Twitterボタン


http://twitter.com/kuwa77


Google



熊本地震で被災された皆様方へ、謹んでお見舞い申し上げます。

熊本生まれの者として、懐かしの故郷を思いながら、今は皆様方が平穏な日々を一刻も早く取り戻されるよう心からお祈り申し上げます。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年06月19日(日)

東京競馬場へ行ってみた

テーマ:日記

 

今回の写真は全てEOS7D+EF70-200 F4L IS の構成

 

さて、本日はたまに小雨もぱらつく感もあった東京競馬場へ行ってまいりました。

最後に来たのがルルーシュが勝ったアルゼンチン共和国杯の時ですから4年近く前の事。

 

EOS7Dを導入してすぐ実戦活用した舞台でもありますが、焦点距離の300mm超の交換レンズは毎度欲しくなりますね…こういう場所では。

 

そして「気持ち良いシャッター音だな…」と振り返るとニコンD4をご利用のお方が。こういう機材、いつか使えたらな…。

 

 

 

 

 

それほど大きいレースの開催でなければ撮影スポットも色々変えて楽しめる所ですが

ウィナーズサークル横、地下道入り口から競走馬が出てくる所、ここはしばらくぶりに

「おぉぉ…っ!」と感じさせる絶好のポイント。ここなら望遠レンズもAPS-Cで焦点距離200mmもあれば十分。

 

 

 

 

第四コーナーを回り直線。トリミング無しでもここまでは寄れますな…。メインレース前に結構な雨となり、そこで撮影練習はストップ。帰りは煮込みを食べられすっかりご満悦。広大な緑を一面にした勝負の舞台に身も心もしゃっきり。月曜からの仕事も頑張らねばっ!。

 

「衝動買いはやめられない!デジタルカメラ販売員奮闘記」トップへ 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月05日(日)

美しい無私の心、ここに - 『殿、利息でござる!』-

テーマ:日記

さて、エアレース予選も急遽中止となり、その後どうしよう…?。

 

「映画でも見に行こうか」と職場の同僚3人と三井アウトレットパーク幕張を散策後、迎えた午後15時30分。

 

シネプレックス幕張にて、たまたまちょうどいい時間だったから、内容とかキャストとか全く何も分からないまま選んだ

 

殿、利息でござる!

(非常に人間関係の相関図、時代背景が分かりやすく、これからご覧になる方はじっくり予習して行くとより楽しむことができます。)

 

一体どんな映画なんだ?。映画感で映画を見るのは昨年の「マッドマックス 地獄のデスロード

 

以来。そして邦画で最後に観た映画は小さいころ両親に連れられ、確か観たい映画が満席だったから訳もわからず寅さん二本組を見させられたぐらい邦画には縁遠いkuwa77。

 

タイトルだけですと、ちょっとした江戸時代のギャグコメディかな…、ぐらいの認識しか無かったのですが…実際には暗い影を落とす中で活躍する美しい群像劇が目の前で繰り広げられます。

 

時は1766年、財政困窮の仙台藩の宿場町、吉岡宿では百姓、町人も重い苦役ですっかり疲弊し町は寂れ、夜逃げも続き、どうすればこうした苦難を乗り越えられるか。

 

そこで吉岡宿の茶師の知恵者、菅原屋 篤平治(瑛太)に、ある考えが浮かびます。

 

お役人が搾取し、弱小者が搾取されるのならば、搾取される側が大金を用意し藩に貸し付け、その利息を百姓、商人に還元できるシステムが出来ればこの苦難を脱することができるのでは。

 

しかし必要な金額は1000両(現在の日本円で約3億円)。途方もつかない膨大な額をどうかきあつめるか。

 

そして出資金が集まった所で、必ず藩が借りてくれるかすらも分からない。

 

何か企みが、私心があるのでは?。表ざたになれば打ち首になるかもしれない。

 

水面下で繰り広げられる権謀術数。

 

どうしても生じる人間の驕り、虚栄心に対する葛藤と戒め。

 

数年の月日を経てかき集めた1000両、しかし…。

 

それ以上はネタバレになりますので控えますが、いざ見始めたらぐいぐい引き込まれるストーリー、号泣までいかないものの、涙腺崩壊まであともう少し、とほろりとさせる絶妙かつテンポのいい展開。そして余韻も爽やかで皆が幸せになるハッピーエンドに大満足。

 

「平等」とは夢物語。富める者、貧しき者。搾取し搾取され、搾取され続けて何も無くなってしまったらどうなるか。全て疲弊し、全て朽ち果て希望無き未来に。

 

名声を捨て、私欲を捨て苦しむ民衆の為に立ち上がった同志、それに共感し、やがて対極にある者同士がお互い分かり合え、希望が生まれ、それが現代の街にも受け継がれていく。丁寧な描写と個性的、かつ適切かつ重厚、好演、熱演のキャストが美しい物語への肉付けをより豊かなものにしています。

 

「エアレース予選中止」が無かったら、全く気付かなかったかもしれないし、数年後TVで再放送されても見たかどうか。

 

アクシデントで偶然観た映画でしたが優しい気持ちで映画館を後にしたのでした…。

 

■URL

 

『殿、利息でござる!』大ヒット上映中!

http://tono-gozaru.jp/

 

「衝動買いはやめられない!デジタルカメラ販売員奮闘記」トップへ 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年06月05日(日)

レッドブル・エアレース千葉2016 予選へ行ってみた。が…。

テーマ:日記

朝九時、海浜幕張駅前。若干雲は残るも爽やかな朝。

 

6月4日、レッドブル・エアレース千葉 2016 予選観戦の為行ってまいりました。

駅前広場にはレッドブルのショーカー。

 

カジュアルな服装の観客がぞろぞろと会場へ足を進めていく中、スーツ姿のサラリーマンもやたらと見かけることに。

 

去年も実は観戦に出かけていたのですが、昨年は朝8時から空はぐずつき雨模様。開催前には雨は止むも、一日どんよりとした曇り空で、この天気ならもうテンションも上がるというものです。ただ去年と比べると行列は少なく比較的スムーズな入場となりました。

 

会場手前の各種イベントスペースでは

ただ一人の日本人パイロット 室屋選手搭乗機のレプリカや

チームハミルトン の機体

そして愛すべき千葉県のゆるキャラ、チーバ君がお出迎え。

 

日差しが強くて帽子を忘れてしまったので、このブライトリング

ノベルティキャップを頂けて狂喜乱舞。

 

予選スタートは午後一時からなので、「昼の混雑する前に食事を先に」と富士宮焼きそば、タイ風焼きそば、など炭水化物多めの食事をがっつり取って、いよいよ砂浜へ。

観戦地点は昨年同様Aエリア。去年は確か無かった鉄柵が設けられ、レジャーマットを敷いて今や今やと待ち構える観客の皆さま。

 

そして練習飛行で何機かフライト開始していますしっ!

 

ここで撮影機材をごそごそ準備。去年のエアレース後に導入したものの中々出番のなかった照準器オリンパスEE-1もここなら…。被写体の動きが速すぎて追えない、それで導入した経緯もあるので今回はフル活用したい、と思いながら予選を前に照準器の微調整に余念なし。

 

途中同じく偶然お隣でEE-1をご利用のカメラマンの方と機材トークで話が盛り上がるという…。

 

 

 

おおぉぉ、やっぱり最高!。

 

今年は近いっ!近すぎてレシプロエンジンの迫力あるエンジン音で鳥肌全開。

 

ちょっと砂埃が舞う風の強さが気になるかな、と感じさせる予選開始30分前。

 

そして開演。されどなかなか競技機が飛んでこない…何だ?。

しばらくたってから場内に英語のアナウンス、そして日本語で

 

「本日は強風の為全てのフライトを中止いたします。」

 

…えぇぇ?!

 

大型ビジョンでは中止の告示分が。

 

特に大きなブーイングが発生した訳でも無く、しばらくたって好天に転じれば再開もあるはず、と淡い期待を10分ほど抱きつつも

撤収しだすと早い早いっ。かくして2度目のエアレース予選観戦は失意のうちに幕を下ろすのであった…。

 

但し、無理して開催し競技者、競技スタッフ、観戦者に万が一の事態で取り返しのつかない事になるリスクよりも、安全最優先で苦渋の選択をすることになった主催者の大英断は寧ろ、最大限に尊重すべき事で、今思えば残念、というよりも感心の気持ちのほうが勝ります。相手が自然、だから致し方ないですしね。

 

今年は多少の悔いは残ったものの、来年もまたリベンジすべく観戦したいですね。

最後に、室屋選手、日本ラウンド優勝おめでとうございますっ!。

 

■URL

 

レッドブル

http://www.redbull.com/jp/ja

レッドブル エアレースとは

http://rbar.jp/about.html

 

【速報】室屋義秀、悲願の初優勝!

http://www.redbull.com/jp/ja/motorsports/stories/1331798585314/red-bull-air-race-chiba-2016-yoshimuroya-winning-photo

 

「衝動買いはやめられない!デジタルカメラ販売員奮闘記」トップへ 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月08日(日)

しばし沈黙 - キヤノン EOS7D -

テーマ:デジカメ



テンション高めで迎えたゴールデンウィーク、皆様いかがお過ごしだった事でしょうか?。あっという間の最終日を少し寂しく思いつつ…。

さて、そんなゴールデンウィークに久々カメラを持ち出し撮影に、と思いきや主力のEOS7Dの電源が入らず、かつ見慣れぬ表示の

Err40

え、何だこの症状は?。

エラー表示について(EOS 7D) 
http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/eosd/51960-1.html

によると、電源関連の不具合だと…!?。一番使用したい時に手痛いトラブル。
所要の撮影には友人からデジカメを借りて対応したものの、念のため持参したEOS7Dは動かずじまい…。

サポート窓口も日曜祝日は開いていないし、土曜日に持っていくか。その前に最後の悪あがき。

バッテリー何度も脱着、電源何度もオンオフ、コンパクトフラッシュ何度も抜き差し。
本体、バッテリーの接点部分を綿棒でくまなく清掃など行っているうちに…



復活

やった!、なんでもあきらめずに試してみるものですな…。ただ導入5年目を迎え持病を抱えている事に察知した事実は事実。代替えの効かない相棒ですので近いうち点検に出して長く使えるようにしたいと思います。

「衝動買いはやめられない!デジタルカメラ販売員奮闘記」トップへ 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月04日(水)

第45回JRAホースショーへ行ってみた - キヤノン EOS 60D -

テーマ:デジカメ


Canon EOS 60D+Canon EF70-200mm f/4L IS USM  ISO 100 F7.1 SS1/160 焦点距離 200mm(35mm換算320mm) 露出補正 なし

今回は、後に記事にいたしましたが保有のEOS7Dが動作せず、友人からEOS60Dをお借りして障害馬術競技が開かれた馬事公苑に足を運んでみました。

2010年9月リリースのEOS60D。2013年頃までの長きに渡って2桁型番EOSを牽引してきた名機。

このたびまとまった時間で初めて試用しましたがEF70-200mm f/4L ISとの組み合わせはその程よいボディサイズと重さに「7D以上に手に馴染んだ」のはまさに驚き。

液晶画面右に「メニューボタン」「再生ボタン」「決定(SET)」ボタンが固められ、右手だけで操作が完結する(願わくばゴミ箱ボタンも右に移したほうがいいのでは?とも思いましたが、誤操作で大事な画像を消去するリスクを軽減するためにも、画像消去は両手操作にした側面もあるのでしょうか。)使い勝手の良さ。

またEOS60Dの液晶表示品質が優れているのかEOS7Dより、被写体の微ぶれ、手振れの確認が非常にしやすく、お財布にも優しいSDカードが使える点、バッテリーも汎用性に富むLP-E6も利用可能、とまだまだ現役で戦える性能は十分有していると実感いたしました。

毎秒5.3コマ、連続撮影コマ数RAWのみで約16枚は「無駄なコマを取らない」ストイックさでカバー。より慎重に挑んだ分失敗画像も少なく…。

現行のEOS 7D MarkⅡに迫る性能を誇る二ケタ型番のEOS80Dへの興味関心も尽きませんが、車検で結構な諭吉さんが飛んでしまいまだまだEOS7Dを使うことになりそう…。


Canon EOS 60D+Canon EF70-200mm f/4L IS USM  ISO 100 F7.1 SS1/160 焦点距離 200mm(35mm換算320mm) 露出補正 なし

Canon EOS 60D+Canon EF70-200mm f/4L IS USM  ISO 100 F7.1 SS1/200 焦点距離 200mm(35mm換算320mm) 露出補正 なし



Canon EOS 60D+Canon EF70-200mm f/4L IS USM  ISO 100 F7.1 SS1/160 焦点距離 135mm(35mm換算216mm) 露出補正 なし


Canon EOS 60D+Canon EF70-200mm f/4L IS USM  ISO 100 F7.1 SS1/640 焦点距離 200mm(35mm換算320mm) 露出補正 なし




Canon EOS 60D+Canon EF70-200mm f/4L IS USM  ISO 100 F4.5 SS1/250 焦点距離 200mm(35mm換算320mm) 露出補正 なし


Canon EOS 60D+Canon EF70-200mm f/4L IS USM  ISO 100 F4 SS1/200 焦点距離 155mm(35mm換算320mm) 露出補正 なし

■URL

馬事公苑
http://company.jra.jp/bajikouen/

キヤノン
http://canon.jp/


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。