京都検定ファンBLOG

京検ブログは、京都検定合格者と京都ファンによる、
魅力あふれる京都をテーマとした情報交換の場。
皆様からの投稿情報をお待ちしております。
 / 四季折々の京都の情報
 / 私だけが知っている、ちょっとした京都情報
 / 京都観光の体験記
 / 京都研究の発表など

ライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルーライン ブルー
星京都検定事業協力者募集中ビックリマーク星

京都検定合格者の皆様にお願いしております。
詳しくは、3月6日 の記事をご覧くださいお・ね・が・い
ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン
京都検定ファンブログ投稿のお願い ~緊急募集~!!

京都の四季折々の情報、京の小ネタ、
京の旅体験記、ご自身の活動紹介など
写真と文章、お名前(ペンネーム可)をご投稿ください。
詳しくは こちら (PDFファイルが開きます)
ラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインラインライン

テーマ:

京都検定1級奈良検定奈良通1級の悩めるゴルファー&カメラ男子アラ還一休ですゴルフ


4月13日に平安神宮から南禅寺界隈へ行ってきました。ようやく八重紅枝垂桜が見ごろになっていました。例年より少し遅いようでした。ソメイヨシノが終わるころに見ごろになってくるようです桜*


平安神宮神苑南庭

 

ほぼ満開のようでした。紅八重枝垂桜は、ほんのりとした紅色が濃く、見栄えがする桜です。京都では半木(なからぎ)の道の桜も同じもので、しだいに人気が出てきています矢印


日が射すと一層眩いくらいの光景になり、心が自然とウキウキしてきます。


 

神苑の東庭は七代目小川治兵衛(通称植治)の作庭とされていますが、池と枝垂れ桜の組み合わせはいつも心が和む風景です。泰平閣(橋殿)を背景とした絶景*さくら*は、自撮りIS03などの人であふれていましたショック!


 

池の周りでは沢山の人が写真を撮っていましたカメラ SP


 

尚美館貴賓館)横の桜にはひときわ多くの人が撮影していましたキョロ


 

 

池に写り込む風景も心が和みます顔(和む)


 

泰平閣を背景としたこの場所は、撮影ポイントであり、いつもここから撮影しますナイス



神苑出口で見た、蒼龍楼横で回廊の屋根にかかる桜も見ごたえがありました。


次に南禅寺の別荘群へ行きました。ここはお気に入りの場所ですが、年々人出が増えているような気がして、ちょっぴり残念な気がしました。涙


タクシーの運転手が案内するのか、外国人がタクシーで来て、着物姿で写真を撮り、慌ただしく去っていく光景を何度も見ました。car*

散策が似合う場所の雰囲気が台無しになる一瞬でしたなく


 

南禅寺の三門前の桜も見ごろになっていました。ここは人の流れが絶えることが無い場所でした。多くの人が居ることが普通の風景になっています。


 

南禅寺を出て、インクラインの終点で疏水に流れ込む場所でも、満開の桜を撮影する人であふれていました。天気も良く、まさに花見にふさわしい日でした太陽


 

平安神宮へ向かう時に、地下鉄の東山駅で、長い間地図を見ている外国人(欧米人)が居ました人

 

聞いてみると国立近代美術館を捜しているとのことでしたので、白川沿いに歩いて同行案内してあげました。大変喜ばれましたが、確かに地下鉄から地上に出てくると方向がわかりにくく、時々反対方向へ向かったりすることがあります近鉄電車

 

標示などに検討の余地があると思いましたポイント。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

京都五山の送り火山科在住Nanibah(なにば)ですきらきら

 

3月20日に山科の琵琶姫(仮名)さんの手作りツアーラブラブ「しあわせ巡りツアー」ラブラブに参加し、四ノ宮を散策しました。

 

琵琶姫さんは自作の美しい紙芝居琵琶演奏で琵琶法師の祖とされる人康(さねやす)親王の逸話を伝えるとともに、オリジナルの四ノ宮琵琶を広めようという素敵な活動をなさっていますラブ

 

私たち(7名)はまず安朱自治会館で紙芝居琵琶演奏を楽しみました。琵琶姫が演奏しながら歌ってくださったのは、かの「祇園精舎」と姫のオリジナル曲「山科千載記」(山科の歴史と自然を優雅かつ荘厳に歌ったもの)。また、「荒城の月」を琵琶の伴奏で歌うという貴重な体験もできました音譜

 

ツアーのメイン・テーマは人康親王。人康親王は仁明(にんみょう)天皇の四番目の皇子だったので「四ノ宮(しのみや)」と呼ばれました。それが地名の由来のようですポイント。

人康親王は目が見えなくなるという不運に見舞われましたが、山科に隠棲なさった後、天台盲僧との交流を持ち、琵琶法師発祥のきっかけになったとのこと。中世に琵琶法師が活躍できたのも人康親王のおかげだったんですね!!

 

諸羽山のふもとにある諸羽神社(もろはじんじゃ)の境内に親王の山荘跡碑があります目

 

 

 

 

諸羽神社には人康親王が座して琵琶を弾いたという伝説の琵琶石がありますニコニコご神体の諸羽山も見え、静かな森もなかなか風情があります。散歩の途中に寄ってみるのもよさそうですチューリップ黄チューリップ赤チューリップピンク

 

諸羽神社の参道はけっこう長く汗住宅街を通っています。参道の入り口(旧東海道)の鳥居の下には「さわり石」があり、それを手で撫でると何らかの御利益があるとのことです富士山

 

 

 

 

この鳥居鳥居の近くにあるのが徳林庵。地蔵堂には山科地蔵が安置され、8月22日23日六地蔵巡りのときに大層賑わう所です。山科地蔵は、夜な夜な冥界で閻魔大王に仕えていたという小野篁(おののたかむら)が彫った像を平清盛が西行法師に命じ置いたものだと言われていますひらめき電球この地蔵は旧東海道の守護地蔵となり、街道を行く旅人を見守りましたほっこりここには荷馬のための井戸も残っていますこちら

 

 

 

 

また、徳林庵には人康親王と蝉丸の供養塔があります。このお二人は別の人物なのですが、かつては二人を混同する見方もあったようです。

 

 

 

 

徳林庵のすぐ北側に聖護院門跡の末寺、十禅寺(じゅうぜんじ)があります。出家された人康親王を開山として建てられたお寺だそうですポイント。このお寺には人康親王座像明正(めいしょう)天皇の御物だった天児(あまがつ、人形の原型)が安置されているそうですが、公開されていないので普段は見られません汗11月3日にはこのお寺で天下泰平家内安全所願成就を祈るメラメラ護摩法要メラメラが行われるとのことです。

 

 

 

 

十禅寺の北東、JR東海道線の高架横に人康親王のお墓があります。宮内庁墓なので、宮内庁からの注意が看板に書かれています看板

 

 

 

 

お墓はこぢんまりとして、手入れが行き届いていますが、供養塔が少し傾いていました涙ひっきりなしに通る電車の音が聞こえ、静かとは言えない環境なのが残念です。

 

 

 

 

最後に訪れた場所は人康親王をお祀りする琵琶琴元祖四宮大明神です。住宅街の中に隠れていて、細い路地の突き当たりにありました。案内がないと見つけるのが難しそうな場所ですハッ

 

祠を載せた台に「琵琶琴元祖四宮大明神」と書かれています書道これは人康親王が琵琶や琴の祖として敬われているからなのですキラキラ

目の見えない人康親王は琵琶を弾くことで、自らの苦しみを克服し、さらに同じような境遇の他者を勇気づけ、今も多くの人々を励まし続けています腕。

 

 

 

 

この日はいろいろなところで、松村輿三郎(まつむらよさぶろう)の名を見ました。松村氏は明治時代の実業家でキャンディー「やましな飴」キャンディーという飴屋さんも経営されていたとのこと。この飴屋さん、老舗として残っていたらよかったのに・・・ショボーン松村氏は山科の神社やお寺に多くの寄進をされ、この四宮大明神の再興にも力を尽くされたようですビックリマーク

 

悲しいことに、昭和時代に四宮大明神は荒廃してしまいましたあせるしかしながら、ごく最近、琵琶姫をはじめとする地元の方々の努力で見事に四宮大明神がよみがえりました流れ星歴史や伝説を守っていくのだという皆さんの強い意志を感じました。

地元の歴史を掘り起こし、それを守り伝えていくという活動をなさっている琵琶姫や地元の方々を心から尊敬します照れこれからも応援していきたいという気持ちになりました四葉

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

京都検定1級、奈良まほろばソムリエ検定奈良通1級の
悩めるゴルファー&カメラ男子 京田辺のアラ還一休です
ゴルフ

 

3月3日の雛祭り関連の行事で、無料公開ということもあり、初めて三十三間堂春桃会に行ってきましたはなそして以前から気になっていた、周辺の後白河天皇陵加茂七石豊国神社方広寺大仏跡地なども散策してきました。
三十三間堂の春桃会では、和服姿の女性から、入口にあるこの看板をバックにした写真を依頼され、快く撮ってあげました
カメラ

中に入るとお坊さんのゆるキャラのお迎えがあり、先ほどの女性からここでも撮影を依頼されました。辺りを観察すると、どうやら慶祝行事の献華法要に参加される方のようでした照れ

カーネーション華道池坊カーネーションによる献華法要が始まる頃には、見物客も増えてあたりの華やかさが一層増しましたキラキラ女性の着物姿は京都の寺社の環境や雰囲気に特に合っていて、その場を盛り上げると改めて思いました照れ
 
平清盛に三十三間堂を作らせたといわれる後白河天皇法住寺陵は道路を隔てた東側にあり、平日しか中に入れないようでした
涙気が付けば、三十三間堂堂内のご本尊や千体観音像はこの御陵の方向を向いていましたひらめき電球きっと後白河法皇をお守りしているのだと思いますごちそうさま
 

七条大和大路西北角には、見落としがちですが京の銘石といわれる加茂七石がありました目
他には二条城の清流園でも七石揃って見られるようですポイント。

しかし、残念ながら表示板の字が消えかかっていました涙写真は紅加茂石ですが、他の石も同様でした。そのためか観察する人は殆どいませんでしたしょぼんもっとも石は奥が深いようで、一般人には理解が難しいようですがもやもや

国立博物館の北に赤ひょうたん豊国神社赤ひょうたんがあり、久しぶりに訪れてみました。国宝の唐門は伏見城の遺構といわれ、見栄えのする立派な門でした!!

門前の千成ひょうたん絵馬は豊臣秀吉公の御馬印であり、開運招福や諸願成就のご利益があるようです。たいへん珍しい形の絵馬だと思いましたヒョウタン

豊国神社の北隣にあり、家康が難くせをつけたとされるアセアセ有名な方広寺の釣鐘は丁度工事中で、囲いがされて中は見えませんでしたやじるし
たいへん残念でしたが神社と鐘楼の間の道(狭い路地)を東へ抜けると、運よく方広寺の大仏殿跡緑地へたどり着きました。付近には案内も無く不安感がありましたが、すんなりと行けたことはラッキーでしたチョキキラキラ
 

せっかく辿りつけた大仏殿跡ですが、地上に残る痕跡が無くなっているのが大変残念でしたキジトラ げんなり復元模型も無く、跡地にある復元図で当時を偲ぶしかないようでした。
今回は、以前から行きたいと思っていた場所を一度に散策することができ、満足して帰路につきました
はなまる

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひまな時はあちらこちらを散策して楽しんでいる山科在住なにば(Nanibah)です時計

 

勧修寺は山科にある古いお寺です卍

勧修寺の絵はがきには900年に醍醐天皇が創建されたと記されています大臣

 

梅もちらほら咲いていましたが、肌寒く、春まだ浅い平日でもあり、ほとんど訪れる人はいませんでした梅1

今は特別公開の期間ではないので、見られるのは庭園だけです。

 


水戸光圀が贈ったことで有名な「勧修寺型燈籠」はハイビャクシン(這柏槇)の中に隠れているように見えますが、近くに行くと、とてもかわいらしい姿を見せてくれます灯籠

笠が長くて、火袋のデザインがモダンで、おしゃれな感じです。

愛すべき燈籠をハイビャクシンが守っているのでしょうねハート

 

庭園は今の時期は「わび・さび」の風情があります。

睡蓮の季節は華やかなのでしょうが、今は池の植物は枯れ、氷室の池の水も枯れた色を映して土色に見えます。しかし、木々は柔らかい色合いで、借景の山の緑は一段と濃く、すべてが池を包み込むように、見事な調和を見せてくれます音符

 


平安時代には、この氷室の池の氷を宮廷に献上し、その氷の厚さでその年の豊凶を占ったそうですが、「氷室」は氷を保存する部屋のことなので、この池は宮廷のための氷池(ひいけ)だったんですね。寒い時期にここから宮廷まで氷を運んだ人たちのことを考えると、心が引き締まる思いです雪の結晶

 

 

この池泉庭園をめぐる小道の入り口に「行けるが、大いに危険」という看板がありましたえっ

それを「気をつけて歩けばだいじょうぶ」と解釈し、迷わず進むと、なかなか情緒のある散策路でしたニコニコ

 


余談ですが、「勧修寺」は、お寺は「かじゅうじ」、地名は「かんしゅうじ」と読まれています。
勧修寺は真言宗山階派の大本山です。この「山階」も宗派を表す時は「やましな」と読まれますが、学校名「山階小学校」や「山階南小学校」では「さんかい」と読まれています。こういうことって、京都ではよくありますねウインク

 

勧修寺から少し北に歩くと、勧修(かんしゅう)小学校があり、小学校の北側の小さい公園に坂上田村麻呂のお墓があります。小さな陵ですが、きちんと管理されています。歌舞伎「阿弖流為(アテルイ)」で描かれた田村麻呂と蝦夷のアテルイとの友情と闘いを思い出しましたSkype

 

 

 

睡蓮の季節になったら、今度は華やかな勧修寺の庭園を見に行きたいと思いますルンルン

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

なかなか京都へ遊びにいく事が出来ない、関東在住のかえるの京さんぽですカエル

今回、2月4日(土)に「京あるき in 東京 2017」のオープニングイベントが行われた東京 KITTEに行ってきました郵便局
この「京あるきin東京」は、ここ数年、毎年東京にて開催されており、期間は約1カ月と長く、東京の色々なところで京都を感じる事の出来るイベントが行われています京都

そして、ここ数年、この「京あるき」のオープニングイベントに、京都商工会議所さんもブースを出されており、ここで「京都検定ミニクイズ」が実施されています鉛筆

 

 
今年も「京都検定ミニクイズ」が行われていましたので、こちらを参加するために行ってきました。以前からこのイベントにて、京都検定ミニクイズが行われている事は知っていたのですが、今回が初めての参加ですビックリマーク

このブースには、京都検定事業協力者の方が運営ボランティアとして参加されています。当初、今年は自分もボランティア参加する事を考えていましたが、やめて来場者としてミニクイズに初参加してきました音符

実際にブースへ行ってみると、とても多くの方がクイズに参加されていました拍手
ボランティアの方は、ミニクイズの配布、採点などをされていました100点


 
今回、初参加した結果は、あと1問というところで不合格でしたもやもや
一応、2級までもっているのですが、ものすごく恥ずかしい限りですショックガーン
一からやり直しですねあせる

今回、とても多くの方がミニクイズに参加されていましたので、関東の方にも少しでも京都検定に興味を持って頂き、京都検定にチャレンジして頂けたら。と思いましたほっこり

関東に住んでいると、なかなか京都検定事業協力者として協力する事が難しいと思っているのですが、今回のようなイベントでのボランティア募集は年に何回かありますので、自分も出来る範囲で、参加をさせて頂き、協力していく事が出来たら。と思っています!!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。