FUJITA'S BAR
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2013-04-30

U-NOTE 582 「妻が肺炎に」

テーマ:ケガ・病気
一昨日から、風邪気味だと言っていた妻が、今朝、様子がおかしいので、

病院に連れていきました。

肺炎になりかけていたみたいで、点滴を打って、血液検査をしました。

しかしまあ、休み明けの病院は、混み方がハンパないですね…


何とか、入院はしなくて済むみたいで、連れて帰りました。

俺も妻も、ヘトヘトでございます…(笑)


しかしまあ、俺が何とか動けてよかったです。

最低限の家事は、何とかこなしました。


明日の朝、もう一度病院に連れて行って、点滴を受けて、

血液検査の結果を聞く予定です。


今夜は、早く休みます~


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-04-29

U-NOTE 581 「自分の中で迷子になる」

テーマ:ケガ・病気
「B型 自分の説明書」という本に、「自分の中で迷子になる」という記述があります。

まさに、その通りです。


俺は、考えることが好きですが、考え過ぎる傾向があります。

思考が暴走して、迷路に迷い込むこともしばしば。

もともと、身勝手な性格なんだと思います。

その分、スタンダードな枠には、なかなかはまらない男です。


俺を見て、○○なタイプですね、と瞬時に言える人は、よほどの天才でしょう。

人の本質は、一生かかっても、理解できるものではありませんから…


俺の心は、矛盾しています。

人恋しいのに、人を遠ざけてしまう。

寂しいのに、孤独になろうとする。

こんな面倒くさい男が、理解されるはずがありません。


だけど、俺の文章で、何かひとつでも共感できるものがあったら、

その部分で、理解し合えると思います。


ほんの、一部でいいんです。

その一点でわかり合うことができれば、充分なんです。


それだけで、俺という人間が、この世に生まれた意味があると思うから。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-04-29

U-NOTE 580 「褒められる恐怖」

テーマ:ケガ・病気
変な話ですが、褒められるのが怖いです。


褒められて、嫌な気分になる人なんて、いないはずなのに。

それなのに、褒められると、何だか怖くなってしまうんです。

まるで「そうならないと、ひどい目に遭わせるぞ」と言われているみたいで…

期待通りになれなかったら、どうしよう…って。

いわゆる「プレッシャー」になってしまうんですな。


けなされるのは、割りと慣れています。

何だか、褒められるよりも、納得できるんです。

だから、ある程度の攻撃は、平気でスルーできます。

俺個人を攻撃する分には…ね。


しかし、ブログ上でけなされると、俺の友達もけなされているみたいで、

腹が立ってしょうがない時があるんです。


ますますもって、面倒くさい男だと思います。


必死にがんばれば、できることがある。

必死にがんばっても、どうにもならないことがある。

がんばることが、できない時がある。


褒めることは、難しいのです。

褒められるのは、ありがたいことだから、怖いのです。


けなすのは、鈍感な人にとっては、簡単なこと。

けなすのは、敏感な人にとっては、困難なこと。


褒めるのも、けなすのも、覚悟が必要なのだと思います。


それが、わかっていれば、きっと大丈夫。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-04-29

U-NOTE 579 「罪悪感」

テーマ:ケガ・病気
いつ頃から、罪の意識を感じるようになったんだろう。


物心ついた時から、自分は「余計な生き物」という感覚があった。

みんなが助かっても、自分だけ助からないような、妙な確信があった。

みんながもらえるものを、自分だけもらえないことが多かった。


学校で配られたプリントを失くすと、すごく寂しい気分になった。

みんなが褒められても、自分だけは嘲笑されている気がした。

自分は、いつも、「みんな」の中に入っていなかったような気がした。


いや、違う。

自分から、入って行くのを「拒否」していたんだと思う。


自分が仲間に入ったところで、みんなを楽しませることができない。

みんなに「かわいそうな男」扱いされるのは、惨めだと思った。

同情されるほど、自分は無能ではないと思った。

そういうところが、かわいくなくて、面倒くさがられたんだと思う。


今になって、そういうことが、見えてくる。

今になって、そういうことが、少しだけわかってくる。

今になって…


今、わかったって、しょうがないのに。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-04-29

メモリアル傑作選 その15「ほえる犬は噛まない」

テーマ:DVD ・ 洋画
黄色いパーカーは、勇気のしるし。 …わんこの命を救うのは君だ!


今度は、報われない女性の物語をご紹介しましょう。
俺が、韓国映画の中で、一番好きな作品です。

監督は、「グエムル」「殺人の追憶」のポン・ジュノ。
このおっちゃんは、ドタバタコメディのセンスがピカイチ。

主演は、「クラウドアトラス」でクローン人間を演じたぺ・ドゥナ。
彼女がまだ21歳の頃の、初々しい演技です。


ペット禁止のマンションから、夜な夜な、犬の鳴き声が聞こえる。
時を同じくして、飼い犬の失踪事件が相次ぐ。

主人公は、前向きでがんばる割りに、ちっとも報われない女の子。
しかし彼女は、中途半端な正義感で、独自の捜査を始めるのであった…


この映画は、韓国らしい要素が、実にたくさん出てきます。
たぶんそのうちに、国がこのDVDを発売禁止にするかもしれません(笑)

ええと… まず、犬が大好きな人は、この映画、見ないほうがいいです。
明らかに、犬を虐待していると思われるシーンが冒頭にありますから。

愛犬を失ったばかりの友達がこれを見て、DVDを止めたそうです。
「虐待はしてません」なんて表示があったって、どうせウソですから。


次に、韓国には、犬を食う習慣があるということ。
犬がいなくなったら、たぶん食われたんだろうとみんな思います。
だから、犬の捜索なんて、いちいち誰も気にしてくれません。

そこで、このおねーちゃんが、勇敢にも立ち上がるのであった!

ジャイ子みたいな風貌の、腕っぷしの強い親友と協力して、
犯人をつかまえて愛犬を救出すべく、奔走するのであ~る。


怪しいと睨まれる草食系の兄ちゃんがいるんですが、彼は笑えます。
肉食系の恋人にどつき回されながらも、教授になろうとする男(笑)

彼は、露骨にワイロを要求されるんですなあ。
ワイロって、当然のごとく映画に登場するんですね~(笑)


とにかく、マトモな人間が、ひとりも出てきません。
何だか、韓国人って、ロクな奴がいないような気がして来ます。

でも、そういう彼らが、うまいこと絡むようになっているんですなあ。


黄色いパーカーのおねえちゃんは、力を振り絞って、犯人を追い詰めます。

さあ、彼女は、かわいそうなわんこを救出することができるのか?

青年は、ワイロを無事に調達できるのか?


ユルい設定と、スリリングな展開のバランスがよく、
ワケわかんないうちに、映画の中に引き込まれていきます。

俺、こういう性格の女が、大好きです。


人生は、損得じゃない。時を逃すな。突っ走れ!





【作品データ】

監督・脚本:ポン・ジュノ
撮影:チョ・ヨンギュ 音楽:チョ・ソンウ
出演:ペ・ドゥナ イ・ソンジェ キム・ホジョン
   コ・スヒ ビョン・ヒポン

 (2000年韓国 上映時間:110分)


☆タイトルの意味は、映画を見るとわかります。
☆ペ・ドゥナの映画デビューは、「リング・ウィルス」(リング 韓国版)の貞子役。
 デビュー作ですでにヌードを披露しているので、脱ぎっぷりがいい女優さんです。
 本作が、初主演作ということになりますな。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-04-28

メモリアル傑作選 その14「たまもの」

テーマ:DVD ・ 邦画
己の欲望に忠実に生き、相手の欲望に忠実に尽くす女は、美しい。


GWに家族サービスをがんばる父親のために、エロ映画をご紹介します。

主演は、伝説のAV女優、林由美香。
時間も約1時間と手軽なので、家族が寝静まった頃に、じっくりご覧下さい。


主人公は、30代くらいの女。冒頭で、手作りのお弁当をむしゃむしゃ食べています。
彼女は、ひとり暮らしで、ボーリング場で働いています。

そこの上司に体を求められ、あっさり応じます。
車の中で交わる姿が、何ともなまめかしい。

童顔のようでありながら、表情は、男をむさぼる熟女のようです。

彼女は、郵便局に勤務する、チャラ男と出会います。
体を許した直後から、彼女は毎日、彼のために、お弁当を作ります…


何ていい女なんだろう、と思う反面、何て危なっかしい女なんだろう…

彼女の大きな瞳が、時に激しく、時に哀しく、心に突き刺さります。


彼女には、台詞がほとんどありません。
しゃべれないというわけじゃなく、動作と表情だけで、会話しているのです。

口うるさくなく、静かで、性欲が旺盛な女…

男性の皆様には、彼女がどう映るでしょうか。
女性の皆様には、彼女がどう映るでしょうか。

俺は、彼女は、とても魅力的な女だと思います。

性格もよくて、優しい女だと思います。

だから、あんなことになってしまったんですね…


世の中には、都合のいい女というのは、存在しないと思います。

もしそう思うのなら、俺はそう思う人を、人間と認めません。


彼女は、実に生き生きとしています。

自分の心に正直に、生きています。

だから、見ていて、気持ちがいい。

気がつくと、彼女を応援したくなる自分がいます。


林由美香は、34歳でこの世を去りました。

本作は当初、「熟女・発情・タマしゃぶり」というタイトルでしたが、
内容の素晴らしさが認められ、「たまもの」と改題されて、劇場で公開されました。


彼女の魅力は、天性の賜物だと思います。

彼女が一番輝いて、美しかった姿を、心に焼き付けて下さい。


命短し、恋せよ乙女。




【作品データ】

監督・脚本:いまおかしんじ
企画:朝倉大介 撮影:鈴木一博
出演:林由美香 吉岡睦雄 華沢レモン
   栗原良 桜井一紀 佐藤宏

 (2004年新東宝 R18 上映時間:65分)


☆第17回ピンク大賞女優賞受賞
☆第18回ピンク大賞特別賞
☆ドイツ・ライツィヒ国際映画祭招待作品
☆韓国・チョンジュ国際映画祭招待作品





いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-04-28

U-NOTE 578 「卑屈になる自分」

テーマ:ケガ・病気
卑屈になる自分が、たまらなく嫌です。

嫌で嫌で、抹殺したくなります。


笑うと怒られ、怒ればさらに怒鳴られ、泣けば嘲笑された少年でした。

感情を素直に出すことが、許されませんでした。

我慢して、平静を保とうとする癖が、身についていきました。

でも、いくら辛抱しても、涙だけはあふれました。


こんな苦しみは、誰にも理解できません。

だから、具合が悪くなれば、仮病だと言われ、

ケガをしても、縫った傷口を見せなければ、信用してもらえませんでした。


嘘つき。何を考えているかわからない。不気味で暗い男。

それが、俺の思春期の姿です。


大人になって、初めて女性と話して、恋をしても、

自分は所詮、気持ち悪い男…という劣等感がありました。

だから、何か悪いことがあると、自分のせいのような気がしました。

思い込みが激しくて、うまくいきかけたのを何度もダメにしてきました。


友達になった人でも、口論してケンカ別れした人や、絶交した人もいます。

騙されたり、都合のいいように扱われても、

自分はこんな人間だから、しょうがないと思ってきました。


しかし、我慢できないことって、やっぱりあります。

怒りを感じても、どう相手にぶつければいいか、わからない時が多いです。

喜怒哀楽の出し方を、学習してこなかったから。


今、卑屈な自分と闘いながら、感情の出し方を少しずつ練習しています。

今更、誰も教えてくれないので、独学で修行しています。


できるだけ、誰も傷つけずに、上手に立ち回れるように。

そんな毎日です。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-04-28

U-NOTE 577 「ポーカーフェイス」

テーマ:ケガ・病気
俺はよく、ポーカーフェイスと言われます。

感情が、あまり顔に出ないんだそうです。

だからいつも、平気そうで元気そうで、クールだと思われるみたい。


その結果、あまり心配してもらえません。

顔が真っ青になるまで、誰も気づいてくれません。


酒を飲んでも、顔にあまり出ません。

酔っ払っても、酔っ払っているように見えないそうです。

だから、酒が強いと思われてしまいます。


感情が伝わらないのは、苦しいです。

具合が悪いと言っても、信じてもらえないのは、苦しいです。

大変そうに見えないから、倒れるまで働かされます。


「若いくせに、情けない」

「男のくせに、情けない」

「ベテランのくせに、情けない」

「根性のない奴は、いつ辞めてもらってもいいんだよ!」


ある人は、ポーカーフェイスが羨ましいと言います。

争い事と無縁で、いいですね、と言います。

とんでもありません。


顔に出る人は、出る人なりに、

顔に出ない人は、出ない人なりに、

それぞれ、苦悩があるんです。


俺が、表情に乏しいのには、ちゃんと理由があります。

感情を、封じられたから。

感情を、押し殺して、生きてこないといけなかったから。


俺は、笑顔をつくるのが苦手です。

笑おうとすると、顔がひきつってしまいます。


つまんない男なんです。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-04-27

U-NOTE 576 「難しいこと」

テーマ:ケガ・病気
人を褒めるのは、難しい。

かえって、相手を怒らせる場合があるから。


人をけなすのは、難しい。

相手のことをよく知らないと、迂闊なことを言えないから。


人を尊敬するのは、難しい。

完璧で聖人のような人などいないから。


人を見下すのは、難しい。

同じような理由で、自分が見下されていることを意味するから。


人に仕えるのは、難しい。

期待をかけられ過ぎても、期待を裏切ってもいけないから。


人を使うのは、難しい。

自分の悪い部分が、部下に表れてくるから。


人の話を聞くのは、難しい。

相手の気持ちや意図を、的確に読まないといけないから。


人に話をするのは、難しい。

自分の気持ちや意図を、正確に伝えないといけないから。


人の言う通りに行動するのは、難しい。

言われた通りにしても、怒る人はやっぱり怒るから。



世の中、難しいことばかりでございます。

だけど、「難しい」とわかっているうちは、何とかなると思います。


人を愛するのは、難しい。

難しいからこそ、愛しがいがあるというもの。


難しくなってからが、本当の人間関係を築けると、俺は思います。


人の心は、そんなに単純なものじゃないから。

だからこそ、面白いというもの。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2013-04-27

U-NOTE 575 「感覚」

テーマ:ケガ・病気
感覚を共有できるということは、意思が正確に伝わること。

感覚を共有できないということは、歪んで伝わること。


もちろん、100%正確に伝えることなんて無理だけど、
誤解されない程度には、理解してもらいたいもの。

誤解されたままの状態で、開き直るという高等テクニックもあるけど、
できれば、感覚をできるだけ共有して楽しみたい関係でいたいと思う。


俺は、嫌われることが多いから、自分が嫌われる理由も、よくわかっている。
こう言えば嫌われる、とわかっていても、やはり言わずにはいられないのである。

否定すれば、自動的に嫌われるかといえば、人間、そんなに単純ではない。

言いにくいことを、あえてはっきり言ってあげることも、大事な時があるから。


俺は弱虫だけど、ケンカをしたことがないわけじゃない。
いじめられれば仕返しするし、やるなら本気でやる。

その結果、信頼は失いっぱなしだったけど。


失敗することで、感覚が磨かれていくのである。

成功ばっかりしていると、自分を守ることばかり考えるようになる。
たくさん持っている人は、人を攻撃する側に立つようになる。

攻撃的な人は、そうしていないとナメられるから。
虚勢を張っていないと、何もかも失ってしまうから。

お金を持っている人ほど、弱い者に対して横柄である。
異性にモテると自慢している人ほど、異性に対して横柄である。


だから、基本、何も持ちたくないと思う。

何かを持っているだけで、自分が不自由になるような気がするから。

何を失っても、自分という感覚だけは、しっかり持っていたいと思う。


人からもらったものは、人に恩返しすればいいし、

ありがたいことをしてもらったら、別の誰かに親切にすればいい。

心に宝を蓄えて、ものはできるだけ持たないでいたい。


色んなものを持ち過ぎると、肝心なものを失くしてしまいそうだから。


で、今、俺が一番持たねばならないのは、仕事である。

GWが終わったら、行動を開始したいな。



いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。