読書三昧

テーマ:

ぐでたまのかまぼこ⬆
会社の子がお弁当に入れてて「かわいい」と思って、子供のお弁当のために買いました。
下の子がビビンバに添えたゆで卵の黄身を食べて、ぐでたまのかまぼこを入れていた。

最近は知識を入れたくて、読書三昧です。
ほとんど図書館で借りてますが、気がつくと30冊くらい借りてて、読めるのかしら?とドキドキしながら、頑張って読んでます。
何を読んでるのかと言うと、最近はセンスアップ、英会話、片付け、リンパマッサージ、レシピ、コーディネート、デザイン、自己啓発の本ですね。
気になったキーワードを図書館のホームページで検索して借りることが多いです。

最近、借りてびっくりした本⬇
眼精疲労のおかげで、視力回復について知る機会ができました。
老眼って逃れられないことだと思ってたけど、実際は違って、目の回りのマッサージや、坪押し、眼球を動かすことなどによって、老眼になりにくくなることが判明!
それで視力も回復するのかどうかは、私がこれから究明しようと思いますウインク
猫背など姿勢が悪いと目も悪くなるらしい。姿勢にも気を付けたいですね。


面白かったのはこれ⬆
スマホを使いこなしているのか?
それともスマホに使われているのか?

よく見るのは、買い物している母の後ろをスマホを見ながら歩く子どもや父の姿。
ご飯を食べながらスマホをする人。
ちょっとした待ち時間にスマホをする人。
人と話しながらスマホの見てる人。

そこまでしてスマホをするのか?
そういう人は結局スマホに使われている人なんだな。
スマホに操られている感じが恥ずかしい感じです。
ただひたすらスマホを見続けぼけーっと過ごし大切な時間を無駄にしないで、たった5分だけでスマホのイイトコドリしようといった内容。
本当に便利なスマホのツールを紹介してるし、さらに自分はどのくらいスマホを1日に見てるのか分かるアプリもあって、納得です。


さらにやりたいこともたくさんあって、時間が足りない‼
英語の勉強もしたいし、あれもしたい、これもしたい。
本を読んで、実際の自分って言うものも思い出した気がします。
すごく楽しくなってきました♪
AD

斎藤一人さんの強運

テーマ:
斎藤一人さんの強運です⬇


面白かった~~
面白かった~~
これはオススメおねがい


前向きに語る斎藤一人さんの本は本当に面白いです。
特に「逆境の時」の過ごし方についての記述。
一部抜粋⬇

逆境の時に腐っちゃうか、または愚痴を言わず勉強してぐんと成長するか。
例えば牛乳もばい菌が入れば腐るけど、乳酸菌が入ればヨーグルトになる。
「逆境のとき」に学ぶ人に、神は大きく味方する。
「逆境のとき」に学ぶ人が、強運をつかめる。


すごく勉強になりました。
カーネギーの「人を動かす」を読んでみたくなりましたカナヘイ花

自己啓発本は昔からちょこちょこ読んでましたが、今年に入ってからびっくりするくらい読んでます。
読んでいいと思ったら実践しています。
いつになく勉強している私。
この年になって、急成長したと感じています。
AD
自分の小さな「箱」から脱出する方法


自分の小さな箱という題名だったので、てっきり自分の殻から飛び出せという内容かと思っていましたが、全然違いました。


なぜ仕事関係がうまく行かないのか、なぜ夫婦関係がうまく行かないのか、なぜ親子関係がうまく行かないのか、人間関係のあらゆる悩みについてこと細かく教えてくれるような内容の本でした。
会社員の視点で、経営者から愛を持って教育される感じで進められる内容ですが、会社員でも経営者でも夫でも妻でも父母でも読めば心が温かさに包まれるような感じがします。
人間関係に悩む人は読んでみると何か少しの助けになるかと感じました。

やはりこれも愛を持って真剣に向き合おうと言うテーマがあった気がします。
AD
いい本でした。
これもいつも読んでいるブログの方がおすすめしていたものです。


修道者である渡辺和子さんは昨年にお亡くなりになられたそうです。
私は亡くなった後にこの本を読んでいますが、もっと渡辺和子さんの本に早く出会いたかった。
でも今だからこそ心にズドンと来るだけで、もっと前に出会っていてもズドンと来なかったかもしれませんね。


自分がズドンと来たお言葉を一部抜粋⬇

⚫自分が積極的に動いて、初めて幸せを手に入れることができる。

⚫子どもは親や教師の「いう通り」にならないが、「する通り」になる。

⚫いい出会いにするためには、自分が苦労をして出会いを育てなければならない。

⚫何もできなくていい。ただ笑顔でいよう。

⚫信頼は98%。あとの2%は相手が間違った時の許しのために取っておく。

⚫大切なのは「人のために進んで何かをする」こと。

この本のすべてがよかったし、書かれている内容もすべて読んで理解できる。
ぜひ読んでもらいたい本です。

本当にここ最近読んでいる本は「愛」がテーマな気がします。
また読み返したい本でした。



こんなに本を読んでいると、速読術を習いたいって思いますね。
速読術を習得している人はパラパラ読んでいるように見えて、本の細かいことまで理解しているそうですね。
私は細かいところはパラパラ読んでいるので、すべてを読んでいるわけではないんです。
せっかく読んでいるのにもったいないですよね。
勉強してみようかな、速読術照れ

今日、読み終わった本

テーマ:
ずっと家にいるのがつまらないと思ったんですが、本を2冊読み終わり、読むべき本だったんだ、読む機会があって良かったと感じました。



⬆私が読んでいるブログの方がおすすめしていて、読みました。
生きがいの創造 飯田史彦

「死語の世界」や「生まれ変わり」についてかかれた本です。
泣きながら読みました。
息子に何度も「大丈夫?」と聞かれました。

私は生まれ変わりとか、守護霊とか、神様、死語の世界を比較的信じている方です。
と言うのも、亡くなったおばさんやおじいちゃんが夢に出てきたり、何か感じた(はっきりしたものではなく曖昧なものですが)というのが、たまーにあるので。
本を読んで感じたことは、曖昧な何かが裏付けられた気がしました。

私はとーっても小さいことで悩み、憎しみ、イラつき、自分だけが…という思いでいました。
ここ最近読んだ本は偶然出会ったり薦められたり気になったワードを検索したりして読んだものですが、すべて「悪よりも愛。すべてに愛を与えよう」というのがテーマだった気がします。
自分のことしか考えず、自分中心の考え方をしていたと気づかされました。
例え嫌なやつでも、家族、親戚、友人以外、すべての人に対して愛をもって接することの大切さを知りました。
自分自身の成長を考え、進んでいこうと思います。

我ながら、いい感じにまとめられてよかったてへぺろうさぎ



2冊目はこれ⬇

「開運センス」の磨き方 Keiko

ここ最近、占星術という言葉を頻繁に耳にします。
きっと、占星術がこれから話題になっていくのでしょうね。
太陽、月、水星、火星、木星、金星の動きによって人は左右されていると言うもの。
その動きを知ってうまく活用していこうと言うものです。
占星術を一から勉強したくなる内容でした。
またあとから読み返そう。

読書

テーマ:
図書館でこれでもかっていうくらい本を借りてました。

読みたい本がたくさんなのに、時間が足りない。
でももっともっと読みたい本があります。



幸せなお金持ちになれるすごいお金。和田裕美
⬆これは面白かった。
自分の概念がひっくり返った。


もなかさんが言ってた小林正観さんの本をずっと読みたいと思いつつ読まなかったのに、最近すごく読みたくなって借りてきました。


下の子のおかげで読む時間がたくさんできた♪
楽しみですカナヘイ花

糖質オフ1

テーマ:
⬇これも図書館で借りた本です

炭水化物も糖質ですね。
10代、20代は炭水化物からとる栄養がとても大切だけど、30代くらいからは、じょじょに減らした方がいいそうです。
毎食と言うのは難しいので、私は夕飯だけ炭水化物を食べてないです。

糖質はたくさんとらなくてもいい物なんで、とらなくても大丈夫だそうです。
むしろとらない方が脳にいいらしい。

でもチョコ好きな私には難しい。
なんでなるべくカカオ70以上のチョコを食べています。
子供たちにも当たり前になるようにカカオ70のチョコをお菓子のかごに常備してま~す。

甘くないものに慣れてくると、甘いものを食べたくなくなってきますね。

⬇私がたまに食べるチョコたち


⬇もちろんキットカットもビターを常備


この他に、小腹がすいた時は素焼きナッツを食べます。
ナッツに含まれる脂質は体にいいものですし、栄養も豊富。
良く噛むにで、満腹に感じやすいです。

温活2

テーマ:
図書館で借りた本

⬆湿布を使うより、ホッカイロを使った方がいいよ、って本です。

湿布って冷たいですよね。
冬は特に貼りたくない。
湿布は毎日貼ってはいないですが、痛いときにたまに貼ります。
でもこの本を読んで、ホッカイロを使い始めました。
腰とお腹の丹田の部分と肩甲骨の間に貼った方がいいそうです。
3つは貼れないので、1個だけ腰に貼ってます。
体がぽかぽかしてる気がします。
仕事中は動かないので、なおさらいいですね。

体を温めると美人になる

テーマ:
最近は体を温めるといいよ、って本をたくさん読んでいます。

「体を温めると美人になる」
渡邉賀子

この本も総合的な内容で良かったです。
食事、運動、服装、生活習慣で体を温めるって方法を紹介してくれてます。

やっぱりこういう本では、しょうががいいと言うし、鎮痛剤とか飲むと逆効果だよって内容が多いと思います。

去年は副鼻腔炎で薬をたくさん飲んでたし、本当にこれでいいのか?と思っていました。
私の行ってた⚪⚪耳鼻科では子供にも何かあるとすぐ抗生物質を出してたけど、本当にこんな飲ませてていいのかと思ってました。
咳が出てる子に咳止め、熱が出てる子に熱冷まし。
これが根本的に病気を治せるのかな?
それが本当は逆効果ではないのかな?


今は私の気になる症状は眼精疲労だけなので、できるだけ天然のものだけで体調を良くしていきたいって思います。
子供にもその方がいいよって教えていきたいです。

インプット

テーマ:
昨年からたくさんの本を読んでいます。
体の不調を戻そうと読み始めたんですが、今では興味ある本を検索して図書館で借りています。
いい本だったら買おうかと思います。

まず去年、衝撃をうけた本はこれ⬇



なぜ借りたかも覚えてないんですが、ぱらぱら~と読んで返そうと思ってたのにじっくりと読んでしまいました。
自分の常識が崩れた気がしました。

そして今はこれを読んでいます⬇
ワタナベ薫さんの本

TSUTAYAで見かけて読んでみたんですが、やっぱり私の固定観念を崩された気がしました。
この年になっても知識って必要だなと感じました。
今はもっともっと勉強をしたいと思います。