世界はキミのためにある!

今夜もふむふむなるほど!うなずける話・くだらない話・笑える話・泣ける話・潜在意識的な話を繰り広げます。すべてはキミのために…。

NEW !
テーマ:
昨日は名古屋でのトークショーだったのですが、トークショー前にあるお店に行っていました。

ボクはトークショーのある日はほとんどお昼ごはんは食べないのですが、

昨日に限っては、土用の丑の日ということもありまして、

しかも、名古屋に来てるということですから、本場の"ひつまぶし"を食べに行こう!と決めていました。

実はボクはあまりウナギが好きではなく、かと言って、嫌いでもないのですが、

これはきっと美味しいウナギを食べてないから好きになれないのだろうと思っていました。

今月初めに札幌でトークショーした時も、終わってから参加者の方に、

ウニの美味しいお店に連れて行ってもらって、

その本場の美味しさにめちゃめちゃ感動したので(それまでウニは特に好きではなかったので)、

本場の美味しいものを食べれば、自分の味覚も変わるはずだと思い、

今回もその感動を味わうべく、名古屋駅からタクシーで10分ほどのところにある、

『しろむら』さん(HPは⇒ココ)というウナギ屋さんに行ってきました。



ここは伊勢神宮にもウナギを奉納しているという立派なお店ですので、土用の丑の日ということもあり、

開店から並ぶだろうと予想しまして、10時半オープンのところ、9時45分から並んでおりました。

すると、並ぶどころか一番乗りでして、その後は誰も並ぶ気配がありません。

{E191740E-C9CD-4405-8348-E051846092AF}


でも、しばらくして、東海テレビさんとNHKさんのテレビクルーが取材にやってきました

{5402E365-53D7-423F-9494-A3DD85A2E919}

{3059AA41-4A4A-4EF2-A47D-FB1782496F8D}

結局、開店まで並ぶことなく、すんなりとお店に入れまして、ひつまぶしを注文しました。

え〜、ここで、昨日のブログ記事に投稿してくださった方のコメントを見てましょう。

「NHKを見ていたら、フトシさんが映っていたと思うのですが。。。

ウナギ屋さんの場面でした。もし違ってたらすいません。

もしホントにフトシさんだったら感激です♪」







そうです、

それ…

ボクです。





人生初のNHKで人生初の食レポ(ひつまぶしの味の感想)をしてました。

インタビューされちゃいました。

きっと生放送のお昼のニュースで流れたんだと思いますが、

インタビューはカットされてたことでしょう(笑)。どういうシーンが使われていたのか知りませんが、

確かに昨日のお昼、ボクはウナギ屋におりました(笑)。

NHKさんにインタビューされながら、

めちゃめちゃ美味しい、上ひつまぶし(3980円也!!!)を食べていました。

↑1杯目はそのまま、2杯目は薬味を入れて、3杯目は醤油漬けの卵黄をまぜて、4杯目は出汁を入れて、4度美味しいひつまぶし↑

こういう形でテレビ出演を果たすとは夢にも思いませんでしたので、

人生というのはやっぱり面白くて、どうなるか分からないものですね。

今日はこれでブログを書き終えようと思ったのですが、

何のブログかよく分からなくなるので、

一応(笑)、昨日のトークショーの模様を簡単にシェアしたいと思います。

昨日のトークショーも9割が女性の参加者の方で埋め尽くされ、

ボクの書いた本からトークショーなるものを知ってくれた人たちも多かったので、

自己紹介を挟みながら、昨日は"自信"、そして"臨場感"というテーマについてお話しました。

病気の話だとか、怒りの感情に飲み込まれてしまうのが悩みだとか、恋愛についての話だとか、

リクエストはありましたが、このどれも根本にあるのは「"自信"を忘れてる」ということにあったので、

普段からボク自身もやっている、体からのアプローチで自信をつける方法をお伝えしました。


今回はどうしても当てられたくないという人以外、全員の方に無意識のチカラを体感してもらいました。

言葉一つを変えるだけで、体にみなぎるパワーを出してくれる自分の無意識の働きに、

驚いている方もいれば、笑っちゃう方もいれば、不思議そうな表情を浮かべる方もいて、

他の会場ではあまり見られない、色々な反応を示してくれた昨日の名古屋会場でした。

なぜ、言葉一つ変えるだけでそうやってパワーが体からみなぎるのか…。

それはその言葉に意味・解釈を与えているのが皆さん一人ひとりだからです。


「ありがとう」はポジティブな言葉。

「疲れたぁ」はネガティブな言葉。


そう意味付けをしているのは一人一人の【意識】ですね。

言葉にポジティブもネガティブもありません。

ただ、言葉です。

ちょっと【意識】を変えてみて、

いわゆるポジティブな言葉(嬉しいとか楽しいとか、ヤッター!とか)を言ってる時は、

語尾が勝手に上がっています。


勝手にということは、言い換えると【無意識】ですね。

無意識に語尾が上がると、「それはポジティブな言葉なんだ」と無意識が判断して、

そのような感情なり現象を引き出そうとします。

ということで、名古屋会場では、「疲れた⤴︎」と語尾を上げて実験をしてみました。

語尾を上げて言葉を言ったら、なんと!全身にチカラが湧いてきました。


ネガティブな言葉だと今まで認識してたのに。

こんな風にして、言葉を変える、言い方を変えるという【意識】を持つことで、

【無意識】も連動してそのような結果を創ろうとします。

だから、これも結局は思い込みですね。

ネガティブな言葉だから…言ってはいけない、と。

語尾を上げながら言ってしまえば全然問題ないのに(笑)。

つまり、自信も同じです。

失敗や挫折を経験して、自信を失ったと思い込んでいるだけで、

忘れてしまっているだけなんです。

失くなるはずがありません。思い出してないだけです。

失くなったと思い込んでるから、外から取り入れよう、引き寄せようと思いますが、

元々あったことを忘れてるだけなので、思い出せば自分の中から自信を引き出そうとします。


そのために必要な【無意識】からの閃きなり、サインを受け取るための身体作りを、

【意識】的にやりましょうとお伝えしました。

それが姿勢、仕草、表情、思考、臨場感、言葉…を使うといったものです。


たくさんの人に【無意識】のチカラを体感してもらえたことはすごく有意義でした。

今回は参加者の皆さんが「え?何でこんなことぐらいでチカラが出たり、

抜けたりしちゃうの?」
という不思議そうな表情が印象に残りました。

まさに参加者の皆さんからすれば、今回のトークショーは、

ウナギのように、"つかみどころのないトークショー"だったかもしれません。

でも、誰もが【無意識】のチカラを持っています。

それに気づいて、【意識】的に姿勢や表情や言葉を使って【無意識】を導いてあげれば、

必ずそれに応えてくれます。

昨日の名古屋会場に参加してくださった皆さん、

貴重なお金と時間を割いてお越しくださいまして本当にありがとうございました!!

中には富山県にある創業92年の大きな製菓会社、

『日の出屋』さん(HPは⇒ココ、ネットショップは⇒ココの会長の奥様がお越しで、

富山米100%で作られたお煎餅までいただきました!ありがとうございました。

約束通り、宣伝しておきます(笑)。

もちろんその他にもお土産も持ってきてくださった方々にも心から感謝しています。

そんなわけで、名古屋会場にお越しいただいた皆さん、

もしよかったらコメント欄に感想なども書いてもらえると嬉しいです(初めての方も歓迎です!)。

さて、来週は鹿児島のトークショーに向かいます。

また新しく出会える人たちの縁を楽しみにしながら…。

鹿児島、大阪、東京でのトークショーの申し込みもまだまだお待ちしてます!

どうぞそちらもヨロシクお願いしまーす!

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆クスドフトシ トークショー 2016 ~『引き出しの法則』~◆

8月7日(日) 鹿児島 ⇒詳細・お申し込みはココ
8月27日(土) 大阪 ⇒詳細・お申し込みはココ
9月3日(土) 東京 ⇒詳細・お申し込みはココ

万部突破!新刊発売中!!◆

『引き出しの法則』
著:クスドフトシ

価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(⇒ココ)か、
楽天(⇒ココ)か、
本屋さんで

5万部突破のベストセラー★
Amazonランキング【自己啓発部門】1位獲得!


『無意識はいつも正しい』 
著 :クスドフトシ


価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(→ココ)か、
楽天(→ココ)か、
本屋さんで

↓電子書籍↓
★Kindle(アンドロイド系)は→ココで発売中!!★

☆iBooks(アップル)は→ココで発売中!!☆

↓オーディオブック(耳で聴く本)↓
『無意識はいつも正しい』オーディオブックは→ココで配信中!!

↓クスドフトシのブログで書けない話↓



※執筆・講演の依頼は⇒こちら
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今から38億年前、そこに生命誕生の起源がありました。

東京薬科大学などの研究チームが発表した遺伝子解析に基づくと、

現在の地球上の生物(動植物、細菌含む)の共通の祖先となる細菌に似た生物が、

75度以上という高音の海の中に生息していたと推定してるそうです。

アナタにとって、先祖というとどの辺りまでを思い浮かべますか?

ひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん?

5世代前ぐらいまで?

でも、すべての元を辿っていくと(もちろん推定だけど)、

僕たちはどれだけいがみあっていようと、愛し合っていようと、

お互いにまだ面識がなかろうと、先祖の遺伝子は38億年前にあります

そう考えると、人類みな兄弟ですね。

で、今日はそういう深遠なる話をしたいわけではなくて、

今日の名古屋のトークショーでお話する予定のテーマをここでもちょっとシェアしたいと思います。

38億年を辿ると壮大になってきますが、

それでも遺伝子としたらみな38億年前に共通の祖先を持っていて、

色々な経験を経て、生き残った者たちが僕たちですね。

となると、遺伝子レベルでは常に発展・向上・成長という要素があると思われます。

じゃなかったら、ここまでずっと進化して生きてこなかっただろうし、

こういったブログを始めとする文明の利器も発明されなかったわけだから。

でも、僕たち一人ひとりが数十年の命を生きる上で、たくさんのことで悩み、

自分を否定してみたり、自分を責めたり、

なかなか人生を切り拓けなかったりしてしまうのは、過去のデータが邪魔しているからです。

過去のデータとは自分が挫折や失敗した経験のことです。

それらを引っ張り出してきて、

「自分にはこれからの可能性はないと思う。仕事で何度も失敗したし…」とか、

「自分にはこれから何をやっても向いてないと思う。人間関係を築くのが苦手だし…」とか、

色々な理由をつけて新しいことにチャレンジしなくなっていくことが一番怖いことです。

もう一つ、過去のデータの影響を受けていることがあります。

それが、親の影響です。


人間は経験していく生き物ですから、

当然、未来がどうなるかを予測するのに現在と過去を見ることになります。

未来を予測するのには、どうしても過去のデータを使ってしまうわけですね。

「これまで(過去)もパッとしない人生だったから、これから(未来)もダメだろうな。

ネガティブな性格は直らないだろうな。だって、私の親もそうだし、

親からも『あんたはいつもトロいねぇ』
って言われてきたし」と言っては、

親の意見や育ってきた環境で"自分がどういう自分であるか"を決めつけてしまうことも、

未来を切り拓けない原因でしょう。

ここで大事なことは、「先祖や親を敬うな」とか「過去を振り返るな」と言いたいわけではなくて、

人間は経験し、経験したことからさらに発展してより良くなっていく生き物でもあるのだから、

僕たちにとって一番大事な【意識】は『親を超えていくこと』です。

親や家族や、そして、今いる環境によって人の思考体系も決まっていきます。

どれだけ才能がある子(本当はみんなに才能があるんだよ)でも、

親がその才能の芽を摘んでしまうような言動をしていれば、

子どもは才能どころか、無気力な大人へと成長していくでしょう。

ただ、両親がいるから僕たちは生まれてきていますね。一人で生まれてきた人はいません。

片親で育とうが、生まれた時から孤児だったとしても、必ず両親は存在します。

両親の良いところ、好きなところと、

直してほしいところ、嫌いなところの掛け合わせでアナタが形成されている
はずです。

今日の名古屋のトークショーでは、恋愛のことも話してくださいというリクエストもあったり、

病気は無意識が呼び寄せているのか?という話を聞かせてほしいとか、

自分が怒りの感情に飲まれてしまって悩まされているが、どうすればいいか?という質問もあったりで、

多岐に渡るテーマによって、難易度の高いトークショーになること(ボクにとって)は間違いありません(笑)。

でも、この『親を超えていくこと』も一つ、これらのテーマにとって必要な要素です。

アナタも一度考えてみてください。

自分の親の良いところ・好きなところはどこでしょう?

そして、親に直してほしいところ・嫌いなところはどこでしょう?

38億年と繋がってきた遺伝子たちは、アナタにきっとサインを送っているはず
です。

より良く、成長していってほしい、と。

自分史上最高のアナタになってほしい、と。

そのために親の嫌な部分や直してほしいところも"認めて"ほしい、とサインを送っているはずです。

だからこそ、アナタが親のその姿を見ているのでしょうから。

38億年かけてどんどん人間が退化したり、性格が悪くなっていったら意味がありません。

アナタの中にも嫌なところ・直したいところがあるはずです。

それらはきっと親も同じものを持っていませんか?

親に直してほしいところは、自分の中にもあるものです。

そこに囚われるとは、過去に囚われるということ。

僕たちに必要な【意識】は"未来を創る"ことだけです。

過去を気にすることじゃありません。

自分の【意識】だけは未来をどう創っていこうかを考えるべきで、

過去に嫌なことがあった、失敗した、後悔した、挫折したということは、

バンザイ(降参)して、きちんと「私は失敗した!」と認めてしまえば次に行けます。


それをウジウジ考えちゃうから(どうにも出来ないのに)、過去の亡霊に取り憑かれてしまうわけです。

車で言うなら、ずーっとバックミラーを気にしながら運転してるようなものです。

危なっかしいですね。

そして、過去を評論したり、批評したりするのが好きになってませんか?

「あの時、ああしたからダメだった。もっとこうしておけば良かった」と。

評論家は過去には詳しいけど、未来は創ることができません。

38億年前の遺伝子たちはそれを望んだでしょうか?

何をしてきたかも大事だけど、何をこれから生み出すか、創り出すか、

何をしていくかが、人生を切り拓くのに大切です。

そのために何を持てばいいですか?

『夢』ですね。『夢』こそ、未来に架けるエネルギーですね。

38億年前の遺伝子たちが、先祖たちが僕たちに『夢』というバトンを渡してくれました。

さあ、その『夢』の作りかたを今日のトークショーでお話できるかな?

もし、できた場合は明日の記事でお伝えできたらなと思います。

アナタも一度、どういう『夢』であれば未来にエネルギーを架けることができるかを考えてみてね。

どうやら普通の『夢』じゃないみたいです。どんな『夢』なら良いんだろう?

38億年来の『夢』、よかったら一緒になって考えてみてね。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆クスドフトシ トークショー 2016 ~『引き出しの法則』~◆

7月30日(土) 名古屋(愛知県)  ⇒詳細・お申し込みはココ
8月7日(日) 鹿児島 ⇒詳細・お申し込みはココ
8月27日(土) 大阪 ⇒詳細・お申し込みはココ
9月3日(土) 東京 ⇒詳細・お申し込みはココ

万部突破!新刊発売中!!◆

『引き出しの法則』
著:クスドフトシ

価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(⇒ココ)か、
楽天(⇒ココ)か、
本屋さんで

5万部突破のベストセラー★
Amazonランキング【自己啓発部門】1位獲得!


『無意識はいつも正しい』 
著 :クスドフトシ


価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(→ココ)か、
楽天(→ココ)か、
本屋さんで

↓電子書籍↓
★Kindle(アンドロイド系)は→ココで発売中!!★

☆iBooks(アップル)は→ココで発売中!!☆

↓オーディオブック(耳で聴く本)↓
『無意識はいつも正しい』オーディオブックは→ココで配信中!!

↓クスドフトシのブログで書けない話↓



※執筆・講演の依頼は⇒こちら

◆今日はトークショーのため、コメントのお返事をお休みします◆
AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は簡単に出来るメソッドをご紹介します。

簡単で、なおかつそれをやっていると笑えてきて、

しかも湧き上がってくる過去の後悔、将来の不安、

さらには今のザワザワした気持ちを抑えることができるメソッドです。

毎回言いますが、メソッドというのはやってもやらなくてもいいものです。

今回のメソッドも必要なければやる必要なんてないのですが、

昨日の記事で自信のことについて書きましたが、

これも自信をつける、いや、自信を引き出すための一つの方法です。

引き出すと言えば、好評発売中の新刊も引き続きよろしくお願いします!!

↓TSUTAYAネット書店でビジネス書部門売上1位(7/26付)でした↓


¥1,404
Amazon.co.jp

話を戻すと、そもそも自信っていうものは誰もが持ってるもので、

「私に自信がない」と思い込んでるだけです。

赤ちゃんの例を何度も出すのですが、自信のない赤ちゃんなんて見たことありませんね。

赤ちゃんに自信という概念があるのか分かりませんが、

自信という概念を植え付けられるのはもう少し大きくなって、

粗相をしたり、何か上手くできなかったり、

やることが大人に比べて遅かったり、あとは理不尽に怒られたりした時に、

「今までは怒られなかったのに、怒られちゃったよ…。私ってやっぱりダメなんだな」

という思いが湧き上がるのでしょう(多分…いつから発生したか分からないですもんね)。

まあ、今日は自信の話をしたいわけじゃないのでここで止めときますが、

成長していくうちに自信を失ったり、また自信を回復したりしていく中で、

こういった自己啓発の世界を本やブログや講演会などで知っていくと、

「もっとポジティブにならなきゃ」とか、

「もっと芯を強く持って頑張らなきゃ」とか、

「私、すぐ落ち込んじゃうし弱いなぁ」とか、

自己卑下のオンパレードだということに気づくと思います。

でも、それはエゴ(自意識)の罠ですから。

罠というと言葉は悪いわけですが、

無意識でついつい…というような癖になってるわけですね。

良くないのは、その癖でいるとあたかも自分がそういう人間であるかのように錯覚してしまうことです。

本来は自信たっぷりだったはずなのに。

そこで、今回はそのエゴの罠を黙らせるメソッドのご紹介!

↓↓


~ゆいPメソッド~


【準備】お笑いコンビ『おかずクラブ』の"ゆいPちゃん"のギャグをまず、頭に入れておく。

そもそも『おかずクラブ』というコンビを知らない人もいるでしょうから、

どういったギャグかはユーチューブの映像を見てください。

ガラケーの人は見れないかもしれませんが、一応、画像を貼っておきます。

「映像が見れないし、おかずクラブも知らない」という方はなんとなくのイメージで今日の記事を読むか、

もう今日は諦めてまた明日読みに来てもらえれば(笑)。

というわけで、前段階としてまずは↓これ↓を見てください。


↓もしくは、『おかずクラブ』が登場する57秒からどうぞ。↓


ゆいPちゃんのギャグを叩き込んだ上で…

今、頭の中を占めている過去の後悔、将来の不安や恐れ、

ざわざわとする違和感などを好きなように頭の中で喋らせる。


「ああ、資格試験があるけど、本当に通るか心配だなぁ。落ちたらどうしよう(不安)」


「ああ、また好きな人に素っ気ない態度とられちゃったよ。

あの時もうちょっとガツガツいかずに引いて話をすれば良かった(後悔)」

「ああ、旦那とケンカして会話がなくなってからもう2日…。

お互いに意地っ張りだからなぁ。なんかこのままずっとこんな状態だったら嫌だなぁ(ざわざわ)」


こんな感じで、思い出せばすぐに頭の中で勝手にアナタに向けて喋ってくるでしょう。


散々、で喋ってあなたを不安や心配や後悔といったネガティブな思いで足を引っ張ってきた思考に、

大きく見得を切って(市川海老蔵さんばりに!にらみつけるような表情をイメージして)、

【準備】の段階で頭に入れておいた”ゆいPちゃんのギャグ”を力一杯ぶつけてやりましょう


「コレがお前らの・・・やり方かぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」



何度も湧き上がるたびにそれを言い続けてください。

周りに人がいる場合は心の中で。

一人でやる場合はできれば姿勢を正して、このセリフを言ってみてください。

姿勢を正すことで、自信を身体的に引き出しましょう!


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

あなたを怖がらせたり、落ち込ませてきたネガティブな思考は、

そういうやり方(不安や恐れを与えること)でしかネガティブさを保てない
のです。

決して彼らも悪い奴らではないのです(笑)。


でも、そのやり方にアナタがまんまとハマってしまってはいけないんです。

真面目に向き合っちゃいけないんです。


アナタが人生の主役であり、思考の舵を切る船長じゃなくちゃいけないんです。


ですから、毅然とした態度で、ぜひ”ゆいPちゃん”のこのギャグを言い放ってください。


自分を困らせるもう一人の自分に向けて。


ああ、もう気づけば明日は名古屋でトークショーです。

先週は福岡でやっていたのに、一週間てのは早いですねぇ。

というわけで、今回も名古屋でしかお話しない内容がたくさん出てくると思います。

もちろん今回も、皆さんに体感してもらいながら【無意識】のチカラに触れていただこうと思ってます。

福岡で試しにやってみた、

ある筋肉を運動なしに鍛える(それによって過去の呪縛から解き放たれる)方法もお伝えしたいと思います。

まだ間に合いますので、もしお時間ある方は↓の詳細をご覧になってお越しくだされば嬉しいです。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆クスドフトシ トークショー 2016 ~『引き出しの法則』~◆

7月30日(土) 名古屋(愛知県)  ⇒詳細・お申し込みはココ
8月7日(日) 鹿児島 ⇒詳細・お申し込みはココ
8月27日(土) 大阪 ⇒詳細・お申し込みはココ
9月3日(土) 東京 ⇒詳細・お申し込みはココ

万部突破!新刊発売中!!◆

『引き出しの法則』
著:クスドフトシ

価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(⇒ココ)か、
楽天(⇒ココ)か、
本屋さんで

5万部突破のベストセラー★
Amazonランキング【自己啓発部門】1位獲得!


『無意識はいつも正しい』 
著 :クスドフトシ


価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(→ココ)か、
楽天(→ココ)か、
本屋さんで

↓電子書籍↓
★Kindle(アンドロイド系)は→ココで発売中!!★

☆iBooks(アップル)は→ココで発売中!!☆

↓オーディオブック(耳で聴く本)↓
『無意識はいつも正しい』オーディオブックは→ココで配信中!!

↓クスドフトシのブログで書けない話↓



※執筆・講演の依頼は⇒こちら
AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(1)

テーマ:
トークショーで多くの人にお会いしていると、皆さんのタイプがだいたい二分<にぶん>されます。

ガツガツ寄ってくる人と、自信なさげにオーラを消している人です。

ちなみに自信なさげにオーラを消している人が悪いと言ってるのではなくて、

単純に人見知りであるとか、一人で会場に来てるので静かに話を聞きたいとか、

注目されるのが苦手であるとか、人によって事情があると思うのでそれは全然構いません。

逆にガツガツ寄ってくる人は、写真を撮って、サインをして、握手だけじゃなくおまけにハグをして、

めちゃくちゃ陽気な人たちです(笑)。

いや、これもまた、陽気な人たちがいけないと言ってるのではありませんから、

どんどんボクで良かったらハグをしてもらったらいいんですけど。

で、その陽気な人たちはガツガツ来ますから(笑)、質問も飛んでくるんですね。

「どうやったら自信をつけれますか?」とか。





いやいやいやいやいや、

もう、あなた、今のままで十分、自信ありますからっ!!!!!

自信なかったらそんな質問すら出来ないからっ!!!







困った人だねぇ、陽気な人ってのは(笑)。

トークショー中はだいたいボクがもう一方的にお話してるので質問が出ることはありませんが、

終わってからお話している時に出てくることがあります。

質問はとても良いですね。

なぜなら、自信なくてオーラを消している人たちにとっては手を挙げて質問したりすること自体が恥ずかしかったりするので、

陽気な人たちが代わりに質問することで、他にも聞きたい人がいるかもしれないからです。

陽気な人はこれからもその調子で、質問をしたり、疑問に思ったことは聞いてください。

ボクのトークショーだけでなく、他の人の講演やセミナーなどでも。

それだけで人助けしてるようなもんですから。

まあ、それで"自信をつける方法"っていうのが結構多い質問なんですね。

自信については、『無意識はいつも正しい』にも書いてますが、

↓P.39からのトピック↓


¥1,404
Amazon.co.jp

自信ってのは、根拠が本当はいらないはずなんですが、

つまり言ってしまったもの勝ちなところがあるのですが、どうしても正直な人にとっては

「◯◯が達成・実現したら自信があることにしよう!」と、

条件付きで自信を付けるのを先伸ばしにしてしまう癖があるのではないでしょうか。

別に今すぐに「私、自信ありますっ!」って言っても、

誰に怒られるわけでも、疑われるわけでもないのに…。

そんな正直な人のために今日は違った"自信のつけ方"をお伝えしようかと思います。

それはすごく簡単なことです。

簡単なことなのですが、その前に想像してみてください。

マフィアが出てくるようなギャング映画というものがありますね。

マフィア同士の抗争というものがあったりしますが、ボスが登場するのはいつも最後です。

「ボス!ジミーが奴らに殺られちまった!どうすりゃいいんですか!

俺、いてもたってもいられねぇ。こうなったらやり返すまでだ!!」


こんな感じで下っ端の連中は慌てふためきます

ところがボスは悠然として、

「まあ、待て。そんなに焦ることはない」とか言って、

ゆっくりと立ち上がり、ゆっくりのっそりと歩き出して、相手のもとにケリをつけに行くわけですね。


もうここまで来たら分かりましたね?

自信をつけるには、【ゆっくり動く】、そして、【走らない】ということです。

素早く動くことも時に必要ですが、

いつも何かに急き立てられて慌ただしく動いていると、それが普段の自分になってしまいます

日常の行動の全てがアナタ自身を形成している、ということですね。

日頃から慌てて雑に動いてしまう人は、何かあった時もやはり同じように焦って頭が真っ白になってしまうし、

言いたいことも言えず、家に帰ってきて落ち着いた頃に、

「あの時、ああ言えば良かった〜!」と思うこともしばしばだと思います。

でも、普段から意識してゆっくりと動く癖をつけるだけでなく、

別に急いでもいないのに走らない癖をつけることも大切です。

これは自己啓発などの世界でもよく言われますが、次の電車に乗っても間に合うのに、

発車のベルが鳴ると駆け込み乗車よろしく急いで乗ってしまったり


横断歩道でも信号が変わりそうになっていて、今から渡ろうとしても到底間に合わないのに(待てばいいのに)、

ついつい走って渡ってしまったり
することは、

【無意識】的に自分が電車や信号に振り回される立場なんだということを刷り込んでいることになります。


人が、ゆっくり動く人の方が自信や貫禄があるように思ってしまうのも、

自分のペースで振り回されることなく行動しているから
です。


自信は自分で持つものでもありますが、人が見てそう認識してもらえば勝手についてくるものです。

とっても簡単でしょ?

自信のない人は、ぜひゆっくり動いて、慌てず焦らず走らずに、

マフィアのボスのごとく貫禄を持って歩いてみてください。

ただ、待ち合わせなどで本当に遅刻しそうなら走ってね(笑)。

結局はそれも「焦っているのではなく、間に合わせるために走る」と、

"自分の意思"で決めればいいだけなので。

(※丁寧さを心がける、この記事⇒コレも併せて読んでね)

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆クスドフトシ トークショー 2016 ~『引き出しの法則』~◆

7月30日(土) 名古屋(愛知県)  ⇒詳細・お申し込みはココ
8月7日(日) 鹿児島 ⇒詳細・お申し込みはココ
8月27日(土) 大阪 ⇒詳細・お申し込みはココ
9月3日(土) 東京 ⇒詳細・お申し込みはココ

万部突破!新刊発売中!!◆

『引き出しの法則』
著:クスドフトシ

価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(⇒ココ)か、
楽天(⇒ココ)か、
本屋さんで

5万部突破のベストセラー★
Amazonランキング【自己啓発部門】1位獲得!


『無意識はいつも正しい』 
著 :クスドフトシ


価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(→ココ)か、
楽天(→ココ)か、
本屋さんで

↓電子書籍↓
★Kindle(アンドロイド系)は→ココで発売中!!★

☆iBooks(アップル)は→ココで発売中!!☆

↓オーディオブック(耳で聴く本)↓
『無意識はいつも正しい』オーディオブックは→ココで配信中!!

↓クスドフトシのブログで書けない話↓



※執筆・講演の依頼は⇒こちら
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:
⇒昨日の続き

昨日の記事にはたくさんの方からコメントをいただき、

色々な「なぜ、結婚したいのか?」があるなぁと思わせてもらいました。

コメントをくださった皆さん、本当にどうもありがとう!

さて、「恋愛も結婚も実は【宇宙の物語】をなぞっているだけなんだなぁ」と昨日書きましたね。

宇宙とは"寂しさを埋める物語"だと思っています。

「どういう意味?」という声が聞こえてきそうなので説明しますね。

このブログでは何度も出てきますが、この世界は、この宇宙は2つで1つのワンセットの構造になってます。

男と女、表と裏、上と下、左と右、くっつくと離れる…

こういった構造なんだと分かってしまえば、宇宙とはどういうものか分かるということです。

「はて?さらに意味が分からなくなりました」という声が聞こえてきそうなのでまた説明しますね。

宇宙は最初、ビッグバンが起こって爆発して宇宙が誕生したと言われています。

多分、ほとんどの皆さんは「ビッグバンが起こったのはなぜだろう?」って考えないと思いますし、

これからも考えないと思います。それで大丈夫です。考える必要なんてありません。

だって、それでご飯を食べてる科学者ではないんですから。

ボクは科学者ではありませんが、

「なぜビッグバンが起こったのだろう?」と考えたことがあります(何をやってるんでしょうか、ボクは。笑)。

そこで出てきた答えは(ボクの答えです)、「ああ、宇宙は離れたかったんだなぁ」ってことです。

今の宇宙論的にはあり得ないとされているので、詳しく聞かないでほしいのですが、

ビッグバンの前にはビッグクランチという現象が起きていたという仮説もあるそうで…。

よって、宇宙が終わりを迎える時もビッグクランチが起きるという可能性もあるかもしれません(今の科学ではないとされているけど)。

ビッグクランチというのはビッグバンの真逆の現象で、

爆発で放ったエネルギーが宇宙の重力に引っ張られて、

ある一点にすべてが収縮していく(くっついていく)という現象
です。

簡単に説明すると、今いる場所からボールを上に投げた(ビッグバンした)ら、

元の場所に落ちてきた(ビッグクランチした)、みたいなこと
です(違うか?)。

もしかしたら、ビッグクランチとビッグバンの繰り返しで宇宙は成り立っていて、

実は今、もしかしたら宇宙は453回目の誕生日を迎えていたりすることだってあるわけですね。

これも分かりやすく説明すると、人間の呼吸と同じことですね。

吐く息がビッグバン、吸う息がビッグクランチ、ってなもんでしょうか?

宇宙も離れてはくっつき、くっついては離れるのが宿命なのかもしれません。

くっついてしまったら、そこには(宇宙空間には)何もなくなるわけですね。

本当は何もなくなるのではなく、何もない空間が「在る」だけですが。

そして、何もない空間が寂しいから、

また宇宙は爆発して膨張していき、その寂しさを埋めていこうとしているのですね。

アナタも部屋の掃除をして、断捨離をしたら、「はー、スッキリ」ってなるでしょ?

「スッキリ」は見方を変えれば寂しい部屋になりますね。

だから、また物で埋めたくなります。

脳も同じですね、隙間を埋めたくなる働きがあります。

「あの歌手、誰だっけ?ほら、ここまで出てるのに!悔しい」と言うことがありますが、

あれも自分が忘れてても、脳内ではずっとその歌手の名前を探し続けます。

で、どうでもいい時に「あ、思い出した!」となります。

隙間ができると寂しいから埋めたくなるのが脳であり、脳は小宇宙とも呼ばれますね。

宇宙の中に存在している人間も森羅万象のうちの一つ。

だから、人間の心も寂しくなっては安心して、安心しては寂しくなる、この繰り返しです。

男と女も寂しさと安心の物語なのですね。

セックスもくっついては離れる。離れてはくっつく。

快感が得られるのも、離れるからです。離れるからこそくっつくと安心します。

次に(心も体も)くっつくまでの一瞬の切なさがあるから離れたくない、となるわけですね。


恋愛と結婚もそういうことですね。

恋愛はセックスのようで(心が)離れたりくっついたり、

不安になったり疑ったり、また、安心したり信頼し合えたりを繰り返して、

次にくっつく(安心できる)までの切なさがあるから離れたくない…

だから、「結婚したい」と思うわけですね。くっつくと安心できるから。


でも、くっついたら離れる運命にあるのも宇宙です。

大恋愛した夫婦が時を経て、「あの頃の大恋愛時代はどこにいったのかしら?

もう夫とは離れて一人になりたいわ。加齢臭もひどいし(笑)。

釣った魚には餌をやらないみたいに、私にも優しくしてくれないし」
と言って、

(離婚しないけど)時に離れたくなるのもそういう宇宙の物語の中にいるからですね。

これはパターンなんですね。結末が読める宇宙の物語です。

だから、「なぜ、結婚したくなるのか?」「なぜ、恋愛したくなるのだろうか?」も、

結局、人は宇宙の一部だから、その物語をなぞって、安心と不安を繰り返すからでしょう。

でも、もしこの宇宙の寂しさを埋める物語を信じるなら、

一番大事なことは、僕たち一人ひとりは本質的には寂しいということを知っておくことです。

何もない空間と同じだということですね。

去年だったかな?なんかだいぶ前のトークショーでも言ったことがありましたが、

「僕たちは隙間(空間=『何もない(寂しさ)』がそこに詰まってる)だ」ということです。(皆さんにキョトンとされましたが。笑)

お釈迦さんの「空の概念」もそういうことなのかもしれません(いや、違うか?)。

一人で生まれてきて、(双子であっても意識・心は一人ひとり違う)、

僕たちは寂しいからこそ誰かと居たいと安心を求めて、恋愛して、結婚して、

(恋愛や結婚しなくても)周りにいる誰かと暮らしながら寂しさを埋めていくのですが、

やがて埋め尽くしたら、そこからまた離れていくように死ぬ時も一人で死んでいくのでしょう(夫婦、全くの同時刻に死ねないからね)。

くっついたり離れたり、膨らんだり縮んだり、不安になったり安心したり…

この宇宙は"寂しさ埋める物語"

今、生きている宇宙は一体、何回目の寂しさを埋める旅に出ているのだろう。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
◆クスドフトシ トークショー 2016 ~『引き出しの法則』~◆

7月30日(土) 名古屋(愛知県)  ⇒詳細・お申し込みはココ
8月7日(日) 鹿児島 ⇒詳細・お申し込みはココ
8月27日(土) 大阪 ⇒詳細・お申し込みはココ
9月3日(土) 東京 ⇒詳細・お申し込みはココ

万部突破!新刊発売中!!◆

『引き出しの法則』
著:クスドフトシ

価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(⇒ココ)か、
楽天(⇒ココ)か、
本屋さんで

5万部突破のベストセラー★
Amazonランキング【自己啓発部門】1位獲得!


『無意識はいつも正しい』 
著 :クスドフトシ


価格:1,404円(税込)
お求めはAmazon(→ココ)か、
楽天(→ココ)か、
本屋さんで

↓電子書籍↓
★Kindle(アンドロイド系)は→ココで発売中!!★

☆iBooks(アップル)は→ココで発売中!!☆

↓オーディオブック(耳で聴く本)↓
『無意識はいつも正しい』オーディオブックは→ココで配信中!!

↓クスドフトシのブログで書けない話↓



※執筆・講演の依頼は⇒こちら
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。