不動産投資コンサルタントの山隈健一郎の思っていること

CCIM(米国商業不動産投資顧問資格)CPM(米国不動産経営管理士)のブログ
普段は、不動産コンサルやセミナー講師をしています。
大家検定(賃貸経営実務検定)の講師もしてます。


テーマ:

昨日は、大家検定の第三支部長で


一緒に活動している山口さんが、


新しいシェアハウスをつくったという事で


シェアハウス

シェアハウス

シェアハウス



物件を見学しに行ってきました。





RCのマンションの3階部分だけを


1フロアーシェアハウスに


変えたということでした。



山口さんはあまりお金を掛けず


どちらかというとなんでも自分で


作ったりするタイプなので


こんな大がかりなリノベーションを


するのは予想外でした。



でもやっぱり山口さんだなと思ったのは、


設置している家具や棚などを自作で


作っていたことです。



たとえば、これは、足場板というのを



シェアハウス


購入しオイルステンを塗って


足はヤフオクで


足踏みミシン 網目鉄脚を


仕入て作ったそうです。


これも自作


シェアハウス


今回は、昨年起きた異常に


狭て火災が起きた時かなり


危険な脱法ハウスに対しての


取り締まりがありました。




それが、まともに運営している


シェアハウスにも影響がありました。



シェアハウスについて建築基準法上の


「寄宿舎」の基準を適用するという話がありました。



そうすると、建築基準法の


「防火上主要な間仕切り壁を準耐火構造とし、天井裏に達するようにしなければならない」などが該当してしまう事になります。



ですから今回は、壁をスラブまで到達させるなど


秋からの基準にすべてクリアーできるように


気を使って施工したそうです。




部屋の広さは8㎡から9㎡


賃料は6万7千円で募集予定 共益費3500円予定


各部屋ルーフバルコニー


各部屋床は、フロアタイル



共用部床材は、アドヴァンのフローリング。



山口さんの自作で
棚はワンバイ材(1×6)を購入し角を削ってオイルステンを塗ったもの





バスルームは、浴槽はおかずシャワーブースで

TOTOの0816にダイノックを貼ったもの


シャワーブース

シェアハウスを運営していく時の問題は、約40%が騒音で約15%が冷蔵庫の問題だそうです。


ですから、防音に気を使ったそうです。



2重張りにして石膏ボードを防音シートそしてグラスウールという形にしたそうです。



冷蔵庫の問題ってなんだろう?って感じですが、


各自が使う場所を決めておかないと喧嘩になるそうです。



ですから、ここではラインで区切るそうです。



他のシェアハウスで光熱費を固定費でとっていた時に


あまり気にしないで使われてかなりの光熱費が


掛ってしまって失敗したので、ここは、実費方式にしたそうです。


シェアハウス電気メーター


これは、ガスファンヒーターだそうです。


暖炉風ガスファンヒーター



ガス式 乾燥機なら1時間で乾くそうです。




各部屋に温水器つき洗面台






スポットLED


スポットLED



ウッドサイン


ウッドサイン


トイレ



トイレ

バスルーム前の髪も乾かせる暖房




細かい工夫が色々されていました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

不動産投資コンサルタント山隈健一郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。