終わることは始まること

テーマ:

バイト先を辞めてきました。

平たく言うと、卒業です。

最後に色紙をもらいました。40人くらいはいる職場なので、色紙もWES○並です。

にしてもバイト先で色紙をもらうなんてびっくりだね。

居心地がよすぎたため、これから通勤環境が悪化の一途を辿る僕にとっては

後ろ髪を引かれる思いなわけです。


ただバイトしててやっぱり仕事をする上での目標は固まりました。漠然ながら。


それは自分でないとできない価値を生み出すこと。

そして周りにそれを認めてもらうこと。


別の誰かに取って代わられる存在ではありたくないという事です。

その時点でビジネス上は死んだと同じことです。


しかし、それと同時に趣味と教養も深めたい、とも思うようになりました。

仕事ができる人であっても、仕事場を出たときに何も残らないのは貧相です。

それを痛感したのもバイトをしていたからでした。

今の自分の趣味はなんでしょうか?音楽と料理ぐらいしか思いつかないですね。

運動も好きだけど、いつもはやらないからなぁ。


こんな風に、たくさんの事を勉強させてもらいました。。。


けれどもね、色紙をもらったら貰いっぱなしじゃないのよ。

実を言うと、色紙を書いてたのは知ってたんですね。

残念ながら、たまたまチラッと見えてしまったのです。


でもそこで思ったのです。

WES○流にメッセージカードを全員に配ろうと。

色紙を渡すことは「大多数→個人」にすることです。

でもその逆に「個人→大多数」にするイベントはまだなかったなと。

それならば、記憶に残ることをしてやろうと思い、昨日の11時から朝の6時まで

40人以上のメッセージカードをしこしこ書いていたのです。


でも相手の名前を書くたびに、いろいろ書きたいことが出て、逆に書けないんですね、アレ。

そんなこんなで、最後のバイトは睡眠時間1時間で行ったのでした。

そしてバイト先の方には本当にお世話になりました。


AD