kusuke-jpのアメブロ

技術的じゃないビジネス寄りの内容はこっちのブログに書いてます。内輪ネタ多し。


テーマ:

(C) Photo by isamu miyahara

少し遅くなりましたが、先週の誕生日が広告代理店部門の決起会でした。おかげさまで、ベストプロフェッショナル賞をいただくことが出来ました。

これまたありがたいことに周りにはきっと受賞するよ!と言ってもらってたのですが、あまり実感がなく、スピーチの準備をしていませんでした。いろいろな賞の発表が始まり、壇上でかっこよくスピーチされる人達を見て、あわててもし受賞した時の事を考え始めました。それでも、セルリアンの壇上に経つと、全部ぶっ飛んでしまいました。改めてログミーっぽくここに書こうと思います。

=================================
このような賞をいただき、ありがとうございます。
えーーーっと。飛んじゃった。あ、そうだ、今日誕生日なんです。(<おめでとう!の声)
実は営業でさっき受賞してたT内も同じ誕生日で。すごくめでたい日となりました。

去年の今頃広告代理店にきました。それまでAmebaで結構腐ってて、成果も出せないし
いろいろ納得いって無くて、やさぐれてた時にエージさんに拾っていただきました。
僕の中で広告代理店ってド営業で、すんごい数字詰められたり酒飲まされたらどうしよう
みたいに怖がってたんですが、全然みんな優しくてすごく気を使ってサポートしてくれて。
本当に一年間やってこれたのはチームのみんなのおかげだと思います。

僕の仕事はシステムなんですが、ただシステム構築しにいってるわけじゃなくて。世の
企業はみんなこのアドテク時代に自社のシステムがついてきてなくて困っています。
それはシステム自体もそうだけど、経営と技術者が対話できなかったり、縦割り組織の
弊害で動きが鈍くなったり。そういうのを全部解決しに行ってます。

だから例えば、システムが絡むならクライアントの経営会議用の資料だって作るし、(1円にも
ならないけど)組織づくりの提案とかをAmebaの経験活かして持って行っています。
そういう営業的なことも全然やったりします。

この半期は、そういうシステムが絡む領域もやっぱりサイバーエージェントだねと世の中の
評価をいただけるように、まずは今の仕事をやりきりながら組織や仕組みを作っていきたいと
思います。今回は本当にありがとうございました。
================================

終わってから内藤さんとかすごいたくさんの人が声かけてもらって、すごくうれしくなりました。
代理店部門って、やっぱすごくサイバーエージェント色が濃くて、めっちゃええ奴がおおいのが
すごくいい組織だなと。その中でもクリエイティブ局は、平均年齢も高いのもあって、いわゆる
ロジックとか豊富な経験とかで勝負する文化が上乗せされてて自分にピッタリだと思ってます。


というわけで、システム系クライアントワーク経験者で、マーケ力や経営力を身につけたくて、
30代のキャリアはやっぱ技術力とビジネス力の掛け合わせで歩んでみたいっていう人がいれば
是非一緒にお仕事しましょう。twitterかfacebookにご連絡いただければと。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
32歳の抱負はもうひとつのブログのほうで。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
おかげさまでシニアプロデューサに昇格いたしました。支えていただきました皆様には感謝いたします。
※老人になったわけではありません

思えばこの一年間、表面的にはクライアントのシステムを作ってたわけなんですが、内部的にはそんなのおまけじゃないかってくらい色んなコトやってました。

大体初見のお客様には、「システム部門とマーケ部門をつなぐお手伝いをしています」と自己紹介しています。これは弊社が担当するわりかし大きめのクライアント様では、だいたい職能ごとに縦割り組織になっており、かつ、システム部以外技術のことなんてわかんないからだったりします。

個人的な意見としては、広告代理店に所属する人間が言うのもどうかと思いますが、Webをビジネスの中心に据えている企業であれば、システムの内製化、マーケティングのインハウス化というのはするべきだと考えています。

マーケの方は今回置いておいて、内製化で言うと採用する側が技術者を見分けられない状況では難しいのはそりゃそうだと思います。それでも、やるべきだと思うんですよね。

Webって通販系のクライアントさんにしてみれば、旗艦店だと思うんです。フラッグシップのお店の運営を外注に任せるってやっぱ良くないと思うんですよね。

その証拠に、だいたい企画部門からはシステムの不満や不安が聞こえてくるわけです。ちょっとした作業を頼むのにめちゃくちゃコストと時間が掛かるとか、システム側は的はずれな依頼をゴリ押ししてきやがってみたいな不満があったり、外部ベンダーとの板挟みになったり、みんな不幸なんです。

でもそれって、結構現場よりももっと上のレイヤーが認識しないといけなくって、事業部長以上のレイヤーと話さないといけない。

そうすると、システム部という人種とは技術的な言葉で、企画部とはマーケ観点の言葉で、経営層とは事業運営や組織運営の言葉で話さないといけない。僕はそんな翻訳者になりたいと思ってきました。


その結果、自分のわかりやすい目標としては、レンタルCIOのように使ってもらおうと思いました。僕が意思決定するのではなく、それぞれの部署が本当に言いたいことを経営の言葉に変換する、逆に現場には自分の組織論理や上司じゃなく顧客の方を向いて仕事をするように作っていく。そんな仕事がしたいなと思いました。

昇格の日、遅くまで飲んで奥さんにしばかれましたが、今後も健康に気をつけつつ支えてくれる家族に還元できるよう精進していきます。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと3駅くらい梅田から離れる方向に引っ越すことにした。引っ越しは今回もアリさんにした。大阪→東京も東京→大阪もアリさんにした。毎回相見積もりを取るんだけど、営業パターンが同じで面白い。

前半の営業は、「これ以上安くならないけど、後ろの営業断ってくれるならあと5000円」とか言ってくる。そうやって交渉のたびに何度も上司に電話をするが、本当に上司なのかはわからない。

後半の営業は、前半の営業の見積もりを単に安くすればいいだけなので余裕である。

でも、ある程度まで行くと、大体社格で下限が決まってくる。ヤマト日通は(単身はしらんけど)くっそ高くて、アート、サカイ、アリあたりが1群、その下にハートとかダックとか、ぎりぎり社名を聞いたことある中堅が来て、あとは名の知れないところ。それぞれ1~2割ずつくらい下がるイメージ。

原価を考えてみたけど、アリの見積もりの人間6人×半日+4t車2台(ロング+ショート)で8万ちょい+税金くらいというのはまぁ儲け薄そうだと思った。アリは正社員が多いのが売りということで、1人日2万円としても6万円+トラック費なので、安くしてくれたなと思う。

きっとバイト多めに配備されるはずだから、リーダー格の社員には別途手当を渡さねば。前回も一人素人っぽい子が混ざってて、社員っぽい子がそのぶん2倍くらい働いてた。

それでもハートに頼むときっともうちょっと安くなる。人件費単価が1.6万円設定なら4.8万円、しかも自動見積もりでは担当5人といっていたので、4万円程度+トラック代が原価。

まぁでもあまり値切り合戦を繰り返して各社疲弊させてもあまりみんなハッピーにならないので、営業が頑張ってくれたアリさんにした。

ちょっとビジネス観点から想像はしてみたものの、引越し業界は大型家具とか梱包材的なノウハウが必要だし、そんなにぼったくり感がないので、UberやAirBnBのような黒船が発生しにくいのではないかと思いました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今週の大学院での問題解決の講義は、現在進行形で自分が使える、使うべき内容だったのでとても「勉強になった」を通り越して「救われた」思いだった。

■総花的に解決しようとしない

あれこれ課題を整理すると、総花的に解決案を提示したくなるけど、課題が山積みの場合はどこか一点突破をしないといけない。なぜなら課題が山積みの組織は、何らかの原因で課題が放置されている構造的な問題を抱えているから、あれもこれも一気に改善するような組織力は持っていない。

例えば過去成功したやり方を時代が変わっていても続けていたり、逆に組織体制の変更により上手くいっていないパターンだ。

■成功体験を作る

それでも最終的には全部解決したい。ではどうするか。一番成果が出やすいところに手を入れる。経営層から見た成果というのは多くの場合売上なので、売上に直結する部分をテコ入れする。

そうしてそこが成功すると、経営層も、現場も、周囲にいる人達も「改善できる」という空気を感じることができる。これはその後のプロセスを大いに進めやすくしてくれる。

何かを改善するということは変化を起こすということだ。変化を嫌う人は大勢いる。しかし成功体験は変化に抗う勢力を減らしてくれる。上手く行けば皆その波に乗ろうかなと思うのが人情である。様子見の者は賛同者に、反対者はトーンダウンし様子見に。



■斎藤教授、ありがとうございました!

せっかくなのでNAVERまとめの記事広告を紹介して結びとします。大学院生じゃなくても受けられるコース。
http://matome.naver.jp/odai/2138785335238811901

--
余談だけど、「総花的」をずっと、そうかてきと読んでいました。そうばなてきが正解でした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
この2ヶ月、集中の時である。

・大きなお仕事を任せていただいた。
・大学院2年に進級するため、TOEICを760→850に上げなければいけない
・同じく分厚い教科書を読み込まなければいけない。
・書籍の執筆の原稿締め切りが近い、かつそのあとはひたすら編集とリライト
・各種イベントでの講演(大小合わせて4件)

スマホからFacebookとTwitterを消した。必要なときはブラウザで見る。FBの通知、いつもは1件あるかないかだったのが、最近は見る間隔が減ったので10件以上ある。誕生日のコメントもほとんど書けていない。しかし、集中しなければいけないのである。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。