FUJITA'S BAR
2017-03-05

U-NOTE Ⅱ 「レイドバック」

テーマ:洋画

どうも。桑畑です。何とか生きております。

 

 

映画はあまり行けなくて、飲みにも出ていなくて、

 

おかげで、お金をほとんど使わずに済んでいます。

 

そう、お金って、使わなければ、残るんですよね。

 

 

7勤が終わって、今日明日は2連休。

 

春になりつつありますが、新潟の温度差は、昼と夜で10度以上。

 

この時期は、温度管理が難しくて、豚の具合が悪くなりやすい。

 

急性肺炎やら、急性腸炎やらで、

 

昨日まで元気だった豚が、一晩で死んでしまいます。

 

出荷間近の豚が死ぬと、

 

100キロくらいの死体を、ひとりで数10メートル引きずることも。

 

 

何が言いたいかというと、

 

同じ時間でも、過ごし方によって、「経ち方」が違って感じられるということ。

 

 

楽しい時間は、あっという間だけど、

 

しんどい時間は、延々と長く感じますよね。

 

 

これって、何故なんでしょうね。

 

 

 

お金は、働いて稼いで、使わずにいれば、ちゃんと貯まる。

 

かといって、生きるためには、どうしても出費が要る。

 

だから、必要以上に使わないようにすればいいんだけど、

 

あまりきつきつにすると、逆にストレスになって、働く意欲も低下しちゃう。

 

 

ほどほどに使って、気持ちよく人生を楽しみたいものです。

 

 

 

時間は、お金と違って、どんな人でも、どんどん使われていく性質のもの。

 

ぼーっとしていようが、アクティブに行動しようが、

 

疲れて寝ていようが、勝手にどんどん流れて行く。

 

 

俺はたぶん、お金に対しても、時間に対しても、貧乏なんだと思う。

 

「時間貧乏」というのは、「時間の使い方が下手」ということなのかな。

 

 

たしか、ミヒャエル・エンデの物語に、時間銀行というのが出てくるけど、

 

時間は、貯めることができないからこそ、いいのかもしれない。

 

まさに、リアルタイムな判断が必要だから。

 

それが、生きている、ということだから。

 

 

 

時間があると、少しでも有意義に過ごそうとして、

 

かえって、疲れてしまったり。

 

せっかくの休みだから、ゆっくり休もうとして、

 

何もしないうちに一日が終わって、かえって、虚しくなったり。

 

 

あまり動くと疲れるし、何もしないと、何だか焦っちゃう。

 

ああ、何だか、面倒くさいもんですねえ。

 

 

 

俺の仕事は、休日が少ないので、

 

休みになったらこれをしよう、とか思っていると、

 

精神的に余裕がなくなってしまいます。

 

 

昨日は、休みの前の日だったけど、特に出かけませんでした。

 

帰って来たのが9時くらいで、風呂から上がって、10時前。

 

その時間から出かけて、深酒したら、今日はたぶんくたばっていたでしょう。

 

せっかくの休みが大半失われるのは、何だかもったいないんですね。

 

 

だから、昨日はゆっくり家飲みして、DVD見ながら夜更かしして、

 

今朝は8時半くらいまで寝坊して、ゆっくり朝食をとりました。

 

休日の予定は、あまり決めないようにしています。

 

決め過ぎると、その通り行動しないと、ストレスになっちゃうから。

 

 

ゆっくり朝食の後、軽いジャズを流してコーヒーを飲み、

 

さて、今日はどうしようかな、と考える。

 

幸い、大したケガもしなかったし、体は動く。

 

天気もまあまあいいので、髪を切ってさっぱりしようかな。

 

行きつけの美容室に電話したら、カットだけなら10時からOKとのこと。

 

よし、まずは、スッキリしたい。

 

 

髪を切った後、いつものカフェに寄る。

 

先週で、長く務めたバイトの女の子がやめたので、

 

店長さんの様子を見に。

 

お母さんが手伝いに来てて、親子2人で何とか回してた。

 

そのお母さんは、同じビルの下の階にある、居酒屋のチーママさん。

 

俺が初めてこのカフェに来た時に、同じようにいたっけ。

 

 

あの時は、俺は療養中で無職で、

 

太った体を軽くするために、ウオーキングを始めたばかりだった。

 

近所を歩いているうちに、お、こんなところにカフェがあったのか、って、

 

自分で見つけて、自分で扉を開けて開拓した、自分の居場所。

 

マックスで87キロくらいあった俺は、今では、62キロ。

 

行く度に、やせたよねえ、って言われちゃう。

 

いやいや、もとの体型に戻っただけですから。

 

 

ここに通って、もう、5年以上経つんだなあ。

 

淹れたてのコーヒーを飲みながら、常連さんたちと、軽いお話。

 

家で飲むコーヒーと、外で飲むコーヒーは、全然違うのだ。

 

(味はよくわかんないけど、精神的にはあきらかに違う)

 

 

1時間ほどくつろいで、帰宅。

 

お昼を適当にすませて、カザルスの「バッハ無伴奏チェロ」を聴く。

 

これ、よく眠れるんですよね~(笑)

 

 

気がついたら、4時くらいまで、ずっとうたた寝してた。

 

いつの間にか、ファンヒーターがタイマーで止まっていた。寒い~

 

またお湯を沸かして、コーヒーの準備をして、黒糖ロールパンをかじる。

 

 

久しぶりに、パソコンを立ち上げる。

 

映画は、明日の方がいいみたいだな。

 

何気なく、記事を書き始めると、お湯が沸いた。

 

熱くて黒い香りが、俺の心をほどいていく。

 

 

CDを、マイルス・デイビスの「カインド・オブ・ブルー」にチェンジ。

 

エヴァンスのピアノが流れて、「SO WHAT」が始まる。

 

 

あ、そうだ、最近覚えた、音楽用語があったんだ。

 

「レイドバック」。

 

興味のある人は、調べてみて下さい。

 

俺は、ジャズプレイヤーの知り合いから、教わりました。

 

 

クラブRのジャズライブに、一年以上通っているもんだから、

 

カルテットの4人とは、かなり仲良くさせてもらっています。

 

リーダーのアベさんは、アルトサックスプレイヤーで、気さくなお兄さん。

 

 

ライブが終わった後で、音楽の話を色々するんだけど、

 

俺はよく、カラオケを歌わされます。

 

あの歌聴きたいんだけど、桑ちゃん歌える? なんて風に。

 

最初に褒められたのは、荒木一郎の「ミッドナイトブルース」。

 

あれ、独特のリズムなので、歌える人があまりいないらしい。

 

俺は、中学生の時に、「あしたのジョー2」にハマって覚えたので、

 

何となく、自然に身体に刻み込まれてました。

 

いいねえ~、なんておだてられて、色んな歌を歌わされて、

 

俺ばっかじゃん!なんて文句いったら、

 

じゃあ、オレも歌うわ、なんて言って、アベさんがマイクを持った!

 

すげえ、アベさんは、人前で滅多に歌わない人らしい。

 

たしか、時任三郎だったと思うんだけで、すっげえ上手かった。

 

さすが、サックスプレイヤーは、肺活量も発声も、ものすごいですね☆

 

 

で、前回のライブの後も、スティングとか歌ったんだけど、

 

アベさんが、こう言うんです。

 

『…桑ちゃんの歌は、いいレイドバックなんだよねえ。』

 

え? 何すか、レイドバックって。

 

どうやら、きっちりリズムを刻むんじゃなくて、少し遅れ気味にプレイする、

 

演奏のテクニックらしい。

 

調子っぱずれではなく、小節いっぱいにおさまっているんだとか。

 

だから、どうやら、褒められたらしい。

 

 

なるほど、言われてみれば…

 

 

俺は、採点カラオケだと、あまり点数がよくない。

 

点数を出すためには、ワンテンポ早めに歌うと、90点台まで出せる。

 

でも、それって、俺が全然楽しくないんですよね。

 

だって、機械を喜ばせたって、面白くないじゃん!

 

 

ひとり飲みで、スナックを飲み歩く男なので、

 

全然知らない人と、一緒にカラオケで盛り上がることも、たまにある。

 

でも、ハモリって、つられちゃう人が多いでしょ。

 

だから俺は、相手よりわざと少し遅れ気味に、声を出す技術を体得したんです。

 

あくまでも、主旋律を際立たせて、サイドボーカルは、やや控えめに。

 

サイドの方が前に出ると、すごく嫌味になるし、聴いていて気持ちよくないから。

 

主旋律の人が、気持ちよくなるように、支えるように歌うのが、俺のスタイル。

 

 

歌い手さんがたくさんいるスナックに行くと、

 

ぶっつけ本番で、セッションさせられるときもしばしば。

 

そういう場数を踏んで、今の俺があるんですね。

 

 

まあ、そういうこともあって、

 

アベさんが教えてくれた「レイドバック」という言葉、すごく理解できました。

 

プロのミュージシャンから言われると、何だか嬉しいもんですね。

 

 

俺にとって、月イチのジャズライブの時間は、とても貴重。

 

平日だけど、夜8時スタートということもあって、参加しやすい。

 

やっぱり、時間って、努力して生み出すものなんですよね。

 

ワンドリンクで1500円という安さも、経済的にありがたい。

 

 

時間とお金を、有効に使える、楽しい大人のひととき。

 

 

時間も、

 

お金も、

 

気持ちよく使えたら、

 

きっと、精神的に幸福になれるんじゃないかなって思う。

 

 

 

楽しいひとときは、ほんの一瞬。

 

多くの苦痛の時間に耐えて、やっと辿り着く、安らぎタイム。

 

 

自由な時間は、自由に過ごせばよろしい。

 

無理に充実させなくたって、自然体で、ゆらゆらすればいい。

 

 

 

このブログだって、誰かに何かを伝えたいとか、

 

そんな御大層なシロモノじゃなくて、

 

自分の頭の中を、心の闇を、スッキリさせたくて、

 

自己中心に、書き出しているだけ。

 

 

人の評価よりも、

 

自分がどう感じたかを、確認して、記録しておきたいだけ。

 

 

 

今夜は、軽く、外を散歩して、コンビニでタバコ買って、

 

一服してから、空を眺めて、行く場所を探そうと思います。

 

 

月が輝いていたら、月に誘われるままに。

 

星がきれいだったら、星に吸い込まれるように。

 

 

ゆっくりと、

 

心も体も、レイドバックしながら、

 

よたよたと、不器用に、ひたすら歩くのだ。

 

 

 

 

ヘイヘイヘイ、ブルース。

 

まるでジャンキーなブルース。

 

お前のシャウトは、俺の胸をゆする。

 

傷ついたあいつにゃ、クレイジーレイジ―なブルース。

 

ミッドナイト・ブルース、聴かせてやりな♪

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

桑畑 五十郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「洋画」 の記事

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。