FUJITA'S BAR
2017-06-03

映画コラム 「大切なもの」

テーマ:映画コラム

関係ないカテゴリーで、関係ない話題を、もうひとつ。

 

実は、今日は、今の仕事に就いて、4年目を迎えた日なんです。

 

46歳で、社会復帰して、未経験の仕事をして、勤続4年になりました。

 

 

妻が、刺身を用意してくれて、ささやかなお祝いをしてくれました。

 

 

家族で食卓を囲んで、一緒に見たのが、「夏目友人帳」の第5シーズン第1感。

 

 

俺は個人的に、「蟲師」の方が好きなんですが、

 

「夏目友人帳」には、「蟲師」とは違った魅力があります。

 

 

前者は、青年誌。後者は、少女マンガ。

 

そういう一面もあってか、表現のスタイルが、違うんですね。

 

大人な表現と、思春期の表現は、明らかに違う。

 

 

根本は、同じなんです。

 

生きることの厳しさを、わかりやすく表現することは、共通なんですが、

 

絵柄や、物語のソフトさの具合に、、微妙なセンスを感じるのです。

 

 

両者に共通するテイストは、

 

人間の感性を、深いところで表現している点にあります。

 

 

 

自分は、他の人とは、何かが致命的に違う。

 

そのことに、コンプレックスを感じている人に、勇気や希望を与えるスタイル。

 

 

他の誰にも見えない領域を、感じる能力がある。

 

他の誰かには気づかないことを、いち早く察する力がある。

 

 

普通は、常識を逸脱したことは、知らんぷりしたり、蟲したりするもの。

 

しかし、夏目君も、ギンコさんも、本能的に、行動する。

 

 

それはきっと、生まれながらに持った能力であり、天職の領域なんだと思う。

 

 

その「能力」は、誰にも認められることもなく、評価もされず、

 

闇に埋もれたまま、生涯を終える性質のものなのかもしれない。

 

 

しかし、金儲けや、生活の手段とは無縁の行為であるからこそ、

 

本能的で、無償な行動であるからこそ、見えない実績として、心に蓄積されていくのだ。

 

 

 

夏目君は、不遇な少年時代を過ごして、優しい義父母に、命を救ってもらった。

 

ギンコさんは、両目を失うところを、片目だけ生かしてもらうことができた。

 

 

「恩返し」という言葉がある。

 

 

俺は、個人的には、

 

「やらないといけないこと」というよりも、

 

「やりたいからやること」という解釈でありたいと思っている。

 

 

もっとつっこんで言えば、

 

「やらずにはいられないこと」という領域のレベルである。

 

 

動悸は、簡単。

 

後悔したくないから。

 

 

映画であろうが、TVドラマであろうが、アニメであろうが、

 

小説であろうが、人の話をじっくり聞くことであろうが、

 

「物語」に触れること自体は、同じである。

 

 

そしてそれは、その時だからこそ、生きた「物語」となって、心に残るのだ。

 

 

 

自分が、人と違う境遇を生きたからといって、悲しむことなかれ。

 

自分が、人違う性質を持っているからと言って、悲嘆することなかれ。

 

 

そういう自分にしか、友達になれない人もいるし、

 

そういう自分を、必要としてくれる人も、必ずいるのだから。

 

 

俺は、何度も、死んだ人間です。

 

でも未だに、友達や仲間が、ゼロにはならない。

 

それが、何を意味するのか。

 

 

俺は、何度も、仕事で挫折して、社会から弾かれた人間です。

 

でも未だに、雇ってくれる場所がある。

 

それが、何を意味するのか。

 

 

かつての映画友達は、「最近は、見たい映画がなくなった」と嘆きます。

 

でも未だに、俺は、見たい作品がたくさんある。

 

それが、何を意味するのか。

 

 

 

その答えを見つけるために、俺は今日も、映画を見続けます。

 

映画館に行けなくても、未知の領域の物語に、足を踏み込みます。

 

 

嫌な現実から、逃げているだけなのかもしれない。

 

いい年して、子供じみているのかもしれない。

 

どう思われたって、構わない。

 

 

自分が、やりたいことを、やり続ける。

 

誰に認められなくても、自分が行きたいところに、自分の力で行く。

 

 

体力と、気力が続く限り、俺は、新しい世界を探していくのだ。

 

 

 

明日から、また、怒られながら、仕事をして来ます。

 

50歳になって、ガミガミ怒鳴られながら働くのは、正直、しんどいけれど、

 

それが、家族を養う、唯一の道だから。

 

 

 

来週は、映画館に行けるように、がんばります。

 

 

今日まで、桑畑を見捨てずに応援して下さった皆様に、感謝申し上げます。

 

 

 

苦痛の多い人生だけど、心優しい人に出会えたことは、俺の誇り。

 

 

名曲「夏夕空」を口ずさみながら、心穏やかに、一週間を過ごそうと思います。

 

 

 

まだ、俺は、こうして、生きている。

 

そして、明日も、必死で働く。

 

 

残りの人生を、映画とともに、燃焼させてみせます。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

桑畑 五十郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。