2003年11月の衆院選前に東京都内のマンションで共産党の機関紙を配るなどしたとして、国家公務員法違反(政治活動の禁止)に問われた元社会保険庁職員堀越明男被告(56)(現在は日本年金機構准職員)の控訴審判決が29日、東京高裁であった。

 中山隆夫裁判長は罰金10万円、執行猶予2年とした1審・東京地裁判決を破棄し、無罪を言い渡した。

警視庁、ガンブラー問題で仏などに国際捜査協力を要請 海外5カ国のサーバ悪用(産経新聞)
<訃報>松原義治さん84歳=近畿大名誉教授(毎日新聞)
台風1号が熱帯低気圧に=気象庁(時事通信)
<こいのぼり>春風に300匹 佐賀・嘉瀬川(毎日新聞)
中国人留学生が夢中になったネット犯罪の魔力とは?(産経新聞)
AD