FUJITA'S BAR
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2012-10-31

U-NOTE 282 「ハッピー・ハロウィン」

テーマ:ケガ・病気
実は、妻と娘が、今週から風邪をひいちゃって、バタバタしていました。

病人の俺だけ元気というのも、何だか笑える話ですよね。


スーパーに買い物に行くのも、ひと苦労。
混む夕方の時間帯は避けて、すばやく、迅速に…
ついでにワンカップなぞを買ったりする。

幸い、2人とも回復が早くて、今朝は元気に起きました。


ジムのトレーニングが終わって、軽くシャワーを浴びてから夕食。

今夜は、ハロウィンですね。
不二家で1000円くらいのペコちゃんパックを買っておいたので、
2人に見せると、2人とも大喜び。

どのお菓子を食べるかで、ジャンケンしてます(笑)


俺は、クリスチャンではないけど、お祭りごとが大好き。
飲み会や、パーティーも大好きです。



子供の頃は、お盆と正月と祭りの日が憂鬱でした。
普通は、嬉しい日のはずなんですけどね…

親戚が集まって、宴会をしているうちはいいんですが、
みんなが帰ると、途端に親父が文句を言い始めて…
お袋や子供に八つ当たりする、怖い夜だったのです。

だから、楽しい時間の後は、苦痛の時間がやって来るのを覚悟していました。
今でも、嬉しいことがあると、罰が当たるような気がして不安になるんです。


そんな少年にも、楽しい夜がありました。
それは、クリスマスの夜。

この日だけは、親戚は関係なく、家族だけで楽しめる夜。
親父は、クリスマスの夜だけは、暴言を吐きませんでした。

だから俺は、クリスマスが大好きなんです。
一年で、一番安心できる夜だったから…


大人になって、ハロウィンというものを知って、
仮装した子供に、お菓子をあげるイベントだということを覚えました。


我が家は、お盆も、正月も、お祭りの日も、クリスマスも賑やかです。
明るい妻と、明るい娘がいてくれるおかげなんです。

2人とも、俺と同じで、イベントが大好き。

だから、今夜も、賑やかです。


悪霊も妖怪も、今宵は無礼講。

仮釈放気分で、シャバの空気を吸い、酒を飲んで歌ってよろしい。

好きな人も、嫌いな人も、今夜は仲良くしちゃいましょう。


ハッピー・ハロウィン。

愛する読者の皆様に、幸いあれ。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-30

U-NOTE 281 「人を理解するということ」

テーマ:ケガ・病気
自分のことって、わかっているようで、わかっていないものです。


「ほら、私って○○な人じゃないですか~」
こんな風に、気軽に言える人が、羨ましいです。

俺は、7年間も、自分の内面を書き続けていますが、
未だに、自分の心がうまく掴めません。

ましてや、人の心を理解するなんてこと、できるはずがない…
いつも、そういう風に感じています。

そうすると、結局人は、自分のことも一生わからないし、
人の気持ちもわからないまま、死んでいくのみなのか…

それは、やっぱり寂しい。


そこで、こういう風に考えます。

自分のことは、全部はわからないけど、少しはわかる。
人の気持ちは、全部はわからないけど、部分的に理解できる。

だから、お互いに、「少しずつ」理解し合えばよいのです。


あいつのこういう部分は、自分は理解できる。
あの人のああいうところは、君にしか理解できない。

そうやって、友達や家族の役割が分かれていくんだと思うのです。


で、家族にも友達にも理解できないところを理解する人…
それが、恋人であり、配偶者であるはずなんです。

友達は、多ければいいというわけじゃない。
恋人は、多ければかえってトラブルのもと。

自分の「大切なこと」を、受け持ってもらうのが、
真の友であり、最愛の人だと俺は思うんです。


俺の心には、色んな部分があって、それぞれに、「担当者」がいる。
そう思うと、友達の真剣な言葉は、ちゃんと聞くんですね。

生ぬるい関係だと、熱い言葉が言えない。
心の距離が、ある程度までしか縮まらない。

その作業は、簡単ではないのです。


誰だってそうですが、自分の弱点をさらけ出すのには、勇気が必要です。
俺は、好きでこんな風に、醜態をさらしているわけではありません。

自分が弱さを見せた分だけ、人は心を許してくれるようになります。
自分が相手との約束を守った分だけ、人は信頼してくれるようになります。

ただ、一瞬で、その「信頼」が崩壊する場合もありますが…
それは、縁がなかったものと、あきらめます。


俺は、ご存知の通り、心を病んでいます。
調子のいい時もあれば、悪い時もあります。

悪い部分は、無意識に隠してしまうもの。

でも俺は、正直に話してしまうんですね~(笑)


こんなんだから、離れていく人がいます。
こんなんだからこそ、絆が深くなる人がいます。

俺は、形だけの1000人の仲間よりも、本物の仲間がひとりいてくれればいい。
力の強い冷たい人よりも、弱くても純粋な心を持っている人が好きです。

感性の強さは、心の強さであり、人の痛みを感じる力であるからです。


何か、痛ましい事件が起きた時に、こういう言葉をよく聞きます。

「もっと早く相談してくれればよかったのに…」
「黙っていないで何か言ってくれれば助けたのに…」

悲しいことです。
「サイン」を出していても、気づいてもらえなかったのかもしれないから。


人の気持ちを理解するために必要なのは、感性を磨くことです。
それは、傷ついて、多くの涙を流さないと、見えてこないのかもしれない。

いいものに触れ、美しいものに感動し、心に刻んでいく。
俺にとって、そのための教科書が、映画なんです。


「桑畑センセイは、いつから宗教家になったんですか?」
「あなたの元信者です。まだこんなことやってるんですね」

こんな言葉が、俺のもとに届きます。
俺は、宗教家になった覚えはないし、弟子や信者を取った覚えはありません。


俺だって、オヤジの年代になったんだから、説教や愚痴くらい言ってもいいだろ。
嫌なら、読まなきゃいいだけのこと。どんどんスルーしちゃいなさい。



俺は、俺の感じたまま、俺の心の中を表現する。

その核にあるのが、映画なのだ。

だから、俺のブログのタイトルは、「映画熱」でふさわしいのだ。


映画を見ることによって、映画を吸収することによって、
心の奥底が、体中の細胞が、熱を帯びていくのだ。


俺は、俺という人間を理解するために、がんばって生きる。
自分の中の、いい部分も悪い部分も、正面からきちんと向き合う。

そして、人を理解するために、人の心とも、ちゃんと向き合う。


それが、本気で理解しようとする者の、心構えというものなんです。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-29

U-NOTE 280 「診察」

テーマ:ケガ・病気
今日は、病院に行って来ました。

もしかしたら、薬が増えるかな…と思ったんですが、
何とか、現状維持でOK。

娘の音楽祭と文化祭に行った話しをしたら、少し褒めてもらえて、
人ごみに対する不安感も、深刻なレベルではなさそう。

俺自身が、過去のトラウマに敏感になっているせいで、
何気ない言葉に、必要以上に反応してしまうんじゃないか…と。

動悸や過呼吸も、前ほどではないので、
ひとまずは、順調に回復しているみたいです。


これも、皆様のおかげです。いつもありがとう。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-28

映画 「アイアン・スカイ」

テーマ:アニメ・特撮
バカバカし過ぎて面白い。 …いちばんズルい国はどこだ?


ナチスが月の裏側に、密かに秘密基地を建設していた。
驚異のアナログ技術を結集した最強兵器で、地球を攻めて来る!

企画自体も予告編も、爆笑モノでした。
そしてその本編は…間違いなくバカ映画です。こいつはイケるぜ!


アメリカの宇宙飛行士が、月面に降り立つ。
そこで彼が見たものは…鉤十字型の人口建造物だった。

第二次大戦以降、着々と反撃のチャンスを進めてきたナチス軍団が、
時は満ちたとばかりに、巨大宇宙戦艦を起動する。

迎え撃つ地球各国は、一体どうするのか?人類の運命は…?


ありそうであり得ない、あり得なさそうであり得るような、トンデモ物語です。
ショボい映画かと思いきや、なかなか見せ場もタップリで興奮しました。

こういう冗談みたいな映画が、映画館で見られるのは、至福のひとときですな。


主人公は、ええと…誰なんだろう?(笑)
たぶん、宇宙飛行士の彼ですね。

ナチに見つかって捕獲され、あんなことされて、大変な目に遭います。
出番のほとんどがあんな状態なので、誰も顔を覚えられないかも(汗)

えっ 彼が主人公じゃないって? へえ、あの人なんですか…
でも、知らないで見た方が面白いよ、きっと。



この映画で学ぶべきところは、普段仲が悪い者同士も、
共通の敵を持つと、一時的に仲良くなれるということですね。

敵の敵は味方。昨日の敵は、今日の味方。今日の味方は、明日の敵。

人類って、やっぱりバカだなあって思います。

でも、だからこそ、助け合わなければならないんですね。


この映画を見た後は、月をじっくりご覧下さい。

何だか、ワクワクしますよ~




【作品データ】

監督:ティモ・ブオレンソラ
原案:ヨハンナ・シニサロ ヤルモ・プスカラ
脚本:マイケル・カレスニコ ティモ・ブオレンソーラ
撮影:ミカ・オスラマー 音楽:ライバッハ
出演:ユリア・ディッツェ ゲッツ・オットー クリストファー・カービィ
   ペータ・サージェント ステファニー・ポール ティロ・ブリュックナー

 (2012年フィンランド・ドイツ・オーストラリア合作 上映時間:94分)

☆字幕監修は、ウエイン町山先生です。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-28

13年ぶりの再会

テーマ:酒&タバコ
ふいに、メールが届いた。

小学校の同級生だった、H君である。


彼は、マンガ家を目指して上京した。

夢は果たせなかったけど、少女漫画雑誌の編集を経て、
今では、銃火器関係の本を独自に出版している。

彼には、友達があまりいない。
というか、不要なのかもしれない。

彼は、俺と同じB型で、孤独を愛する男である。
人とつるむのが、苦手。というか、嫌い。

彼は、ほとんど連絡をよこさない。
数年に一度くらいの割合で、行方がわからなくなる。


年賀状が返却されるようになって、3年が過ぎた。
どうせ奴のことだからと、俺はさほど心配していなかった。


その男が、突然帰省したのである。

どうやら、法事があったらしい。
全く、いつも突然な男だ。


俺の結婚式のパーティーに来てくれた時以来だから、実に13年ぶり。
お互いに、ほどよく老けていて、お互いに笑った。

前に会った時は、タバコを一日5箱くらい吸っていて、
ウォッカやウイスキーをストレートでガブガブ飲む酒豪であった。

今年になって、体を壊して手術したらしい。
酒は法事で飲まされたし、控えているから、スナックには行かず、
分煙されているモスバーガーに行って、閉店時間まで3時間くらい話した。


こいつの話は、実に面白い。
俺が言うのもなんだけど、こいつは変わっている。

その独自の視点が刺激的で、俺は久しぶりに大笑いした。


彼は、俺にとって、ヒーローである。
彼の語るロマンを、俺は理解できる。

もともと、そんなにしょっちゅう会う間柄ではなかったけど、
会った時は、夢中で色んなことを話したものである。


笑顔で、またな、と言って別れた。

さて、次に会うのは、何十年後だろう?(笑)


俺は、真っ直ぐ家に帰らず、行きつけのスナックに寄った。
ボトルキープしてあるスコッチを、ロックで飲んだ。

今宵は、奴の分も、俺が飲もう。


お互い元気になってまた再会したら、今度は一緒に飲もうな。




いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-27

映画 「ハイザイ ~神様の言うとおり~」

テーマ:ケガ・病気
誤解は、基本的に悲劇を生むものだけど、そうでもない場合もあるんですね。


「ハイザイ」は、言葉遊びから生まれた造語だそうです。
沖縄の方言「ハイサイ」と、「采配」と、「配剤」をミックスしたらしい。

舞台は、沖縄の人気スポット、デポアイランド。
ヤクザの下っ端が、女を間違えて誘拐してしまったことで始まり、
観光客のカップルと、現地の女子高生たちとドタバタする、ユルいコメディです。


この映画、全然力が入っていない感じがいいですね。
脱力系ムービーって、退屈で眠気が来る危険性もあるんですが、
本作は、ほどよくメリハリが効いていて、なかなか面白い。

観客は、沖縄に旅行して、アバンチュールを楽しんだような気分になれます。
気合が入っていないカップルにオススメですね(笑)


友達のこと、恋人のこと、人生のことって、なかなか答えが出るものじゃない。

ともすると、個人的な世界に閉じこもってしまいがちな悩みですが、
声に出して、オープンにした方が、進むべき道が見えてきたりします。

この映画は、誤解と偶然が、トンデモない結果を引き起こし、
そこでさらにムチャクチャになっていくというような展開です。

まるで、神様でもいるみたい…?
いやいや、神様なら、もっとちゃんとするかも…?
まてまて、こんな神様も、いていいんじゃないの…?

観客は、現実をしばし忘れて、偶然の楽しさを味わいましょう。


映画館を出たら、視点を変えて、世界をもう一度見つめましょう。


まずは、最初の一歩。

…どうなるかは、神様の言うとおり!




【作品データ】

監督:福永周平 泉尾昌宏 脚本:泉尾昌宏
撮影:瀬長信治 音楽・主題歌:スネオヘアー
出演:落合モトキ ともさかりえ 深水元基 吹田早哉佳
   西田幸治 スネオヘアー 玉那覇由 ラッキーカラーズ


 (2012年アルゴピクチャーズ 上映時間:74分)


☆スネオヘアーは、デビュー10周年で、この映画のために、
 主題歌「ユニバース」を書き下ろしたそうです。
 怪しい組長役が、笑えます~


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-26

映画 「マルドゥック・スクランブル 排出」

テーマ:アニメ・特撮
生き残るために必要なのは何か。 …追い詰められた時にこそ考えろ!


シリーズ3作目にして、テンションが上がって参りました。
今回は、見応えがありましたよ~

前半はカジノの続き。後半はアクションシーンの連続になります。
場面の雰囲気が変わったら、姿勢を正して座り直しましょう。


バロットは、博士と相棒ウフコックとチームを組み、カードの勝負を続ける。
それは、彼女の優秀な頭脳と、不安な心との闘いであった。
わずかな動きも見逃さないディーラーに対して、彼女はどう戦うのか…?

トランプのゲームのシーンだからといって、侮ってはいけません。
地味な絵柄の向こうに、スリリングなバトルが展開しているのです。


バロット役・林原めぐみの声が、素晴らしい。
見かけは少女だけど、女として過酷な人生を生きてきた、大人の声である。
そして、彼女の声は、実に色っぽい。

ボイルド役・磯部勉のシブ声も絶品。
“クイーン”藤田淑子に加え、今回は、土師孝也が登場。
シブ声の大人たちの、豪華共演です~


カジノでのやり取りは、緊張感があって面白い。
カッコいいセリフも、バンバン出ます。

そして、ためにためたエネルギーが、後半のアクションで炸裂する!
スバラシイバトルです。こりゃあ、コーフンするぜ!


これは、劇場の画面と音声でこそ、魅力を堪能できるというもの。
時間を作って見に行って、本当によかった。

彼女の懸命な戦いぶりに、俺の魂も揺り動かされました。


運命は、自分で切り開くもの。
だけど、ひとりではできないことがある。

人同士が協力すれば、不可能も可能になっていく。

そこで一番大切なのは、「信頼」なのである。


信じているからこそ、命を預けられる。

信じているからこそ、命を懸けられる。


…少女よ、熱い大人たちに囲まれて、たくましく育つべし。






【作品データ】

監督:工藤進 原作・脚本:冲方丁
作画監督:鈴木信吾 中井準
音楽:コーニッシュ 主題歌:林原めぐみ
出演:林原めぐみ 八嶋智人 東地宏樹 中井和哉
   磯部勉 藤田淑子 土師孝也

 (2012年アニプレックス 上映時間:66分)


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-26

U-NOTE 279 「迷い」

テーマ:ケガ・病気
いつも、迷っています。

人に、何かを伝えるために言う「言葉」を。


こう言ったら、相手が気分を悪くするんじゃないか…
こう言ったら、相手が傷つくんじゃないか…

色んな人に出会い、色んな人と、お別れをしてきました。

縁があって、友達になれる人がいて、
縁がなくて、喧嘩別れした人がいて、

気持ちをわかってあげられなくて、失った仲間や、
気持ちをわかってもらえなくて、いなくなった仲間…


心が沈んで、ネガティブ思考になると、
俺の中の、うしろめたい気持ちが、自分の心を締め付けていく。
俺の中の、できなかったことの全てが、自分を呪い続けていく。

それに、押しつぶされた時が、俺の最期なのかもしれない…


だけど、必ず誰かが、助けてくれる。
誰かのたった一言が、俺の命をつなぎ止めてくれる。

俺には、小さな力を、大きな力に増幅する能力があるから。


今回も、数人の人に、助けてもらいました。

エネルギーを補給しないと、いつか涸れてしまう。

ちょっと元気になると、すぐに動き回ってしまうのが、俺の悪いくせ。


みんなに心配かけて、振り回して、迷惑をかけて…
我ながら、しょうがない男です。

桑畑は、世話の焼ける男なんです。


ごめんなさい。

でも、ありがとう。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-26

U-NOTE 278 「熟睡。」

テーマ:ケガ・病気
昨日の夜から、ついさっきまでの時間、かなり眠っていました。

小刻みではありますが、ほどよい熟睡感があります。

やっぱり、眠れるって、幸せなことですね。


さすがに、眠っている間はブログが書けないので、
中には、心配して下さった純粋な読者もいたでしょうが、
今は、割りとしっかりしています。


以前は、調子が悪くなると、ブログはお休みして、
回復するまで何も書きませんでしたが、かなり心配をかけちゃった面もあって…

それで、今回は、体調が悪いながらも、何とか書き続けてみようと思い、
結果的に、わけのわからん文章になってしまいました…(汗)

さて、どっちがいいんだろう?


変な文章を読まされるのも嫌だろうし、全く書かないのもどうか…と。

とりあえず、今回は何とか乗り越えつつあります。


次に波が来たら、どうしようかな。

よかったら、ご意見をお寄せ下さい。

コメントでも、メッセージでもOKです。


桑畑は、純粋な読者を大切にしますから。


いいね!した人  |  リブログ(0)
2012-10-26

U-NOTE 277 「月を見ていたら」

テーマ:ケガ・病気
月を見ていたら、ほんの少し、優しい気分になれました。

きれいに光っています。
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。