FUJITA'S BAR
2017-03-19

映画 「ラ・ラ・ランド」

テーマ:洋画

うまくいく、というのは、必ずしも、思った通りではないことが多い。

 

 

まわれま~われ~メリーゴーランド♪ ではありません。

 

ララァ・スンが大量に住んでいる、ララァだけの島でもありませんのでご注意。

 

(誰も間違えねーよ)

 

 

 

さて、映画を見てから、かなり時間が経ってしまったんですが、

 

ようやく体も回復してきたので、そろそろ再開します。

 

 

ミュージカル映画というと、とにかく明るくてハッピー、みたいな印象ですが、

 

本作は、物語の切り口が、なかなか鋭くて、シビア。

 

 

監督・脚本は、「セッション」で一世を風靡した、デイミアン・チャゼル。

 

俺個人としては、ダンスよりも、音楽に期待を込めて劇場に行きました。

 

 

はっきり言わせてもらえば、エマ・ストーン、いらねえなあっていう印象。

 

でも、ライアン・ゴズリングだけだと、華がないから、

 

やっぱり、恋愛要素を入れないと、オスカー候補にならんのかも。

 

 

ジャズピアニスト志望、とはいえ、世の中、そう簡単にはいかない。

 

才能はあっても、それを認めてくれる人や、自己アピール能力や、

 

世間的な需要や、メンタル的な強さがないと、希望の職は得られない。

 

 

自分のやりたいことを、やりたいようにやらせてもらえる人は、

 

世界中で、ほんの一握りの勝者だけ。

 

 

命がけで血ィ流しながらがんばっても、ダメなものはダメ。

 

「セッション」は、今思い出してもやっぱりスゴい映画でしたな。

 

 

今回もチョイ役で、J・K・シモンズが登場しますが、

 

やっぱり、主人公にダメ出しするおっさん(笑)

 

すっかり、世界一のダメ出し俳優のポジションを獲得しました。

 

 

 

MGMのミュージカル映画は、そんなにたくさん見ていないんですが、

 

「雨に唄えば」は、よく覚えています。

 

サイレントからトーキーに以降する期間の、業界の事情がよくわかる物語。

 

(金田一耕助の「悪魔の手鞠唄」も、弁士さんのお話でしたな)

 

ジーン・ケリーとフレッド・アステアのアクロバティックなダンスが、

 

当時、ほとんど地上から浮いているように見えて笑えたもんです。

 

本作でも、そういうシーンのオマージュがちりばめられているようで、

 

懐かしいような新鮮さを、たくさん感じることができるでしょう。

 

(俺より上の年代の方は特に)

 

 

でも、

 

終わり方が気に食わん、という人が多いような気がします。

 

(俺より上の年代の方は特に)

 

 

 

ビョークが出演した「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は、どうでしょう?

 

チャールズ・チャップリンの「街の灯」は、どうでしょう?

 

 

誰もが納得するような、

 

絵に描いたようなラストって、

 

ちゃちい。

 

 

俺の好みとしては、

 

見終わった後に、世界が広がるような、

 

深い思考が続くような、

 

ずっと長い間、物語が展開していくような、終わり方です。

 

 

そういう意味では、本作は、実に気持ちがいい。

 

 

「ボディガード」のような、大人の恋愛。

 

「カサブランカ」のような、肩透かし。

 

「レオン」のような、追い詰められた純愛。

 

「ベンジャミン・バトン」のような、限られた時間の青春。

 

「春の雪」のような、傲慢と後悔の狭間で揺れる、屈折した愛。

 

 

恋愛には、色んな形があっていいのです。

 

こうでなきゃ、と考えるから、いつの間にか、一方通行になっちゃう。

 

 

お互いのラグランジュ・ポイントを掴むことができれば、

 

バランスのとれた関係を続けることができる。

 

 

あの時、こうしていたら、自分の人生は、違ったものになったろうか。

 

確かに、そうだけど、それは同時に、今ある大切なものを失うことにもなる。

 

何かを得ようとすれば、何かを手放さないといけない。

 

それは、たぶん、宇宙の法則なんじゃないかと思う。

 

 

 

夢をかなえる、ということ。

 

欲しいものを手に入れる、ということ。

 

好きな人と、相思相愛になる、ということ。

 

愛する人と、結ばれる、ということ。

 

 

それは、

 

一時的にはできても、永遠には続かないもの。

 

 

だから、

 

今の、幸せだと思うひとときを、しっかり心に焼きつけておくのだ。

 

 

美しかった瞬間。

 

ときめいた瞬間。

 

悔しかった瞬間。

 

怒りを感じた瞬間。

 

 

心と、体と、記憶に、しっかり刻め。

 

二度と感じることのできない、新鮮な感覚を。

 

 

それが残っている限り、一生なくならない。

 

自分だけの、かけがえのない宝物。

 

 

夢も、

 

欲しいものも、

 

時間が経てば、形が変わっていく。

 

 

本当にかなえたい夢というのは、

 

イメージでいいんじゃないかと、俺は思う。

 

 

具体的に言える人は、堂々と言えばいい。

 

現実的に行動できる人は、思い切りがんばればいい。

 

 

 

夢は何ですか、と聞かれても、明確に答えられない人の方が多い。

 

俺も、そのひとり。

 

 

だから、心の声に耳をすませ、

 

イメージを、どんどん膨らませていくのを楽しめばよろしい。

 

それはきっと、楽しい作業。

 

 

理想はこうだ、現実はこうだ。

 

そこで嘆くんじゃなく、想像力で補完せよ。

 

 

この部分ではダメだったかもしれないけど、違う部分で新しい発見があるから。

 

そうやって、うまくいかないことの方が、面白いことに気づいたら、

 

人生は、きっと、楽しくなっていく。

 

 

 

そういうことを、学べる映画だと俺は思います。

 

 

居心地が悪いなら、居心地がよくなる工夫をする。

 

居場所が欲しいなら、気に入った場所を常に探す。

 

友達が欲しいなら、出会いを大切にする。

 

そして、出会いがある場所に、自らの意志で、足を運ぶ。

 

 

 

…そうやって手に入れたものが、自分だけの、ラ・ラ・ランドになる!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

桑畑 五十郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。