福島の原発問題は未だに予断を許さない状況です。

再稼働するかもしれないと言われていた火力発電所も使用不可との事で、今年の夏も停電は逃れられないと言われています。
今回の震災は3月でしたので、まだ電力使用量もほどほどな時期です。
ところが、夏になると今の2倍は電力を使う事にはなると思われるので東京23区内の多くの区も輪番停電からは逃れられないだろうとの事です。
噂では千代田区・港区・中央区以外は全部とか・・・
品川区に住む我が家の幸は現在も輪番停電になっていない事。
そして、不幸はまだ輪番停電になっていないので実際どうなるか分からない事。


との事で、この夏を少しでも快適に過ごす方法を今から考えておいた方が良いのでは無いかと。
幸い?我が家は流行りのオール電化でも無いですし、ウォッシュレットもありませんし、エアコンも古くて使えるような使えないような状態なので落差としては最新の家よりは少ないかもしれません。

思いつくままに書き足していきたいと思っていますので、何か他に良い方法があったら教えて下さい。

まず、積極的に電気を節約(と言うか電気を使わない)する方法と電気を作って涼しくなる方法から検証。
1、ガス冷房
これは良いね!って思いました。
が、東京ガスのHPをを見ると・・・
<冷房機器>
ガスのみで稼動する家庭用の冷房機器は現在ございません。
はい、終了・・・発電装置を併設しないとダメですね。

2、ガス発電・燃料電池発電・太陽光発電・家庭用発電機
ガス発電
東京ガスでは「エコウィル」と言う名称です。
ガスでエンジンを回して発電します。
発電量は1kwとの事ですから、6~9帖部屋のエアコン2台分くらいでしょうか。
別途お湯を作ってくれるので風呂や冬の床暖房などに使えます。
上記のガス冷房と組み合わせると良いかもしれませんが、停電時に使えるのかどうかは不明(多分ダメ)

燃料電池発電
東京ガスでは「エネファーム」と言う名称です。
ガスに入っている水素を取り出して、酸素と反応させて発電します。
これは良い!って思いましたが・・・・
Q、停電時の非常用電源として使用できないのですか。
A、停電時は「家庭用燃料電池 エネファーム」も停止します。
お・・・おい・・・電気無いと発電出来ないんかい!w
と言う事でボツ!
こちらも別途お湯を作ってくれるので風呂や冬の床暖房などには使えます。

太陽光発電
さすがにこれはいけると思いましたが、基本的にバッテリー(蓄電)機能が無いのであくまで非常用として発電しながらパワコン(電力制御装置)にある非常用コンセントを使用すると言う方法になります。
自転車についている発電機付きライトと同じような感じです。
太陽光発電であっても停電時は家庭内に配線されているコンセントからは電気を取り出せないので、実質冷蔵庫とかしか使えませんね。
せいぜい、扇風機を足すくらいでしょうか・・・
電力も安定していないので、非常用としてはPCにもあまり使わない方が良いと思われます。
と言う事でボツ!

家庭用小型発電機
よく工事現場などで使われているエンジンで発電する装置です。
家庭用としては、ガソリン・ディーゼル・カセットボンベ・LPガスなどがあります。
安いモノは5万円程度からでしょうが、最近は震災のせいか値上がっています。
家庭用では想像される通り、エアコンなんかには使えません。
燃料こそ違えどエンジンを使うので、本体は屋外に置かないとダメです。
音もそれなりに出ます。
携帯電話の充電とか扇風機には使えますが、涼しさを得たいと言う理由ではまあ無いよりはマシと言う事で。


以上から、自家発電してエアコン等を作動させて涼しくなると言う方法はほぼボツとなりました。
基本的に電気を溜める事は簡単では無いので、発電しながら使用すると言うのがネックになります。
ただ、皆が発電して電力をまかなえるようになれば3~4割ほど余裕も出てくるようになりますのでこれらの導入に意味が無いと言う訳ではありません。
緊急事態ですから、政府は思い切って今年いっぱい家庭用発電装置に対して総額の4分の3くらい補助金を出して50万円くらいにすれば、導入する家庭も一気に増えるかと思います。