すっごい昔に観て『おもしろい!』って思って、また久しぶりに観たくなった映画です。
最近は何度もレンタルしては、観る機会がなくて返すというのを何回か繰り返してました。

昔観た時の感想→ウォルター少年と、夏の休日

邦題は『ウォルター少年と、夏の休日』ですが、原題は『Secondhand Lions』。
Secondhandは中古の、という意味らしいです。
観たら意味がわかると思います。

久しぶりにやっと観れました。
これ好きなんです。
ハラハラドキドキで、冒険物、でも最後はホッとします。
相変わらずいい映画だと思います。
これ買おうかと思ってたんですが、もう新品は見つからなくて、中古は欲しくないしな~
『シックス センス』に出てたハーレイ・ジョエル・オスメント君が少し大人になって出ているんですが、冒頭のへなちょこな感じの少年が最後の方には自信を持って成長した少年を演じててすごいなって思いました。
⬆あれ?デジャヴな感想。私の感想、まるで成長なし。
何年後かにまた思い出したように観ると思います。

さくらこさん、元気かな?
AD

主人に勧められて観ました。

主人公は冴えない感じですが、彼女がかわいい。

恋愛映画とも言えるし、SFとも言えるし、親子の感動話とも言えるし、なんの映画の部類に入るのか難しい映画です。

主人公の普通な感じがまた共感できる感じなんでしょうね。

面白いと言われてもなかなか観ようと思わない映画ですが、主人がこのブルーレイを買ったので観てみました。

観てよかった。

考えさせられるし、感動します。

おすすめです。