより、どんな結果を生み出すかにフォーカスした方が建設的だと思います。

写真は、フリー素材を「リーダー」で検索したら、オオカミの写真が出てきたので、せっかくだから使ってみました。




「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
JBpressの連載2回目が掲載されました。

自信を持つための特効薬は「問い」を変えること

デフォルトの問いが人生の質を決める


です。

以下リンクからご覧くださいね。

JBpress連載2回目



「自分らしいキャリアを歩みたい人のためのコーチングサロン」

メルマガ登録

「人の気持ちがわかる人、わからない人 」
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
その時々に「これ書きたい!」と湧き上がってきたテーマで書くことにしてますが、今日は「忘れがちだけど、起業する際にはとても大切な心構え」にしました。

何だろう???って感じですよね。

それは・・・・・

ある程度時間がかかることは想定しておく




です。

時々いらっしゃるんです、起業や独立して翌月から半年くらいで、勤めていた時と同等もしくはそれ以上の収入が得られる前提で始めちゃう方。「ええ~っ!!! うそ~???」って思われるかもしれませんが、本当なんです。

その理由も少しは分かります。周りに爆速で成功している人がいたり、願望が所与の事実になってしまったり等。そして、勤めている時に売上を作る部門には居なくて経験がなかったり、売上を作る部門に居たとしても、新規営業をする必要があまりなくて、既存顧客からの受注をしていれば良かっただけだったら、AIDMA(認知→興味→欲求→記憶→購買)とかAISAS(認知→興味→検索→購買→共有)といった購入に結び付くまでのステップがどれだけあって、各々にどれだけ時間がかかるのか実感がないでしょうし。

例えば、100人の人が知ってくれても、興味を持ってくれる人は20人だけかもしれないし、興味を持ってくれた人の中で「欲しい」と思ってくれた人は10人に減ってしまう可能性があって、更に記憶して買ってくれる人は1人かもしれない、ということを肌感覚をもって分かってないかもしれません。これの意味するところは、100人に買ってもらいたかったら1万人に知ってもらわなくてはならないということなんです。「1万人に知ってもらおう」と思ったら、ビジネスを立ち上げて翌日には難しいかもですね~。毎日30人で約1年かかるんですから。

新規事業立上げをやっていたり、VCから出資を受けるような方は当然ご存知だとは思うのですが、それは起業する方のごく一部です。

だから、既に売上がある副業から専業に変わる場合は別にして、少なくとも1年から2年くらいはかかるかもしれないと読んでいた方が良いという意味です。それだけかかっても大丈夫な状況(貯金、他の収入源、パートナーや家族による経済的サポート、あ、もちろん出資や融資も)を確保しておいた方がいいですよね。

そして、もっともっと伝えたいことは、以下です。金銭的に大丈夫な状況を作っておいても、起業してから数カ月、半年たって、殆ど売り上げがなく急激に改善する見込みがないと、精神的にしんどくなってくるんです。以前ならあっという間に過ぎ去っていた一か月が長~く感じられます。

でも、心配しないでください。軌道修正しながらでも目指す方向は大体わかっていて、そこに向かって何をしたら良いか考え続けて、行動し続ければ、1年半くらい経つと光は見えてきます。

これの根拠? 私が独立した時に、先に起業していた先輩に言われた言葉です。その先輩は、またそれより前に起業した先輩から聞いたそうです。先々輩も先輩も私も1年半位経った頃、「あ、これでやっていけるかも」と感じられました。そして、ついこの、別の起業家の方も同じ経験をしたと仰ってました。それぞれ違った業界の違った事業の話です。サンプルが4つ。私が実例として明確に把握してないだけで、もっと沢山あると思います。

時間がかかってもコミットしてれば大丈夫です。そして、苦しくなったときには、最初にどのくらいの期間を想定していたか思い出してみてくださいね。「あ、1年半で計画してたっけ。まだ1年しか経ってないや」等と思い出してみてくださいね(^_^)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私のミッションは「夢を持つのは当たり前、叶えるのはもっと当たり前」なので、当然のように”夢”を重視してます。


その一方で、「『夢はきっと叶う!』と周りから刷り込まれ、自分でも思い込んで、諦めずにいた挙句、人生を台無しにしてしまうのはいかがなものか?」という声があるのも分かります。実際に、昔見た夢を追い続けて、「叶えなくてはならない」と歯を食いしばっている方にも会ったことがあります。歯を食いしばっているので「それって、実現したらいいのですか?」と質問すると、「いや、一旦決めたものだから、実現しないと。実現したいというより、しなくちゃならない、という感じです」と答えが返ってくるので、「今の状況や気持ちに即したものに夢を更新しませんか?」とお伝えしたりします。


夢は目的地ではなく羅針盤






なんだと思います。

「あっちの方向に行ったら良いことがありそう」と思わせてくれて、そっちに向けて一歩踏み出す、行動を起こす気持ちにさせてくれるものです。絶対に辿りつかなくてはならない場所ではなくて、方向感を示して、背中を押してくれるもの。実際に行動を起こしてみて、「この方向は違うぞ」と思ったら修正ありありですし。でも、どこかへ、しかも、絶対に行きたくない場所ではなくて、何だか好ましい場所に連れて行ってくれるものなんです。

コロンブスが、インドという”夢”を目指してアメリカ大陸を発見したこと、「インドに行かなかったから、ダメダメじゃん!」とは思わないですよね?


企業でも同じだと思います。今は、「”AI”という方向に行ったら良さそうなことがある」と考えて、研究したり新規事業開発をしているところ、多いと思います。ちょっと前ならば、ビッグデータやクラウド。そっちの方を目指して、何か収穫があった企業もあるでしょうし、方向修正をして、新たなものを目指しているところもあると思います。それの繰り返しですね、きっと。



「夢を持つのは当たり前、叶えるのはもっと当たり前」というミッションと夢は目的地ではなく羅針盤ってのは、少し文章的にはおかしいですね、と今気づきましたが、ミッションの中の”叶える”夢は、羅針盤にしたがってどっかを目指して行動して叶った”好ましい何か”のことだと思って下さい。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
JBPressで連載はじめました。

良かったら読んでくださいね。


自分の人生なのだからあなたが主役になりましょう
周りから評価されるために働いているといつか苦しくなる
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。