将棋の羽生善治4冠(王将、名人、棋聖、王座)に久保利明棋王が挑戦する第59期王将戦7番勝負の第6局が、16日から神奈川県秦野市の元湯陣屋で行われ、17日午後6時43分、82手で後手の久保が勝ち、4勝2敗でタイトルを奪取した。初の王将位獲得で、羽生は6連覇を逃した。持ち時間各8時間のうち、残りは羽生1分、久保10分。 

【関連ニュース】
羽生が勝ち2勝3敗=将棋王将戦
将棋の有吉九段が1000敗目
佐藤が勝ち2勝1敗=将棋棋王戦
久保が勝ち1勝1敗=将棋棋王戦
久保が勝ち3勝1敗=将棋王将戦

北教組の献金直前、残高10万円…小林千陣営(読売新聞)
<中越地震>被災児童の作文もとに歌…「ありがとう」CDに(毎日新聞)
<小野竹喬展>記念の俳句コン入賞者決まる(毎日新聞)
「不安あおった」統一教会に1億円超賠償命令(読売新聞)
鳩山首相にとってすべては「ゆらぎ」なのか?(産経新聞)
AD