瀬戸内海に浮かぶ国有無人島の一般競争入札が9日、広島県呉市の中国財務局呉出張所で行われ、地元や千葉などから18人(個人10、法人8)が参加した。落札者や金額は非公表だが、関係者によると、法人が1億1万円で落札したもようだ。国有無人島の一般競争入札は初めてという。
 売りに出されたのは、呉市の沖合い1キロに二つ並んで浮かぶ「三ツ子島」のうち、北側の広さ約7600平方メートルの島。戦前は海軍病院の施設があったが、現在は樹木と雑草に覆われ、接岸施設や家屋の建設は難しいという。 

【関連ニュース】
米の人気電気自動車、924万円で落札=ガリバー出品の中古車
写楽に史上最高5350万円=落札総額3億円超す
ネット競売、安心感が成長の鍵=開始10年で市場は1兆円
不正携帯のネット競売阻止=ドコモとソフトバンクが対策発表
前えびの市長に有罪判決=「辞職で制裁」と執行猶予

「院内がん登録」予後調査に「特段の配慮を」-厚労省・がん対策推進室(医療介護CBニュース)
時効撤廃で最終調整=法制審、月内にも答申へ(時事通信)
生活満足度「低下」が36.4%=内閣府調査(時事通信)
格調高く詩的な「アリサ」達 10年ぶり東京で「彫刻・朝倉響子展」(産経新聞)
<ひき逃げ>車が歩道に突っ込み3人死亡 車の男女4人逃走(毎日新聞)
AD