他事空論

吉祥寺、野球、読書、飲食店情報、経済TV番組、日経新聞の分析にマーケティングなどをテーマに書いています。

吉祥寺を中心に中央線沿線の街の歴史と時代の変遷をベンチマークしています。趣味はタウンウオッチング、散歩、飲食店巡り、読書、日経新聞、経済TV番組の分析。特に野球(プロ、高校、大学)が大好きです。

NEW !
テーマ:

7月23日(土)の高校野球西東京大会準々決勝を神宮球場で観戦しました。

 

当日は7月と思えない涼しさで風も吹いている外野席スタンドでの観戦。ナイトゲームの巨人戦は別としてデーゲーム観戦では六大学野球、高校野球夏の大会を通じて記憶にない快適さでした。

 

当日は4試合が予定されており楽しみにしていたのですが、業務と家の用事を済まして第2試合の早実vs八王子学園の5回から観戦でした。

 

 

5回の早実の攻撃は清宮敬遠で4番の1年生野村選手がセンターオーバーの2ベースで2点を先制。今日も勝てると思い油断していたらその裏に死球、送りバントを送球エラー、四球でランナーがたまるとヒットが出たりして5点を献上。

 

野村克也監督の「価値に不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」の言葉通り、四球とエラーや走塁ミスがあると大量失点や得点機会を失うのはどの試合も同じです。

 

エース吉村投手から昨年甲子園のマウンドを踏んだ2年の服部投手に交代。コントロールが定まらず調子が良くないようでした。残りの投手が1年生なのを考えると妥当な継投策だと僕は思いました。

 

最後に投げた沖縄から来た1年生左腕赤嶺投手が8回裏の守りで三者三振を奪い9回表の攻撃に弾みがつきました。早実は8回表の攻撃から控えの選手を次々と代打に送り、ムードを高めて行きました。

 

最終回先頭の代打がヒット。そしてキャプテン金子選手が素晴らしい1、2塁間のライナーでのヒットでノーアウト1、2塁に早実応援席も湧き上がります。

 

次の2番バッターの内野ゴロでセカンド封殺1アウト。そしてこの試合最大の見せ場1、3塁で3番清宮選手の打席に神宮球場の歓声はマックスに。

 

最悪敬遠で満塁策もありだと思ったのですが4番の野村選手が当たっていることもあり、勝負に出た八王子学園バッテリーをリスペクトしました。

 

そして清宮選手は初球をライトスタンドに向かい打ち上げます。そのライトスタンドで観戦していた僕はホームランだと思い立ち上がります。高さは十分だったのですがフェンス際で失速。ライトが捕球して犠牲フライで1点を返し4対6に詰め寄ります。清宮選手本人は「こすったために打球が上がり過ぎた」だと言っていました。

 

一塁にランナーが残っているので4番の野村選手がホームランでも同点です。期待しましたがサードゴロで結局ゲームセットでした。

 

 

9回の清宮選手のライト飛球は風が逆風。陣取っていた僕の送るホームラン期待の「念」も足りませんでした。いきもがかりの「風がふいている」が頭の中で響き渡ります。また、僕の野球観戦の勝率の悪さが影響したのかとふと後悔の念がよぎりました。

 

しかし話題の1年生4番バッター野村選手のタイムリーヒットを含む複数の長打は侍ジャパンU15の実力をいかんなく発揮したと思います。素晴らしかったです。

 

来年は日本代表クラスのスーパー1年生投手の入部を期待したいですが、学力や地方出身の場合は東京での生活費と私学の学費を考えると親の経済状況が関係してきます。

 

どのスポーツも私立強豪校は特待生制度や学生寮を完備。練習環境の良さと卒業後の進路の面倒見の良さは魅力があるようです。

 

いずれにしても東京神宮シニア時代から活躍した金子主将をはじめとして3年生の皆さんと親御さんはお疲れさまでした。

 

八王子学園の選手たち、特に投手陣の出来が素晴らしかったです。打撃陣も素晴らしい当たりで早実戦での連敗の口惜しさをこの試合にぶつけてきた印象を持ちました。OBである吉祥寺某店のマスターおめでとうございました。

 

また、弊ブログで「早早決戦」など先走りましたが八王子学園、創価の関係者にはお詫び申し上げます。

 

今日の準決勝で八王子学園が勝利。三高に勝った東海大菅生との決勝戦が決まりました。両校とも頑張ってください。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

21日(木)に行われる予定だった高校野球西東京大会準々決勝の東海大菅生vs國學院久我山と早稲田実vs八王子のカード2試合が雨のため順延になりました。

 

そのため2日間にわたり消化する予定だった準々決勝が23日(土)に4試合になりました。

 

ベスト8が対戦する準々決勝は一番面白いと言われます。その4試合が土曜日に行われるため高校野球ファンには楽しみだと思います。

 

しかも早実清宮選手が登場するとなると神宮球場も外野席が解放されて満員になるかもしれません。

 

西東京大会の外野席開放は1983年の八王子の帝京大高校と創価の試合以来ありませんでした。ところが2006年の早実vs日大三高で解放されるまで23年のラグがありました。

 

1983年の創価高校は後にプロ入りする小野投手がエース。また同校の大応援団が内野席を埋めたことが理由にあげられます。

 

2006年は斎藤佑樹投手が在籍。この年のセンバツ出場しましたが、まだハンカチ王子として脚光を浴びる前で早実、高校野球ファンにとっては知る人ぞ知る存在でした。試合は正に好ゲームでした。

 

神奈川大会の横浜スタジアムの決勝戦は横浜、東海大相模、桐蔭学園などが出ると満員になることを考えると野球熱の高いのが良く分かります。

 

昨年の甲子園の早実vs今治西が第一試合にも関わらず満員。梅田始発の阪神電車も臨時列車が出るほどの人出でした。
 



〇7月23日(土) 神宮球場
第一試合:東海大菅生vs國學院久我山(8:30〜
第二試合:早稲田実vs八王子(11:00〜
第三試合:創価vs早大学院(13:30〜
第四試合:日大三vs聖パウロ学園(16:00〜

 

仮に早実と早大学院が勝てば、次は早早決戦になります。2010年にも対戦がありましたが、両スタンドから紺碧の空が流れる不思議な光景。

 

ユニフォームが衿付き、丸帽、胸のロゴの位置など微妙に違いますが、スタンドから遠くに見ていると判別がつきません。早大学院のユニフォームが基本的に大学と同じです。

 

王貞治氏が早実に在学中は「セカンドユニフォーム」があり、対戦校が似たようなユニフォームの場合は着用していた時代があったと「王貞治の甲子園」(河出書房新社)にありました。

 

 

僕自身は神宮球場に早実の試合を観に行ったのは2008年の日大鶴ケ丘との決勝戦でした。小野田、鈴木の1年生投手の活躍もあり準決勝で日大三高に勝利。

 

楽しみにして観戦に行ったのですがあえなく敗退。そうなると暑い中スタンドで汗だらけになり負けて帰る時に歩道橋を上り下りしてJR信濃町までの距離の長く感じる事はこの上ありませんでした。

 

と言うより、僕が観に行く試合は高校、大学、プロ野球とも勝率が悪いのです。

 

まあ、人生の負け組にならないように頑張るだけですが...(笑い)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

中古マンションのリノベーション工事企画などの不動産ベンチャー「リノべる」が吉祥寺に新しくショールームを開設します。8月6日(土)予定です。

 

都内では渋谷、千駄ヶ谷についで3箇所目になります。

 

場所は吉祥寺第一ホテルの裏側、にほん酒やさんの近くです。

 

『リノべる』はテレ東「ガイアの夜明け」で何回か登場しています。その番組で同社の存在を知ることに。

 

同社は元ラグビー選手だった山下社長が関西で起業しました。その顛末については同氏の著書を読みました。

 

専属のコーディネーターが物件の紹介から設計デザインまで担当するシステム。「ガイアの夜明け」では女性コーディネーターが顧客の対応に奮闘する姿が印象的。

 

基本的に一生に一度の買い物と言われる住まいの購入には双方の思いの違いや出来上がり、納期に問題が起きることがあります。

 

新築物件と違いリノベーションの場合は制約も多く、出来上がりが当初思っていたモノと違うこともあります。

 

その問題を解消するためにショールームの機能を最大限に発揮するため吉祥寺にも開設したと理解しています。吉祥寺周辺にも需要が多い事もあるかもしれません。

 

 

日本の場合は新築志向が強く、中古住宅に関しては価値が低いためネガティブな印象があります。しかし海外の場合は中古が普通に売買されています。

 

今週の週刊東洋経済によれば同社の工事施行の平均工費は886万円。改装前の物件価格との合計金額は新築マンションの2/3程度とのこと。

 

これが安いか高いかは僕には判断できませんが半額ならかなりコスパを感じます。その分がリノべるの利益なのでしょう...

 

 

空き家問題の話を聞きますが、住んでいない住宅は地方を中心として多くなっていることは事実です。あまりにも年数が経っている物件は別としてある程度の年数の家屋のリノベーションにもビジネスチャンスがあるのかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

PL学園の野球部の休部がスポーツ新聞だけでなくテレビニュースなどでも報道されています。その背景には色々な要素があり、他の野球部の強い私立高校も無縁ではないようようです。

 

宗教法人系の学校は基本的に信者の子息の教育を趣旨とするのはどこも同じだと思います。

 

奈良県の某宗教系強豪校もこの10数年だけでも何度となく部内不祥事により出場辞退と監督交代がありました。

 

それでも継続して3年に一度は甲子園出場を果たしています。奈良県の場合は学校数が少なく、もう一つの宗教系の強豪校と2強を形成している背景もありますが。

 

サンケイスポーツの特集記事によれば、PL教団側の関係者が野球部存続について否定的と報じていました。

 

今年のPL学園高等部の生徒数は188人とのこと。単純に3学年で割れば1学年が66人で2クラスしかないことになります。

 

基本的に1クラスは40人なので定員割れをしている可能性も否定できません。少子化の問題に加えて信者の減少にも言及してありました。

 

同教団は関西から九州にかけての西側にかけて信者さん多い傾向があります。

 

 

以前に取り上げた大阪偕星も経営難のため学校改革に着手。その一つが野球部の強化による甲子園出場でした。

 

昨年夏の甲子園初出場の影響もあり入学志願者も増えて出場の広告宣伝効果と学生集めにいかに貢献するかが分かりました。

 

島根の開星高校は1993年に甲子園初出場する前の松江第一の校名の時代は在籍している生徒たちは自分の学校に誇りが持てませんでした。甲子園出場してからは一般生徒の意識も変わってきた事を野々村前監督の著書で知りました。

 

 

私立高校の学生集めのために改革案として

 

●女子高の共学化

遊学館、済美、神村学園

 

●男子校の共学化

早実、法政一高、日大三高

 

●大学の系列下

関大北陽、中京大中京、龍谷大平安

 

都立高校を始めとして地方の公立高校も各種推薦制度でスポーツに秀でている生徒が入学できる環境も整いました。しかも学費が私立と比較して安いことが昨今の経済状況下において支持を得ています。

 

各高校で事情は様々ですが過去の延長線での学校存続は難しいことが分かります。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

阿波踊りで有名な高円寺で8月1日(土)に馬橋盆踊り大会が開催されます。

 

馬橋盆踊り大会の会場は馬橋小学校の校庭です。

ちなみに松戸市にも馬橋小学校があります。

 

近隣にある高円寺の「馬橋公園」は旧気象研究所の跡地。現在は筑波研究学園都市に移転しました。その以前は陸軍通信施設でした。都内の広い公園の跡地は軍関係か公共施設あとのケースが多いです。

 

主催は高円寺北中通り商店会 です。

 

盆踊りの開催時間は15:30~20:00です。

 

 

北中通り商店街は高円寺駅北口を出て左折、高架下のマクドナルドから放射線状に阿佐ヶ谷方向に斜めにある一方通行の通りを中心に形成しています。

 

小学校の校名「馬橋」は旧名の住所で昭和30年代の町名変更で消滅しました。現在の高円寺北、南、阿佐ヶ谷北の一部が該当します。

 

中央線がなかったら見えてくる東京の古層 によれば、馬橋の住民から「名前が田舎くさいため、知名度の高い高円寺、阿佐ヶ谷に変えて欲しい」との要望があったとのこと。

 

昭和の時代に周辺の古い民家では、まだ馬橋の住所の表札を見る事がありました。

 

JR中央線が電化され周囲の人口も増えてきた大正年間、中野駅の次が荻窪駅だったため新駅を設置して欲しいとの要望が出てきました。

 

そこで今の中央線の高円寺駅、阿佐ヶ谷駅が出来る前に早稲田通り~青梅街道~五日市街道を南北に横断する「馬橋通り」に馬橋駅ができる予定でした。この周辺の南北を横断する道路が広めなのが物語っています。

 

しかし、駅用地の提供を求めれられた住民の反対により計画は断念。そして中野寄りの西側に現在の高円寺駅ができることになります。

 

もし馬橋駅ができたら中央線沿線の繁栄の地図が変わっていたかも知れません。

 

 

最近読んだ中央線誕生―東京を一直線に貫く鉄道の謎によれば、青梅街道、五日市街道など宿場のメインストリートで関係者は鉄道施設には反対でした。

 

そのため苦肉の策として土地の空いていた現在のJR中央線の中野〜三鷹に路線を決定します。周囲に家屋などが少ないのでが直線になっています。

 

既得権益を持つと新しいモノを受け入れた際のデメリットを考えるのは今も昔も変わりません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。