愛知県警地域総務課の50代の男性警部が4月中旬、勤務中に起こした物損事故を隠すため、警察に「当て逃げされた」とうその届け出をしていたことが11日、分かった。県警は道交法違反(事故不申告)や軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで調べており、警部の処分も検討している。

 県警によると、警部は各署の交番などの巡回指導を担当。4月、公用登録された自家用車で同県西三河地方の交番を巡回した後、自宅に戻る途中に県道ガードレールに接触したが、そのまま帰宅した。

 数日後、自宅のある地域を管轄する半田署に「駐車中に当て逃げされた」とうその届け出をしたとされる。申告内容と車の状況が食い違うことから発覚した。警部は現在、自宅待機中で、「うそを言ったことは反省している」と話しているという。【式守克史】

現役力士数人「過去に野球賭博関与」と自己申告(読売新聞)
“工場夜景サミット”構想も、他市と観光面で連携の動き/川崎市(カナロコ)
<時の記念日>あなたの1時間はいくら? 肉食系5000円、草食系2800円(毎日新聞)
二度と…「安平」育ての親、首相に涙の訴え(読売新聞)
<参院選>河村票取り込め 各党、市長人気無視できず(毎日新聞)
AD