京都先斗町占いスポット&嵐山の占い師   泰りかの四柱推命 

京都嵐山と、京都先斗町占いスポット、火・ 木曜日担当の
泰 りかです。四柱推命を四季の風景の変化に例えて、
人生をより良く彩るためのご指南させていただきます。

NEW !
テーマ:
小池百合子さん都知事選に出馬表明、自民党の推薦なしで選挙を戦っていますが、2016年の運勢は?これからの運勢は?







小池百合子議員の誕生日は1952年7月15日です。

日 月 年
  
戌 未 辰

・土・
0 1 3 0 2

03 13 23 33 43 53 63 73
丁  丙  乙  甲  癸  壬  辛  庚
未  午  巳  辰  卯  寅  丑  子
 

小池百合子さん1952年7月15日生まれの性格



壬戌(みずのえいぬ)の日、十二運は冠帯は、成人式の若者がイメージ、いつまでも若く元気が売り。

壬は流れる川や海をあらわし、冷たく、合理的で現実的、情に流されることなく、臨機応変に対応し、変化に強いです。



月上にある丁火の財星と干合して人とお金に生きる、人気運を持ち、華やかに賑やかに目立つことが大好きです。


ただし、川や湖の周囲は、戌・未・辰の土星3個に囲まれて窮屈というか、自己抑制が強く働きます。

53歳くらいまでの運気は自己主張を抑えて、周囲に合わせて行動しないとうまくいかない、忍耐努力の時期。


コンクリートで水の調整をされるダムや、山の上から見下ろす摩周湖のように、土に囲まれた環境の水ですから、その才能を見出して力を貸してくれる人に引き立てを得て成功します。


力のある人に奉仕する、付いていく形ですから、付いて行く人を選ぶことが必要です。

周囲の空気を冷静に判断して、いかに安定・安全な環境に身を置く保守型が理想です。


年上に壬水がありますが、月干・丁と干合して、壬・丁・壬の2対1の妬合という関係から、兄弟や友人・同僚がライバルとなってお金や人脈を争う傾向が出ています。

選挙という戦いを勝ち抜いてなることができる、政治家向きの誕生日・・・・・かな。




小池百合子さん1952年7月15日生まれの大運勢/h3>

誕生日の命式は、地支に亥・子の水の根が無いので、大きな流れの川とはいかず、地下水や小さな川がイメージです。

小泉純一郎さんの小泉劇場をもじって、小池劇場と言われていますが、少し疑問。


自分で運を切り開くにはエネルギー不足の誕生日ですから、運の強い人に従うなり、運の強い人の協力なサポートがあってこそ、苦労が少なくてすむ、というのが基本です。



小池百合子さんは、1992年の第16回参議院議員通常選挙で日本新党から出馬して初当選。

その後新進党、自由党、保守党、自由民主党と渡り歩き、「政界渡り鳥」とも揶揄されている権力の強い人を選んで、この誕生日の理想通りの生き方をしてきたように思います。



大運は、23歳まで夏、で親の環境や考え方に従う運。

24歳から53歳まで春、54歳から冬となって、徐々に自分らしい生き方を手にいれていきます。


土に任じる形の誕生日ですから、土が暖かく活発な時期、53歳までに手にいれたものを、辛丑54歳以降はいかに、大事に守っていくか?が課題になると思います。

が、64歳からの大運は、庚子(かのえね)となり、子辰の三合半会となって、壬水は戌・未の土の壁を押し流して、自分の目標とする場所へと急激に流れ出す運気となりました。

特に、2016年の丙申は、申・子・辰と三合水局して、水の勢いがとまりません。
それが、自民党の推薦無しでも、決行という今回の選挙となりました。


小池百合子さん これからの運勢




小池百合子議員、国会議員を辞めて、64歳で東京都知事に立候補

それは、64歳から、庚子の身旺運に変わって、壬の川は大きな流れとなって、自分の目的地に向かって真っ直ぐに流れたいという気持ちが強く、
「もう我慢するのはやめました」
運になりました。


申子辰の三合水極というのは、鉄砲水のように水量が増して水の勢いが非常に強くなること。

いままで大人しい流れだった川が、一気に強い流れに変わりますから、抑えがきかず、場合によっては川が氾濫してしまうかもしれません。


自分の持っている力を誰にも束縛されることなく発揮したい、ということで都知事になって自分の思うように物事を運びたいという気持ちが強く働きますから、都知事は魅力的ですよね。



ただし、小池百合子さんの、大運の季節は庚子(かのえね)の冬・12月の寒い季節。
命式の中に丙の太陽がないのが、心配です。
時間にあるのでしょうか?

庚金と子水の組み合わせは、冷凍庫を想像させる運気ですから、土は凍りますし、場合によっては、壬水も凍って川の流れが止まってしまうかも・・・。

小池百合子さんの誕生日には、火星は丁火のみですから、甲木の薪もないし、あっても子辰の水で湿って使えないとなり、燃え続けることができるでしょうか?


消さないようにするには、戌、未・辰の土を洞窟や建物とみて、その中で守られて燃え続ける。


丁火は正財でお金、生まれた時間によりますが、お金と人脈にご注意です。




申子辰三合水局は、戌・未・辰の土を押し流す事象、自分から押し流してしまいます。


邪魔をしているものを押し流してスッキリ!したつもりが、計算違いにならないといいのですが・・・・。
土星は、自己抑制。


2016年からは、自分を抑えて周囲の空気を読んで行動するという性格を辞めて、わたしの目的地に向かって一気に流れるわ!と自分を貫き通す、身旺の自己開運の運気になりました。


自民党の誰か、大物が後ろについていてくれるんでしょうか?
石破さんという噂もありますが・・・・。


多少の苦労は、苦労と思わない積極的でエネルギッシュな運気ですし、2016年は丙申で太陽が照っていますから、暖かいお天気で、選挙は勝つかもしれません。



でも、大運の川の水はとっても冷たい、川の周囲の風景は寒いので人が散歩はもちろん、川遊びになど、よっぽどのもの好きでないと、寄って来る環境ではありません。


2017年・丁酉
2018年・戊戌
2019年・己亥
2020年・庚子
2021年・辛丑

これからは、秋から冬の年運、2019年・2020年は舵取りを間違えると、土星を全部押し流してしまう可能性が、想像される波乱万丈運。


都政をスムーズにうごかすことができるでしょうか?


小池百合子さんの誕生日は、経験や人脈など積み上げたものをいかに守っていくかが課題。
お神輿として担ぎ上げてくれる人がいるのか?新しいものを自分で作り上げることは、なかなか難しいものがあると思うのです。




2016年の丙申は、申子辰三合水局の年まわり。
丙の太陽がありますが、三合水局していますから、厚い雲に覆われてどこまで輝けるか心配です。
6月までは、午火に通根して暖かいのですが、7月は乙未、未土の中に火はありますが午火ほど強くありません。




申子辰三合水局、これがくると自分の意思を曲げられないんですよね。
いままで、人に合わせて我慢してきた分、自分の思うように生きたいという気持ちが強く働いて、行動してしまうのです。


自分が所属してきた自民党と少しケンカ腰気味の行動、「小泉劇場」をもじって「小池劇場」などと言われていますが、小泉純一郎さんの性格や運気は別格でしたから、心配です。
自民党を抜けるってことはないよね。



いまのところ、しがらみがなくなったのがかえって、クリーンなイメージの政治ができるのでは?と選挙戦はリードしているようです。

小池百合子議員の今までの実績と実力が、東京都民にどう評価されるのか、見守りたいと思います。










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。