宇津呂鹿太郎がここ数年、あちこちで出店している怪談売買所。
その生誕地が兵庫県尼崎市にあるここ、三和市場です。

8月1日、2日の両日はここでまた怪談売買所を出店するのですが、同じ週の終わりに夜を徹しての百物語会を開催します。

百物語会といえば、蝋燭を百本灯し、怪談を一話語るごとに一本ずつ消していく、というのが定番です。

しかしここ三和市場の百物語は違います。

テーブルの上には蝋燭ではなく百枚の百円玉。
一話語るごとに、語った人は百円玉を一枚貰えます。
全ての百円玉がテーブルから無くなる時、如何なる怪異が起きるのか……!

はい、三和市場の百物語会は、お客さんが一話語るごとに、百円が貰えてしまうんです!

参加費が1,500円(予約された方の場合)なので、15話語れば元が取れる!

そんな、ちょっと変わった怪談会。

語る話を何も持ち合わせていないという方は、聞き役専門でも構いません。
(百円は貰えませんが)

三和市場ならではの百物語会に是非お越しくださいませ!


[イベント詳細]

『三和市場怪談会 一話百円百物語』

・一晩かけて、参加者全員で百の怪談を語っていく会です。
・語る話は実話のみとします。
 ただし、ご本人の体験である必要はありません。周囲の人から聞いた話でも構いません。
 また、どんな些細なものでも、怪異(常識ではありえない出来事)が起きていれば怪談とします。
・語る話が無い、語りたくないという方は、聞くのみの参加でも結構です。


●開催日時:
  平成29年8月5日(土)
  20時 開場
  20時30分 語り始め
  翌朝、日の出前 終了予定

●司会進行:
  宇津呂鹿太郎(怪談作家)

●会場:
  三和市場
(兵庫県尼崎市建家町88)

●参加費:
 当日 1,800円

 予約 1,500円

●ご予約・お問い合わせ先
  宇津呂怪談事務所(担当:松原)
   電 話 090-1133-0813
   メール shikataroutsuro@gmail.com
※ご予約の際は次の事項をお知らせください。
①イベント名と開催日 ②代表者氏名(フルネーム)と読み仮名 ③参加人数 ④当日、語る話の有無

●お断り:
 18歳未満の方の参加は不可とさせていただきます。

 

◎お詫び

 一部メディアにて、8月1日開催との告知がありましたが、8月5日の誤りです。

1日に参加を予定されていた皆さま、申し訳ありませんでした。

 

AD

朝来市和田山図書館、毎夏のお楽しみ、「としょかんまつり」。
今年も様々な企画満載で開催されるのですが、その中に宇津呂鹿太郎の怪談ライブが組み込まれました!

宇津呂鹿太郎がこれまで集めてきた本当にあった怖い話や不思議な話を語ります。

 

イベントは二部構成になっています。

第一部は妖怪の話や不思議な話など、奇妙で怪異なお話を。

そして続く第二部は本当に怖い現代の怪談実話を披露します。

入場は無料、どなたでもお越しいただけます。
お席は余裕を持って用意させていただいていますが、事前予約も受け付けています。
確実に入場したいという方は、電話にて予約されることをお勧めします。


[イベント詳細]

朝来市和田山図書館 としょかんまつり2017『宇津呂鹿太郎の本当にあったこわ~いお話』

 第1部 妖怪やふしぎなお話
 第2部 本当にこわいお話
  ※第1部と第2部は続けてご覧いただけます。また、第1部終了後に退出して頂くことも可能です。

●開催日時:
  平成29年8月5日(土)
  13時30分 開場
  13時45分 開演

●出演:
  宇津呂鹿太郎(怪談作家)

●会場:
  和田山ジュピター小ホール

  (兵庫県朝来市和田山町玉置877番地1)

●入場料:
  無料(先着80名)

●受付
  電話またはカウンターにて受付します。
  受付開始は平成29年7月22日(土)10時からとさせて頂きます。
   ※空席があれば当日受付も可能です。お気軽にお問合せください。

●ご予約・お問い合わせ先
  和田山図書館
   079-672-1700

AD

【イベント情報】尼崎三和市場 怪談売買所

テーマ:

地元では「尼のきふねさん」の愛称で親しまれている貴布禰神社(兵庫県尼崎市)。
毎年8月1日、2日に繰り広げられる夏の大祭は多くの参拝客で賑わいます。

そしてこの夜、きふねさんの裏参道にあたる三和市場にも、様々な屋台が並び、大いに盛り上がります。
そんな中、怪しい出店が一つ。
そこにはこれまた怪しげな風体の男が一人。
その男、道行く人を呼び止めては、怖い話、不思議な話を一話百円で買い取っています。
はい、それが私、宇津呂鹿太郎、そしてその店が毎度お騒がせ、怪談売買所でございます。

これまでにも私は、この日に合わせて三和市場で怪談売買所を出店してきました。
その時の模様は、先ごろ出版した怪談実話集『怪談売買録 死季』の「夏」の章でも書かせて貰った通りです。

そして今年、久しぶりに夏の三和市場で怪談売買所を出店させて頂くことになりました。

怪談売買所ときふねさんのお祭りで、暑い夏の夜を更に熱く、そしてひんやりと楽しんでください!

[怪談売買所とは]

怪談売買所は怪談作家の宇津呂鹿太郎が、来られたお客様と対面で直接怪談をやり取りする怪しいお店です。
怪談は一話百円、私が語ればあなたが、あなたが語れば私が支払います。

百円払って怪談を聴くか、百円貰って怪談を語るか、全てはお客様次第、それが怪談売買所なのです。


[詳細]

尼崎名物 三和市場 怪談売買所

出店日:
平成29年8月1日(火)・2日(水)

出店時間:
午後6時~午後10時頃

場所:
三和市場 三和防衛隊
(兵庫県尼崎市建家町82 怪獣ショップ【たんちゃん】向かい側)
 

問い合わせ:

宇津呂怪談事務所

shikataroutsuro@gmail.com

090-1133-0813

 

この幟が目印!

AD