長妻昭厚生労働相は18日の閣議後記者会見で、来年度以降の子ども手当の支給方法について「上乗せ分1万3000円をすべて現金か、一部(保育サービスなどの)現物支給にするのか、政務三役と相談する」と述べ、昨年の衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた月額2万6000円の現金支給を、修正も含めて検討する考えを明らかにした。
 子ども手当をめぐっては、16日の民主党と閣僚との間で開かれた参院選マニフェストの会合で、民主党側が減額修正や、一部を現物支給とする案などを提示していた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、3回目聴取で事件関与を改めて否定~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~

非弁活動で元裁判所職員を取り調べ 大阪地検特捜部(産経新聞)
首相と外相、来日のクリントン長官と協調確認へ 哨戒艦沈没(産経新聞)
<小沢幹事長>潔白を強調…再び不起訴(毎日新聞)
<公明党>景気対策の骨子発表(毎日新聞)
「ハイエース」盗、部品輸出 大阪の貿易会社捜索 幇助容疑(産経新聞)
AD