FUJITA'S BAR
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2012-12-31

年末のごあいさつ

テーマ:ごあいさつ
読者の皆様、今年も大変お世話になりました。

多くの励ましと応援のおかげで、桑畑はこうして生きております。

家族と共に、年越しができることを、素直に喜びたいと思います。


思えば今年は、3月に職場復帰して悠々とスタートしたものの、
実家のごたごたで無理をしてしまって、病気が再発。
パワハラはますますひどくなり、8月に解雇…

失意の末に、この世とあの世の狭間を彷徨いました。
何度も何度も、もうダメかと思いました。


色んな人とぶつかって、憎悪の塊になったこともありました。
激しく罵倒され、精神的にボコボコになったこともありました。

これ以上付き合うと、自分の病状が悪化するから…
それを、どうやって説明したらいいのか、悩みました。

精神的な話って、鈍感な人には、なかなか理解してもらえなくて。
わかってくれる人なら、そもそも険悪な状態にはならないはずですから。


自分の気持ちを、うまく伝えられない人は、たくさんいます。
人の、借り物の言葉だけでは、なかなか難しいものがあります。

自分の中から湧き上がる情熱を、どうやってとらえるか。
俺も未だに、うまくつかまえられずにいます。


こんな状態になっても、好きな映画は捨てられませんでした。
「映画熱」という看板を、はずすことはできませんでした。

一番映画を見た本数が多かった時は、1年に128本でした。
ほぼ、3日に1回映画館に行っていることになりますね(笑)

ちなみに今年は、見た本数が79本。
だいぶ減ったけど、一般の人よりは多いですよね。

映画は、やっぱり映画館で見るのが一番いい。
本数を減らした分だけ、本当に見たい映画だけを見るようになりました。


話題作や大作は、他のブロガーがリアルタイムにいくらでも書いてくれる。
俺よりも面白い文章を書く人は、いくらでもいます。

俺が見に行く映画って、ちょっと普通の人よりズレていますよね。
俺は、そういう領域を担当するおっさんになりたいと思います。


心を病んだからこそ、見えてくるもの。
精神的に追い詰められたからこそ、心に染みるもの。

感動には、無限のストライクゾーンがあるのです。


俺でしか、味わえない世界を、俺の表現で、書き残していきたい。

そういう気持ちで、2013年を迎えようと思います。


コメントを下さった方、勇気を出してくてれありがとう。

メッセージを下さった方、打ち明けてくれてありがとう。

このブログを、桑畑四十郎を応援してくれて、ありがとう。


「趣味は何ですか?」と聞かれたら、迷わず「映画鑑賞です」と答えます。

俺の書く言葉が、皆様の心の中で、翼を持って羽ばたいていると嬉しいです。



これから、熱燗で一杯やって、家族ですき焼きを食べようと思います。

今年も、大変お世話になりました。

来年も、よろしくお願いします。


親愛なる読者の皆様、よいお年を!




                  2012年12月31日 桑畑四十郎





☆これより、毎年恒例のランキングを執筆します~


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-12-30

U-NOTE 348 「ちょっとしたことで」

テーマ:ケガ・病気
気持ちが不安定な時は、ちょっとしたことでつまづく。

病気だから、我慢することは多い。

我慢しなくてもいいことまで、辛抱してしまっていることが、多くなる。


例えば、今日のことです。

午後2時くらいに、すき家で牛丼を食べました。
ひとりで行動することに自信をつけたくて、訓練として行くのです。

カウンター席なら、他のお客と対面しなくてもいい。
でも今日は、行かない方がよかった…


俺は、「牛丼並み卵セット」をオーダーしました。
しかし、運ばれて来たのは、「牛丼並みサラダセット」でした。

すぐに、『…おい、これ、頼んだのと違うぞ!』と言おうとしたのですが、
思わず、言葉を飲み込んでしまいました。

バイトの兄ちゃんは、何食わぬ顔で戻って行きます。
俺は、言うタイミングを逃してしまいました。

俺の声が小さくて、聞こえなかったんだろうか。
俺のかつぜつが悪くて、聞こえなかったんだろうか。
相手の耳が、悪いのか。

普通、「卵」と「サラダ」を聞き間違えるでしょうかねえ…


全く想定していなかった事態に、俺は混乱してしまいました。
うつ病の人は、こんなことで心が乱れてしまうのです。

約10秒ほど考えて、俺は、1つの結論を出しました。

これはきっと、「野菜を食べなさい」というメッセージだ。
そう思って、俺は、小さな声で「いただきます」と言いました。

半分くらい食べてから、「やっぱり、卵欲しいな」と思いました。
だけど、追加注文するのは、贅沢だと感じました。

食べ終えて、350円払って、店を出ました。


次は、メニューを指差して、オーダーしようと思います。
息を吸って、はっきり言おうと思います。

お客として、堂々として。


まだまだ、ひとりが危なっかしい桑畑です。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-12-30

映画「仮面ライダーウィザード&フォーゼ MOVIE大戦アルティメイタム」

テーマ:アニメ・特撮
宇宙に行くわ、魔法は使うわ、バイクいらねえじゃん!


今年最後の映画紹介記事は、仮面ライダー最新版です。
冬休みの家族サービスとして、親子3人で見て参りました。

仮面ライダーの映画、今年は3本もあったんですね(笑)
宇宙刑事とか戦隊ヒーローも入れたら、すごい数になっちゃいます。
東映の野郎め、どこまで親から金をむしり取ろうとしているんでしょう。

慌てて量産されると、品質が落ちるのは、世の習いです。
今回の映画は、ストーリーはどうでもいいみたい。

チビっ子たちが、アクションを楽しめれば、それでよいのだ。
思春期の少年が、お姉さんのお色気にムラムラすれば、それでよいのだ。


「仮面ライダーフォーゼ」は、宇宙に自由に行き来できるライダーでしたが、
今どきの「仮面ライダーウィザード」は、魔法使いの何でもありライダーです。
お前、バイクじゃなくて、魔法のホウキにでも乗りやがれ!

まずは、変身ベルトにご注目。
パーにした手が、バックルになっているんですね~
この「手形」に、指輪をはめた手でタッチするんですが、
何だか、股間を触っているようで、恥ずかしい(涙)

映画では、子供たちに指輪を渡してタッチさせる場面があるんですが、
いたいけな少年少女に下腹部を触らせているようで、赤面してしまいます~

ああ、こんなに恥ずかしい変身ベルトはイヤだ!
俺、絶対こんなのでライダーになりたくないよう…


ゲストキャラは、アクマイザー3とイナズマンと、美少女仮面ポワトリン。
その中で、特筆すべきは、イナズマンです~

サナギマンの場面が、やけに長いな~と思っていたら、
成虫になったイナズマンのデザインが、何と原作デザイン!
しかも、体中の血管が浮き出ていて、ブーメランパンツを着用している!

こっ、これは…恥ずかしい!

今回のテーマは、ホモデザインが主体なんですか~?


きゃっきゃっと騒ぐ子供たちを尻目に、俺は何だか体温が上昇する思いでした。
こんな映画、親子で見ていていいんだろうか…

まあ、そこは、考えないことにしよう。(誰も考えていないって)

ここはひとつ、おねーちゃんのお色気アクションで、バランスを取ろうっと。
ああ~、なでしこライダーのヒップアタックを食らってみたい~

『…おじさま、ちゃんと見てくれなきゃイヤよ…うっふんあっはん』
(註:そんなセリフはありません)


いいじゃん、アクマイザーも悪そうだし、デーモン閣下の声も笑える。
ポワトリンのフトモモも健全でよろしい。

助っ人に駆けつけたライダーさん、イナズマンにパンツを貸してあげて下さい(笑)

さあ、何を言ってるのかさっぱりわからないでしょうが、そんな感じです。
ストーリーはネタバレしていないから、楽しむポイントだけ教えたのです~


ライダーガールは、ボンドガールとは、違った魅力があるんですよね~
少年たちよ、強いおねーちゃんが助けたくなるような男になるべし。
いやいや、違った、かよわい女性を助けられるような男になりなさい!

キミの魔法の杖にパワーがみなぎったら、下腹部を押さえるべし!


シャバドゥビダッチヘンシーン!真ん中の足で、ライダーキック!(それは危険)

魔法のエナジーが体を駆け抜け、男の欲情がみなぎる時、
ほとばしる熱いパトスで、少年よ、神話になれ!


男は、いつも心の下腹部に変身ベルト。どんな敵にも、ライダーキィィィック!






【作品データ】

監督・アクション監督:坂本浩一 原作:石ノ森章太郎
脚本:浦沢義雄 中島かずき 特撮監督:佛田洋
音楽:中川幸太郎 成瀬シュウヘイ 主題歌:デーモン閣下
出演:白石隼也 実仲麻琴 戸塚純貴 高山侑子
   福士蒼汰 高橋龍輝 清水富美加 吉沢亮

 (2012年東映 上映時間:96分)


☆「ウィザード」の女刑事役で出演している高山侑子は、原幹恵と同じく、
 新潟県の出身です。映画「空へ」と、ビオレのCMに出ています~


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-12-30

U-NOTE 347 「やっぱり映画ブログ」

テーマ:ケガ・病気
俺のブログって、ジャンルがよくわからないですよね。

自分でも、どこへ行こうとしているのか、わからなくなる時があります。


これでも、年間に映画館で映画を70以上は見て、
その都度記事にアップしているので、一般の人よりは映画記事は多い。

だけど、圧倒的に「うつ」の記事が多いので、映画が埋もれてしまっています。
しかも、みんなが見ないような映画が中心だから、人気も出ないわな(笑)


でもね、面白いんですよ。
検索ワードをチェックしていると、読まれている記事がわかるから。
TVで映画が放映されたり、レンタルDVDが開始されたりすると、
結構、俺の記事、読まれているんですね。
それから、古い記事にもちゃんとアクセスが来るんです。
他の人とは、違う視点で見ていることも多いですからね…

俺の映画記事は、映画を見た直後の「映画熱」がさめないうちに、
新鮮な状態で書き記します。
他の人のブログとかあまり読まないし、批評家のコメントも気にしない。

だって、俺が感じた世界だもん、俺が好きに書いていいじゃん!


その結果、人と評価が全然違ってくるんですね。
レンタルDVDで借りて見たのと、劇場で見たのとでは、重みが違う。
だから、何が何でも楽しんでやる!っていう気合が入るんです。

「つまんない」と一言で言うのは簡単。
俺は、何故「つまんない」のかを追求する男。
そして、どうやったら面白く楽しめるかを考える男なんです。

結果、どんなバカ映画でも、それなりに楽しめる才能が育ちました。

それが、「プロの観客」としての誇りです。


俺の映画記事は、すぐにはウケない。

だけど、一般人のありきたりな批評にうんざりな人には、刺激がある。

そういうポジションでありたいです。


映画を通して、自分の人生を語っていく。

それが、本来の姿だったんですが、状況によって、柔軟に対応していく。

病気になったのも、きっと意味がある。

病人の視点だからこそ、他の人には見えない世界が見える。

せっかく病気になったんだから、その状態を生かした文章を生み出したい。


だから、うつの闘病ブログなんだけど、あくまでも映画が中心にあるんです。

映画は、俺の心の中の「重心」であり「核」なんです。


だから、人に聞かれたら、俺は映画ブロガーです、と名乗りたい。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-12-29

U-NOTE 346 「ああ言えば、こう言う人」

テーマ:ケガ・病気
ああ言えば、こう言うタイプの人がいます。

マシンガンのように、早口でまくし立てます。

世の中、言ったもん勝ち。怒ったもん勝ち。

喚いていれば、何かもらえるとでも思っているかのようです。

黙っていると、いいようにやられてしまうかのようです。


一昔前は、「沈黙は金」という言葉がありました。

今は、沈黙していたら、悪者にされてしまうのです。


だから、大人しい子が、いじめのターゲットになる。

反撃してこない者が、パワハラのターゲットになる。

たまりかねて反撃した途端に、悪者扱いをされ、はじき出される。

実に、よくできたシステムだと思います。


正しいことを、自信を持って堂々とやりなさい。

弱い者いじめをしてはいけません。

困っている人に、親切にしてあげましょう。

そういうこと、学びませんでしたか?

実は、それをやると、人生を踏み外すんですよ~


みんな、頭の中では、よくわかっているんです。

だけどそれは、「自分に被害が及ばない範囲」で有効なのです。

自分がみじめな立場になってまで、人助けをする物好きは、なかなかいません。

俺は、馬鹿だから、こんな目に遭ったんだと思います。


だけど、ずるくなりきれなかった。

人を踏みつけてまで、おいしい思いをしようと思わなかった。

俺は、やっぱり、底辺をうろつく運命なんです。

だから皆さんは、俺のまねをしちゃいけませんよ。

心が、あっという間に崩壊してしまうから。


ああ言えばこう言う人は、「言う」のが目的であって、

相手がどう感じるかなんて、どうでもいい。

相手にものを言わせる時間を与えずに、ひたすら屁理屈をこねる。

攻撃は最大の防御とばかりに、怒鳴り続ける。

人の気持ちなんて考えないから、言ったことはすぐに忘れてしまう。

相手が黙ってしまうと、「口論に勝った」と錯覚してしまうのである。

何とも、貧しい優越感である。


自分は、口喧嘩では最強だと思っている。

みんなが呆れているのが、わからないのである。

相手をやり込めることに喜びを感じるので、

相手が何も言わなくなると、自分に屈服したと思い込むのである。


人の話なんて聞かないから、そういう人には成長がない。

年を取って、ボケていくだけである。

そして、悪いことを全て人のせいにして、狭い世界で怒り続けていく。

そんな人生、楽しいんだろうか。


俺には、無理である。

人の気持ちがわからない人だからこそ、できることなのである。

彼らは、人間として成功しているのか?

それが、人間として正しい生き方なのか?

弱肉強食。強い者が生き残り、弱い者は滅びる。自然淘汰。進化論。

ああ… わからない。


俺は、こんなに弱い人間なのに、どうして今も生き残っているんだろう?

何が、俺を生かしているんだろう?

俺は、この世でまだやることがあるんだろうか?


これもまた、現在進行形で考えていることです。

今は、ここまでしか書けません。

だから、これからも、考え続けます。

だって、「ああ言えばこう言う人」は、教えてくれませんから。


イカレた人間が「健常者」で、社会的に優位に立ち、

まともな人間が心を病んで「精神障害者」になっていく。


どうしても、納得できないのです!


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-12-29

U-NOTE 345 「怒られ続ける人生」

テーマ:ケガ・病気
とにかく、俺は、よく怒られる。
やたらに、ダメ出しをされる。
何でこんなに否定されるんだろう、っていう人生である。

俺は、怒りやすい人間なんだろうか?


俺は、よく、道を聞かれる。
カメラのシャッターを押してくれと頼まれる。
酔っ払いのジイさんに、絡まれる。

俺は、話しかけやすい人間なんだろうか?


俺は、よく、「イメージが違う」と言われる。
「そんな人だと思わなかった」と言われる。
「意外と」という言葉で表現される。

俺は、勝手にイメージを与える男なんだろうか?


自分のことって、自分ではよくわからない。
人に言われて、初めて気づくことは多い。
色んな種類の人に批評されると、ワケわかんなくなっちゃう。

俺は、何かものを言いたくなる人間なんだろうか?


怒られることが多いから、褒められることに慣れていない。
でも、相手の気持ちを否定したくない。
だから、お礼を言う。実際そう思わなくても、お礼を言う。

その人の気持ちに、感謝したいから。
その人の気持ちを、踏みにじりたくないから。
その人の気持ちを、大切に思いたいから。


怒った時は、謝ってもらうと、心が鎮まるもの。
褒めた時は、感謝されると、嬉しいもの。

「そんなことありません」と否定するのは、一見、謙虚に見えるけど、
相手の気持ちを否定することにもなるので、失礼なのである。


「ありがとう」と「ごめんなさい」が自然に言える人は、すぐに友達ができます。

だけど、そういう素直な生き方は、厳しい世の中では、貫くことが難しい。


その理由を、俺はいつも、考えています。


だてに、怒られ続けていませんから。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-12-29

U-NOTE 344 「傷は、癒えていくもの」

テーマ:ケガ・病気
たくさんの心を、傷つけてきました。

俺自身の心も、いっぱい傷つきました。


傷は、時間とともに、癒えていくものです。
完全に治りはしないかもしれないけど、治癒していくものです。

傷跡は、うっすらと残っている方がいい。
そのことを、忘れないように。

心の傷跡は、見た目ではわからない。
だから、感覚で捉えるのである。


誰にも言えないことがある。
誰にも知られたくないことがある。

本当は、聞いて欲しいのかもしれない。
本当は、わかって欲しいのかもしれない。

人には、1つや2つ、秘密があるものです。
大人になるということは、秘密を持つことです。

秘密を守れる人は、約束を守れる人。
秘密を話せる人は、信頼できる人。

俺は、そう思うんです。


話せる人には、話してみてもいいかもしれない。
全部は無理でも、一部は理解してくれるかもしれない。

話すと、少しだけ、心が軽くなるんです。
心が軽くなった分だけ、余裕ができるのです。

そうなったら、今度は、誰かの話を聞いてあげて下さい。


心の傷は、少しずつ、癒えていくものです。

完全に治らない方が、かえっていいこともあるのです。

反比例のグラフのように、限りなく近づいて行くけど、交わらない。

だけど、少しずつ、楽になっていく…

そういうイメージなんです。

わかってもらえるかな…?


焦らずに、話せることから、話してみましょう。

その瞬間から、傷は、癒えていくのです。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-12-29

U-NOTE 343 「人の話は最後まで」

テーマ:ケガ・病気
黒電話って、覚えている人いますか?

あの独特のフォルム、いいですよね~

「受話器」なんて言葉は、もう死語でしょうか。


あれって、耳に当てる側と、話す側がありますよね。
大きさは、たぶん同じくらいだったような気がします。

「話す」と「聞く」は、同等のものということの象徴のように思えます。

ちゃんと聞いて、ちゃんと答えること。
ちゃんと話して、相手の話もちゃんと聞くこと。

これって、会話の基本ですよね。


相談があると言いながら、なかなか本題に入らない人がいる。
話を聞くと言いながら、自分の話にすり替えて、自慢話をする人がいる。
それは、信頼してくれた相手に対して、失礼なことなんです。


話すのが上手い人は、手短にスマートに説明できる。
聞くのが上手い人は、相手の気持ちを読み取ってリードできる。
でも、世の中にそんないい人は、滅多にいませんから(笑)


大体、人の話は適当に聞いておいて、自分が話す方に力を入れてしまう…
そういう人が、多いのです。俺だって、そういうところがありますから(汗)
みんな、忙しいんですよね…

時間がなくなると、心の余裕もなくなって、
物事をてきぱきこなしていくうちに、時間だけが過ぎて行っちゃう。
そうやって、年を取っていくのかなあ。

人と、腹を割って話すのは、楽しいことだと思うんです。
知識うんぬんではなく、心に栄養がいくことだから。
脳も鍛えられるし、柔軟な思考が身に付いてくるんです。

年齢が違う方が、面白いんですよ~


「話がつまらない」と言う人は、面白く聞く技術を磨きましょう。
話をする相手が、もっともっと話したくなるような姿勢を見せましょう。
何事も、受身一方では、楽しくないのです。

「話を聞いてもらえない」人は、話し方をちょっぴり工夫しましょう。
話を聞く相手が、もっともっと聞きたくなるような語り口にしましょう。
その方が、手応えというものがありますから。


どうやったら、会話が楽しくなるか。
これは、理屈ではなく、実践の学問です。

100人いたら、100通りの話し方があると思って下さい。


あなたにしかない面白さを、俺がちゃんと見つけてあげますよ。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-12-29

U-NOTE 342 「ゆらゆら」

テーマ:ケガ・病気
心が、ゆらゆらしています。

まだ、不安定なんだなあって感じます。


上がったかな、と思うと、微妙に沈んでいたり、
楽になったかな、と思うと、少し疲れたり…

まあ、大体、そんなもんなんです。
振り子とか、波みたいなもんで、なかなかスッとONにならないんです。


こういう時、人間の心って、アナログだよなあ…って思います。


コーヒーを飲んで、少し力を抜きます。

焦って動かないのが一番。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-12-28

U-NOTE 341 「思考をやわらかく」

テーマ:ケガ・病気
壁にぶつかる度に、絶壁を滑り落ちていく度に、感じることがある。

人間には、柔軟性が大事なんだ…と。


挫折を味わう毎に、意固地になっていく人と、謙虚になっていく人がいる。

何度味わっても、学習しない人もいるかもしれませんが…


「こうありたい」というイメージと、実際の自分が違うから、悩みが発生する。

願望がない人には、失望もない。

そう思うと、みんな、何かしらの願望があるように思えてくる。

欲望と言えば、わかりやすいかもしれない。

欲しいものを手に入れたいから、がんばる。

失ったものを取り戻したいから、がんばる。


がんばっても、ダメなこともある。

わかっているけど、がんばらずにはいられない…

やっぱり、目指すものがないと、方向が決まらないんだろうか。


立ち止まって、初めて見える景色がある。

スピードを落として、初めて視界が広くなる。

早く目的地に着くよりも、大事なことがある。


何かを拾うためには、体の柔軟性が必要。

人の言葉をちゃんと受け止めるのにも、心の柔軟性が必要。

年齢や性別に関係なく、しっかりした言葉を言う人がたくさんいる。

そういう、いいものをしっかり受け止めるために、思考をやわらかくしておきたい。


「石頭のオヤジ」になるには、まだ少し早そうな気がするから。


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。