身体障害者100人が自転車や車椅子でたすきをつなぐ「日本縦断駅伝」が21日、那覇市の首里城公園をスタート。計約2300キロを走破し、ゴールの札幌市を目指す。

 運動機能の病気治療や障害の克服と、挑戦することの大切さをアピールしようと、冒険家や外科医らの団体が企画。コースの28都道府県から参加者を募った。

 高校時代の交通事故で右ひざから下を失った沖縄県西原町、平安裕貴(ひらやすゆうき)さん(27)が第1走者。「すがすがしい気分。完走したい」と抱負を沖縄の青空に重ね合わせた。【三森輝久】

【関連ニュース】
首里城花まつり:9万鉢の“春”に包まれ 那覇
首里城花まつり:首里城彩る9万鉢 28日まで--那覇

菅副総理「民主政調の復活、改めて議論する時」(読売新聞)
日医、医学部新設には「反対」(医療介護CBニュース)
<小沢幹事長>「敗因は政治とカネ」認める 長崎県知事選(毎日新聞)
内定率5年ぶり低水準=高校生、昨年末で75%-文科省(時事通信)
政府・民主党、各省政策会議の見直し協議へ(産経新聞)
AD