交通安全協会あけの平支部総会が2丁目会館(公民館よこ)でありました。




若生町長も来賓挨拶。

大きな交通事故はないそうで、
支部長されている浅野町議の頑張りがあるからだなあ、と思いました。

浅野さんとは、あけの平3丁目と大清水との信号のない交差点について意見交換しました。
通学路ですから、ぜひとも信号設置を実現してほしいです。
AD
本日は、毎週木曜お昼に行っている、市民グループ「野党共闘で安保法制を廃止にするオールみやぎの会」の皆さんとの平和ビル前での街頭宣伝に参加しました。

共産党の高村さん、民進党の仙台市議平井さん、ママの会の吉田さんらと一緒にマイクを握りました。

私からは「戦争法の強行採決に始まったアベ暴走政治をストップさせよう。軍事費拡大(防衛費5兆円、オスプレイ購入、辺野古新基地建設)よりも、震災復興、年金、医療、介護、子育て、若者の学費支援にこそ税金は使うべきだ」といった訴えをさせていただきました。



中学の時の恩師が通りかかり、ご挨拶させていただきました。先生のお話を聞き、激励も受けました。

ほかに、戦争法に賛成の方が話しかけてきましたので、有意義な議論もさせていただきました。





夕方は、戦争法(安保法制)が強行採決された昨年の9月19日を忘れないため、毎月19日に行っている戦争法廃止の19日行動に参加し、チラシ配りなどを行いました。

社民党からは県連代表の岸田県議と幹事長の辻仙台市議が参加。平和労組の皆さんも来ていただきました。



すべて終わって、富谷町に帰ろうとしてた時。

沖縄で先日から行方不明になっていた20歳の女性の死体が発見され、米軍属(元海兵隊員)の男が逮捕された、とのニュースが入ってきました。



悲しく、怒り。

でも、それは沖縄に米軍基地を押し付けているからです。



私にできることをしたいと思います。
AD
今日は朝から仙台青葉祭の練習でした。

消防団の梯子乗りの支え手として去年から活動しています。

今回は、今回から下段でした。

及川先輩から「お前は下段の才能がある」とか訳のわからない言葉で誉められました。



その後、反核平和の火リレーの会議があり、コース下見にいくことになったぜよ❗



そして、あけの平3町内会の合同町内会があり、参加しました。

夏のお祭りやグランドゴルフ大会の打ち合わせでした。

頑張ります❗



1丁目文化部長に「結婚しろよ」と言われ、誰か知人を紹介してくれることになりました。

デジャビュ❗

「■■■■■■■■■■■■■■■■」とか言ってきます。

意味がわかりません。■■■■■■■■■■。

介護施設で働いてるそうで、そっちの方が気になります。





1丁目婦人部長(※2・3丁目は女性部なのに)は、僕と同い年の(4日先輩)ラーメン好きでした。

「お前にFacebook友達申請、絶対する❗」とか言ってましたが、私からしてやりました。

ラーメン女王に食べ歩きの極意を伝授してもらいたいです。

仕事の内容も面白い、(病院職場だった)感じなので、いろいろ教えてもらいたいです。

黒川地区の学習会

テーマ:
昨日は黒川地区の学習会がありました。







県の護憲平和センターの事務局次長の田山さんから講演をもらいました。

憲法や、労働法制や労働環境、貧困問題など課題は多岐に渡りました。

いわゆる「押し付け憲法論」について、明治の宮城県出身の千葉卓三郎氏が関わった五日市憲法などをあげ、現行憲法にそういった民衆憲法草案の流れが生きているという話が印象的でした。

千葉氏の墓所が仙台市青葉区の青葉神社近くの寺にあるとのことで、一度お参りに行きたいと思いました。



また、熊本地震の支援のため1週間現地に派遣されて帰ってきた社協の方から報告があり、「政府のやり方は後手に回っており、ガレキ除去も被災者の生活再建もゴテゴテだった」と語っていました。

しかし、そういった困難ななかでも、東日本大震災の経験を踏まえた支援を懸命にされてきたことに頭が下がる思いでした。




突然声をかけられた

テーマ:
GWは中途半端な平日が挟まっていていつもより細切れな休みでしたな。
油断して髭面、こきたない格好で生活してしまうGW。

そんな中途半端な平日に用事があって仙台市青葉区役所に行き、エレベーターが降りてくるのを、これまた中途半端な顔でボヤーっとして待つ私。
意外にこみ合っている区役所で、髭の生えたダルい顔して、こきたない格好でたたずむどうしようもない私。
そうこうしているとやっとエレベーターが降りてきて扉が開く。どやどやと人が出てくるが、目を合わせないようあっちをむいている私。
そんな私にむかって、出てきた男が「こんにちは」と声をかけてきた。

人違いだろうか。誰だろう。
知らないおっさんが立っている。
私は軽く会釈をし、言葉にならない言葉をモゴモゴと言い返した。
格好だけじゃなく頭の中身もお休みモードになっていたせいか。

エレベーターに乗ろうとすると、おっさんの後ろにいた若い男がこちらをにらみつけてきた。
こいつは知っている。去年、市議会議員になった男で、某党の国会議員秘書をしていたというやつだ。


さて。ということは、おっさんもその筋の人間に違いない。
そう考えると、どこかで見たような気がする。
ネットで確認したら、おっさんも市議会議員だった。
今まで面識はない。正直私も知らない人だった。接点もない。
なぜおっさんは私に声をかけてきたのか。
しかも髭面の汚ない格好した私に。

次に会ったらこちらから挨拶しかえしてみよう。
案外「はて、誰でしたっけ」なんて言われたりして。



(※一応、「おっさん」「こいつ」という表現に他意はありませんから。悪しからず)

図書館問題

テーマ:
今日(5月7日)は、あけの平1丁目町内会の役員会でした。

すると、民生児童委員のFさんが文章が、今朝の河北新報の読者欄に掲載されたという話を聞きました。

内容は図書館問題だそうで、幅広い世代が交流できるステキな図書館を望む、という話でした。

そういう要望は、私も多くの町民から聞いています。
富谷町にはいわゆる「中央図書館」はありません。各地区の公民館併設の図書館があるだけです。
立派な図書館の建設を望む声もあれば、現行の分散型の図書室が身近で良い、との声もあります。
一方で、昨今の情勢を考えると、いきおい民間資本の入った商業的な図書館が建設されかねません。


富谷にとって、町民にとって、より良い図書館はどうあるべきか。私も今後研究していきます。
まず手始めに、Fさんが投書のなかで賞賛していた塩竈市のエスプ塩釜と、仙台市の泉図書館を見学してきたいと思います。
※さる、やんごとなき一族の警備のお仕事をしている友人(同級生)から、ブログ更新が滞っているとの指摘をうけましたので、Facebookでは既報ですが、ブログにもアップしたいと思い書きます。

4月23日に富谷町の防犯パトロールに同行して来ました。





このところ富谷町では小・中学生に何かしらしてくるいわゆる変質者の報道や情報があります。
私のすんでいるあけの平でも、小学生に声をかける若い男の変質者が出たそうです。


ということで、本来の役割分担ではありませんが、防犯部長たちにお供して町のパトカーで巡回です。
講習会受講者のみが運転できるのだ❗ということでパトカーは防犯部長に運転してもらいました。
あけの平だけじゃなく、成田とか、東向陽台とか、富ヶ丘とか、とちの木とかも、町内のかなりを回るんだね。
いたって平和でした。富谷町は。


当日夜は、防災の巡回で副会長や班長さんらと夜回りしました。
あけの平1丁目を「火の用心」カチカチ、とかやって練り歩きました。昭和か❗

まあ近所の小4のSくんが「何してるんですか」と窓から顔だしてくれたので、たぶん皆さんの家のなかにも聞こえてるんでしょう。反応薄いけど。
あとホタル族のお父さんたちが、ご苦労さんって言ってくれたし。

いやー、町内会って楽しいですね。

やっと和解にこぎ着けました。
NPO法人ポッセの人たちが支援してきた東北医療機器の労働問題の裁判。
この2年間以上ずっと傍聴してきた甲斐がありました。

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201604/20160426_13031.html

原告の女性(20代)が、本当にずっと裁判に出続けて、頑張っていました。
本当に良かった。

まだまだ闘いは終わりませんが、最後まで見守って行きたいです。