FUJITA'S BAR
2017-07-10

U-NOTE Ⅱ 「失敗と罪悪感と、ほっこりと」

テーマ:ケガ・病気

心療内科の先生と相談して、休むのは2日間だけにして、

 

金曜と土曜は、仕事に行きました。

 

その代わり、日曜と月曜の休みは、ちゃんと取るように、と。

 

 

金曜の朝は、戦々恐々…

 

前の会社でのトラウマがよみがえり、

 

『…明日から、もう来なくていいよ。』と言われるか、

 

「戦力外通告」とか、色んなことが頭をよぎりました。

 

 

それでも、重い体と心を引きずって、何とか、出勤。

 

 

特に、厳しい言葉は、かけられませんでした。

 

俺はひたすら、ご迷惑おかけしました、と言うしかありません。

 

金曜も、土曜も、何とか、職場にい続けるのが、精一杯。

 

 

相変わらず、失敗しています。

 

注意され、悔しいやら、罪悪感やら…

 

 

 

で、よくなかったのが、

 

ここ数か月ほど、休憩時間と昼休みを、まともに取っていなかったこと。

 

先日の日曜日なんかは、昼休みが、15分。

 

車でコンビニに走って、パンを2個買い、

 

1個をムシャムシャ食べた後、2個目を咀嚼しながら、車で走って戻る。

 

 

疲労とストレスと、失敗による罪悪感が、悪循環していく。

 

で、重症の豚を見落として、また失敗して、落ち込んで…

 

 

いつの間にか、そんなことを繰り返していたんですね。

 

これでは、力が湧いてこようはずもありません。

 

根性で、なにくそと無限にがんばれた若い頃とは、回復力が違います。

 

 

げっそりして、口数も少なくなり、誰とも会話をしなくなっていく…

 

俺の場合、こんな風に、悪化していくのです。

 

じわじわ、と。

 

 

 

休んでしまったのは、申し訳なかったのですが、

 

あのまま、無理して仕事していたら、もう、倒れてしまっていたでしょう。

 

その状態を、体が覚えていて、ブレーキをかけてくれたんだと思います。

 

 

 

家族も、心配してくれたので、2日間はちゃんと休み、

 

その後、2日間何とか勤務したことを、労ってもらって、この日月は、休みました。

 

 

 

 

で、土曜の夜に、ちょっとしたことがありました。

 

帰りにスーパーで買い物を頼まれたので、売り場をトボトボ歩いていると、

 

若いお母さんと、幼い女の子が、総菜コーナーの前にいました。

 

近くには、カートがあります。

 

 

俺の目指す方向がそっちなので、何気に歩いて行くと、

 

女の子が突然、カートに手をかけ、猛ダッシュ。

 

一瞬遅れて気がついたお母さんは、慌てて女の子を抑えようとします。

 

しかし、届かない。

 

女の子は、無邪気にきゃっきゃ言いながら、どんどん加速。

 

お母さんは、総菜を持ったまま、叫びながら走る。

 

 

このまま行くと、商品が陳列された棚に、激突してしまう。

 

 

で、女の子が突進する先に、たまたま俺がいたんですね。

 

 

 

豚を出荷する時の要領で、俺は、カートを反射的に抑えました。

 

無理矢理ガーンと止めるのではなく、やんわりと。

 

少しずつ減速させて、止まるか止まらないかのタイミングで、

 

お母さんの手が、女の子の肩に届きました。

 

 

…セーフ。

 

 

 

こんな時、危ないでしょ、とか、ちゃんと見てなきゃダメだよ、とか、

 

野暮なことは、俺は言いません。

 

穏やかに微笑んで、元気でいいじゃん、みたいな表情で、

 

ありがとうございました、と言うお母さんに軽く会釈だけして、立ち去りました。

 

(実際、自然に微笑むことができたかどうかは、自分ではわかりませんが)

 

 

 

小さな、小さな出来事でしたが、

 

たまたま、俺がその場所にいたことで、親子のトラブルを回避できたのは、事実です。

 

 

それだけで、

 

俺は、

 

今日、がんばって出勤してよかった、と思いました。

 

残業もして、この時間にここに立っていたことが、意味のあることに感じられました。

 

 

 

だから、土曜の夜は、少しだけ、気分が軽くなったのです。

 

 

 

不安も、恐怖も、重圧も、なくなりはしませんが、

 

それでも、俺という存在が、何かの役に立っていることを実感すると、

 

もう少し、がんばって生きようという力が湧いてくるものです。

 

 

 

自分の頭の中で、悪循環がグルグル。

 

自分の心の中で、罪悪感がスパイラル。

 

 

健全な思考ができる人には絶対にわからない、

 

想像を絶する苦しさなのです。

 

 

危うく、闇の中に引きずり込まれるところでしたが、

 

人に、感謝されることで、救われるのです。

 

 

そして、自分が、

 

とっさにそういう行為をできたことが、

 

まだ、俺は完全にダメにはなっていない、と思わせてくれるのです。

 

 

 

全く役に立たない人間など、いない。

 

頭ではわかっているつもりでも、

 

ある状況下に長く置かれると、おかしくなってしまう。

 

 

 

薬を飲んで、泥のように眠り、

 

時々起きて、静かな音楽を聴いたり、本を少し読んだり、

 

夜中にコンビニまで、タバコ買いに散歩したり、

 

バーに少しだけ、顔を出したり。

 

 

自分の気分が、少しでも和らぐように、ゆったりと、時間を過ごす。

 

どうせまた、明日から怒られて仕事するんだけど、

 

今はまだ、しばらくは、平穏な時間が過ごせるから。

 

 

俺は、強いか弱いかといえば、弱い人間です。

 

俺は、有能か無能かといえば、無能な部類に入る人間です。

 

 

だけど、なかなか、しぶとい。

 

俺の持ち味は、粘り強さ。

 

だけど、それにも、限界というものがあります。

 

 

この病気になって、それを、嫌というほど、味わいました。

 

 

明日、出勤できるように、今夜は、薬の量を調整します。

 

無様でもいいから、行って来ようと思います。

 

 

今の俺に、できること。

 

それがあるうちは、簡単には逃げたくありませんから。

 

 

 

 

元気が出てきたら、映画の記事を、再開します。

 

(今、書きかけのストックが、何本かありますので)

 

 

 

今の俺は、ブレーキを握ったまま、自転車をこいでいるようなもの。

 

もっと楽に、自由に動けるはずなのに、

 

失敗に対する恐怖と、罪悪感が、それを許しません。

 

だから、心も体も、ガッチガチ。

 

 

 

それなのに、女の子のカートを、やんわり、止めることができた。

 

実に、不思議なことです。

 

 

俺は、弱い者いじめと、八つ当たりが嫌いで、

 

仕事のストレスは、家庭に持ち込まない主義です。

 

仕事の問題は、職場で解決すべき問題だから。

 

 

上司の性格うんぬんや、指導方法うんぬんは、上司の問題だから。

 

俺の問題と、彼の問題は、根本が違う。

 

まずは、俺が自分の努力で、仕事の腕を磨いて、

 

「使える人材」にならなければならない。

 

権利を主張する前に、義務を果たせ。

 

 

努力は、実らないことも多いけど、ムダではない。

 

数々の失敗は、今の俺にとって、何かを教えてくれる。

 

 

 

明日の夜は、少しでも、いい顔をして、帰って来たい。

 

そのために、今日の穏やかな時間を、大切にしたい。

 

 

 

色々考えると、怖いけど、

 

逃げずに、がんばります。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。