Orion@Gallery

キャンドル作家kaorinのブログ


テーマ:
ブライダルにキャンドルは欠かせない時代ですねっ。

二人をさらに深く繋げるように灯るあかりは、まわりの人達にも幸せをプラスしてくれる♪


最近式を行った友人がオーダーしてくれた、プチギフトのキャンドル。
男女問わず、ふとした時に灯せるように出来るだけシンプルに。
photo:01




二次会は食卓テーブルに少しの演出。
パーティー感が増しました♪
photo:03


photo:04




まだまだブライダルはできることがたくさん。
より美しさを演出できるように、
もっともっとお勉強~


ちなみに、まだお嫁さんが20代前半のカップルには、カップ型にハートを乗せて。
photo:02



プチギフトのバリエーションもたくさん増やしたいなぁ~




iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
イベント模様を無理矢理、
まとめます。

しかも、ざっくり。。。
マメじゃないね~


ジン大学主催のgreen ground market
サンモール屋上のブルーベリー園で。

普段は川沿いのポップラ通りでマルシェやってますが、今回は初出張!?なんだとか^^
photo:01


photo:02


photo:03


出店はみんなオシャレで可愛くてご飯も美味しくてハイクオリティ。

photo:04


多肉入れるよね(笑)


それから、夏至のキャンドルナイトは田舎方面へ。
今アツい湯来にて。

古民家satoyama
photo:05


photo:06


雨だったけど、それがより幻想的に映り灯りと共鳴しているようでした。
しみるtamiさんの歌声でうっとり。
大人time


うって変わって幼稚園で子供達と一緒にキャンドル作り体験。
ちびっ子にわらわら囲まれ、写真は取れずじまい。。。
子供達の
パワーって、凄い!


梅雨もやっと明け、ほおずき祭り。
同級生にたくさん会えて、お客さんに声かけて頂き、嬉しい限り。
photo:07


photo:08


photo:09


photo:10


ほおずきマン、中年。
長身。
違和感(笑)

たのし~く、出店することができましたっ。


ザックリ失礼しました~。


夏はまだまだこれから。
こんな暑い時にキャンドル屋してますが。
暑いからこそ生きる、灯。
灯して参りましょう♪








iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4/20に行われたアースデイひろしま。
今年で第二回目。
去年に出店させて頂いて、今年も参加しました~
photo:10



たくさんの人人人
美味しいもの、素敵な雑貨、気持ちよい音楽。
そこには嬉しい笑顔がたくさん!
photo:01


photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


photo:06


photo:07




私は恒例の地球キャンドルを。
photo:08




最後、参加者達でパシャリ
photo:09




お客さんも出展者も本当に楽しそうで、帰りたくなーい!って言ってました。

だから来年も、もっと楽しみに♪


みんなも地球も喜ぶ、そんなイベントなのでした


関わってくれたみんなに感謝!





iPhoneからの投稿
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
16日に、パルティフジ坂というところで出店してきました!

お馴染み作家と学校テントでブースを設け
photo:01



ワークショップもやったり
photo:02


photo:03



地震体験したり(震度7)
photo:04



最後はみんなで集合写真!
photo:05




ザックリですいません。

作家グループとの共同出店は、今年10月のKuras House+展示会までコンスタントに行われます。

プレ出店♪

プレ多すぎ 笑

本番の10月にしか出ない作品や商品もあるので、お楽しみにっ。

ぜひプレで予行演習を(*´艸`)

次は4/12にcafeまーくるで
沖縄×広島というアツいイベント。
Kuras House+としてミニshop登場します♪







iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
3年です。

もう3年、いや、まだ3年。



会社で仕事をしながら何気なく聞いていたラジオから、「地震」という言葉。

血の気が引いた。




わたしの両親は東北出身です。
うちの両祖父母、叔父家族は仙台に住んでいます。

父は震災のあった日、仙台に帰省していました。
母も遅れて帰省する予定でした。

その時外出をしていた父だけ、連絡が取れませんでしたが、暗くなる頃やっと携帯が繋がりました。

酷い揺れと、混乱の中、吹雪にまみれながら街から若林区の家に歩いて帰ったと言います。

祖父母も机の下に隠れ、怪我はありませんでした。
家からは、海側にあるタンクが赤く燃えるのが見えたそうです。

母方の祖父母と叔父家族は、多賀城の近くでしたが、津波は本当にギリギリで大惨事を免れました。

でも電気ガス水道、食料
あらゆるものが無く、3月なんてまだまだ極寒の東北は絶望感でいっぱいだったことでしょう。
たまたま飛行機の空きを見つけ、一ヶ月以上経ってやっと帰ってきた父の姿がそれを物語っていました。

母方の祖母は机に隠れた時、悪かった足を打って病院に行ったけれど、他の被災者でパンパンだったと聞きました。

祖母の家は揺れであちこちにヒビ、危なくて住めなくなり、取り壊しました。
photo:01


二階はぐちゃぐちゃでした。
photo:02


思い出の家はもうありません。


震災が無ければ、祖母はまだ元気で生きていただろうって、そんな風に思います。



私達家族にとって生活の中にあたりまえのようにあった"東北"
家族はみんな無事でしたが、それでもあの震災はあまりにもショッキングな出来事でした。

それを考えると、家族や大切な人、町も家も全てを無くした東北の方々なんて、どれだけ辛いことか。
想像すらできないまま、ただただ本当に胸が締め付けられる思いになります。



まだ、3年。

どんな小さなことでも、何か一つ。

花を咲かせる努力を。


本当の復興を願います。
photo:03




子供達の未来の為にも。
photo:04





iPhoneからの投稿
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。