熱中症を防ぐため、エアコンを上手に使いましょう。

 

 

■エアコンなしでは無理! 日本の夏

「Mulberry House(マルベリーハウス)」桑原建設がご提案するのは、家の中の涼しさを逃しにくく、少しの冷房エネルギーで心地よく暮らせる家です。

でも、そんな家でも、エアコンをまったく使わずに日本の夏を乗り切ろうとするのは、あまりにも危険です。

 

■浜松市では90人が住宅で熱中症に

2015年5月~9月、浜松市では280人が熱中症で救急搬送されました。

そのうち90人は、住宅(老人施設を含む)で熱中症にかかってしまった人たちでした。(熱中症患者速報 平成27年度報告書 国立環境研究所)

http://www.nies.go.jp/gaiyo/archiv/risk8/2015/2015report.pdf

家の中でも、熱中症の危険はあります。気温が上がる昼間には、無理せずエアコンを使いましょう。

 

■風通しがよいから、エアコンはいらない?

気温が高くても、カラッと乾いた風が家の中に入ってくるなら、エアコンは必要ないかもしれません。

しかし、日本の夏では、風がたっぷりと湿気を含んでいます。

湿度が高い空気は、さらにたくさんの水蒸気を含む余裕がありません。

そのため、湿った風に吹かれても汗が蒸発しにくく、体温が下がりにくいのです。

湿度が高い日本の夏では、「風通しがよければエアコンはいらない」とは言えなさそうです。

 

桑原建設のモデルハウス:「Mulberry House(マルベリーハウス)」

日時:予約していただければいつでも対応致します

住所:浜松市中区富塚町2808-1

 

イエタテ 新築施工例  

http://www.sumailab.net/kuwabara/works.html