今日は中学、高校で世話になった母校に行ってきました。

色々改装工事をしたみたいで、変わってました。

そして桜並木がすごくきれいだった。

海岸まで出て色んなことを思い出しました。


今日で学生生活が終わるわけですが、ホント恵まれてたなって思います。

あれこれ書いてきたので改めて全てはもう一度書きませんが

今まで会ってきた人全てに成長させられました。

人との出会いは偶然であり、感謝です。


さて、明日から社会人です。

それでも学生の心は忘れずに生きていたい。

それこそキャノンボールの歌詞にあるように「僕は死ぬように生きていたくはない」です。

振り返った時、全てが充実していたとまた言えるように、頑張っていきます。


今まで出会った人全てにありがとう。

みんなに会えてよかった。


そして、これからもよろしくお願いします。



全部じゃないけど、今までの思い出。



AD

カウントダウン

テーマ:

とうとう最後の1日になりました。学生生活がです。


でも雨!昨日より激しい雨!しかもさらに寒いという。。。

花散らしになってるじゃねーか!


いや、それでも僕は行きますよ。母校に。

家にずっといるのも悪くないですが、最後くらいお世話になった学校を見るのもいいじゃない。

最後を満喫してきます。

AD

卒業してからというもの

テーマ:

毎日誰かしらと飲んでいます。

卒業式の翌日には高校の部活仲間と顧問の先生と。

前後不覚になるまで飲みました。

気づいたら、小説を読み終わっており、自分の駅に到着。


昨日ははしも・しゅん・やまぴー・ほしまりと。

そのあとにはしもの1人暮らしの家で飲みなおし。

プロは違うのか。狼煙を待つのみ。

そして青砥の朝はマジで寒かった。

コンビニで飲みもしないのに、ホットお茶を買い暖を取る。

130円のしあわせ。


そして今日は就職祝いということで親と久しぶりに飲む。

高級なファミレスだったけども、十分でした。

初任給で何を買おうか。


そして新しいスーツを2着買いました。

1着は普段スーツですが、もう1着は勝負スーツにしました。

なんでも見る人が見れば、モノが違うことがわかるそうです。

自分は「見る人」ではないようなので、誰かわかってくれればいいと思います。


31日の予定がぽっかり空いてます。

誰かと桜でも見にいこうかな。

AD

ピリオドの先にあるもの。

テーマ:

ホントに卒業しちゃったね。

全然実感が湧かないんだけども。

とりあえず卒業証書はあるけども、ただの紙切れに見えてしょうがないです。


ゼミとかWES○の飲みに行ったけれども、ただの飲み会にしか感じませんでした。

また会えるよな、っていうのがどこかにあって。

でもそれは学生身分だからそう思うんだろうか。


校歌を一日に何度も歌うことになったけども、歌うたびに感動する歌詞があります。

それは3番の歌詞。


集まり散じて 人は変われど 仰ぐは同じき 理想の光


この歌詞を歌うたびに何かこみ上げてくるものがあります。

特にWES○のサンパークでこれを歌うと必ず泣いてました。

仕事でみんなバラバラになっても、同じ方向を向いてたし、これからも向いてるんだろうなと。


だからこそ、また会えるよなっていう思いがあるんでしょう。

そしてそのたびにきっと感じるんでしょう。

人と会っている時こそ、何にも代え難い貴重な時間なのだと。


そんな時間をくれた全ての人に感謝して。


ありがとうございました。

また いつか どこかで

テーマ:

今日で卒業です。

今度は大学をです。


自分の部屋には今までの学生生活でもらったものが飾ってあります。

中学校でのスピーチコンテストのメダルとか、中高6ヵ年皆勤の賞状とか。

そしてWES○やバイトでの色紙やお菓子。


そんなものを並べて見ていたら、自分はホントに恵まれてたなと思いました。

自分は確かにそこにいた。その証明の集まりです。


特に大学4年間はそれまでのものよりも、はるかに濃い時間でした。

しょせんは偶然の積み重ねでしかないですが、全てが必然であったように感じます。

そんな全ての事に感謝して。


学生生活は31日までありますが、ひとまずピリオドを打ちます。

いや、打たれるんですね。

キレイに打たれたいもんです。

終わることは始まること

テーマ:

バイト先を辞めてきました。

平たく言うと、卒業です。

最後に色紙をもらいました。40人くらいはいる職場なので、色紙もWES○並です。

にしてもバイト先で色紙をもらうなんてびっくりだね。

居心地がよすぎたため、これから通勤環境が悪化の一途を辿る僕にとっては

後ろ髪を引かれる思いなわけです。


ただバイトしててやっぱり仕事をする上での目標は固まりました。漠然ながら。


それは自分でないとできない価値を生み出すこと。

そして周りにそれを認めてもらうこと。


別の誰かに取って代わられる存在ではありたくないという事です。

その時点でビジネス上は死んだと同じことです。


しかし、それと同時に趣味と教養も深めたい、とも思うようになりました。

仕事ができる人であっても、仕事場を出たときに何も残らないのは貧相です。

それを痛感したのもバイトをしていたからでした。

今の自分の趣味はなんでしょうか?音楽と料理ぐらいしか思いつかないですね。

運動も好きだけど、いつもはやらないからなぁ。


こんな風に、たくさんの事を勉強させてもらいました。。。


けれどもね、色紙をもらったら貰いっぱなしじゃないのよ。

実を言うと、色紙を書いてたのは知ってたんですね。

残念ながら、たまたまチラッと見えてしまったのです。


でもそこで思ったのです。

WES○流にメッセージカードを全員に配ろうと。

色紙を渡すことは「大多数→個人」にすることです。

でもその逆に「個人→大多数」にするイベントはまだなかったなと。

それならば、記憶に残ることをしてやろうと思い、昨日の11時から朝の6時まで

40人以上のメッセージカードをしこしこ書いていたのです。


でも相手の名前を書くたびに、いろいろ書きたいことが出て、逆に書けないんですね、アレ。

そんなこんなで、最後のバイトは睡眠時間1時間で行ったのでした。

そしてバイト先の方には本当にお世話になりました。


40枚を2時間で

テーマ:

今日は髪を切ってきました。

学生時代ずっとお世話になった美容院ですが、今年もまたお世話になります。

社会人として。


夜に親戚と飲む予定があったので、昼からずっとドトールにて勉強。

勉強。そしてまた勉強。

3時間も同じ姿勢を続けていたので、目と背中がカッチカチになりました。

就活してた時でもこんなに粘らなかったよ。


親戚の家へ行って飲んでました。

参加者の平均年齢は50超え。

20代は自分のみです。

それでもなんとか話についていきました。

使ったワーディングは「そうなんですね」「なるほど」「それは知らなかったですね」がベスト3。

特に地元(彼らは大分出身)の話をされた時はひたすらうなずくのみ。

それでも年の離れた人と話すのはいい経験です。


さて明日は最後のバイトですか。

さみしいのぉ。

無関心が一番の壁

テーマ:

相も変わらずバイトです。

でもあと1回行ったら終わりで、今日でもう会わない人もいたわけです。

よく喋るおばちゃんからメッセージカードみたいなもの(裏紙の切れ端なんだけど)をいただきました。

そこには

「これからはつらーい社会人生活。(僕の行く会社)を支えて下さいね」と書いてありました。

ありがとうございます。


そして粉末のカフェオレが添えてあり、一言。

「ペットボトルのお供にどうぞ。私はいつも持ってます」

なるほど。水は常に持っておけと。水は命の源だからね。


そんなこんなでハーゲンダッツの新商品を食べる。

カシス&オレンジはもっとカシスが少なければ大ファンになりました。

今は普通のファンです。

考えすぎだった。

テーマ:

いや、ネガティブすぎる。前の日記。

理由は簡単だけれども、自分は the glass half of empty 側の人です。

けれども、何かを通してそれが変わればと思います。

いや、というか誰でもそういう面はあるのかもしれない。


考えがマイナスに働く時間帯は決まって夜です。

なので夜にあれこれ考えるのは止めにして、本でも読むことにしました。

夜に勉強するのもなるべく止めよう。

朝勉強した方がまだあれこれ考えなくてすむし。


はて、あと学生生活も10日となりました。

でも視点を変えて、社会人だったら10日の休みをどう過ごすか。

こう考えると前向きに考えられそうです。

長期休暇で国内はおろか、海外も行けそうです。

というわけで、一度田舎に行くことにしました。

先祖の墓参りです。


別に誰かの不幸があったわけではないですが、何故かしたくなったのです。

先祖に近況報告ということで、向こうが呼んでるのかもしれません。

たぶん日帰りでしょうが、行く価値はあると思います。

精神的な発見でもできたらなと。


そして今日は久しぶりに56代と飲みました。

ホントにくだらない話をして終わり。

ヤブの生活水準は見かけだけ上昇したようです。



泣ける。

あと卒業まで半月ないのかと思うと、本当に泣ける。

というか泣きそう。


3月31日は何をしようか考え中。

何をされてもきっと満たされない気がするけども、何もせず家にいるのはなんだか。

ぐずぐずしているとホントに終わってしまう。


何でもそうだけど、期限っていうものがあると一日の重さがホントに身に滲みる。

それが近づけば近づいてくるほどに。

4年前の自分にこんな感覚は全くなかった。


色んな事や物、人に感謝する毎日。

それができるようになっただけでも、成長したと言えるのだろうか。