FUJITA'S BAR
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
2011-10-31

U-NOTE40 「変なコメント」

テーマ:ケガ・病気

「こころの病気で休職中のひと」という、グルっぽに参加しています。


ここで、俺が立てているスレッドがあります。

タイトルは、「言われると嬉しい言葉」。


昨日そこに、さっそく“荒らし”がやって来ました。


たった一言だけ 「しね」 と。


はあ、しねって、死ねってこと?

へえ、そうなんだ…



この人はどうやら、「死ね」って言われると嬉しいんだそうです。

世の中には、変わった人もいるんですね~


前回の騒ぎで、妻にお灸をすえられたので、すぐに削除しました。

俺はよくても、他の人が見たら、精神衛生上よくないもんね。


試しにIDをクリックしてみたら、もう退会していました。

ヒット・アンド・ウェイってやつかな?


瞬間的にやって来て、攻撃してすぐに逃げる。

デスラー戦法より卑怯でございますな。



管理人さんに報告しようとしたら、メッセージを受け付けていなかった(笑)

ブログも、だいぶ前に止まってるみたいだし…


ここは、放置プレイかよ!


とにかく、俺が立てたスレは、俺が責任持って守る。

そのくらいは、いいでしょ。


別に、ケンカ売ったりしませんから。

売られても、買いませんから…と一応言っておく(笑)



今のところ、大人しく進んでいます。

病友さんで寂しい人は、どんどん来て下さいね。


もうひとつ入っている「うつ病でも生きていく」は、一般公開されている。

でもこちらは、管理人さんがしっかりしているから大丈夫。

あの騒動のおかげで、俺の名前は覚えられているから(笑)


今言った方のグルっぽは、非公開なので、入会しないと見られません。

だから、人に見られたくない人は、こちらにどうぞ。


どちらにも、俺のスレが立っています。

不人気だけど、少しずつ人が来ています。



ちなみにこの記事は、妻に内緒で書いています。

だって、言ったらいちいち書くなって言われるに決まってんだもん。


というわけで、変なコメントを書いた人、どうか死なないで下さい。


俺は、言ってあげないよ~だ!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-30

ブリッツ

テーマ:洋画

ヘラヘラした犯人と、イラつくおっさん刑事。 …さあ、観客も一緒にムカつきましょう!



女のアクションを見た後は、男のアクションが見たくなります。

というわけで、この映画になりました。


“blitz”は、映画の犯人が名乗る名前で、“稲妻”という意味だそうな。


本来は、第二次対戦中のドイツ空軍による、ロンドン大空襲の作戦名。

アドバンストフェイバリット英和辞典では、“電撃的行動”という意味になっています。

本作がイギリス映画であることを考えれば、何とも憎らしい犯人ですな。



結論から申し上げますと、この映画は、アクションが少ない。

でも、“見せる映画”です。


ジェイソン・ステイサムといえば、クールで強い犯罪者というイメージが強い。

しかし、今回は、刑事役ときたもんだ。


そうとうな、悪徳デカなんだろうな…なんて先入観があって不思議ではないと思う。

しかし、今回の彼は、確かに悪い匂いがプンプンするんですが…

何かがちょっと、ちがう。



ひたすら、真っ直ぐなのであります。

腕っぷしは強いが、抑え気味で、暴力は小出し…

そこが、何ともいいんだな~


いつでもお前なんかぶっ殺せるんだぜ、っていうオーラが、ジワジワと漂ってくる。

怒りの心の、“溜め”が、観客を少しずつ興奮させていく。


アクション度から見れば、「ハンナ」の方が圧倒的に多い。

しかし本作は、男のシブさが出ている。



最強ジェイソンが、イラつく、イラつく、メラメラと燃え上がっていく…

犯人がチャラい。何故、こんなにもチャラいのか?


後半にいくと、もう正義もへったくれもないような気がしてきます。

いいからさっさと、ぶっ殺せ!という気分になってくる。


それが、静かに進んでいくんですね~

追いかけるジェイソンがひたすらコワくて、カッコいい。


凶悪な犯罪者とまともにやり合うには、これくらいの迫力がないとイカン。

そう思えるだけの、説得力があるんです。


映画なんだから、もっと派手にドンパチやってくれよ、という意見もあるでしょうが、

これはこれで、味わい深い映画だと思うんです。



プロの仕事屋とはいえ、生身の人間。

感情ってもんがある。

意地ってもんがある。


さあ、彼はどう決着をつけるのか。


最後の最後まで、気を抜かずにご覧下さい。



これは、男の映画だぜ!





【作品データ】


監督:エリオット・レスター 原作:ケン・ブルーウン 脚本:ネイサン・パーカー

撮影:ロブ・ハーディ 音楽:アイラン・エシュケリ

出演:ジェイソン・ステイサム パディ・コンシダイン エイダン・ギレン

    ザウェ・アシュトン デヴィッド・モリッシー


 (2011年イギリス PG12 上映時間:97分)


※最後の最後に、もう1シーンありますので、ちゃんと見てね~





【オススメ類似作品】


「L.A.コンフィデンシャル」 (1997年アメリカ)

監督・脚本:カーティス・ハンソン 原作:ジェームズ・エルロイ

出演:ケヴィン・スペイシー ラッセル・クロウ ガイ・ピアース

☆本作を見て、真っ先に思い出したのはコレです。

二人の男が反発し合いながらも、共感し合っていく姿はスバラシイ。


「アンタッチャブル」 (1987年アメリカ)

監督:ブライアン・デ・パルマ 出演:ケヴィン・コスナー ショーン・コネリー

☆イライラしながらも、黙々と犯人を追いかけていく緊張感は、この映画がピカイチ。

ロバート・デ・ニーロがバットを持った瞬間はコワかったです~


「刑事ニコ 法の死角」 (1988年アメリカ)

監督・脚本:アンドリュー・デイビス 出演:スティーヴン・セガール

☆腕っぷしの強い刑事といえば、この男が最強かもしれんなあ。

俺は、この映画がきっかけで、合気道を習いました。(3ヶ月だけ)




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-29

ハンナ

テーマ:洋画

耳をすまして、感覚で味わうアクション映画。 …この残尿感がたまらない!



映画を見たのがもうかなり前なので、すでにDVDが発売されているかもしれませんが、

俺の印象をもとに、思い出しながら書いていきます。あ~、映画の記事は久しぶり~


元CIA工作員だった父親と山小屋で暮らしながら、暗殺者として育てられた16歳の少女。

やがて時が来て、ミッションが発動されるのであった…



主演は、シアーシャ・ローナン。「ラブリー・ボーン」で可哀相な被害者を演じたあの娘ですね。

ブロンドの髪に、透き通るような白い肌。そして、鮮やかなブルーの瞳。

華奢なイメージの彼女が、殺人兵器として、壮絶なアクションに挑む!


悪役が、ケイト・ブランシェット。登場した瞬間に、ワルだとすぐにわかります(笑)

そして、寡黙な父親を演じるのは、エリック・バナ。う~ん、スリリングなキャスティング。



ストーリーは、よくわかりません(笑) 何だか、途中からどうでもよくなって来た感じ。

新感覚でもない、旧感覚でもない、微妙な展開。ノリノリかと思えば、急にダラダラ。


全く、観客をおちょくって楽しんでいるかのようにも思えます。

カッコいい映画というわけでもない。哀しい映画というわけでもない。


ただ、淡々と進んでいくのである。



本作から感じ取れるのは、孤独とイライラ。騙し騙され、腐敗しきったような世界。

しかし、自然は美しいし、少女の瞳は綺麗である。


まるで、少女の純粋な目線を通して、世界を浄化していくようにも感じられる、不思議な感覚。

これって、アニメの「銀河鉄道の夜」を見た時の感じを思い出します。



最近は、やたらに説明過多な映画が多いので、もの足りなさを感じる人も多いでしょう。

そこで注目して欲しいのが、音楽と映像で表現するイメージ。


まるで、彼女の鼓動に合わせるように、絶妙なBGMが流れます。

言葉を発せずに、動きと音声だけで見せていく手法は、さながら新鮮。

「ダフトパンク・エレクトロマ」を見た時の、あの感覚に近いかも。



アクション映画というと、スッキリする映画か、後味悪い映画かが争点になるもの。

本作は、そのどちらでもないような気がする。


何というか、過剰なようで、不足なようで…

やっぱり、“残尿感映画”という言葉が、ピッタリくるのである。



そんなわけなので、この映画は、カップルで見ても、盛り上がらないかもしれない。

孤独な心を持った人に、1人で画面と向き合ってもらいたい作品。

そして、自分が感じたことを、かみしめて欲しい。


人間は、何もしなければ、ただの地味な存在である。

しかし、いざとなった時に、信じられない力を発揮することがある。


その、静と動が、光と影が、本作には込められている。

意味があるか、ないかではなく、本気になるかどうか、である。



感じたままに、行動する。結果は、後から付いてくる。


少女の青い瞳が、観客の心を射抜く。


その瞬間、何を思うか?



己の潜在意識に、問いかけよ!





【作品データ】


監督:ジョー・ライト 原案・脚本:セス・ロックヘッド

撮影:アルバン・A・カルチャー 音楽:ケミカル・ブラザーズ

出演:シアーシャ・ローナン エリック・バナ ケイト・ブランシェット

    トム・ホランダー オリヴィア・ウィリアムズ ジェイソン・フレミング


 (2011年アメリカ 上映時間:111分)




【オススメ類似作品】


「ソルト」 (2010年アメリカ)

監督:フィリップ・ノイス 出演:アンジェリーナ・ジョリー

☆おねーちゃんのムチャクチャなアクション映画といえば、最近ではコレでしょう。

とにかく派手です。手際がいいです。カッコいいです。

でも、変な終わり方は、本作とどっこいどっこいです(笑)


「チョコレート・ファイター」 (2008年タイ)

監督:プラッチャヤー・ピンゲーオ 出演:ジージャー・ヤーニン

☆父親の医療費を稼ぐために、借金の取立てに向かう少女の物語。

全然効いてなさそうなハイキックに、バタバタと倒れていくおっさんたち(笑)

阿部寛が、何故かヤクザ役で出演しているのが爆笑でした。


「ラブリー・ボーン」 (2009年アメリカ・イギリス・ニュージーランド合作)

監督:ピーター・ジャクソン 出演:シアーシャ・ローナン

☆14歳のシアーシャ嬢が、儚い運命の少女を演じます。

この映画を見た後に本作を見ると、込み上げてくるものがあります。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-28

U-NOTE 39 「一夜明けて」

テーマ:ケガ・病気

昨日は、読者の皆様よりたくさんの応援コメントを頂きまして、誠にありがとうございました。


昨夜は何だか、ずっと興奮していて、家に帰ってからも、少し体が震えていました。

でも、動悸が激しくて苦しんでいた頃を思えば、ずっと気持ちがいい状態。


躁というわけじゃない。ただ、機嫌がいい状態だったと思うんです。

昨日の、澄んだ青空が、とても記憶に残っています。



今日は、朝からぼーっとしていました。

目覚めは良好。食欲もOK。


朝メシを、食えば昼メシ待つばかり。

昼メシを、食えば夕メシ待つばかり。

夕メシを、食えば寝るのを待つばかり。


平凡な一日。平穏な休日。

DVD見たり、ゴロゴロしたり…。

ああ、何だか普通のオヤジになった気分(笑)



ひとつの、小さな戦いが終わった。

これからまた、次の戦いが待っている。


それはわかる。

でも、今はしばし休憩。


俺の体が、俺の心が、そう言ってくれている。

だから今は、甘えていいと思う。


のんびりしたっていいじゃないか。うつ病だもの。



グルっぽ「うつ病でも生きていく」「心の病気で休職中のひと」で、俺のスレが立っています。

少しずつですが、コメントが来ています。

病友の皆様は、そちらでも絡みましょう。


それから、「晩酌好きは集まって♪」では、酔っ払いしりとりの人数が少なくて困っています。

お酒好きな皆様は、参加して下さると嬉しいです。

常連が俺ばっかりなのは、寂しいよ~




俺って、つくづく不思議な男。

引きこもっていても、友達がどんどん増えていく(笑)


悩んだり、暴れたりしているうちに、気づいたら仲間ができている。

老若男女関係なく、みんな俺の大切な友人です。


だから、ありがとう。

皆様のおかげで、桑畑はここまで回復しました。


世の中は厳しいから、これからが大変。

でも、何だか、それもワクワク。


気分の波で、ドンブラコ。

なかなか沈まない、不思議な小舟、“メンタル・バトルシップ・桑畑号”。


乗りたい人は、いつでもどうぞ。

どんなひとにも、役割はあります。



そんなわけで、桑畑は元気が出てまいりました。



明日から、映画の記事を再開します~!




いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-27

U-NOTE 38 「小さな一歩」

テーマ:ケガ・病気

今日、会社に行って来ました。


昨夜は、3回くらい起きちゃったけど、何とか眠れました。

午前中は、ずっとそわそわしてました~


でも、ここまで来たら、覚悟を決めなきゃ。

午後1時半くらいに、妻と一緒に出かけました。



会社へ行く道を、車で走る。

会社が近づいて来る…


心臓、バクバク~


ウインカー付けて、会社の駐車場に突入!

ああ、懐かしい建物…


実に、10ヶ月半ぶりに、しみじみ眺めました。


従業員用の入り口から入る。

あ、俺、自分の下駄箱の場所、ちゃんと覚えてる。

すごいじゃん、俺!


心臓をさすりながら、一歩一歩、ゆっくり歩いて、事務所へ…


『…お久しぶりです…。』


何とか、声が出た。

よし、何とかなる。がんばれ自分。


社長の奥さん(専務)が気づいて、応接コーナーに行くように言われる。

ゆっくりと歩いて、妻と並んで座る。


社長が登場。その第一声は…


『…おっ、太ったな~!』


それかよ!



社長は、元陸上自衛隊員。60歳ですが、バリバリ元気。

久しぶりに見た社長は、気のせいか少し小さく見えた。


『…この度は、大変ご心配をおかけしまして…。』


2人で一緒に頭を下げ、約40分ほど話をしました。



結論から言うと、俺の復帰する目標は、年末か年明けということで了解してもらいました。

でも、社長は、無理しなくていい、と言ってくれました。


ウチは零細企業だから、本来なら、3ヶ月以上休職すると、基本は解雇対象になるらしい。

だけど、10年以上勤務した人間だから、特例で1年にしてくれたそうです。


だから、とりあえず、1年ギリギリまで休んで、少しずつ復帰しようかということに。

もちろん、会社としては強制はできないから、医者の判断に従う…と。



個人的には、社長は、俺にもっと早く顔を見せて欲しかったそうなんです。

あまりにも来ないと、働く意志がないかと思ってしまう…と。


社長は、心の病気のことを、よく知りません。

でも、この時代ですから、無関心ではいられない…


そこで、俺がうつ病で休職した社員第1号になった。

これには、何か意味があるのかもしれない。


俺は、今まで辞めて行った人たちも、鬱だったんじゃないかと言いました。

社長は、そうかもしれない、と言ってくれました。


だから、俺の経験が、何かの役に立つかもしれない。

社員の誰かを、救える立場になれるかもしれない。


社長は、俺の話を、ちゃんと聞いてくれました。

気楽に、いつでも顔を出せ、と言ってくれました。


みんなも心配してるから、挨拶でもして来い、と言って、社長室に戻って行きました…



俺は何だか、無性にみんなの顔が見たくなり、妻と一緒に現場に行きました。


ああ、懐かしい顔たち…

機械の動く音、油の匂い…



みんな、俺を見てびっくりしました。

笑顔で接してくれました。

太ったお腹を見て、笑ってくれました。

涙目で、心配してくれたオバチャンもいました。


ああ、やっぱり、俺の居場所は、ここなのかもしれない…



嬉しかったです。


体が震えたけど、素直に笑える自分が、そこにいました。



車に戻って、エンジンをかけて、会社を後にする。

コーヒーのおいしい喫茶店に寄って、妻とあれこれ話をしました。


よくがんばったね、と妻は手を握ってくれました。

俺は、しばらく興奮してました。


とりあえず、これでよし…



今頃は、お土産に持参したパウンドケーキで、3時休憩をしながら、

太った俺を、みんなで笑っているかもしれないです。



発病した日は、みぞれが降っていて、空がどんよりしていた。

今日は、雲ひとつない、快晴。


どこまでも透き通る空を見上げながら、

俺は、この小さな一歩をかみしめました。



読者のみなさん、応援ありがとうございます。


桑畑は、小さな勝利をつかみました。


胸を張って、堂々と休もうと思います。



男一匹、桑畑四十郎。


そう簡単には、くたばりそうもないぜ。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-26

U-NOTE 37 「落ち着かない日」

テーマ:ケガ・病気

明日、いよいよ“敵陣”に乗り込みます。


どこか、喫茶店やファミレスでも使った方が本当はいいんでしょうが、

ウチの会社は年中ドタバタしているので、そんな余裕はないはず。


だから、思い切って、行って来ようと思うんです。


何で明日になったかというと、妻が明日休みだから。

ただ、それだけです。



行くのは多分、午後になると思います。

明日の午前中は、もっとドキドキしているんだろうなあ…


正直言って、怖いです。

でも、少しでもいいから、前に進みたい。それが本音。



会社が何て言ってくるか。

できれば辞めて欲しい、って言うか。それとも…?


中小企業は、利益を出さない社員はいらないのです。

それは、よくわかっているつもり。


だから、明日の結果を、そのまま受け入れようと思うんです。

ダメならダメで、しょうがない。違う道を、探すだけのこと。



考えてみれば、俺はいつも混乱の中で生きてきた。

だから、こんなに静かな時間を過ごしている自分が、不思議でしょうがないです。


ああ、ちくしょう、落ち着かねえ!

さっさと明日になりやがれってんだ!


いやいや、武士たる者、そんなみっともないことではイカン。

心静かに、時を待つのだ。


う~む、何だか、決闘に行くみたい(笑)



あれこれと小細工はせずに、ありのままの自分を見せて来ようと思う。

正々堂々と、戦って来ます。


応援してもらえると、ありがたいです。

こういう時は、「がんばって」という言葉は嬉しいんですよ。


さあ、どうなるか。


結果は、明日、報告します。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-25

U-NOTE 36 「とにかく前に進む」

テーマ:ケガ・病気

あさっての木曜日、久しぶりに会社に顔を出して来ようと思います。


ええ~っ、なんて驚かないで下さいね。


まあ、とりあえず、俺の話を聞いて下さい。



12月で、休職してから1年になります。

ウチの会社では、1年以上会社を休むと、“戦力外通告”になるらしいのです。


だから、顔出しの目的は、4つ。


①じかに会って、回復ぶりを見てもらう。

②戦力外通告になるリミット(期限の日)を教えてもらう。

③リミットギリギリに、復帰できるように目標を立てる。

④勤労の意志があることを、はっきり言う。


あくまでも、自主目標です。

話し合いになれば、どう転ぶか、わかりません。

当然、妻に付き添ってもらいます。



ただ、このままズルズルいっちゃうと、復帰するタイミングを逃してしまう気もするんです。

当日になって、あるいは、会社の手前まで来て気分が悪くなれば、無理はしません。


だから、この時期に、何かしらのアクションを起こしたいんです。

それが、本音。


何も、明日からすぐに、なんて考えていません。

まだ、時間はあります。


今の状態で、行動してみたい。結果を確かめたい。

妻とも、よく話し合って決めたことです。


もしダメで、自主退職してくれと言われたら、その時はその時。

まだ、この会社でやれることがあるのなら、中途半端で終わりたくないし。


変な期待は、していません。

ただ、試してみたいのです。


グルっぽで暴れる元気があるなら、そのパワーを前向きに使いたい。

まあ、そんなところ。



そうそう、グルっぽといえば、

「うつ病でも生きていく」のグルっぽに、再入会しました。


管理人さんが、ずっと心配してくれていたので、籍だけでも入れておこうかと。

もう、無茶はしませんので、どうかご安心を。


しばらくは、大人しく静観して、おいおいコメントしていこうかと思います。

心の病気をお持ちの方は、そちらで絡めるかもしれませんね。

皆様のご迷惑にならないように、気をつけます(笑)



鬱から、ようやく抜け出せました。

だからといって、躁というわけでもないです。


今日は、医者に行って来ました。

アドバイスも、いただいて参りました。


さあ、どうなる? 俺の人生。


ドキドキするね~




いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-24

U-NOTE 35 「身の程を知る」

テーマ:ケガ・病気

まだ本調子ではありませんが、回復してきたので、少し何か書いてみたいと思います。


今朝の気分は、まあまあ。月曜日の朝は大抵調子が悪いのですが、このくらいなら普通。


まだまだですが、浮上しつつあるのを実感しています。


励ましのメッセージやコメントを下さった皆様に感謝です。



しかしまあ、俺も、しょうがない男だなあ、と自分でも笑ってしまいます。


自分から首を突っ込んで、大騒ぎを起こして、結局自分がボロボロになる…


俺も、“荒らし”と言われてもしょうがないですね。


苦情も、ある意味、ファンレターだと思って、真摯に反省します。



でも、おかげで、いい仲間も少し増えました。怪我の功名?(ちょっと違うか)


俺は、普段は大人しいのですが、時たま暴走します。


40を超えたいい年のおっさんなのに、全くしょうがないですね。


でも、それはある意味、俺が俺らしく回復してきた、とも思えるんです。


病状がひどい時は、人のことを考えるどころじゃなかったから…



今はまだ、無理できないので、やっぱり大人しく治療に専念した方がいい。


でも、元気になれるような、楽しいことをした方がいい。


じゃあ、俺はどうすれば?


ほどほどに休んで、ほどほどに暴れればいいということか。


そんな器用な真似ができるか~!(笑)



ああ、早く社会復帰したい。


ちゃんと仕事をしていれば、堂々とものが言えるし、ケンカもできるってもの。


何より、稼がないと、もうお金がない。


映画1本見るのに、どれほど苦労していることか…



いっぱい非難されて、なるほど、と思うこともある。


それがどうした、と思うこともある。



だって、見て見ぬふりとか、人の話を聞き流すってことができない男なんだもん。


もう、あきらめてます。自分は損な性格なんだって。



だから、視点を変えて、上手に生きられるようになりたい。


無駄な力を使わずに、生きていけるようになりたい。



いつまでたっても、子供です。


大人になり切れない、やんちゃな小僧なんです。



だからこそ、自分らしい生き方は何か、いつも考えています。


こんな男でも、何かの役に立つことが、きっとあるはずだから。



いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-22

もう少しかな

テーマ:エッセイ

昨日まで、激うつだったんですが、今日になって、少し楽になってきました。


峠は越えたような感じがするので、後はゆるやかに上昇いけいければいいかな…と。


順調にいけば、ブログ再開は来週前半くらいになるかと思います。


少しずつムズムズしてきたので、なうはそろそろ始めようかな。


以上、現状報告でした~


ちゃんと生きてますので、ご心配なく。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2011-10-19

しばらく休みます。

テーマ:ごあいさつ

実は、ここ数日、かなりの量の中傷メッセージが来ていました。


そんなの、無視すればいいじゃん、ってお思いでしょうが、

さすがに、2桁になると、精神的にこたえます。


昨日はもう、満身創痍で…


自分を奮い立たせるために、何か書こうとおもって、あんな感じになってしまいました。


読者の皆様に、誤解を与えてしまったことを、お詫びします。



うつ病の人は、うつ状態になった時に、否定されるのが一番つらいのです。


「ツレうつ」で、ツレが自殺しようとした場面を思い出して下さい。


まさに、昨日の俺は、あんな状態だったのです。



今日、ホームセンターに行きました。


ロープの売り場まで行ったけど、買いませんでした。


もう、死ぬのも面倒くさくなって…



今度ヤバくなったら、無理に記事を書かないようにします。


そんなワケなので、しばらく更新を休もうと思います。



元気を取り戻したら、また戻って来ます。


その時は、また構ってもらえるとありがたいです。


いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。