FUJITA'S BAR
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2012-11-28

しばらく、休みます。

テーマ:ごあいさつ
ブログ記事の更新を、しばらくお休みします。

なうやグルっぽの方は、時たま書き込みますので、よかったら絡んでね。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-11-27

U-NOTE 310 「できないこと」

テーマ:ケガ・病気
俺に、できないこと。

俺には、無理なこと。


俺に、できること。

俺なら、何とかなること。


がんばっても、できないこと。

がんばれば、何とかなること。


人を、助けること。

人を、傷つけること。

人から、逃げること。

人に、向き合うこと。


正直だから、できないこと。

嘘つきだから、できること。


本音を、言えない場所。

本音を、ありのまま言える場所。


何を言っても、怒られる場所。

何を言っても、無視される場所。


勇気なんて、いらない。


自分が悪者になる覚悟が、あるかどうか。

多くを敵に回しても、ひとりの命に向き合えるか。


そんなに、複雑じゃない。

ごく、単純なことなのである。


人の気持ちを理解するということは、痛みを共有すること。


だから、今は、これでいい。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-11-27

U-NOTE 309 「それでも」

テーマ:ケガ・病気
すいません、つい、グチってしまいました。

だって、ホントに寂しかったんだもん…


もう充分、寂しがったので、いいです。

明るいこと、色々探してみようっと。


失敗は、次の行動に生かせばいい。

反省は必要だけど、後悔はしない。


それでも、俺のやり方を貫かせていただきます。

わかってくれる人も、きっといるから。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-11-27

U-NOTE 308 「寂しさ」

テーマ:ケガ・病気
寂しいです。

理由は、うまく説明できません。


大きな、大きな、空振りでした。

その人たちのために、一生懸命に答えたつもりだったんですが、

俺は、ただのずる賢いおっさんでした。


うまくいかないもんです。


あ~あ。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-11-26

U-NOTE 307 「平穏な一日」

テーマ:ケガ・病気
今日は、大きなことは、何も起こりませんでした。

体は起こせたので、身の周りのことを、2つ3つこなしただけ。

気分は、まあまあです。


時々、ネガティブな方向に沈むけど、沈みきらないうちに、戻ってこれる。

うたた寝したり、ハーブティーを飲んだり。

何だか、思考が回らないんですよね(汗)


月曜日は、ただでさえ憂鬱になりやすいから、

この程度の状態で、夕方になってよかったかもしれません。


呼吸は、比較的、落ち着いています。


この調子なら、大丈夫かも。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-11-25

U-NOTE 306 「疲弊。」

テーマ:ケガ・病気
昨夜まで、色々と予定があって、さすがに疲れました。

今日は、夕方まで、何もできずに、ずっと寝ていました。


これから、朝食兼昼食兼夕食でございます(笑)

ああ、力が出ねえ。
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-11-24

U-NOTE 305 「大変な一日」

テーマ:ケガ・病気
一日に、二度も119番に電話したのは、初めてです。


昨日は、午前中から出かけて、入院している友達のお見舞いに行きました。
月曜日に手術するらしいので、元気なうちに1回行っておこうと。

祝日だったので、病院は大賑わい。
人ごみがしんどかったけど、何とかクリアできました。

行きも帰りも道路が混んでいて、戻って来たのは、夕方でした。

コーヒーを飲んで落ち着こうと思い、Nビルの行きつけのカフェに寄りました。
30分くらいで、すぐに帰るつもりだったんですが…


義姉妹でやっているお店で、この連休中は、大忙し。
イベントがたくさん続いたでので、きっと疲れていたんだと思います。

妹のAちゃんが、風邪っぽいと言って、しんどそうだったので、
カウンターの椅子に座っていたんです。

Aちゃんがトイレに行き、姉さんの方と話をしていたら、
トイレのドアが、コンコンコン…

おや、と思いましたが、何かぶつかったかな、程度に思って、
また、話を始めました。でも、すぐにまたコンコンコン…

おかしいな、と思いました。
もしかして、ドアが壊れて出られなくなったかな…なんて。

またコンコンコン…と音がしたので、姉が見に行くと、
Aちゃんは、トイレで倒れていた。

お姉さんはパニック。どうしようどうしよう、と言いながらドタバタ。
下の階に行って、母親を呼んで来る。


俺は、すかさず119番。この時間で診てくれる病院を調べる。
時間帯と電話番号を調べて、メモに書いておく。

数人が出たり入ったりして、慌しくなる。客は、俺1人だった。
少し落ち着いたようなので、奥の長いすで横になってもらう。

俺は、いつでも病院に運べるように、待機しておく。
お姉さんは、俺が書いたメモを、電話の横に貼る。


しばらくして、Aちゃんの兄が到着。
そこで、用心棒役をバトンタッチして、俺はいったんNビルを出る。

わき道に出たら、礼服を着たジイさんが、何だか路地に座っている…



「どうしましたか?」と話しかけると、どうやら泥酔状態のようで、
何を言っているのか、さっぱりわからない…

見ると、顔から血が流れている。

もしかして、ひき逃げでもされたのかと思い、警察に通報しようかと思ったら、
NビルのスナックHの名前がポロッと口から出た。

赤いパーカーの女の子が通りかかったので、
「悪いけど、スナックHのママを呼んで来てくれ!」と頼んだ。
俺は、再び119番にかける…

彼女はすぐに行ってくれて、ママが飛び出して来た。
「Sさんじゃないの!あんたここで何してんの!」

あ、よかった。ここのお客だったんだ。
「今、救急車を呼びますから…」「いいよ、そんなことしなくて、こんな奴!」

ええ~っと思ったけど、とりあえず救急車は止めにして、
スナックHまでジイさんを運んだ。

ちゃんと歩けるみたいだし、どこも骨折とかはしていないみたい…


どうやら、法事があって、昼からずっと飲んでいたらしい。
それで、さっきまでこの店にいたんだそうだ。

近所だから歩くと言ったらしいんだけど、側溝の蓋がない所に足を落として、
そのまま顔面を強打したらしかった。

なかなか、恰幅のいい体型だし、見るからに丈夫そうなジジイである。
どうやら、この店では、大物らしかった。

助けてくれてありがとう、とお礼を言われて、
おごるから飲んで行け、ということになってしまった。

ママにも言われたので、少し付き合うことになった。

俺は、なかなかNビルから帰してもらえない(汗)


飲みながら、Aちゃんがさっき具合悪くなった話をしたら、
ママさんが、安定剤の薬を出して、俺に持って行ってくれと頼んだ。

また階段を上がって2階へ…

「あれえ、帰ったんじゃなかったんですか?」
「何だか、帰れなくなっちゃって…あっはっは。」

Aちゃんは、ちゃんと意識があるようだった。

「さっき、桑畑さんがここにいて下さって、心強かったです。」
「いやいや…それより、今、下でケガ人と一緒に飲んでる。」
「えーっ、どうしたんですか~?」

ああ、説明が面倒くさい。


カミさんにも電話して、ワケありで遅くなる、ということを伝えた。
スナックに戻り、ジイさんの付き合いをする。

彼は、夫婦でこの店に通っていた、上得意だったらしい。
しかし、最近、奥さんが亡くなったんだそうだ。

今日の法要は、奥さんのだったのかな…

あまり立ち入ったことは聞かず、調子を合わせて一緒に飲んだ。


1時間するとほど、ジイさんは眠くなってきたらしい。
ママが、すかさずタクシーを呼ぶ。

2人がかりでタクシーに乗せ、俺はジイさんに言った。

「家に帰るまでが、法事だよ!」


店に戻り、ママと話をしていると、だんだんとお客が入って来た。
お店の女の子も次々と現れ、だんだん賑やかになっていった。

この辺のタイミングで、ちょうどいいな。

俺はママに、また来るから、今日は帰るね、と言って店を出た。
お代は無料(笑)。あのジイさんのおごりだった。

どうもごちそうさま~



俺は、とても興奮していた。
必死になっていたので、急に力が抜けた。

でも、アクシデントにちゃんと対応できた…と自分に言い聞かせた。
今頃になって、体が震えて来た。

このまま帰っても落ち着かないので、もう1軒行って、熱燗を飲んだ。
今日起きたことを話しながら、自分の頭を整理した。

「桑ちゃん、いいことしたじゃない。」

そう言われて、救われる思いだった。



今日の朝、家族に、昨夜のことを話した。

妻も娘も、俺を褒めてくれた。

あんまり役に立った実感がないんだけど、そう言われて嬉しかった。


Aちゃんは、マスクをして、調理場に立っていた。
何とか、大丈夫だったらしい。

よかった。


一日に、2回も119番したのは、生まれて初めてだった。

そして、この日は、「勤労感謝の日」だった。


友人を見舞い、倒れた人間に寄り添い、ケガ人を助けた。



俺、がんばったじゃん。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-11-22

U-NOTE 304 「つぶされていく魂」

テーマ:ケガ・病気
純粋な魂が、またひとつ踏みにじられた。

ただ、ひたすら悔しい。

どうして、そこまで嫉妬するのか…

どうして、そこまで残酷になれるのか…


俺には、わからない。

わからないけど、この気持ちを決して忘れない。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-11-22

U-NOTE 303 「沈黙は鬱」

テーマ:ケガ・病気
余計なことを言わないように、気をつけてばかりいると、
そのうち、何も言えなくなってしまう。

何も言わないと、永遠に理解されないから、
やっぱり、何かを言わずにはいられない。

相手の反応が怖いけど、話さないことには、始まらない。


「沈黙は金」というけれど、沈黙し過ぎるのは、よくない。

感情は、循環させないと、だんだん濁っていくものだから。


自分の心の中で、グルグル。
自分の体の中で、グルグル。


何を言っても、無駄かもしれない。
何を言っても、無意味かもしれない。

だけど、俺は、あえて言い放つ。


相手が、傷つくかもしれない。
自分が、傷つくかもしれない。

でも、「ちゃんと言えばよかった」と、後悔したくない。


ごめんね。
傷つけちゃった人たち、ごめんね。

こんな男なんです。
こんな生き方しか、できないのです。


許してくれとは言わない。

ただ、こういう男がいるんだ、ということを、覚えておいて下さい。


だって、沈黙し過ぎると、うつがひどくなっちゃうんだもん。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-11-20

ヘタレの美学 ~エヴァ追記~

テーマ:映画コラム
ヘタレは、人の言葉を、増幅する。


「やれ」と言われると、「とにかくガタガタ言わずにやれ!」と聞こえる。

「やるな」と言われると、「お前になんか、できっこない。」と聞こえる。

「何もするな」と言われると、「何もできないくせに…」と聞こえる。

「逃げろ」と言われると、「お前は邪魔だから、いなくなれ。」と聞こえる。


ヘタレは、人の言葉を、記憶する。


今までその人に言われた言葉を、ほぼ全部覚えている。

嫌な記憶ほど、鮮明に覚えている。

警戒心を増強して、隔壁の栄養分にしていく。

「今言われた言葉」は、「今まで言われた言葉」の延長なのだ。


ヘタレは、人の言葉を、思考する。


自分なりの分析において、ヘタレは絶大な集中力を発揮する。

悔しさと恨みの心理において、ヘタレは驚異の反発力を育てる。

大切なものを踏みにじられた憎悪を、静かに貯えていく。

「自分の力」を発動させるだけの、理由を探している。


ヘタレは、「時」を待っている。


自分だけにしかわからない世界のために、いつか戦いたいと思っている。

自分が大切にしているもののために、戦いたいと思っている。

自分を必要としてくれる者のために、命を懸けたいと思っている。

自分でなければ、できないことがあると信じている。



ヘタレ、最強。

ヘタレ、万歳。

ヘタレよ、永遠なれ。


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。