FUJITA'S BAR
2005-05-30

機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者

テーマ:アニメ・特撮

20年ぶりのZガンダム、なつかしく楽しませてもらいました。


もう忘れてしまっているだろうことが、次から次へと思い出されて、何だか久しぶりに同級会に参加したような気分です。


今回は三部作の1本目ということで、さわり程度かと思いきや、新作カットがあるある、全部で15分位はあったろうか、思ったより気合入ってます。エマ・シーンがかわいく描き過ぎで、幼く見えてしまうのもご愛嬌。マラサイの出撃シーンは圧巻でした。そして、ザクタンクはやっぱり爆笑。


声優陣も、オール新録音だそうで、ほとんどの人が健在だったのもうれしい限りです。ただ、ハヤトだけは違っていたようですが。セイラ役の井上さんは残念ながら亡くなってしまったんですが、Zでは出番はあってもセリフはないもんね。でも、追悼でチラッと出してもらえんかな。


ストーリーの縦軸になるカミーユとジェリドの対立は、出来ればきちんと最初からやって欲しいところです。「女みたいな名前だな。」の一言がよほど気に障ったらしく、これがもとで宇宙を巻き込んでの激しいど突き合いに発展するんだから、まさに口は災いのもとです。えっ、違うって? いやあ、俺的にはそんなもんです。そして、ジェリドが負ける度に新しい女が現れて、カミーユに殺されて、ちくしょうって戦って、また負けて、また新しい女が…。えっ、違う? まあ、いいじゃないですか、そんな人生も楽しいもんです。


今回のラストは、アムロとシャアが再会するまででした。そのシーンがやたら長いこと。



「アムロ…?」


「シャア…?」


「アムロ…レイ…。」


「シャアか…。」


「アムロ…、アムロなんだな!」


「ああ…シャア!」


「アムロ……アムロ・レイ!」


「……………。」



このシーンだけで、10分位あったような…。えっ、違う? まあ、そんなもんでしょ。ここはやっぱり濡れ場…いやいや見せ場だから、作画も力入っていて、綺麗な絵柄だったように思います。サンライズ渾身のクライマックス!


2作目では、フォウやロザミアが中心になるみたい。また見に行こうっと。


余談ですが、シロッコ役の島田敏の声は、今となっては「しまじろう」のドット にしか聞こえません。なんか迫力ないなあ、残念!  「…あんちゃんにまかせろ! うわっはっは。」

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-26

サマリア

テーマ:洋画

うわー、またしても凄い映画。キム・ギドクって何者なんだろう。


以前、レンタルビデオで借りて見た「悪い男」が強烈な作品で、彼の映画を劇場で見るのはこれが初めてです。しかし、すごい作風だなあ。


映画のポスターのかわいい絵柄からは想像できないような、ウルトラハードな展開。少女たちが自分達の理屈で、自分なりの落とし前をつけようとする様は、危なっかしくてドキドキします。そしてバイオレンス描写の凄まじいこと。先日見た「甘い人生 」もそうでしたが、こちらもなかなかのもの。


ラストも、まるで観客を見捨てるような突き放しぶり。とことん荒っぽいです。これでこの監督、結構人気あるんですよね。四天王の一人だとか。


とにかく彼の作風は独特です。他の誰にも似ていない。日本でいうと、昔の大島渚を思い出すけど、やっぱり彼は彼でしょう。今後に期待ですね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-23

炎のメモリアル   

テーマ:洋画

いいんだけど、見終わった後のブルーな気分は、少しいただけないですね。


この感じ、以前見た「K-19」に似ています。もっと希望を与えるラストにできなかったものか。


消防士ものは、昔からいろいろありますが、俺的に忘れがたいのは、「タワーリング・インフェルノ」と、「バックドラフト」ですね。韓国の「リベラメ」はヒドかったけど。


真面目な映画だし、消防士たちの勇敢さも充分に伝わってくる。だけど、何かが足りない気がするんです。同じストーリー展開にしても、もうちょっと見せ方があるだろうと思えてくるんだなあ。


リアルさを追求すれば殺伐としてくるし、あまりに荒唐無稽だとウソっぽくなってしまう。その辺のバランスは難しいんだけど、観客としては、やっぱり夢見たいんだよね。多少の誇張があってもいい。カッコイイもの見たいんです。ヒーローに活躍して欲しいんです。だから、「K-19」よりも「U-571」の方が俺は好きです。


この映画は、ヒットしそうにないです。皆さんの感想はどうですか。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-22

大統領の理髪師

テーマ:洋画

これは、わりといいんじゃないでしょうか。ちょっと感動しちゃいました。


今年の韓国映画は、昨年ほどの勢いはないにしても、それなりにいい作品がありそう。この映画では、「殺人の追憶」で熱演をみせてくれた、ドロップキック番長ソン・ガンホ。この人は、普通の人もちゃんと演じられるんですね。やっぱいい俳優なんだわ。


真面目にコツコツ生きている人にとって、理不尽な境遇というのは、本当に耐えがたい苦痛でしょう。「俺はこんなにちゃんとやっているのに」って。悪いことばかりしてきた人だったら、「こいつは罰があたったかな」とでも思えばいい。けど、真面目な人は、「なんで俺がこんな目に、何故俺だけが!」って思ってヤケになってしまう。一体誰を恨んでいいものか。


つまり、災難というものは、いいひと悪い人に関係なく、ふりかかる時にはふりかかる。そういうもんなんでしょう。全く、身もフタもありませんな。ああ、寒い世の中。


しかし、この映画は、そんな常識をくつがえす力があるように思えるんです。そんなバカな、でもいいじゃないか。よくわからんけど、これはこれでいいじゃんって俺は思いたいんです。


ひたむきさの何が悪い。真面目に生きて何が悪い。これが俺の行き方だって思ったら、それを貫く。それが信念となり、やがて自信になり、ひとつの結果となって現れる。子供はそういう親の姿を見て、何かを学び取っていくものなんでしょう。


この映画は、先日見た「ロング・エンゲージメント 」に似ていますね。両作品とも、何か生きる力が湧いてくるような、いい映画だと思います。


ただねえ、一つだけ、またしてもウ○コシーンが!しかもクライマックスで、またしても排泄物攻撃!今年はどうもこんなんばかりです。こんなに力を入れられると、見てる方も力が入ってしまう。映画も観客も一緒になってウ○コを踏ん張るなんて、映画史上に残る、一大名シーンですな。なんでこうなるかというと、実は理由があって…。詳しくは本編をご覧下さい。


韓国映画、まだまだ面白そうですね。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-17

真夜中の弥次さん喜多さん  

テーマ:邦画

すっげー面白い。なんなんでしょう、この映画!


たまたま男二人で見に行ったんですが、ものすごく注目されていたような気がします。会場中の視線を浴びていたような…。まあ、気のせいですね。


クドカンの作品は、「ゼブラーマン」くらいしか知らなかったんですが、今最も注目されている彼の初監督作品ということで、ためしに見てみることにしました。


そしたらまあ、面白いの何の、笑いすぎて死にそうになりました。テンポがいい、リズムがいい、歯切れがいい、小技のギャグが炸裂。それでいて、ダークな部分もしっかり描いてる。こういうタイプの映画は、久しぶりに見ました。


この映画の魅力は、人間の内面をきちんと表現している点にあります。これは、しりあがり寿の原作が優れていることでもありますが、それを見事に映像化した監督の腕も、大いに評価されていいことだと思うんです。だから、ホモでヤク中の男が主人公でも、女性のお客さんがちゃんと入る。


そうそう、TVドラマの「タイガー&ドラゴン」も面白いです。クレイジーケンバンドの歌使っているしね。ちなみにこれの虎二くんと、この映画の弥次さんは、おんなじキャラクターです。


それにしてもまあ、よくこれだけギャグを思いつくもんです。冒頭からすっかり入り込んでしまいました。役者さんも、じつに楽しそうです。大物俳優のアーサー王は爆笑でした。中でも、俺的に一番ヒットしたのは、阿部サダヲ。今回はおかっ引きの役ですが、あのテンション高いキャラが、ピタッとはまっていて、気持ちいい。「タイガー…」でもすべりっぱなしのダメ兄貴を演じてますが、今回は美形のメイクもバッチリキマっています。マニアックな役者なので、知ってる人少ないですよね。他にも「タイガー…」にでてた荒川良々なんかもスゴイ役で出ています。


とにかくこの映画は、文句なしに楽しい。やっぱり今年は、邦画が一番元気がいい。


観客は圧倒的に女性が多かったです。一人で来ている女性もいっぱいいました。あとはカップルと、女だけ3~5人とか。


男二人は……俺らだけ! しかも真夜中のレイトショー。


いいじゃねえか。おいらとおめえの間には、暗闇ばかり~。てやんでえ!べらんめえ!

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-10

ブレイド3

テーマ:洋画

ウエズリー・スナイプスも老けたなあ。かなりオッサンしてます。


彼を劇場で見るのは「ブレイド2」以来です。アメコミだから相変わらずですが、動きにくそうなコスチュームに見を包み、重くなった体でアクションをこなすのは大変だったでしょう。ご苦労様でした。


ブレイドは、刀を主な武器として用います。使う理由は、日本が誇るプロダクションIGのアニメ「Blood」と同じかどうかわかりませんが、問題は、刀の装着位置です。なんと背中に垂直に差してあるんです。斜めじゃなくて、垂直ですよ。その状態で彼は車の運転をし、走り、飛び、きりもみ空中回転をして敵と戦うのです。これって、スゴクない?背筋を伸ばした状態で、大したもんです。きっと、腰痛があって体を曲げられないか、異様に体が固い人なんですね。日本映画「Shall we dance」に登場したダンス養成ギプスと同じ効果だろうか。じゃあ、役所広司もブレイドに出られますね。


で、映画ですが、今回は最終章ということなので、ブレイドがつかまって最大のピンチを迎えます。彼を助けようと若い仲間達が名乗りを上げますが、あっさり拒否。「俺は一人で戦うから、仲間などいらん」と。助けてもらっても、「余計なことするな」という調子。かえって「やり方が甘い」などと怒られる始末。これって、職人のオヤジみたいですね。プライドが高くて、気難しい。


明らかに若いもんに任せたらいい仕事を、自分でしないと気がすまない人は多いと思う。でも、周りで見てる方は、イタイもんです。オッサン達(俺もだけど)、もうちょっと力抜くとこは抜こうよ。


オヤジが若いもんに仕事を託す映画というと、「アルマゲドン」がありましたねえ。土方は地球を救うってやつ。あんなふうにブレイドもなれんもんだろうか。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

コンスタンティン

テーマ:洋画

やっぱりキアヌ・リーヴスだと、マトリックスとキャラかぶっちゃいますね。


でも、マトリックスよりもわかりやすくて楽しめる作品」になってるかな。肩の力を抜いて、軽い気分で見れる映画です。


レイチェル・ワイズは、全然刑事って感じがしないのがいい。この人、わりといい女優なので、どんどん使ってあげて下さい。勝ち気な役でも、お人よしな雰囲気があるから温かみがあるんですよね。それでいて、機転がききそう。ハスキーボイスもなかなか。「ハムナプトラ」や、「スターリングラード」でも、なかなか好演してました。ピリピリした主人公と実によくかみ合うんです。


タバコを吸い過ぎるとあの世で減点の対象になるらしい。じゃあ、エイトマンなんて大変だなあ。


キアヌファンに怒られそうだけど、彼って、いまだにいい俳優なのかどうか、俺にはわかりません。ただ、クールな役はよく似合います。なんだか、感情を表現するのはイラつく時だけで、普段は機械のようにクール。意外と、ロボット役なんかハマリそうなんだけどなあ。かつて「ターミネーター2」でT-1000を演じたロバート・パトリックなんか、最近は演技派になってきているもんね。もし4作目をとるんだったら、俺は彼を推薦します。


で、映画ですが、普通の出来でしょう。そこそこ面白いです。


ちなみに、天使を扱った映画では、ジョン・トラボルタが演じた「マイケル」が俺のおすすめです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2005-05-04

ハイド・アンド・シーク

テーマ:洋画

こりゃいかん。開始して10分くらいで犯人と展開が読めてしまいました。火曜サスペンスよりダメじゃん!


だいたい、デ・ニーロがいい父親やってるだけで怪しい。ダコタ・ファニングが悪い子やってるのも余計に怪しい。

じゃあ、そういうことじゃん。


後から、怪しそうな人達をいくら登場させても、バレバレです。無駄です。もう、どうやってバレるかしかありません。


確か予告篇では、「もういいかい…?」ってなんども言ってたっけなあ。


「………もう、いいよ! カンベンしてくれ。」

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。