20日午前7時20分ごろ、大阪市福島区大開1の市営地下鉄千日前線野田阪神駅で、同駅に停車中の下り電車の床下から煙が出ているのを運転士が発見した。乗客100人が避難したが、けが人はなかった。

 大阪府警福島署によると、電車は4両編成で、先頭車両中央部の床下にあるモーター部分から発煙したという。同署や市消防局が原因を調べている。市交通局によると、同駅は終着駅で、電車は折り返し運転のため停車中だった。運転士が計器の警告で、発煙に気付いた。この電車が運休、上下線計13本が最大28分遅れ、計8200人に影響が出た。【山口朋辰】

中学教諭が酒気帯び事故「警察に言わないで」(読売新聞)
“緑藻”からバイオ燃料 筑波大大学院教授・渡邉信さん(産経新聞)
銀閣寺 修復完了(毎日新聞)
討論 郵政改革案 岸博幸氏「民業圧迫は許されない」(産経新聞)
「時効廃止法案」が参院法務委で可決(産経新聞)
AD